冷凍 おにぎり 解凍。 おにぎりの冷凍保存!のりは巻いてから?

冷凍したおにぎりをお弁当に持っていくと、中心部が硬い。アドバイス...

冷凍 おにぎり 解凍

冷凍チャーハン美味しいですよね^^ 今の冷凍食品は良くできているので、美味しいものがたくさんあってとてもありがたいです。 それに、レンジでチンするだけで食べられるというのは忙しい人にとって大きなメリットです。 面倒くさがりな人にもですね。 また、 お弁当のメニューとしても冷凍チャーハンは大活躍してくれます。 チンしてお弁当箱に詰めるだけでOKですからね^^ お昼代を節約したいときにもいいですよね。 だいたい200円~500円の範囲のものが多いですからワンコイン以下で済みます。 非常に便利な冷凍チャーハンですが、一つ疑問があります。 それは 自然解凍でも食べられるの?ということ。 そこで今回は、冷凍チャーハンは自然解凍でも食べられるのかということについてお伝えします。 凍結前加熱の有無:加熱してありません 加熱調理の必要性:加熱してお召し上がり下さい というもの。 ただこれって、 チャーハンなのに凍結前に加熱してないってそんなことがあるのか?と思いませんか。 私は「それってどんな状態?」と不思議でした。 なので、調べてみました。 すると、「凍結前加熱の有無:加熱してありません」には 3つの意味があることが分かりました。 加熱していないもの含む商品 これは例えば、チャーハンに入ってるネギだけは加熱していないという時など。 凍結「直前」に加熱していないものを含む商品 これは、加熱はしてあるけど一部の具材を加熱後に水冷して凍結したという時など。 直前ではないからということですね。 完全加熱していないものを含む商品 これは、加熱はしているけど完全加熱ではないという時。 「野菜の下茹で」などのことです。 これら全てが「加熱してありません」と表記されます。 ごく一部でも加熱してない(加熱してても条件がある)ものが含まれていると「加熱してありません」となるので、全体が加熱してないと勘違いしてしまいそうです。 こうやって見てみると、 すべてにおいて加熱されていることが分かります。 ここからは私の考えですが、「加熱してありません」と表記されているものでも自然解凍で食べられるんだろうなと思われます。 メーカーとしては、食べた人が食中毒などにならないよう相当気を使っているのは間違いありません。 調理表示に従わない人が痛い目をみるのは自業自得なんですが、注意不足や勘違いによって調理方法を間違えてしまう人もいるので、そういうのもメーカー側としては防いでおきたいわけです。 なので、 ちょっとした手違いがあっても食べて問題ない商品を作っていると考えられます。 勘違いしないでほしいのですが、 凍結前加熱の有無:加熱してありません 加熱調理の必要性:加熱してお召し上がり下さい と表記されている冷凍チャーハンを自然解凍で食べろと言っているわけではありませんよ^^ 「 自然解凍で食べても大丈夫だろうなぁ」と思っているだけです。 食べる場合は自己責任です。 多くの冷凍チャーハンの場合は、 凍結前加熱の有無:加熱してあります 加熱調理の必要性:加熱してお召し上がり下さい とありますから、自然解凍で食べても問題ないでしょう。 でも、お弁当で食べる冷めたチャーハンは、味が濃く感じて意外と美味しいことがあるんですよね^^ 冷凍チャーハンの自然解凍はお弁当じゃないならより安全? 冷凍チャーハンをお弁当で持っていって自然解凍で食べるのは、私は問題ないと思っています。 ただ、お弁当というのは保存環境を気にする必要があります。 夏は特にですよね。 高温にさらされているとか、いいタイミングで食べることができない場合は、 食材の傷みが心配です。 冷蔵庫に入れるとか、保冷剤などを活用することも忘れずに。 これは提案ですが、 一度、家にいるときに冷凍チャーハンを自然解凍で食べてみるのはどうでしょう? いいタイミングで食べることができるので、食材の傷みの心配はほぼありません。 自然解凍した冷凍チャーハンがどれくらい美味しいのかをチェックしてみるのも面白いと思いますよ。 結構美味しいんですよ^^ 人によってはハマるかも。 冷凍ピラフなんかも美味しいです。 冷凍チャーハンを自然解凍で食べる まとめ 冷凍チャーハンは自然解凍で食べられるのかについてお伝えしました。 基本的には「自然解凍OK」である商品なら食べても大丈夫です。 当たり前ですね(笑) でも、 個人的にはどの冷凍チャーハンでも自然解凍で食べられると思っています。 理由は、上述した通り。 「加熱してありません」の意味も分かりましたし^^ 冷凍チャーハンを自然解凍で食べたことがない人は、一度家で試してみて自分で美味しいと思えるかどうか確認してみてはいかがでしょう。

次の

冷凍したご飯をレンジで温めても、ご飯が硬いままで食べられません。

冷凍 おにぎり 解凍

自然解凍して大丈夫? 冷凍ごはんを自然解凍すると、美味しくありません。 はっきり言ってまずいです。 私も、朝冷凍ごはんを解凍しようと思って冷凍庫から出しておいたけれど、食べるタイミングが無くて昼にはすっかり冷凍ごはんが自然解凍してしまっていたということがありました。 解凍出来ているし食べれそうだなと思って食べましたが、あまりにまずいのでちょっとびっくりしてしまいました。 自然解凍はゆっくり解凍されるので、冷凍ごはんの水分がジワジワと出てきます。 だからご飯はベチャベチャです。 そのくせご飯粒の中の水分は外に出てしまっているので、ご飯粒自体はパサパサなのです。 食感がまずもうアウトで美味しくなかったですね。 だから、美味しく食べたいなら自然解凍はおすすめできません。 自然解凍してからレンジでチンはどう? 冷凍ごはんを自然解凍してからレンジでチンをしても美味しくはありません。 一見自然解凍してからレンジでチンをしたら美味しくなる気がしますが、お米の中の水分が抜け出てしまっているので、白くてパサパサのご飯に変わりはありませんでした。 私は自然解凍してからレンジでチンしたご飯でも、美味しさはやっぱり感じられませんでしたね。 ふんわり感がないのも残念な点です。 美味しく食べる解凍方法は? 美味しく冷凍ごはんを解凍する場合は、ずばり時間と加熱の方法・解凍するご飯の量がポイントになります。 私はいつも 約200gの炊き立てごはんをラップに包んで冷凍していますが、解凍する場合は 600Wの電子レンジで3分間チンしています。 ごはんがまだ冷たいなと感じたら、10秒ずつ時間を延ばして様子を見ながら加熱していますよ。 あまりに長い時間電子レンジで温めてしまうと、ごはん同士でくっついて固まってしまうので、加熱しすぎには注意してくださいね。 また、一度にたくさんの量の冷凍ご飯を解凍しようとすると、加熱ムラになりやすく美味しく解凍出来ないので、出来るだけ200gくらいの一人前ずつレンジでチンするのがおすすめです。 試してみてくださいね! 電子レンジには、「解凍」機能がついているものがあると思いますが、一見この解凍機能を使ったら美味しく冷凍ご飯も解凍できるのかなと考えてしまいませんか? でも要注意です! レンジについている解凍機能はお肉や冷凍してた野菜を生の状態に戻す機能です。 だから冷凍ご飯に解凍機能を使ってしまうと、結局ジワジワゆっくり時間をかけて解凍されていくため水分が出てきてびちゃびちゃになってしまいますし、お米の水分が抜けてパサパサになってしまいます。 電子レンジの解凍機能を使って冷凍ご飯を解凍する場合には、美味しい解凍にはならないということをよく覚えておきましょうね。 レンジがない時はどうすればいいの? 電子レンジがないので、冷凍ごはんを解凍することが出来ない時には困っちゃいますよね。 私も一度電子レンジが壊れてしまって冷凍ごはんを解凍出来ない時、冷凍ごはんを蒸したことがあります。 フライパンにお水を張ってお湯を沸騰させた後、ちょっと深めの器の上に冷凍ごはんを入れて沸騰したお湯の中にお皿を置きます。 あとは蓋をして10分ほど待つのですが、簡単に美味しく冷凍ごはんを解凍して食べることが出来ましたよ。 この時にポイントとなるのが、蓋を開けないということです。 蓋を開けてしまうと蒸気が逃げてしまいます。 高温で一気に冷凍ご飯を解凍をさせるという意味でも蓋を開けないで待ちましょう。 蒸し器がある方は蒸し器を使ってみてくださいね。 冷凍ごはんは美味しく冷凍してこそ、解凍した時美味しい 冷凍ごはんはちょっとご飯が余った時に冷凍するという人も多いかと思いますが、炊き立てのご飯をそのまま保存容器やラップに入れて包んだ方が断然解凍した時に美味しく食べられます。 だから我が家も始めからちょっと多めに炊いておいて、炊き上がったらあらかじめ冷凍分を先にラップに包んでしまいます。 そうすると、冷凍ごはんを解凍した時本当に炊き立てみたいにふっくらツヤっとした美味しいご飯になります。 冷凍ごはんを美味しく解凍するコツと一緒に、ぜひ美味しい状態でご飯を冷凍するコツも覚えて試してみてくださいね!.

次の

主婦わざ

冷凍 おにぎり 解凍

たらこの基本の状態は、卵巣の形を保った薄い膜につつまれた袋が二つくっついたものを、一腹と呼びます。 この 一腹をラップできちんと密閉して、フリーザーバッグなどで冷凍保存します。 解凍後に決められた使い道がない場合には、とりあえずこの一腹という単位でラップして、冷凍保存にかけます。 たらこに限りませんが、生ものを冷凍保存する際の基本は、可能な限り最小限度に小分けしてから冷凍にかけるのが鉄則です。 なぜかと言えば、いざ解凍して使用するときに、このことが腑に落ちます。 使いたい分だけ小分けされていないと、必要以上のたらこを引きはがさなければならない事態が訪れます。 こういった時に、無理に包丁で切り分けようとして、ケガをしたり、うまく切り離したと思ったら、皮を破いたりたらこに傷を付けたりと不測の事態になりやすいのです。 冷凍のたらこを解凍する方法はいくつかあります。 中でも、おすすめは 冷蔵庫でゆっくり解凍する方法です。 常温での解凍や電子レンジでの解凍もありますが、それぞれ問題点もあります。 冷蔵庫での解凍で、わずかな問題点と言えば、食べる予定を立ててあらかじめ、冷凍庫から冷蔵庫へ移しておかねばならないことくらいです。 それに比較してメリットは大きいものがあります。 冷蔵庫での低温解凍はたらこの旨味が逃げにくく、購入時に近いたらこの風味を味わうことができます。 この時に、使い勝手よく小分けされていると、余分なたらこを引きはがす際に皮を破ったり、傷つけたりの問題が発生することを防ぐことができます。 小分けは、そういう事態を防止する事前の策です。 また、それ用に小分けしたたらこなら、おにぎりに握る場合には冷凍のまま、握って差し支えありません。 手軽に生たらこのおにぎりが楽しめます。

次の