消費 税 還元 suica。 Suica(スイカ)のキャッシュレス決済の還元は事前に登録しないともらえない件

キャッシュレスポイント還元の受け取り方法まとめ!事前登録の有無は?

消費 税 還元 suica

Suicaの発行主体であるJR東日本も、その本名「東日本旅客鉄道株式会社」で決済事業者として還元事業に登録されています。 貯まったJRE POINTは、1円単位でSuicaチャージなどに利用できます。 以下が、Suicaの利用でJRE POINTが貯まる、主なJRE POINT Suica加盟店の抜粋です。 エキュート• NewDaysや駅そばなどの駅ナカ店舗• イトーヨーカドー• 紀伊國屋書店• ヤマト運輸• コナカ/洋服の青山• Times(コインパーキング)• ANA国内線機内販売 駅ナカや駅ビル系以外は、いずれも関東+一部の地域が対象となっています。 そのほかの詳細店舗は、以下の公式リストを参照ください。 消費者還元事業とは関係なく、恒常的な対応のようです。 条件:要JRE POINTサイトへSuica登録• 還元:Suicaカード 物理 で0. 還元:モバイルSuica利用で2. 備考:登録Suicaでのグリーン券・Suica定期券購入でも還元• 付与:翌月下旬にまとめてポイントバック 消費税増税で鉄道運賃値上げも予定されている中、モバイルSuica利用ならほぼ打ち消せることになります。 いまならJRE POINTサイトへの登録で、100ポイントプレゼントキャンペーンも12月末まで実施中です。 モバイルSuicaでのJRE POINTサイト登録を解説していきます。 Suica カード 物理 もほぼ 同じ流れなので参考にしてみてください。 なお作業前の注意点が2つほど• モバイルSuicaは、発行時の「Suica識別ID・モバイルSuica会員用のパスワード・氏名カナ・生年月日」が必要• Suicaカードは 記名式のものしか登録できません。 みどりの窓口か多機能券売機で記名式に変更しましょう。 モバイルSuicaの情報はSuicaアプリで確認できますが、パスワードは忘れてる人が多いかもしれませんね。 なんとか思い出してください(スパルタ では、 して作業を進めていきます。 しかし以下の公式マップアプリがリリースされたことで、その疑問に答えが出ました。 他の地域を見ても、クレジットカードや流通系電子マネーは入っていないし、Suicaをはじめとする交通系電子マネーの対応もまちまちです。 フランチャイズゆえオーナーが参加申請を行うはずなので、それで店舗毎に状況が異なっているのかマップへの情報反映が遅れている可能性があります。 どうやら マップアプリの情報反映が間に合っていなさそうです。 キャッシュレス還元事業。 出典: つまり、Suica決済処理をするJR東日本が補助還元処理の主体ではなくなるため、 セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・ミニストップでのSuica利用は、JRE POINTとは無関係に、還元対象になりえそうです。 前段の内容から、コンビニでもSuica決済が還元対象かは店舗によって対応がマチマチなため、 このコンビニブランドならどこでもSuicaで必ず還元対象に、という判断はできないかもしれません。 消費者として混乱しそうなところは、Suica決済ができるところでもコンビニ・スーパー・駅ナカなど、場所・そして同じブランドでも店舗によって、即時還元されたり、まったくされなかったり、JRE POINTだったりとバラバラになりそうなところでしょうか。 suicaで還元受けたい場合、記名式にしてJRE登録必須とか言われてるけど、コンビニ限定なら無記名suicaでもキャッシュレス還元(即時値引き)される事実はあまり知られていない。 もう1回言うが、あくまでコンビニ限定の話。 こういうパターンで還元対象外も出てくるようです。 画像引用元: 還元事業公式マップアプリがリリースされ、既存のJRE POINT加盟店だけには縛られず、申請した中小・個人商店でもSuica決済で還元される店舗はあるようです。 しかし、 正しくマップに情報反映されていないのも確認されています。 また、同マップアプリから判明したところ、 同じコンビニブランドでもSuica対応が店舗によりまちまちという状況です。 地図に情報が反映しきれていない可能性のほうが高いですが、実際そのとおりのパターンももしかしたらあるかもしれません。 また、ミニストップは他3社コンビニと異なり、しました。 ) まとめると、利用する側としてやるべきことは次の4つです。 キャッシュレス・還元事業マップアプリで目当ての店舗を確認• それでもわからなければ店員かオーナーっぽい人に聞く という感じでしょうか。 記事をまとめていても日々あらたな情報が入ってくるため、パッチワークになり読みづらく申し訳ありません。 アンテナを張って当サイト記事まで辿りついてくれた方含め、情報をまとめてる自分の目からしても、混乱必死な還元事業スタートになりそうです。 もはや最初のうちは、還元されたらラッキーくらいな心持ちで利用するほうがいいかもしれません。 また、追加情報が出次第この記事は更新していきます。 それでは。

次の

Suicaポイント還元登録方法はこちら!【消費税10%】

消費 税 還元 suica

政府は今回の増税に合わせた 政府ポイント還元事業も実施しますので、こちらもぜひ有効活用して備えたいところです。 そこでこの記事では「政府ポイント還元事業とは何か」「どのお店で使えるのか」「どの決済方法を使うのがお得か」について述べていきます。 先に要点を挙げると以下の通りとなります。 店頭のシールやポスター、アプリで加盟店を探せる• 今使ってるキャッシュレス決済をそのまま使うのがわかりやすい• 政府ポイント還元は原則どの商品でも等しく受けられるため、有効活用すれば 増税前より安く買える商品も出てくることになります。 ただし換金性の高い商品(切手、印紙、商品券、プリペイドカードなど)は政府ポイント還元の対象外となっています。 この政府ポイント還元が受けられるのはリアル店鋪のみならず、Amazon、楽天、ヤフーショッピングなどのECサイトに出品している小規模店舗も対象となります。 ただし具体的にどのようなかたちでポイント還元を行うかは各決済サービスごとに異なっています。 主なキャッシュレス決済の還元方法 大手5社カード(JCB、三井住友カード、クレディセゾン、ユーシーカード、三菱UFJニコス) 請求額から値引き 楽天カード、楽天ペイ 楽天スーパーポイントで還元 楽天Edy 楽天Edyの残高で還元 モバイルSuica JREポイントとして還元(JRE POINTサイトやアプリへ登録済のSuicaのみ対象) PayPay PayPayボーナスとして還元 LINE Pay LINE Payボーナスとして還元 Origami pay 支払い時に値引き Kyash Kyashポイントとして還元 ほとんどのキャッシュレス決済は今回の政府ポイント還元事業に対応しています。 ですから基本的には あなたが普段使っているキャッシュレス決済をそのまま使うのが手間も少なくおすすめです。 複数のキャッシュレス決済を使っている方は上記のポイント還元の方法も参照してどれを使うかを選び分けるのも良いでしょう。 「結局、電子マネーやスマホ決済って今どれが一番便利なの?」という方はこちらをご覧ください。 増税に合わせたキャンペーンが熱い! 政府ポイント還元事業でさらに注目したいのが、増税のタイミングに合わせて始まる 各社のキャンペーンです。 今回の消費税増税を機に電子マネー、スマホ決済への注目はますます高まっており、各社はこれをチャンスと見て様々なキャンペーンを仕掛けています。 PayPayや楽天ペイなど資金力の強いところのキャンペーンが目立ちますが、当サイトでは最も注目したいものとして、モバイルSuicaの還元率アップを挙げたいと思います。 今回の消費税増税のタイミングに合わせてモバイルSuicaが画期的なサービス変更を行います。 これまでモバイルSuicaは「交通も買物も」という利便性がメリットでしたが、ポイント還元の弱さがデメリットとされていました。 得られたJREポイントは鉄道サービスの購入に使えます。 さらに、JRグループが発行するクレジットカードである「ビューカード」をSuicaチャージに使えばJREポイントが1. これは他の決済方法と比較してもトップクラスのお得さとなります。 またビューカードをモバイルSuicaチャージに設定すると、 オートチャージ機能も使えるようになります。 「いちいちチャージを気にせずにSuicaが使える」という便利さは一度使うと手放せない!と実感するほど便利ですので、これを機にビューカード+モバイルSuicaへ設定するのもおすすめです。 ちなみにビューカードにも様々な種類がありますが、当サイトでは「年会費無料」「基本還元率1. 主なビューカードの比較 ビックカメラsuicaカード ビュー・スイカカード ルミネカード 年会費 初年度無料。 2年目以降は477円+税だが年一度使えば無料 477円+税 953円+税 通常ポイント還元率 1. 他の2カードで利用可能なsuica定期券機能がついてないのがデメリットですが、モバイルsuicaから定期券機能を設定利用するなら何も問題はありません。 さらにビューカードはウェブ明細を利用することで毎月50ポイントのJREポイントが付与されますので、ビックカメラsuicaカードは年会費無料どころか、 毎年600ポイント(suica600円ぶん)がもらえるというお得さがあります。 例えビックカメラを普段それほど利用しない方でも、 「年会費無料」 「鉄道利用でJREポイントが3. 今回の増税を機に ビックカメラSuicaカード+モバイルSuicaで強力なポイント還元3.

次の

キャッシュレス消費者還元事業で「Suica・モバイルSuica」は?注意点等<まとめ>

消費 税 還元 suica

(2) 還元されるポイント これまでは、電車・バス等の運賃はポイント還元の対象外でしたが、 10月1日から、JR東日本の在来線の利用でポイントがたまるようになります。 また、グリーン券の購入・定期券購入でもポイント還元されるようになります。 モバイルSuica iphone・android等 :50円ごとに1ポイント( 2. Suicaカード:200円ごとに1ポイント( 0. モバイルSuicaは現在は年会費税込1,050円(通常)かかるというデメリットもあります。 ただし来年2020年2月26日以降、年会費は全面的に無料になる予定ですので現在iphone等でモバイルsuicaを利用せず、普通のSuicaカードを利用している方は、乗り換えを検討する価値があると言えるでしょう。 Suicaに1ポイント1円相当でチャージしてそのまま使えるので、こまめにチャージするのもオススメです。 (4)JRE POINTサイトでの登録が必須 実は、 Suicaをそのまま利用するだけでは、ポイント還元されないのでご注意ください。 ポイント還元を受けるためには、「JRE POINT」という専用のサービスに別途登録が必要です(入会金・年会費無料は無料) 登録を忘れるとどんなに頑張ってもポイント還元の対象外となってしまいますので、忘れないよう気をつけてください。 細かい登録方法については、別途記事で解説致します。 3.キャッシュレス・ポイント還元|Suicaの場合 Suicaは、2019年10月1日から始まった「消費税増税時のキャッシュレス・ポイント還元制度」の対象になっています。 以下、還元率、対象店舗等解説します。 (1)還元されるポイントとは 電車利用のポイント還元と同様になりますが、「JREポイントへの登録」が必須です。 なお利用月1ヶ月分のJREポイントが、翌月の上旬に還元され、還元されるポイントはJREポイントの公式サイトの「会員ページ<ポイント履歴」で確認可能です。 下記のマークの有無で利用できるかどうかを判断することになります。 また当然ですが、Suica のマークが掲示されているお店である必要があります。 具体的には、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、松屋などにSuicaのマークが掲示されているのでご確認下さい。 「キャッシュレス・消費者還元事業」についてさらに詳しく解説している下記記事も合わせてご参照ください。 4.キャッシュレスでJRE POINT還元キャンペーン 次に、「キャッシュレスでJRE POINT還元キャンペーン」の解説を致しますが、その前に「JRE POINTの基礎知識」を解説致します。 (1)JRE POINTのポイント還元率と貯め方 まず、Suicaを利用したJRE POINTのポイント還元率と、ポイントの貯め方を説明します。 ポイントの還元率 【画像引用元】|JRE POINT Suicaでの購入金額100円あるいは200円 税込 ごとに1ポイントたまります。 2種類のマーク(加盟店標識)があり、どちらのマークかによって、貯まるポイントが変わります。 たとえば「NewDays」や「KIOSK」では200円で1ポイント、「acure(自販機)」は100円で1ポイントです。 黄色いステッカー(加盟店標識)が目印 【画像引用元】|JRE POINT 上記のステッカーが目印です。 このステッカー(加盟店標識)があるお店でSuicaを使うと、ポイントが貯まります。 ここで、ちょっと思い出してみてください。 このステッカー、「セブンイレブン」「ローソン」「ファミリーマート」などで見かけたことありますか? ないですよね。 実は、加盟店標識があるコンビニは「NewDays」だけなのです。 つまり、セブン・ファミマ・ローソンをはじめとして、 ほとんどのコンビニでSuicaが使えますが、買い物に使えるだけで、Suicaの場合は、ポイントが貯まるわけではありません。 セブンやファミマでSuicaを使うのは、ポイント的には非効率なので注意しましょう。 (*ただしSuica付きビューカード等でクレジットカード決済をした場合は、クレジットカードの利用ポイントは付きます) 駅ナカに設置されているNewDaysやKIOSK 売店 にはステッカーがあり、かつ、ポイント倍増キャンペーンなども展開されています。 (2)キャッシュレスでJRE POINT還元キャンペーン 「キャッシュレスでJRE POINT還元キャンペーン」とは、 2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)の間、駅ビル・駅ナカでのキャッシュレスのお支払いでJREポイントの還元率がアップするキャンペーンです。 通常の場合 キャンペーン中 200円で1ポイント(「NewDays」や「KIOSK」の場合) 200円(税込)につき4ポイント 100円で1ポイント(「acure(自販機)」等の場合) 100円(税込)につき2ポイント つまり還元率は2%になります。 しかも、お店がキャッシュレス・消費者還元事業に加盟店登録している場合は、さらに +2%、+5%が上乗せされます。 最大7%が還元される大盤振る舞いであることが分かります。 JREカードを利用する場合|最大5. JREカード優待店でJREカードを利用した際の還元率は下記のようにアップします。 つまり3. なお、上記で解説したSuica決済とは異なり、お店がキャッシュレス・消費者還元事業に加盟店登録していても、 +2%、+5%は上乗せされません。 JREカードを利用時の注意点 JREカードのキャンペーンは、あくまでクレジットカード決済でのポイント還元です。 Suicaの利用によるポイントではありません。 また黄色のマークしかないお店(ニューデイズ)の場合は、優待店向けのポイントがつかずに還元率は0. 黄色のマークしかないお店でJREカードを利用する場合は、カードを提示して「クレジットカードで」と言わず、「Suicaでお願いします」と言ったほうがお得になります。 6.最後に Suicaは、ただ使うだけではポイントが貯まりません。 まずはJRE POINTサイトでSuicaやビューカードを登録しましょう。 NewDaysやKIOSKといった、駅ナカのお店だけではなく2019年10月1日からJR東日本の鉄道利用や定期券の購入などでもポイントが貯まるようになりました。 「あれ?もしかしてSuicaってポイント貯めにくいのでは…?」って思った方はJREカードやビューカードを併用するのもよいかもしれません。 定期券購入にビューカードを利用すると、1. 5%のポイントがたまります。 「Suica使用+定期券購入」で年間10万円使っている方は、年間1,500ポイント(1,500円分)還元されることになります。 ビューカードを経由して定期券を購入したり、Suicaにチャージすることで、効率よくポイントが貯まります。 「Suica+ビューカード」のコラボレーションで、ポイント還元を楽しむこともいいかもしれません。

次の