ザ ワン 映画。 ワン・フロム・ザ・ハート : 作品情報

映画『ザ・ワン』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

ザ ワン 映画

青い発光体の状態で地球に飛来し、調査に来た海上自衛官・有働貴文と融合した。 「ザ・ワン」とは、日本で初めて確認された地球外生物であることから名付けられたコードネームである。 ベルゼブア形態以降は、吸収した生物の頭を模した首が肩に現れる。 その正体は後に『』に登場するの第1号であり、ザ・ワン自体は本作でウルトラマン・ザ・ネクストに倒されるが、その破片は後に多数のビーストに成長する。 スペースビーストのうちガルベロス、ノスフェル、リザリアスは、『週刊 ウルトラマンオフィシャルデータファイル』ではザ・ワンの要素を受け継ぐ上級ビーストとされている [ 要ページ番号](ノスフェル・リザリアスは取り込んだ生物がモデルに、ガルベロスはザ・ワンの核に当たるものが犬を取り込んでおり、そのフォルムなどに特徴を色濃く残している)。 真木の人格と生命を尊重したザ・ネクストとは対照的に、ザ・ワンは有働を完全に取り込んで支配し、彼の生命も人格も全て奪い去るという、非常に狡猾で残忍な性格の邪悪な生命体である。 取り込んだ生物は、吸収されても短時間のうちならば分離・解放することが可能な模様。 デザインはが担当した。 デザインイメージは『』に登場した。 ビルの破壊シーンの一部は『』第3話と『』第2話からの流用 [ ]。 ザ・ワン(イドロビア)• 身長:3メートル• 体重:920キログラム• 出身地:宇宙 有働と融合したザ・ワンが成長した姿。 素早い動きで壁や天井を自由に駆け回る。 形態は人間に近い面が多いほか、口元などは筋繊維を皮膚が覆っていないなど、未完成な印象を与える姿をしている。 また、その身体能力の高さと天井などに張り付くことのできる特性以外は、怪獣というほどすさまじいものではない。 本作の映像特典では、監督に花束を贈った。 一番最初に登場する形態であることから、インパクトのある存在とするため従来の日本の怪獣映画にはないグロテスクなデザインとされた。 また、ウルトラマンとの絡みがないことから前屈姿勢となり、首の動きのリアルさも追求している。 海で有働と融合したという設定からエラやの触手など海洋生物のイメージが盛り込まれている。 ザ・ワン(レプティリア)• 身長:10メートル• 体重:4万4千トン 自衛隊の攻撃を受けたイドロビアが、周囲にいたやを胎内に吸収して成長した姿。 大幅に成長を遂げてより怪獣らしい姿となっているほか、尻尾による攻撃を可能としたことでより幅広く高い戦闘力を身につけている。 デザインは監督の小中和哉からの要望によりベムラーを意識しており、体表の青い部分は青い球のイメージで取り入れられた。 ザ・ワン(ベルゼブア)• 身長:50メートル• 体重:9万9千トン 新宿の地下でザ・ネクストと対峙したレプティリアが、周囲にいたを吸収して巨大化した姿。 最も怪獣らしい姿をしているが、全体的に骨がそのまま装甲化したような部位も見られ、グロテスクさにかけては拍車をかけている。 また、首元には吸収したネズミの首が2本生えており、肩の顔も無くなっている。 口から青色破壊火炎弾 を放つようになったほか、強力な咆哮で周囲を振動させて生物を苦しめることが可能。 下記のベルゼブア・コローネの翼を破壊された際には、本形態に戻っている。 デザイン検討案では3つの顔が連なったものやをイメージしたものなどがあったが、左右の顔は肩部に留められた。 ザ・ワン(ベルゼブア・コローネ)• 身長:50メートル• 翼長:250メートル• 体重:12万トン ジュネッス形態になり飛行能力を得たザ・ネクストに対抗するため、大量のを取り込んだ姿。 首の付け根にある小さな頭部2つの口からは、鳥類のような頭部が新たに生えている。 全長の約5倍の巨大な翼を広げて飛行する姿は、水原や真木に「悪魔」と称されている。 ザ・ネクストと渡り合えるほどの飛行能力を持つほか、超絶火炎弾 に加えてザ・ネクストからエネルギーを吸収する能力も発揮する。 激しい空中戦の末、ラムダ・スラッシャーで翼を切断され、切れた翼は吸収されていたカラスたちへ復元し、離散する。 ザ・ワン自体はベルゼブア形態に戻って新宿に落下し、最後はエボルレイ・シュトロームによって分解されて消滅した。 ベルゼブア・コローネの着ぐるみは制作されておらず、空中シーンはCG、顔のアップはベルゼブアをそのまま使っている。 翼のみアップ用に制作された。 デザインモチーフは阿修羅像。 デザイン画では、肩の顔は片方のみカラスに変化するという想定であったが、小中からの要望により両方とも変わる形になった。 「メビウス世界の匠たち CHAPTER2 CGI」『 アーカイブ・ドキュメント』編集部 編、 監修、〈No. DVDのメイキングより。 「巻末とじこみ付録 宇宙船 DATA BOOK 2005」『』Vol. 118(2005年5月号)、、2005年5月1日、 144頁、 雑誌コード:01843-05。 176. 「劇場EVENT REPORT」『』vol. 152(SPRING 2016. 春)、、2016年4月1日、 114頁、。 , p. , p. 9, 「BEAST」• 84, 「STAFF INTERVIEW キャラクターデザイン 」• 42-45. , pp. 62-65, 「STAFF INTERVIEW 特技監督 」. 274-275, 「丸山浩デザイン解説 ULTRAMAN」• , p. 26、86. 4-5, 「ULTRAMAN THE NEXT」• 310-311, 「ULTRAMAN」• 28、87. , p. 22, 「ボディスペック」• 82-83, 「STAFF INTERVIEW キャラクターデザイン 」• 30、88. , p. 22, 「ボディスペック」• 32、89. , p. 21, 「プロフィール」• 34、90. , p. 20, 「ボディスペック」• , p. 36、91. 役名および表記はDVDの日本語字幕による。 後のの声優である• ところどころ初代ウルトラマンのアレンジが流れる所がある• 「監督インタビュー」『』構成・間宮尚彦 執筆・大石真司、〈デラックス 愛蔵版〉、2016年3月16日、83頁。

次の

ザ・ワン/The One(2001)

ザ ワン 映画

アメリカ合衆国をゴアが務める世界のロサンゼルス。 留置場から出る囚人ロウレス(ジェット・リー)を謎の男が襲った。 ロウレスはその場で殺され、犯人は逃走する。 だがこの世界の警察だけではなく、多次元宇宙捜査局(MVA)の捜査官ローデッカー(デルロイ・リンド)とファンチ(ジェイソン・ステーサム)もまたその犯人を追っており、別次元へ逃げようとする男ユーロウ(ジェット・リー)を捕らえた。 ユーロウは元MVAの捜査官だったが、宇宙に125あるというパラレル・ワールドを移動し、それぞれの次元の自分を殺して宇宙で唯一の全能の存在=<ザ・ワン>になろうと企んでいた。 一人また一人と殺していくうち、彼らのエネルギーが流れこんだかのように超人的な力が備わっていくユーロウは、マシー(カーラ・ジグーノ)が仕掛けた爆弾による混乱の中、脱走に成功する。 彼が目指したのは、ブッシュが大統領を務める世界のロサンゼルス。 ユーロウは、ロサンゼルス郡保安官ゲイブ(ジェット・リー)の前に現れた。 妻TK(カーラ・ジグーノ)と平和に暮らす彼こそ、ユーロウが殺すべき最後の一人だったのだ。 事態が把握出来ないまま命を狙われ、混乱に巻き込まれるゲイブであったが、ユーロウを追って来たローデッカーとファンチに真相を聞かされ、平和のため、愛する人を守るため、ユーロウとの戦いに挑む。 壮絶な戦いの末、遂にゲイブが勝利を収めるのであった。 関連するキネマ旬報の記事.

次の

【仮面ライダーゼロワン冬映画の感想ネタバレ】令和・ザ・ファースト・ジェネレーションでジオウと対決|薬剤師ママの子育てブログ

ザ ワン 映画

あらすじ [ ] の。 幼くして父親を亡くしたのPKは病気がちの母親の負担を軽くするため、寄宿制の小学校に入れられるが、そこはイギリス系白人によって虐げられたばかりの学校であったため、たちまちPKはの標的となる。 やがて母親をも亡くしたPKは祖父によって、の・ドクのもとに預けられる。 PKはドクにピアノを、さらにのヘール・ピートにボクシングを教わるうちに、の大自然の偉大さと人間の尊厳、そしての愚かさを学ぶ。 高校生となったPKはボクシングで頭角を現し、注目を集める一方、推進論者の娘マリアと恋仲となる。 PKはマリアと協力して英語教育を行なうなど、黒人の地位向上のために活動するが、そんな彼らにもアパルトヘイトの波は容赦なく襲いかかってきた。 小学校時代に自分をいじめていたボータがとなって、権力を笠に着て、PKに再び牙を剥いてきたのだ。 キャスト [ ]• PK:ガイ・ウィッチャー(7歳)、サイモン・フェントン(12歳)、• ヘール・ピート:• ドク:• セント・ジョン学長:• マリア・マレー:• ヤッピー・ボータ:ロビー・ブロック(少年)、• ダニエル・マレー:• ボルマン軍曹:• ギデオン:アロイス・モヨ 脚注 [ ].

次の