沖 ドキ 撤去 いつ。 沖ドキの撤去期限延長が決定(但し地域によっては延長なし)

パチスロ5号機(旧基準機)の撤去日一覧

沖 ドキ 撤去 いつ

blog. jp 認定申請が行えない機種 「パチスロ北斗の拳 強敵」や「パチスロガールズ&パンツァー」の遊技台導入はまだ記憶に新しいかと思います。 この時期導入された台は、自主規制により2015年4月1日以降に検定を取得した「新基準に該当しない」機種のため認定申請が行えません。 いずれも2018年に撤去されています。 blog. jp 5. 5号機について 前倒し認定により検定満了日が2018年2月1日の規則改正以降の場合、一律で2月1日が認定日となります。 認定の有効期間は3年間のため、認定申請すれば2021年1月31日まで設置可能です。 blog. jp いずれも規則改正によりギャンブル性が高い機種がどんどん撤去されていきます。 有利区間の設置、出玉規制が今後主流になり、一撃万枚などが実質不可能なっていく、、これを機に引退される方も多いのではないでしょうか。 規制の緩和などあちらこちらで騒がれていますが、恐らく5号機のような一撃性に富んだ機種を触れるのはあと数年です。。 思い入れのある台などはお早めに遊技することをお勧めします!!.

次の

「沖ドキ!」などが営業自粛休業中に認定切れとなる危機【スロットみなし機撤去】│ブレスロ.2dps

沖 ドキ 撤去 いつ

パチスロファンにとっては、コロナウイルの影響で、ホールへ行くこともままならなかった。 ホールも閉まっているところが多く、営業していても「自粛警察」によって袋叩き似合うため行きづらい。 ようやくコロナウイルスの感染拡大も落ち着き始め、さらに緊急事態宣言が解除された地域も増えてきている。 そして、徐々にパチンコホールも通常営業を始めたという話が出てきています。 そんな中で、パチスロ「沖ドキ」ファンにとってはありがたいニュースが飛び込んできた。 そう、 沖ドキの撤去延期が決定したというニュースだ。 一体なんでそんなことになったんだろうと、調べてみましたので、しっかりと内容を理解したうえで、ホールに出掛けましょう。 そもそもパチスロ「沖ドキ」はいつまでだった 出典:沖ドキ公式ホームページ もう説明するまでもありませんが、パチスロ「沖ドキ」は多くの中毒者がいるほど大人気機種でした。 決して派手な演出があるわけでもなく、ハイビスカスがピカピカと光った瞬間の喜びと、大当たりを引いてからの32ゲーム間のドキドキ感は癖になります。 2014年8月にホールへ導入され、2020年6月1日に検定が切れる予定でした。 ですから、沖ドキファンも、2020年の5月末までしか、ホールで遊戯することができないということは覚悟していました。 しかし、コロナウイルスの影響で、パチンコホールの営業が制限され、沖ドキを打ちたくても、打てない日々が続いていました。 もしかしたら、 このまま、沖ドキを打たないまま、撤去されてしまうのかという不安がありました。 パチンコ業界団体のおかげで、沖ドキは、6月1日に撤去せずに済み、年末までの猶予が与えられたということです。 耳寄り情報 お小遣いを簡単にすぐに稼げる「モッピー」! パチスロの軍資金をゲットできるチャンス! 沖ドキがなぜ撤去延期になった? 出典:沖ドキ公式ホームページ パチンコ業界団体6社は警視庁へ、要望書を提出したことにより、その要望が受け入れられたという形になりました。 その要望の内容が、コロナウイルスの影響でやむなく休業し経営状態の悪化があり、新台入替を早急にはできない。 さらには、メーカーもコロナの影響で部品調達が滞り、新台の提供に問題があるということです。 そして、まだまだコロナウイルスの影響で、新台入替などの作業をするリスクがあるうえ、安全対策に不安があることなどが挙げられます。 国や地方自治体からの休業要請に答えてきたということもあり、経過措置延長について認められてということですが、条件も付けられていました。 5月中旬以降に検定が切れる機種のみで、最大1年の猶予が与えられました。 沖ドキの検定切れは、ちょうど6月1日で、ギリギリセーフでした。 もう少し、遅れていたらもしかしたら、知らない間に撤去されていたなんてこともあり得た話ですね。 沖ドキが撤去延期になって起こる問題とは 出典:沖ドキ公式ホームページ 沖ドキの撤去が延長されることは喜ばしいことなのですが、そこで問題が起こってきてしまっていることもあるのです。 沖ドキは、 すでに6月1日に完全撤去するということが決まっていましたので、ホールによっては、早々と撤去してしまっていたというところもあります。 ウワサによると、 それらのホールから、今回の沖ドキの設置延長は、不公平ではないかとクレームが入っているようなのです。 確かに、ルールを守って早めに対策していたのに、それが裏目に出るとは、文句も言いたくなります。 人気機種だけに、大きな痛手となります。 そのあたりの対処も行われるでしょうから、再び沖ドキがホールに戻ってくるというホールもあるかもしれません。 後継機種「沖ドキ2」も新台入替予定 そして、すでに沖ドキ後継機もすでに誕生しているのです。 沖ドキ2は、一応の予定では5月11日に全国のホールに新台として入る予定でしたが、コロナウイルスの影響で、まだ入っているという情報はありません。 ですが、これから、 パチンコホールが続々と営業開始していくことで、近いうちに沖ドキ2の新台入替が始まりそうです。 沖ドキ2がホールデビューすることにより、沖ドキの稼働がどうなるのかが気になりますし、もし沖ドキ2がいまいちということになると、沖ドキに客が流れるかも知れません。 問題となりそうなのが、どちらの台もホールにあるということは、比べられてしまうということです。 ホールの本音としては、沖ドキ2へと移行してくれた方が今後のことを考えるといいのかもしれませんね。 パチスロ「沖ドキ」撤去延期決定!のまとめ 大人気機種沖ドキが、今年いっぱいまで打てるということは、ファンにとっては朗報ですね。 ですが、かなりの荒波のマシーンで、痛い目にあった人も多いのではないでしょうか。 撤去してもらったほうがよかったのに、という人もいるかも知れません。 ちょうど、このタイミングで後継機種の沖ドキ2が登場するという予定ですので、 兄弟機の直接対決という構図となった形です。 沖ドキは今まで後継機種が出てきていましたが、いまいちヒットしていません。 今回の沖ドキ2は正統後継機ということで、ゲーム性はかなり踏襲している部分が多いと聞きます。 年末までに、どちらが面白いか決着がつくかと思いますので、いちどホールへ行って確かめてきたいですね。 それでは、6月に撤去が予定されているパチスロ機を紹介していきます。 ・沖ドキ 検定日2014年6月2日 撤去予定日2020年6月1日 ・大海物語with T-ARA検定日2014年6月2日 撤去予定日2020年6月1日・みどりのマキバオー届け!! 日本一のゴールへ!! それでは、6月に撤去が予定されているパチスロ機を紹介していきます。 ・沖ドキ 検定日2014年6月2日 撤去予定日2020年6月1日 ・大海物語with T-ARA検定日2014年6月2日 撤去予定日2020年6月1日・みどりのマキバオー届け!! 日本一のゴールへ!!

次の

【激アツ】パチスロ撤去延期が決定?沖ドキがまだ打てる?

沖 ドキ 撤去 いつ

「新基準AT機」は認定を受けられない!? 「検定期間3年」後にさらに3年間の設置が可能となる「認定」。 しかし「新基準AT機」には認定が受けられない機種も存在します。 旧基準機の認定についてはコチラ。 2015年4月1日以降に検定を取得した機種は認定不可 メーカーの自主規制により2015年4月1日以降に検定を取得した• 新基準に該当しないAT機 は認定申請を行えません。 良く回るAT機の中でも「新基準に該当しないAT機」という位置付けが存在するようですね。 サブ基盤管理・メイン基盤管理の差ですかね。 概ね「2015年4月~2015年10月」に検定を通過した台が対象となるようです。 対象機種・撤去期限は以下の通りです。 特に「北斗強敵」「ガルパン」はかなり打ったので寂しい限りですね。 認定を受けられる「新基準AT機」も有り• 「2015年4月1日」より前に検定を通過した台• 新基準に該当するAT機 が対象となります。 「良く回るAT機」でも認定可能・不可能な台が有るのは分かりにくいですね。 対象機種・撤去期限は以下の通りです。 「高射幸性パチスロ機(旧基準機)設置比率」の関係で新基準AT機が増台される? 「全日遊連」は「高射幸性パチスロ機(旧基準機)設置比率」を以下のように下げていく方針のようです。 2019年1月31日:15%以下• 2020年1月31日:5%以下• まとめ• 2018年内に撤去となる新基準AT機が多数有る• 設置比率の関係で新基準AT機が増えていく可能性が高い といった感じですね。 旧基準よりも早く撤去される機種が多いのはなんとも歪んでいますね・・・ 「北斗強敵」はかなり好きな台なのでお別れ打ちをしたいですね。 「6号機」のスペック・導入予定についてはコチラ。

次の