妊婦 ビタミン d。 妊婦はリポビタンDを飲んじゃダメ?妊娠中のリポビタン栄養素と3つの注意点や影響

ビタミンDの摂取とビタミンの過剰と欠乏

妊婦 ビタミン d

論点 ビタミンD補充が、カルシウムやその他のビタミンおよびミネラルとの併用の有無を問わず、母子にとって有益または有害であるかどうかは不明である。 重要である理由 ビタミンDは、ヒトの健康、特に、骨、筋肉、神経および全般的な細胞機能にとって不可欠である。 妊娠中の女性において、血中ビタミンD濃度が低くなると、妊娠合併症の原因となる。 妊娠中のビタミンD追加補充は、妊娠合併症を予防する上で必要となる場合がある。 このレビューからわかったこと これは、2012年に初めて発表され、その後2016年に更新されたレビューの最新版である。 本レビューでは、妊娠中の女性を対象としてビタミンD補充を単独またはその他の微量栄養素との併用で行った場合の 効果について、 プラセボまたは介入なしと比較し、用量、補充の期間または開始時期、補充の種類(経口または静脈内投与)を問わずに検証した。 どのようなエビデンスが得られたか? 科学的根拠(エビデンス)について検索し(2018年7月)、今回の更新の対象として 試験30件(女性7033例)を検出した。 妊娠中の女性3725例を対象とした22 試験のエビデンスから、妊娠中のビタミンD単独補充により、 プラセボや介入なしと比較して、子癇前症、妊娠糖尿病、低出生体重児のリスクが減少する 可能性、また早産のリスクについては、ほとんどあるいは全く 差がない 可能性が示唆される。 ビタミンDによって、重度の分娩後出血など、母体の 有害事象のリスクが減少する 可能性があるが、この結果は予測外のことであり、1件の 試験のみに基づいていることに留意する必要がある。 妊娠女性1916例を対象とした9 試験のエビデンスから、ビタミンDとカルシウムの補充により、子癇前症のリスクが減少する 可能性があるが、早産のリスクが増加する 可能性が示唆される。 このわずかな有害性については、出産前ケアとしてカルシウム補充を受けている女性で注意が必要である。 妊娠女性1300例を対象とした1 試験のエビデンスから、ビタミンD+その他の栄養素を補充しても、大半の評価項目のリスクにほとんどあるいは全く 差がない 可能性が示唆される。 母体の 有害事象に関するデータは、大半の 試験で不足していた。 結果が意味すること ビタミンDのみを妊娠女性に補充すると、子癇前症、妊娠糖尿病、低出生体重、重度の分娩後出血のリスクが減少する 可能性がある。 妊娠37週未満の早産のリスクについては、ほとんどあるいは全く 差がないと考えられる。 ビタミンDとカルシウムを妊娠女性に補充すると、子癇前症のリスクが減少する 可能性があるが、37週未満の早産のリスクが増加する 可能性がある(これらの結果はさらなる検証が必要である)。 ビタミンDとその他の栄養素を妊娠女性に補充しても、早産や低出生体重児(2500 g未満)のリスクにほとんどあるいは全く 差がない 可能性があり、妊娠糖尿病および母体の 有害事象に対する 効果は不明である。 妊娠中のビタミンD補充の 効果、特に母体の 有害事象のリスクに関して評価するには、綿密で質が高く、より大規模な ランダム化試験がさらに必要である。 ejim. ncgg. 30]《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、eJIM事務局までご連絡ください。 なお、2013年6月からコクラン・ライブラリーのNew review, Updated reviewとも日単位で更新されています。 eJIMでは最新版の日本語訳を掲載するよう努めておりますが、タイム・ラグが生じている場合もあります。 ご利用に際しては、最新版(英語版)の内容をご確認ください。 《CD008873. pub4》.

次の

【管理栄養士監修】妊婦さんに「ビタミンD」は必要?含まれる食べ物は?|妊娠・出産・マタニティ情報サイト

妊婦 ビタミン d

欧米型の食生活や、紫外線を浴びる機会の少なさによって、ビタミンD欠乏状態に陥る妊婦が北欧では3〜5割にも上るという。 ビタミンD欠乏は妊婦・胎児の骨に深刻な影響を及ぼすだけでなく、早産、喘息のほか、胎児の生涯に渡って病気リスクとの関連が指摘されている。 ビタミンDは日光(紫外線)を浴びることで皮膚でも合成されるが、それゆえ高緯度地域など日照時間の少ない地域で特に欠乏が起こりやすい。 「(欧米型の食生活では)食材から十分なビタミンDを得ることは難しく、北部地帯では1年のうち6か月は、皮膚でのビタミンD合成のための日光が十分ではありません。 夏には皮膚の保護とがん予防のために日焼け止めを身体に塗りますが、これも十分な量のビタミンD合成を難しくしている可能性があります」などと論文著者のグスタファソン氏。 ビタミンDは妊婦と胎児にとってどのような働きを持つのか、まとめている。 <骨量に重要> ビタミンDレベルが低いと、妊婦・胎児両方の骨の健康に深刻な影響を及ぼすおそれがある。 というのも、消化管によって吸収されるカルシウムのために必要不可欠なためだ。 ビタミンDは胎児の骨量を高め、母親の骨量を維持する。 一例として、ビタミンD欠乏状態の妊婦から産まれた子は、20歳になった時点での骨量が低い傾向にあったという。 <病気との関連> 低ビタミンDレベルによって、早産のリスクが高まるほか喘息リスク増加との関連があるという。 また、妊婦の極端なビタミンD欠乏は、高血圧・子癇前症・妊娠性糖尿病のリスクを高めるという。 そのため、週2-3回魚を食べたり、サプリメントを利用する方法が考えられるが、ビタミンDは身体に蓄積される性質があるため、(サプリメントなどによる)過剰摂取には充分な注意が必要である。 <葉酸なみの周知を> グスタファソン氏は「妊娠中に葉酸サプリメントの服用をする女性は多くなっていますが、これは、胎児の脊髄奇形(神経管欠損)リスクの低下に有効という知識が普及したためです。 しかしビタミンDの重要性についての知識が同レベルに達しているとは思いません」と話し、妊婦が情報を得られるようにするため、保健行政からの情報が妊婦に伝えられるだけでなく、妊婦に関わる医師や助産師など医療関係者にも周知されることが重要だとしている。 <赤ちゃんの生涯に渡る影響> 数年前にスウェーデンで行われた類似の先行研究においては、今回のグスタファソン氏の研究結果よりも、妊娠後期にビタミンDレベルの低い妊婦の割合がより高かったことが示されていた。 ビタミンDは、主に胎児の骨の正常な成長のために重要である。 そのほか、ビタミンDのレベルが低いと、妊娠合併症、早産、喘息のリスクが増加するといわれているが、最近の研究では胎児の中高年期における心血管疾患や骨粗鬆症との関連が示唆されている。 出典は『』。 () 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック ON OFF.

次の

子どもや妊婦は摂取しよう「ビタミンD」の効果

妊婦 ビタミン d

妊娠・出産を望まれる方にとって何より大切なのは、健康な体づくりです。 なかでも食事は妊娠力を高めるための基本。 ダイエットによる食事制限、外食やファストフード、インスタント食品の摂取など、不規則な食生活で栄養バランスが偏っていませんか? 食事の量があり、カロリーは充分とれていても、必要な栄養素が不足していることがあります。 必要な栄養素が不足すると、貧血や冷え性をまねいて妊娠力の低下、胎児の成長、出生児の成人後の成長にも影響を及ぼすといわれています。 また、食事には気をつけているから大丈夫という方も、その方向性が間違っていることもありますので、時々見直しが必要です。 妊娠力を高めるおもな栄養素には、皮膚・血管・筋肉など体の土台や、質の良い卵子をつくる「たんぱく質(肉・魚・卵)」、血液中のヘモグロビンをつくる「鉄(レバー・あさり)」、抗酸化作用があり、卵子の若返りや、血流・ホルモンの働きをうながす「ビタミンE(カボチャ・アボカド・ナッツ類)」、男性ホルモンを合成し、精子数や運動性を高める「亜鉛(カキ・ホタテ)」、赤ちゃんの健全な発育を助ける「葉酸(ほうれん草・レバー)」、子宮内膜をととのえる「ビタミンA(うなぎ・ほうれん草)」、精神を安定させる「カルシウム(牛乳・チーズ・小魚)」などがあります。 何かを重点的に摂取するのではなく、それぞれの栄養素をバランスよく摂ることがポイントです。 1日3食の規則正しい食生活を基本に、少量多品種の食事を心がけましょう。 最近注目されている栄養素のひとつに、ビタミンDがあります。 日光を浴びることで皮膚のコレステロールから生成されるビタミンDは、血液中のカルシウム濃度を上げる働きがあり、健康な骨の形成にかかわっていることが知られています。 ビタミンDが不足すると、骨の病気である骨軟化症、骨粗しょう症が増えます。 一方、ビタミンDを補うことで、がんの予防、感染症の予防、2型糖尿病の予防の可能性、さらに、子宮・卵巣・精巣・精子にもよい働きをすることがわかってきました。 妊娠中にビタミンDが不足すると、母体や胎児へのリスク、出産のリスクが高くなります。 また、卵胞発育障害、着床障害、免疫性の不育症といった不妊要因にもビタミンDが深く影響しているという報告もあります。 ビタミンDについては、1日15分の日光浴で必要量を生成できるといわれますが、女性にはむずかしい課題かもしれません。 むしろ日焼け対策として、日焼け止めや日傘で、あえて日光を避けている人のほうが多いのではないでしょうか。 日光を避ける生活がビタミンDの生成を抑え、ビタミンD不足につながっている皮肉な現状があります。 とはいえ、日焼けはできるだけ避けたいというのが女性の本音でしょう。 そこで、不足するビタミンDを身近にある食品から摂取する方法もあります。 ビタミンDを含む食品には、鮭・カツオ・しらす干し・鶏卵・きくらげなどがあり、これらの食品を積極的に摂ることもひとつ。 ただし、ビタミンDは油と一緒に調理することで吸収を高める脂溶性の栄養素。 水溶性のように体内の余分な栄養素を尿として排出できないため、過剰摂取には注意が必要です。 ビタミンDについて気になる方には、まずは血液検査をおすすめします。 検査の結果、ビタミンDが不足しているようであれば、ビタミンDを含む食品やサプリの摂取をはじめ、ほかの栄養素とのバランスを考えた食事を心がけ、妊娠力を高めていきましょう。

次の