佐賀よか。 佐賀藩

福岡・佐賀・長崎に大雨特別警報 氾濫など危険性極めて高い

佐賀よか

佐賀県では事業者等の皆さまに対して、店舗や遊技施設等の休業等の協力を要請しています。 (休業要請等の対象施設や要請内容等については、の『施設一覧』をご確認ください。 ) 佐賀県の休業要請対象者が県からの休業要請等に応じ、休業又は営業時間の短縮(飲食店等で夜8時から朝5時までの時間帯の営業休止)を行った場合に、事業者に支援金を交付します。 2 対象店舗 本支援金の対象となる店舗は、次の1から4の全てを満たす施設とします。 1 佐賀県内の対象施設であること。 (事業者は、法人、個人事業主(フリーランスを含む。 )を問わず、県外に本社がある場合も対象となります。 ) 2 緊急事態措置による休業等を実施する前日(令和2年4月21日)以前から、対象施設に関する必要な許認可等を取得の上、運営している施設であ ること。 3 原則、緊急事態措置による休業等の期間(令和2年4月22日から同年5月6日まで)の全ての期間において、休業等を行った施設であること。 (「『佐賀型 店舗休業支援金』に係る休業等状況届出書」に、当該期間の休業等の状況を記載していただきます。 ) (1)休業等準備のため休業等の開始が4月22日より数日間遅れた場合は、届出書にその理由や休業等の開始時期を記載いただき、適当と認めら れる場合は対象とします。 (2)飲食店、料理店、喫茶店等の食事提供施設については、佐賀県からの要請に応じて夜8時から翌朝5時までの時間帯の営業を休止する場合及 び終日休業する場合も対象となります。 <事例1> 通常の営業時間が朝10時から夜10時までの飲食店が夜7時に閉店する場合は支援金の対象 <事例2> 通常の営業時間が朝10時から夜10時までの飲食店が全日休業する場合は支援金の対象 <事例3> 通常の営業時間が朝10時から夜7時までの飲食店が営業時間の短縮又は全日休業しても支援金の対象外 (3)施設の種類が「大学・学習塾等」及び「商業施設」の対象施設で床面積の合計が100平方メートル以下の施設についても休業を行った場合 は対象となります。 4 首相が学校の臨時休業要請を表明する前日(令和2年2月26日)以前から休業等を行っている施設でないこと。 3 本支援金の届け出受付期間 令和2年5月7日(木曜日)から同年5月31日(日曜日)まで 4 届出書類の提出 1 郵送の場合 届出書類を次の宛先に郵送ください。 なお、郵送の際の封筒は角2サイズでご提出お願いします。 簡易書留など郵便物の追跡ができる方法でお願いします。 2 オンライン提出の場合 令和2年5月7日(木曜日)から運用開始予定です。 (公開予定URL)<> なお、令和2年5月31日(日曜日)23時59分までに送信を完了してください。 (感染拡大防止の観点からご協力をお願いします。 ) 5 届出書類 1 休業又は営業時間短縮の状況がわかる書類 (例)・休業期間を告知した店頭貼り紙の写真 ・休業期間を告知した自社ホームページやSNSの写し 2 緊急事態措置以前から営業活動を行っていることがわかる書類 ・営業活動を行っていることがわかる書類 (例)・業種に係る営業に必要な許可等を全て取得していることがわかる書類(許可証等の写し) ・<業種に係る営業に必要な許可等がない場合>直近の経理帳簿の写し ・届け出る施設等ごとの外観写真(店舗名や社名入りの写真) ・本人確認書類(運転免許証、パスポート、保険証等の写し) ・<常設店舗ではない教室等の場合>週3日以上の活動がわかる書類(活動計画表等の写し) 3 『佐賀型 店舗休業支援金』に係る休業等状況届出書(別紙1) 4 誓約書(別紙2) 5 振込先口座申出書(別紙3) 6 届出に必要な書類の入手方法 次の方法にて、届出様式を入手することができます。 1 以下、 7.関係書類からダウンロード 2 佐賀県産業労働部産業政策課での配布 佐賀県佐賀市城内1丁目1番59号 新館9階南側 3 各市町の所定の窓口での配布 4 各商工団体の所定の窓口での配布 5 5月2日(土曜日)の新聞折込みチラシ(支援金の案内と届出書類を掲載) 7 関係資料 ・(PDF:3. 42メガバイト) ・(ワード:35. 2キロバイト) ・(PDF:12. 4キロバイト) ・(エクセル:21キロバイト) ・(PDF:192. 4キロバイト) ・(PDF:19.

次の

福岡・佐賀・長崎に大雨特別警報 氾濫など危険性極めて高い

佐賀よか

気象庁によりますと、活発な前線の影響で西日本と東日本の広い範囲で大気の状態が不安定になり、この時間は、九州北部を中心に発達した雨雲が流れ込んでいます。 5ミリの激しい雨が降りました。 この大雨で、大分県や福岡県を流れる筑後川は大分県日田市で氾濫が発生し、国土交通省と気象庁は午前8時半すぎ、「氾濫発生情報」を発表しました。 気象庁は、記録的な大雨で土砂災害や浸水などによる重大な災害が発生している可能性が極めて高くなっているとして、福岡県と佐賀県、長崎県のいずれも複数の市や町に大雨の特別警報を発表していて、最大級の警戒を呼びかけています。 引き続き避難場所など安全な場所で過ごしてください。 ただ、状況が悪化するなどして避難場所までの移動が危険な場合には、近くの頑丈な建物の高い階や、崖や斜面と反対側の部屋に移動するなど、少しでも命が助かる可能性が高い行動を取るようにしてください。 これまでの雨で土砂災害の危険性が非常に高まり、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、愛媛県、奈良県、岐阜県、静岡県、長野県では「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。 また、福岡県、佐賀県、大分県、熊本県、山口県では、「氾濫危険水位」を超えている川があります。 前線は今後も停滞し活発な状態が続く見込みで、西日本から東北の広い範囲で、局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降るおそれがあります。 現在、大雨の特別警報が出されている地域のほか、4日に豪雨に襲われた熊本県の被災地や、6日に記録的な大雨となった九州南部などでも再び大雨となるおそれがあります。 地盤が緩み、川の堤防が傷んだ場所では災害の危険性が非常に高くなっていて、気象庁は土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に厳重に警戒するよう呼びかけています。 大雨の特別警報は、土砂災害や浸水など、重大な災害が発生している危険性が、極めて高いときに発表されます。 5段階の警戒レベルのうち最も高い「レベル5」にあたる情報で、数十年に1度しかないような、いわば「緊急事態」であることを示す最大級の警報です。 特別警報が出た地域の方は、少しでも命が助かる可能性が高い行動をとってください。 避難勧告や避難指示など自治体が発表する情報に注意して周りの状況をよく確認し、安全な場所に避難する必要があります。 ただ、激しい雨が降り続いているため、土砂災害や川の氾濫が発生していたり、浸水が広がっていたりする地域では、外に出て避難すると、かえって危険な場合があります。 また、特別警報が出ていない地域でも、すでに大雨や洪水の警報が出ている場合には、今後、状況が悪化して、重大な災害が発生するおそれもあります。 特別警報以外の警報が出ている地域の方も、天候の変化や、避難勧告や避難指示といった自治体からの情報に注意して安全な場所に避難しておくなど、早めに安全を確保してください。 特別警報は、気象庁が7年前の平成25年8月に導入しました。 初めて特別警報が発表されたのは、導入した翌月の平成25年9月で、台風の影響で記録的な大雨となった滋賀県と京都府、それに福井県に大雨特別警報が出されました。 平成27年9月の「関東・東北豪雨」では、栃木県と茨城県、それに宮城県に大雨特別警報が出ました。 関東や東北に「線状降水帯」と呼ばれる発達した帯状の積乱雲がかかり続け、記録的な大雨となって、茨城県の鬼怒川の堤防が決壊するなどの大規模な浸水被害が出ました。 平成29年7月の「九州北部豪雨」では、福岡県と大分県に大雨特別警報が発表され、猛烈な雨によって中小河川の氾濫や土砂崩れなどの被害が出ました。 おととし7月の「西日本豪雨」では、停滞した前線の影響で長時間雨が降り続き、全国の合わせて11の府県に大雨特別警報が発表されました。 また、去年10月、東日本や東北に甚大な被害をもたらした台風19号では、一連の大雨としては最も多い合わせて13の都と県に発表されました。 そして、今月4日には、熊本県と鹿児島県に大雨特別警報が発表されました。

次の

佐賀陸上競技協会

佐賀よか

佐賀県では事業者等の皆さまに対して、店舗や遊技施設等の休業等の協力を要請しています。 (休業要請等の対象施設や要請内容等については、の『施設一覧』をご確認ください。 ) 佐賀県の休業要請対象者が県からの休業要請等に応じ、休業又は営業時間の短縮(飲食店等で夜8時から朝5時までの時間帯の営業休止)を行った場合に、事業者に支援金を交付します。 2 対象店舗 本支援金の対象となる店舗は、次の1から4の全てを満たす施設とします。 1 佐賀県内の対象施設であること。 (事業者は、法人、個人事業主(フリーランスを含む。 )を問わず、県外に本社がある場合も対象となります。 ) 2 緊急事態措置による休業等を実施する前日(令和2年4月21日)以前から、対象施設に関する必要な許認可等を取得の上、運営している施設であ ること。 3 原則、緊急事態措置による休業等の期間(令和2年4月22日から同年5月6日まで)の全ての期間において、休業等を行った施設であること。 (「『佐賀型 店舗休業支援金』に係る休業等状況届出書」に、当該期間の休業等の状況を記載していただきます。 ) (1)休業等準備のため休業等の開始が4月22日より数日間遅れた場合は、届出書にその理由や休業等の開始時期を記載いただき、適当と認めら れる場合は対象とします。 (2)飲食店、料理店、喫茶店等の食事提供施設については、佐賀県からの要請に応じて夜8時から翌朝5時までの時間帯の営業を休止する場合及 び終日休業する場合も対象となります。 <事例1> 通常の営業時間が朝10時から夜10時までの飲食店が夜7時に閉店する場合は支援金の対象 <事例2> 通常の営業時間が朝10時から夜10時までの飲食店が全日休業する場合は支援金の対象 <事例3> 通常の営業時間が朝10時から夜7時までの飲食店が営業時間の短縮又は全日休業しても支援金の対象外 (3)施設の種類が「大学・学習塾等」及び「商業施設」の対象施設で床面積の合計が100平方メートル以下の施設についても休業を行った場合 は対象となります。 4 首相が学校の臨時休業要請を表明する前日(令和2年2月26日)以前から休業等を行っている施設でないこと。 3 本支援金の届け出受付期間 令和2年5月7日(木曜日)から同年5月31日(日曜日)まで 4 届出書類の提出 1 郵送の場合 届出書類を次の宛先に郵送ください。 なお、郵送の際の封筒は角2サイズでご提出お願いします。 簡易書留など郵便物の追跡ができる方法でお願いします。 2 オンライン提出の場合 令和2年5月7日(木曜日)から運用開始予定です。 (公開予定URL)<> なお、令和2年5月31日(日曜日)23時59分までに送信を完了してください。 (感染拡大防止の観点からご協力をお願いします。 ) 5 届出書類 1 休業又は営業時間短縮の状況がわかる書類 (例)・休業期間を告知した店頭貼り紙の写真 ・休業期間を告知した自社ホームページやSNSの写し 2 緊急事態措置以前から営業活動を行っていることがわかる書類 ・営業活動を行っていることがわかる書類 (例)・業種に係る営業に必要な許可等を全て取得していることがわかる書類(許可証等の写し) ・<業種に係る営業に必要な許可等がない場合>直近の経理帳簿の写し ・届け出る施設等ごとの外観写真(店舗名や社名入りの写真) ・本人確認書類(運転免許証、パスポート、保険証等の写し) ・<常設店舗ではない教室等の場合>週3日以上の活動がわかる書類(活動計画表等の写し) 3 『佐賀型 店舗休業支援金』に係る休業等状況届出書(別紙1) 4 誓約書(別紙2) 5 振込先口座申出書(別紙3) 6 届出に必要な書類の入手方法 次の方法にて、届出様式を入手することができます。 1 以下、 7.関係書類からダウンロード 2 佐賀県産業労働部産業政策課での配布 佐賀県佐賀市城内1丁目1番59号 新館9階南側 3 各市町の所定の窓口での配布 4 各商工団体の所定の窓口での配布 5 5月2日(土曜日)の新聞折込みチラシ(支援金の案内と届出書類を掲載) 7 関係資料 ・(PDF:3. 42メガバイト) ・(ワード:35. 2キロバイト) ・(PDF:12. 4キロバイト) ・(エクセル:21キロバイト) ・(PDF:192. 4キロバイト) ・(PDF:19.

次の