光 回線 ルーター 繋がら ない。 ソフトバンク光が繋がらない!通信障害の原因別5つの対処法と問い合わせ先

インターネットにつながらない!NTTフレッツ光の場合の解決方法は?

光 回線 ルーター 繋がら ない

MEMO 特にモデムは電源を付けっぱなしにして使い続けるので、端末が疲れを感じてインターネットに接続してくれなくなる事例が少なくありません。 スマホやパソコンも同様で、電源を付け続けているとエラーを起こしてインターネットにつなげられなくなることがあります。 モデムやスマホを再起動してもインターネットにつながらないときは、フレッツ光や契約しているプロバイダの公式サイトで通信障害が起きていないか確認してみましょう。 もしも通信障害が発生している場合、復旧するのを待つしかありません。 全ての対処法を試してもインターネットにつながらない場合はモデムが故障している可能性があるので、以下の窓口に電話して相談してください。 フレッツ光 問い合わせ窓口 エリア 電話番号 東日本 0120-000113 西日本 0120-248995 モデムの故障については以下の記事でも解説しているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。 状況その2. なので、行う対処法も先ほど紹介したものとほとんど変わりません。 状況その3. スマホでWi-Fiを使っている最中にインターネットがつながらなくなった スマホでWi-Fiを使っているときにインターネットに接続できなくなった場合は、以下の2つが主な原因として考えられます。 Wi-Fiに接続しているスマホ側に不具合が起きている• 無線LANルーターが不具合を起こしている 先ほども説明しましたが、スマホと無線LANルーターはどちらも常に電源を付け続けています。 そのように長く使い続けると疲弊してエラーを起こすことがあります。 なので、Wi-Fiが使えなかったときも、スマホや無線LANルーターを再起動させることが基本の対処法になります。 スマホと無線LANルーターのどちらを再起動させてもインターネットがつながらないときは、フレッツ光や契約プロバイダの公式サイトで通信障害が発生していないか確認してください。 上記の対処法を行っても症状が改善できないときは、モデムか無線LANルーターが故障している可能性があります。 デバイス側の問題については以下の記事でも解説しているので、こちらも参考にしてみてください。 状況その4. モデムのPPPランプが消灯してインターネットがつながらなくなった たまに見る事例ですが、フレッツ光がつながらないときにモデムの「PPPランプ」が消灯していることがあります。 PPPランプはインターネットへの接続状態を表してくれるもので、消灯しているとオフライン状態(インターネットに接続できていない)であることを意味します。 モデムを再起動すれば、PPPランプが点灯してインターネットがつながることは多いです。 モデムを再起動してもPPPランプが消灯してままだと、インターネットの接続設定に問題があるかもしれないので設定をやり直してみましょう。 状況その5. ひかり電話がつながらなくなった フレッツ光を長く使い続けていると、インターネットだけでなくひかり電話がつながらなくなることもあります。 ひかり電話も電話機をモデムに接続して利用するので、モデムが不具合を起こしていることでつながらなくなることがあります。 なので、ひかり電話がつながらないときもインターネットと同じで、モデムの電源を切って再度起動させれば症状が改善できます。 モデムを再起動しても症状が改善できない場合は、モデムか電話機が故障しているかもしれません。 先にフレッツ光の窓口に連絡して、モデムの交換をしてもらいましょう。 問い合わせする電話窓口は先ほど紹介した番号と同じです。 ひかり電話がつながらないケースについては、以下の記事でも詳しく解説しています。 こちらもあわせて参考にしてみてください。 状況その6. 台風や落雷による停電の後にインターネットがつながらなくなった 台風や落雷の影響による停電から復旧すると、インターネットに接続できないことがあります。 電気が普及した後にインターネットに接続できない原因は、モデムやルーターが起動する順番にあることが基本です。 モデムとルーターには起動する順番が決められています。 ルーターがモデムより先に起動してしまうとエラーが発生してインターネットに接続できなくなります。 なので、停電後にインターネットに接続できないときはモデムとルーターの電源を切り、モデムから先に再起動してみましょう。 モデムの再起動が完了した後にルーターを起動させれば、エラーが起きずにインターネットに接続できるようになります。 ただ、落雷による停電から普及した場合は、上記の手順を行ってもインターネットにつながらないことがあります。 モデムやルーターは落雷が原因で故障することがあるからです。 落雷によって発生する過電流が電線を通して自宅まで流れ、モデムやルーターにダメージが及ぶことがあります。 モデムやルーターが過電流によるダメージを受けると、最悪の場合は故障してしまうことがあります。 先ほど紹介した手順を行ってもインターネットにつながらないときはモデムやルーターが過電流を受けて故障した可能が高いわけです。 故障してしまった場合は、モデムとルーターを交換するしかありません。 過電流への事前対策は雷が鳴っているときにモデムやルーターの電源ケーブルをコンセントから抜いておくことが一般的です。 ただ、雷が鳴っているときでもインターネットが必要になりますよね? 雷が鳴っているときでもインターネットを使うなら、雷ガードが内蔵された電源タップを活用しましょう。 雷ガードが内蔵された電源タップを通してモデムやルーターを利用すれば、かなりの確立で過電流によるダメージを受けなくなります。 ちなみに、ごく稀なパターンですが、台風による暴風で電柱の光ファイバーが破損してインターネットに接続できなくなることがあります。 光ファイバーが破損した場合、何もせずにフレッツ光の業者が光ファイバーを直してくれます。 ただ、電柱から自宅につないでいる光ファイバーが破損したときは、フレッツ光に申請して修復をしてもらわなければいけません。 状況その7. 引越しをした後にインターネットにつながらなくなった フレッツ光では、移転手続きと工事をすれば引越し先でも継続して利用することができます。 しかし、移転手続きと工事が完了したのにインターネットがつながらないという事例も少なくありません。 移転手続きと工事をしてもインターネットがつながらないときは、接続設定を忘れていることがほとんどです。 引越し先でフレッツ光を続けて利用する場合、移転手続きと工事が完了した後に再度接続設定をしなければいけません。 引越し先でもフレッツ光を利用するときは、契約した当時と同じ方法で接続設定を行ってください。 接続設定をする際は、プロバイダに発行してもらったIDとパスワードの入力が必要になります。 入力するIDとパスワードはプロバイダを契約した当時に送られてきた書類に記載されています。 全ての対処法を試してもつながらない場合の最終手段! 場合によっては、先ほど紹介した対処法を行っても症状が改善しないことがあります。 どのような対処法を行ってもインターネットにつながらないときは、契約状態に問題がある可能性が高いです。 プロバイダを他社に乗り換える どのような対処法を試してもインターネットにつながらないときは、契約しているプロバイダに原因がある可能性が高いです。 MEMO 特に、夜になるとインターネットにつながらなくなる場合は、ほぼ確実にプロバイダが原因になっていると考えたほうがいいでしょう。 フレッツ光の対応プロバイダは多くの種類がありますが、事業者によってサーバーのクオリティに大きな差があります。 契約しているプロバイダのサーバーのクオリティが低いと、利用者が多い夜に回線が混雑してインターネットにつながらなくなります。 なので、あらゆる対処法を試してもダメなときは他のプロバイダ、特にインターネットのつながりやすさや通信速度に定評がある事業者に乗り換えましょう。 フレッツ光のプロバイダにはあまりにも多くの選択肢がありますが、「ISP規制情報」の情報、 またTwitterや価格. comの口コミを参考にすれば評価が高い事業者を見つけることができます。 プロバイダの変更については以下の記事でも詳しく解説しています。 変更しようと思っている方はこちらもご参照ください。 光回線そのものを他社に乗り換える インターネットにつながりやすいプロバイダを探すことが面倒な人は、光回線サービスそのものを乗り換えてみることをおすすめします。 他社の光回線はフレッツ光と違って回線とプロバイダがセット契約になっています。 ですので、わざわざインターネットにつながりやすいプロバイダを探す必要がありません。 他社の光回線サービスにも選択肢があるので契約先をどれにするか悩むところです。 ただ、つながりやすさと通信速度の速さの評価が高い事業者はNURO光とauひかりに限られます。 NURO光が気になる方は の公式サイトもあわせてご参照ください。 (以下のボタンリンクからもご覧になれます。 ) ソフトバンク光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。 まとめ フレッツ光がつながらなくなる状況によって異なりますが、基本的に接続機器やデバイスを再起動させれば問題を解決できます。 接続機器やデバイスを再起動させてもインターネットにつながらないときは、モデムが故障している可能性があるのでフレッツ光の窓口に相談してみましょう。 落雷による停電から復旧してインターネットが利用できないときも、モデムやルーターが故障している可能性があります。 どのような対処法を行ってもインターネットにつながらないときは、契約しているプロバイダのサーバーに問題があることが多いです。 最悪の場合は、プロバイダや光回線サービスを他社に乗り換えることも視野に入れてください。 安くて速度の速い質の高い回線は以下の記事で厳選して紹介しています。 乗り換えを検討している方はこちらもご参照ください。

次の

Wi

光 回線 ルーター 繋がら ない

この記事の目次• 原因を発見するためには、 「 インターネット接続の仕組み」 を理解しておかなければいけません。 まずは、あなたのお使いの端末(PCやスマホ)が 『 どのようにインターネット通信を行なっているのか』 簡単にご説明しておきます。 専門的な話はしないので、ざっくりと頭にイメージできるようにしてみてくださいね。 これがわかるだけで、 「 ネットが繋がらない原因」 が見極められるようになります。 1【超簡単】インターネット接続の仕組み インターネットとは、 「 世界中のコンピュータが繋がったネットワーク」 のことです。 例えば、私たちが• Yahoo! YouTube などを見る時には次のような仕組みがあります。 Yahoo! YouTube が保有している 「 コンピュータ サーバー)」 に接続する。 そこに記録しているデータを自宅の• パソコン• スマホ などに表示する。 これで、• Yahoo! サービスの利用• YouTubeで動画を見る といった事ができます。 つまり、自分の• パソコン• スマホ と、• YouTube• Yahoo! が持っている 「 コンピューター」 を繋いでいるだけなんですね。 極端に言ったら、電話をかけているようなものです。 自分と相手の端末を繋いで、 「 データのやりとり」 をするわけです。 【PCとサーバーの接続】• 4つの機器を経由する! 1. 3そのなかで接続不具合の原因となり得る箇所は? 見たいインターネットのサイトへ繋がらない場合、 「 自宅から相手側のサーバーに到達するまでの間」 のどれかが不具合を起こしています。 不具合の原因となり得る箇所には以下のようなものがあります。 パソコン本体• ルーター• モデム• その他、宅外の装置 具体的な解決策は後半でご紹介します。 この段階では 「 あなたのネット接続の不調の原因の大まかな予測」 を立ててください。 原因となる場所1:パソコン パソコンそのものが壊れていればインターネットも繋がらないです。 物理的な損傷以外にも• ウイルスの感染• パソコンのスペックの問題• 内蔵無線の設定誤り などが考えられます。 1つの端末だけが繋がらず、 他のものなら問題なくネットができている場合は、• パソコン• スマホ などが原因です。 原因となる場所2:ルーター ルーターは、パソコンを複数台利用する場合や、• スマホ• タブレット などを自宅でWi-Fi接続する場合に必要になります。 LANケーブルでパソコンと繋ぐ(有線接続)場合は 「 LANの差込(LANポート)の故障」 などがあります。 無線ルーターの場合は 電波干渉(電子レンジや新幹線などが多い)により 『 パソコンまでWi-Fiが届かない』 などの不具合があります。 原因となる場所3:モデム モデムは信号を変換する装置です。 インターネットへ繋ぐための装置は複数あります。 それぞれ装置を接続するケーブルの種類も• 光ケーブル• メタルケーブル• LANケーブル など様々あります。 それらのケーブルを通る信号はまったく違う種類です。 なので、そのまま通過はできません。 そのため モデムで信号を変換させます。 信号の変換の種類により名称が異なります。 光ケーブルを通ってきた光信号を 「LANケーブルを通れるデジタル信号」 へ変換させるモデムが ONUです。 ONUは、外から入ってきた 「光ケーブル」 を自宅で受け取る最初の窓口の装置なのです。 複数の端末がすべてインターネットに繋がらない場合、 「 ONUの故障」 が考えられます。 【原因の特定】• 他の端末では使える:PC・スマホ• Wi-Fi・LANが使えない:ルーター• 複数の端末が使えない:モデム 1. 4上記以外が原因の場合は、自力では対処できない 上記の設備は自宅に設置してあるものです。 インターネットが繋がらない原因には、他にも、• 光ケーブルなど外の設備の故障• ネットワーク網内装置の故障• 相手サーバーの故障 などがあります。 素人が対処できる原因は、 「 宅内に設置されている装置」 のトラブルのみです。 パソコン• ルーター• LANケーブル の故障などであれば、• 故障した装置の交換• 簡単な操作 により、誰でも改善はできます。 しかし、外の光ケーブルが切れている場合などはどうすることもできません。 契約している回線事業者に問い合わせて、プロに修理してもらいます。 それと、相手のサーバー側に問題がある場合もどうすることもできません。 相手側が気づいて直してくれるのを待つしかありません。 それは、 「 電源の入れ直し」 です。 インターネットに繋がらないほとんどの原因が一時的なものです。 故障相談窓口に申告してくるユーザーの7割は 「簡単な機器の電源入れ直し」 で改善します。 パソコン• ルーター• ONU など、電源を切れるものはすべて一度切ります。 再度電源を入れるだけで大抵のトラブルは解決します。 パソコンやルーターは精密機器です。 一度電源を入れてから、ずっとフリーズせずに働くなんてあり得ません。 必ず 1年に1回程度は一時的な故障は起こるものなのです。 1電源の入れ直しでも改善しない場合の問い合わせ先 インターネットに繋がらないとき、 「相談する窓口は契約している 回線事業者」 により異なります。 コラボ光を利用しているユーザーは 「 光コラボ事業者の故障窓口」 へ問い合わせます。 NTTのフレッツを利用の場合は以下の連絡先に問い合わせてください。 相談窓口は契約している 回線事業者!• すべてがこれに当てはまるわけではないです。 ですが、代表的なケースなので、該当する方も多いかと思いでしょう。 1パソコンのみが繋がらない場合 パソコンの内蔵無線の受信側が悪いのかも知れません。 ですので、一度 再起動します。 それでも繋がらない場合は 「 LANケーブル」 で繋ぎ、 有線でつながるかを確認します。 有線でも繋がらない場合は、いったん 「 すべてのセキュリティーをオフ」 にしてみましょう。 それで繋がったら、セキュリティーが強すぎることが原因です。 設定を見直しましょう。 【ゲーム機のみが繋がらない対処】• アクセスキー・パスワードの確認!• 初期の 任天堂DSなら WEPで確認!• ルーターなら AESで確認! 3. 3すべての端末が繋がらない場合 まずは• ルーター• ONU の電源を入れ直してみましょう。 そして、• 無線だけが繋がらないのか?• 有線でも繋がらないのか? を確認します。 有線で繋がりさえすれば、 無線アクセスポイントよりも下部(端末や無線アクセスポイント自体)の問題です。 有線でも繋がらない場合は、 「 ルーターよりも上部(ルータ含めONU、光ケーブル、局内など)の装置」 に原因があります。 装置に原因がある場合は 「 回線事業者」 に連絡し調べてもらいましょう。 【無線の電波の干渉対策】• 電子レンジ使用中はインターネットを使わない• コードレス電話機から3m以上距離を置く• 5GHzの周波数帯域の無線ルーター製品を使う 4. 2気温でネットが繋がらなくなることもある 「 外の気温」 によって 通信に悪影響を及ぼし、インターネットが繋がらないケースもあります。 光ファイバーの素材はガラスです。 暖められると膨張し、冷やされると収縮します。 冬の寒い夜などに、 光ファイバーが接続点で収縮し、回線が途切れてしまいます。 朝に暖かくなってくるとまた繋がるという例が多いです。 これは、 光ケーブルの施工時のちょっとした緩みが原因です。 なので修理すれば改善する可能性が高いです。 回線側が、不具合が起きていることに気づいていない可能性もあります。 ですので、何日も続く場合は、 「 契約している通信事業者に問い合わせ」 をした方が良いでしょう。 例えば… 『パソコンが2台とも有線で接続されているが、 1台だけインターネットに繋がらない場合』 論理的に考えれば、1台は繋がっているのだから、• ONUが故障している• 光ケーブルが切れている• プロバイダに原因がある などといった原因は考えられません。 ONUが故障• 光ケーブルが切れている などの場合、 2台とも繋がらないはずだからです。 そして次に、• ルーターの故障• パソコンの故障 のいずれなのかを切り分けます。 インターネットに繋がっている方のパソコンが接続中の LANケーブルを 「 繋がらない方のパソコン」 に差し込めばいいのです。 それでインターネットが繋がるようであれば、• LANケーブルの故障• ルーターのLANポートの故障 です。 次はさらに、 ルーター側で LANポート を入れ替えてしまえば• LANケーブルの故障なのか• LANポートの故障なのか が判明します。 上記の方法は一例ですが、このように論理的に考えることで、 「 故障の可能性の分界点」 を見極めることができます。 そして、物理的に接続方法を変えてみて故障原因を探ることが切り分けです。 故障の原因を1ずつ確認! 5. 2オペレーターに尋ねても、結局は同じ作業を行う 論理的に考えることができれば、切り分け作業は決して難しくはないのです。 ですが、IT関係に始めから苦手意識を持っている人もいます。 そういう方は始めから 「 回線事業者の電話相談窓口」 へ連絡してもいいでしょう。 しかし結局は、上記のような 「 切り分け作業」 を ユーザーにお願いする形でオペレーターに指示されます。 回線事業者の電話相談窓口も比較的電話が 繋がりにくいです。 そのため、 かなり待たされる可能性があります。 ですので、ある程度は自分で切り分けしてから問い合わせることをお勧めします。 そして、オペレーターが症状を問診するので、医者に相談する患者のように協力的に、• 現在の状況• どこまで切り分けをしたか を詳しく話せばスムーズに進みます。 電話相談窓口でも同様の作業が必要!• あらかじめ確認して伝えるとスムーズに! まとめ|とりあえず、全ての機器の電源を入れ直そう! インターネットが繋がらない場合は、とりあえず 電源の入れ直しをしましょう。 電源を入れ直しても繋がらないときに、 「切り分け」 をし、 故障原因を探索します。 もし、単なるLANケーブルの故障だった場合… 故障修理者が来て、 LANケーブルを交換しただけで8,000円程度の費用が発生します。 LANケーブルは電気屋に行けば数百円ほどで買える代物です。 きちんと切り分けをしないと大幅に損をしてしまいます。 回線事業者の電話相談窓口へ連絡する際は、• どこまで切り分けをしたのか• 具体的にどういった症状なのか を説明することが• 故障探索時間の削減• 無駄な修理費用を抑える という効果が有ります。 定期的に不具合が起きるなら、思い切って乗り換えよう 通信の不備が定期的に続く場合、 「 回線自体を他社に乗り換える方が快適になる」 という可能性が高いです。 通信の不安定さが続く方は、下記記事を読んで、 「 乗り換える回線」 を検討してみてくださいね。

次の

【復活】ソフトバンク光のルーターがネットに繋がらない!オススメな5つの対処法

光 回線 ルーター 繋がら ない

MEMO 特にモデムは電源を付けっぱなしにして使い続けるので、端末が疲れを感じてインターネットに接続してくれなくなる事例が少なくありません。 スマホやパソコンも同様で、電源を付け続けているとエラーを起こしてインターネットにつなげられなくなることがあります。 モデムやスマホを再起動してもインターネットにつながらないときは、フレッツ光や契約しているプロバイダの公式サイトで通信障害が起きていないか確認してみましょう。 もしも通信障害が発生している場合、復旧するのを待つしかありません。 全ての対処法を試してもインターネットにつながらない場合はモデムが故障している可能性があるので、以下の窓口に電話して相談してください。 フレッツ光 問い合わせ窓口 エリア 電話番号 東日本 0120-000113 西日本 0120-248995 モデムの故障については以下の記事でも解説しているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。 状況その2. なので、行う対処法も先ほど紹介したものとほとんど変わりません。 状況その3. スマホでWi-Fiを使っている最中にインターネットがつながらなくなった スマホでWi-Fiを使っているときにインターネットに接続できなくなった場合は、以下の2つが主な原因として考えられます。 Wi-Fiに接続しているスマホ側に不具合が起きている• 無線LANルーターが不具合を起こしている 先ほども説明しましたが、スマホと無線LANルーターはどちらも常に電源を付け続けています。 そのように長く使い続けると疲弊してエラーを起こすことがあります。 なので、Wi-Fiが使えなかったときも、スマホや無線LANルーターを再起動させることが基本の対処法になります。 スマホと無線LANルーターのどちらを再起動させてもインターネットがつながらないときは、フレッツ光や契約プロバイダの公式サイトで通信障害が発生していないか確認してください。 上記の対処法を行っても症状が改善できないときは、モデムか無線LANルーターが故障している可能性があります。 デバイス側の問題については以下の記事でも解説しているので、こちらも参考にしてみてください。 状況その4. モデムのPPPランプが消灯してインターネットがつながらなくなった たまに見る事例ですが、フレッツ光がつながらないときにモデムの「PPPランプ」が消灯していることがあります。 PPPランプはインターネットへの接続状態を表してくれるもので、消灯しているとオフライン状態(インターネットに接続できていない)であることを意味します。 モデムを再起動すれば、PPPランプが点灯してインターネットがつながることは多いです。 モデムを再起動してもPPPランプが消灯してままだと、インターネットの接続設定に問題があるかもしれないので設定をやり直してみましょう。 状況その5. ひかり電話がつながらなくなった フレッツ光を長く使い続けていると、インターネットだけでなくひかり電話がつながらなくなることもあります。 ひかり電話も電話機をモデムに接続して利用するので、モデムが不具合を起こしていることでつながらなくなることがあります。 なので、ひかり電話がつながらないときもインターネットと同じで、モデムの電源を切って再度起動させれば症状が改善できます。 モデムを再起動しても症状が改善できない場合は、モデムか電話機が故障しているかもしれません。 先にフレッツ光の窓口に連絡して、モデムの交換をしてもらいましょう。 問い合わせする電話窓口は先ほど紹介した番号と同じです。 ひかり電話がつながらないケースについては、以下の記事でも詳しく解説しています。 こちらもあわせて参考にしてみてください。 状況その6. 台風や落雷による停電の後にインターネットがつながらなくなった 台風や落雷の影響による停電から復旧すると、インターネットに接続できないことがあります。 電気が普及した後にインターネットに接続できない原因は、モデムやルーターが起動する順番にあることが基本です。 モデムとルーターには起動する順番が決められています。 ルーターがモデムより先に起動してしまうとエラーが発生してインターネットに接続できなくなります。 なので、停電後にインターネットに接続できないときはモデムとルーターの電源を切り、モデムから先に再起動してみましょう。 モデムの再起動が完了した後にルーターを起動させれば、エラーが起きずにインターネットに接続できるようになります。 ただ、落雷による停電から普及した場合は、上記の手順を行ってもインターネットにつながらないことがあります。 モデムやルーターは落雷が原因で故障することがあるからです。 落雷によって発生する過電流が電線を通して自宅まで流れ、モデムやルーターにダメージが及ぶことがあります。 モデムやルーターが過電流によるダメージを受けると、最悪の場合は故障してしまうことがあります。 先ほど紹介した手順を行ってもインターネットにつながらないときはモデムやルーターが過電流を受けて故障した可能が高いわけです。 故障してしまった場合は、モデムとルーターを交換するしかありません。 過電流への事前対策は雷が鳴っているときにモデムやルーターの電源ケーブルをコンセントから抜いておくことが一般的です。 ただ、雷が鳴っているときでもインターネットが必要になりますよね? 雷が鳴っているときでもインターネットを使うなら、雷ガードが内蔵された電源タップを活用しましょう。 雷ガードが内蔵された電源タップを通してモデムやルーターを利用すれば、かなりの確立で過電流によるダメージを受けなくなります。 ちなみに、ごく稀なパターンですが、台風による暴風で電柱の光ファイバーが破損してインターネットに接続できなくなることがあります。 光ファイバーが破損した場合、何もせずにフレッツ光の業者が光ファイバーを直してくれます。 ただ、電柱から自宅につないでいる光ファイバーが破損したときは、フレッツ光に申請して修復をしてもらわなければいけません。 状況その7. 引越しをした後にインターネットにつながらなくなった フレッツ光では、移転手続きと工事をすれば引越し先でも継続して利用することができます。 しかし、移転手続きと工事が完了したのにインターネットがつながらないという事例も少なくありません。 移転手続きと工事をしてもインターネットがつながらないときは、接続設定を忘れていることがほとんどです。 引越し先でフレッツ光を続けて利用する場合、移転手続きと工事が完了した後に再度接続設定をしなければいけません。 引越し先でもフレッツ光を利用するときは、契約した当時と同じ方法で接続設定を行ってください。 接続設定をする際は、プロバイダに発行してもらったIDとパスワードの入力が必要になります。 入力するIDとパスワードはプロバイダを契約した当時に送られてきた書類に記載されています。 全ての対処法を試してもつながらない場合の最終手段! 場合によっては、先ほど紹介した対処法を行っても症状が改善しないことがあります。 どのような対処法を行ってもインターネットにつながらないときは、契約状態に問題がある可能性が高いです。 プロバイダを他社に乗り換える どのような対処法を試してもインターネットにつながらないときは、契約しているプロバイダに原因がある可能性が高いです。 MEMO 特に、夜になるとインターネットにつながらなくなる場合は、ほぼ確実にプロバイダが原因になっていると考えたほうがいいでしょう。 フレッツ光の対応プロバイダは多くの種類がありますが、事業者によってサーバーのクオリティに大きな差があります。 契約しているプロバイダのサーバーのクオリティが低いと、利用者が多い夜に回線が混雑してインターネットにつながらなくなります。 なので、あらゆる対処法を試してもダメなときは他のプロバイダ、特にインターネットのつながりやすさや通信速度に定評がある事業者に乗り換えましょう。 フレッツ光のプロバイダにはあまりにも多くの選択肢がありますが、「ISP規制情報」の情報、 またTwitterや価格. comの口コミを参考にすれば評価が高い事業者を見つけることができます。 プロバイダの変更については以下の記事でも詳しく解説しています。 変更しようと思っている方はこちらもご参照ください。 光回線そのものを他社に乗り換える インターネットにつながりやすいプロバイダを探すことが面倒な人は、光回線サービスそのものを乗り換えてみることをおすすめします。 他社の光回線はフレッツ光と違って回線とプロバイダがセット契約になっています。 ですので、わざわざインターネットにつながりやすいプロバイダを探す必要がありません。 他社の光回線サービスにも選択肢があるので契約先をどれにするか悩むところです。 ただ、つながりやすさと通信速度の速さの評価が高い事業者はNURO光とauひかりに限られます。 NURO光が気になる方は の公式サイトもあわせてご参照ください。 (以下のボタンリンクからもご覧になれます。 ) ソフトバンク光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。 まとめ フレッツ光がつながらなくなる状況によって異なりますが、基本的に接続機器やデバイスを再起動させれば問題を解決できます。 接続機器やデバイスを再起動させてもインターネットにつながらないときは、モデムが故障している可能性があるのでフレッツ光の窓口に相談してみましょう。 落雷による停電から復旧してインターネットが利用できないときも、モデムやルーターが故障している可能性があります。 どのような対処法を行ってもインターネットにつながらないときは、契約しているプロバイダのサーバーに問題があることが多いです。 最悪の場合は、プロバイダや光回線サービスを他社に乗り換えることも視野に入れてください。 安くて速度の速い質の高い回線は以下の記事で厳選して紹介しています。 乗り換えを検討している方はこちらもご参照ください。

次の