メルカリ 本人確認。 メルペイで本人確認をするとメリットがたくさん!確認方法や必要なものなど解説

【かんたん本人確認】メルペイで本人確認をする方法とメリットについて【銀行口座の登録】|まるわかりキャッシュレス

メルカリ 本人確認

古物商にある本人確認義務 古物商が仕入れとして古物の買取をおこなったり、委託を受ける場合は 相手の氏名や住所、年齢などの本人確認が必須だ。 これは 古物営業法15条に記されており、古物商を営むうえでの義務である。 あくまでも本人確認の義務は、買取をする際に発生するものであり、古物を販売をする場合には必要ない。 メルカリ・ヤフオクでも生業なら本人確認は必要 古物商は何も対面のみ買取をおこなうわけではない。 近年では、ITの発達に伴い、インターネットを介した取引きが盛んになっている。 一般的に古物の買取、または委託を受ける場合は、取引きの方法がメルカリやヤフオクのように インターネットを介したものであっても本人確認をする必要がある点は注意が必要だ。 仮にメルカリやヤフオクをフリマとして 個人的に楽しむなら本人確認は不要だ。 しかし、生計を立てるための 業として見なされた場合、古物商として買取をしていると見なされ、この場合に本人確認が必要となる。 これは古物営業法で決められた方法で取引き相手の本人確認をしなければならない。 対面の場合は免許証などの身分証明書を提示して貰らうケースが多く、その場で買取申込書に住所や氏名、生年月日、職業といった個人情報を記載して貰い確認をすることになる。 しかし、メルカリやヤフオクの場合は相手と直接会って取引きをするわけではない。 そのためメルカリやヤクオクでは、上記のような方法では本人確認ができない。 そこで 非対面取引における本人確認をする必要が出てくる。 非対面での本人確認方法は? 対面式と非対面式では本人確認の方法が異なる。 ここでは、ヤフオク・メルカリに適さないものも多いが、非対面での本人確認方法を説明する。 代金を送付する契約を本人限定受取郵便などによって結ぶ 仕入れをした古物の代金を受け取りを本人に限定した 現金書き留めなどで送る方法もある。 しかし、メルカリもヤフオクも現金書き留めによる代金の支払いを認めていない為、利用することはできない。 この方法で確認をおこなえば、 古物営業法違反にはあたらないが、メルカリやヤフオクの規定に違反してしまう。 最悪退会などの処分を受けることになりかねない。 古物商において本人確認が必要といえども、この方法は避けなくてはならない。 古物商が用意したソフトウェアを使う 古物商が提供をした ソフトウェア経由で身分証明書やICチップの情報、本人の顔が分かる画像などの送信受ける方法がある。 しかし、これは、古物商のホームページなどでの取引と違い、 メルカリやヤフオク上での取引においては実現不可能だろう。 電子署名による確認 電子署名は、紙文書における印章やサインに相当するもので本人確認の為に使うことができる。 契約書を本人が作成したことを証明するだけではなく、改ざんされていないことを証明する役割もある。 偽装ではないことを確実なものにする為には、さらに 指定認証局が発行する証明書とタイムスタンプも必要不可欠だ。 こうした電子署名メールを相手に送信して貰い、それを受信し確認をおこなう。 もし、確認をして間違いがなければ、これで本人だと証明されたことになる。 この後、本人名義の口座などに振り込みをおこなう流れだ。 電子署名を用いた本人確認にもさまざまな方法がある。 例えば地方公共団体の発行した電子証明と電子署名をした記録による確認だ。 上記の電磁記録を相手から古物商に送信して貰い本人確認をする。 これは、すべての古物商ができる方法ではなく、総務大臣から認定されている場合のみに許されている。 また、特定認証業務をおこなう署名検証者が発行した電子証明書と電子記録により確認する方法などがある。 前者はマイナンバーカードを用いり、後者はICカードを用いるといった点で違いがある。 改ざんされていない電子署名であることが分かれば良く、方法は色々とあるがどの方法を選んでも問題はない。 以上説明したものが、非対面の本人確認として有効なものである。 紙面の送付などよりもずっと効率的な方法だと考えられるが、残念ながらヤクオクやメルカリの場合には、この方法をとるのは不可能だと言える。 印鑑登録証明書と登録印鑑の押印 印鑑によって本人確認をする方法として 印鑑登録証明がある。 印鑑登録書もしくはマイナンバーカードを使って役所やコンビニで相手に印鑑登録証明書を発行してもらう。 なお、コンビニの場合にはマイナンバーカードのみ発行が可能となっており、通知書は現状利用できない。 そして書面に登録印鑑を押してもらい、印鑑登録証明書と供に古物商に送付してもらう。 ただし、印鑑登録をおこなっていないと、この方法で本人確認をおこなうことはできない。 メルカリやヤフオクでも、 相手が了承さえしてくれるならこの方法による本人確認も可能だろう。 しかし、古物商をよく理解していない相手が了承してくれるかどうかという点は疑問であり、手間も多く発生することからかなり相手によるところがあると考えられる。 簡易書留などを転送不可で送付 住民票の写し、マイナンバーカードなどのICチップ情報、本人確認書類の画像の送付により、上記に 記載された住所へ転送不可で送付し、到着を確認する方法がある。 住民票の写しなどをわざわざ送ってもらうなど相手側の手間が多いのが難点であり、メルカリやヤフオクでは実現が難しいと考えられる。 メルカリやヤフオクでの取引きは手軽におこなえる反面、両者の間に 信頼関係があるわけではない。 そのような相手に、手間をかけて個人情報を教えてくれるだろうか。 仮に古物商の肩書きや法人名で信頼を得たとしても、特にさほど高価ではなく手に入りやすいものなら面倒に感じられるだろう。 異なる2種類の書類を確認し転載不可で送付 本人確認書類・住民票の写しなどのうち異なる2種類の書類の写しの送付を受けるか、1種類の本人確認書類のコピーともう1種類の補完書類を送付してもらい、記載された住所に転送不可簡易留などを送付し到達を確かめる方法もある。 これは、 2018年の法改正で新しく追加された非対面の本人確認である。 もし、相手が納得をしてくれるなら、メルカリやヤフオクで仕入れる際の正しい本人確認方法となるだろう。 限定郵便を送り到達を確かめる 古物商が相手に本人しか受けとる事のできない郵便物を送り、ちゃんと届いたかどうかを確かめることで本人確認を済ませることも可能だ。 本人限定受取郵便などは、受ける際に免許証や健康保険証などを配達員に提示しなくてはならない。 そのため、非対面の本人確認として用いることができるのだ。 また、相手から氏名や生年月日、住所なども聞いておかなくてはいけない。 メルカリやヤフオクでの本人確認方法としては比較的現実的だろう。 もちろん相手が納得し、了承をしてくれなければ難しいことに変わりない。 しかし、電子署名や印鑑登録証明と比較すると本人確認をおこないやすい印象を受ける。 本人確認が必要な理由 問屋などから新品を仕入れる場合には不要であるにも関わらず、なぜ古物では必要になるのだろうか。 また、なぜここまで本人確認を徹底しなければいけないのか、疑問に思う人もいるだろう。 理由を端的に述べると、 古物の場合は盗難・窃盗による売買が非常に多いためである。 中古品は新品と違って、ルートがはっきりとしていない。 そのため、買い取った古物が 盗難品の可能性も否めない。 そこで、誰から買い取ったのかハッキリさせて、犯罪の発見と防止、盗難品の返還に努める必要があるのである。 本人確認が不要なケース 例外として、本人確認が不要となるケースもある。 そこで、本人確認の必要ない場合について確認をおこなう。 1万円未満の場合 古物売買において、 1万円未満の多くの古物は本人確認が免除されている。 気を付けたいのは、古物1点の金額ではなく、合計金額が1万円未満という点だ。 これは、犯罪の可能性が薄いというのが理由だ。 しかし、1万円未満でも本人確認の対象となる 本やDVD、二輪車などは窃盗の多いジャンルは、本人確認が必要となっている。 また、1万円に満たない金額であっても、出品者が 18歳未満なら本人確認が必要とされている。 これは、未成年が親が買ったものを多く所有していたり、高価な商品を頻繁に購入できる収入がないケースが多く、盗品であるリスクなどが増えるからではないかと推察される。 メルカリやヤフオクでは相手の年齢が把握できないことが大半であるため、基本的には確認をするようになるだろう。 自分が売却した商品を買い戻す場合 自分が所有していた品物を売却した相手から、古物を 買い戻す場合は本人確認の必要がない。 これは買い戻しならば古物が盗品の恐れはないと考えられるためだ。 メルカリ・ヤフオクの間違った本人確認の情報 本人確認方法があるからといって、どのような本人確認方法でも認められるというわけではない。 ここでは、とりわけ多い誤った本人確認方法の事例を紹介する。 伝票で確認するのは間違い メルカリやヤフオクで古物を仕入れると相手側が宅配便などで品物を送ってくる。 そのときの 送付伝票は、匿名配送でない限り、相手の氏名や住所が記載されているはずだ。 しかし、その氏名や住所が正しいものではないこともある。 メルカリやヤクオクの本人確認は、 これで済ませることが出来るというのは事実ではないので注意したい。 サイトが本人確認をしているから必要ないは間違え 基本的に個人間取引をおこなうような場所では、 サイト側が本人確認をしている。 そのため、名前や住所などは、サイト側が確認しているのだから古物商がする必要ないのではと思うのは大間違いだ。 例えメルカリやヤフオクのサイトで本人確認済みだったとしても、 古物営業法にのっとった方法で古物商自身が確認しなくてはいけない。 また、メルカリやヤフオクなどに登録をしている住所などが偽りである可能性もある。 こういった理由もあり、特に非対面の本人確認は厳しい。 免除該当品目で1万円未満のものを仕入れれば良いのは間違え メルカリやヤフオクで、 本人確認の必要のない品目の古物を総額1万円未満になるように仕入れることで本人確認をせずに済むという噂もあるようだ。 しかし、この場合でも、メルカリやヤフオクに年齢が明記されていないため、相手の年齢は明確ではない上、仮に明記されていても偽りの可能性がある。 ヤフオクでは18歳未満の出品が禁止ということから年齢確認も必要ないと言う噂もあるようだが、 サイト側ではなく古物商が確認をおこなう必要があり、これらは誤った知識である。 1度本人確認をした相手なら再度の確認は不要は間違え 1度正しい方法で本人確認をすれば、次の取引からは確認の必要がないという噂もある。 しかし実際は 再度の取引であっても、もう1度本人確認をしなくてはいけない。 ただ、方法によっては簡略化できることもある。 メルカリ・ヤフオクで本人確認を怠るとどうなるか メルカリやヤフオクで本人確認をせずに仕入れをした場合、どうなるか分かっているだろうか。 当然、古物営業法に 違反していることになり6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金、またはその両方が科せられることになっている。 確かに本人確認をせずに取引きをしても、その事実が明るみに出ない場合に罰則は受けずに済むかもしれない。 しかし、 本人確認は警察の品触れに対応するなど重要な目的がある。 いつどのタイミングで明るみに出るかわからない上、古物商の行動として極めて不適切だ。 まとめ メルカリやヤフオクで古物売買をおこなう場合に取引の金額などに注意する必要があるだろう。 最近では副業として中古品の転売も流行っているが、業として認められるような金額を定期的に稼いでいて古物許可証を所有していない場合に、業とみなされて古物営業法違反として逮捕されることがある。 それだけでなく、業としておこなう場合に本人確認が 義務付けられているため、少額だからと言ってうやむやにしてしまうのも違法となる。 この点については注意しておくべきところだろう。 メルカリやヤフオクの場合には、 本人確認書類を送付してもらったのちに転載不可で送付するか、限定郵便を利用するのが良いだろう。 現状、誤った知識も多く蔓延しているが、基本的にはサイト側が確認していても古物商側で確認が必要であること、氏名、年齢、住所などを確実な方法で確認できていない場合には、正しい本人確認方法はないことを覚えておくと良いと思われる。

次の

メルカリが本人確認と称して利用制限をして売上金を失効させた過去を忘れてはいけない

メルカリ 本人確認

~スマホ決済とは?~ スマホ決済とは、スマホを操作するだけ支払いができるサービスです。 より詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ! 本人確認をするメリットは? 「本人確認」ってなんとなく必要なのはわかるけど、正直面倒くさいですよね。 「本人確認」しなくても、一応「メルペイ」の決済機能は使えるんです。 そうなると、ますます『本人確認しなくていいんじゃない?』と思ってしまいます。。。 しかし、「本人確認」をするメリットもあるんです。 メルカリで売上があると、自動的にメルペイ残高としてチャージされます。 つまり、メルカリの売上からメルペイ残高のポイントを購入する手間が省けるのです。 しかし、本人確認をすることで有効期限がなくなるんです。 売上金を放置していて思い出した時には期限が切れていた!なんてこともなくなりますよ。 どれもお得で魅力的なものばかりです。 そして、多くのキャンペーンでは「本人確認をしていること」が参加条件となります。 お得にお買い物をしたいなら、本人確認をしてキャンペーンの特典をゲットする方が良いでしょう。 「すすメルペイキャンペーン」でも本人確認が必要 「メルペイ」では、8月30日~9月16日まで「すすメルペイキャンペーン」が開催されています。 「すすメルペイキャンペーン」は、 期間中に友達を「メルペイ」へ招待すると、招待した側・された側それぞれが 1,000ポイント貰えるというものです。 何人でも招待できるので、友達を招待すればするほど多くのポイントが貰えます。 このキャンペーンでも、本人確認が必要となります。 紹介された側が本人確認を済ませないとポイントは付与されません。 キャンペーンの詳細は、こちらの記事に記載されています。 本人確認をする方法は2種類 ここでは、「本人確認」をする具体的な方法をご説明します。 本人確認をする方法は2つあります。 順にご紹介します。 公共料金の領収書• 国税または地方税の領収書• 納税証明書• すでに設定している方は、ご自身のパスコードを入力します。 手続きは以上です!本人確認が完了すると、後日通知が届きます。 本人確認が完了するまでに時間がかかる場合があるので、申し込みは余裕をもって行いましょう。 かんたん本人確認が上手くいかない時の対処法 本人確認の方法2つ目「かんたん本人確認」では、手続きが上手く進まなかったり、本人確認ができなかったりする場合があります。 ここでは、その場合の対処法についてご紹介します。 写真の質を上げる かんたん本人確認が失敗するケースでは、写真と本人確認書類が一致していないと運営に判断されていることが多いです。 撮影をする際には、以下のことに注意しましょう。 カメラのピントが合っているか• ブレていないか• 本人確認書類が指などで隠れていないか• 髪の毛や眼鏡などで顔が隠れていないか 書類の情報と入力した情報が一致しているか確認する 撮影した本人確認書類の情報と、その後入力した情報が一致しているか確認しましょう。 もちろん、住所などが違う場合にきちんと補完書類を提出している部分は問題ありませんよ。 銀行口座登録をする 根本的な解決にはなりませんが、「かんたん本人確認」が上手くいかないのであれば他の方法を利用しても良いかもしれません。 特に、急いでいる方は銀行口座登録をおすすめします。 「お問い合わせ」をタップしましょう。 「かんたん本人確認」について問い合わせる場合は、「メルペイの設定・登録・その他メルペイについて」を選択すると良いでしょう。 本人確認して「メルペイ」を最大限活用しよう.

次の

メルカリ売上金が振込まれず強制失効?利用制限、本人確認って何?

メルカリ 本人確認

ラクマでは、あることをすると「本人確認」をしなければいけない場合があります。 この本人確認をしっかり行わないと高額商品を出品できなかったり、ラクマ自体の利用ができなくなったりと、出品者・購入者共にラクマを利用する上で様々な障害が出てきます。 ではこのラクマの本人確認とは具体的に一体何を確認し、どんな場合に本人確認をする必要があるのでしょうか? また、ラクマが本人確認を行う目的についても解説していきます。 ラクマで本人確認はなぜ必要?用意すべき書類や安全性とは? ラクマでは本人確認が必要な場合があり、本人確認をラクマ事務局から要求されることがあります。 本人確認とは? ラクマの本人確認とはその名の通り、ユーザーが本人であることを証明をし事務局がそれを確認することです。 ラクマに限らずフリマアプリでは、顔が見えない、スマホ1つで取引ができてしまう、簡単に出費や購入ができてしまうという点から、事務局が本当に本人であるのか・登録情報と利用者に相違はないのかと、本人確認が要求することがあります。 以前のフリルでは本人確認が必要だった この本人確認は、ラクマとフリルが統合する前の旧ラクマではなかったルールですが、旧フリルで行われていたものになります。 ラクマとフリルが統合したことで新ラクマとなりましたが、その際、旧フリルの本人確認のルールが引き継がれ、それが今の新ラクマでも行われているのです。 ラクマで本人確認を依頼されるケース ラクマでは下記に当てはまる場合は、ラクマ事務局より本人確認を依頼されます。 商品価格50,001円以上の商品を販売し、売上金を受け取る時 50,001円以上の価格の商品を販売し、売上の受け取り・商品代金支払い時の売上金の利用の前に、本人確認が必要となります。 この本人確認の手続きが完了するまでは、売上の受け取り・商品代金支払い時の売上金の利用・売上金の楽天キャッシュのチャージはできません。 これは、過去に販売した商品の売上も含みます。 利用規約違反等で本人確認対象となった場合 ラクマを利用の際に利用者保護・不正利用防止の観点から、特定の商品の購入や利用中に特定のエラーが確認された場合、本人確認を依頼される場合があります。 私はこのケースに該当したことがないので詳しいことはわからないのですが、このケースの場合、本人確認の手続きの手順は50,001円以上のものを販売した場合とは異なるようなので、少し手続きが厄介なのかもしれません。 ラクマの本人確認の手順・流れとは? ラクマを利用の際に上で紹介したケースに当てはまってしまった場合は、下記の手順通り本人確認をする必要があります。 商品価格50,001円以上のものを販売した出品者の場合 このケースで本人確認が必要となった場合、まずメールかお知らせが届きます。 本人確認完了後に売上金の振込をしたい場合は、別途マイページ(サイドメニュー)から振込申請の手続きをしましょう。 利用できる本人確認書類とは? ラクマの本人確認で利用できる書類は下記となっています。 これは、上でご紹介した本人確認が必要となったケースによって期間が異なります。 商品価格50,001円以上のものを販売した出品者の場合 この場合の本人確認申請の確認には、1回の申請につき通常3営業日ほど時間がかかります。 また、売上金の受け取りをしたい場合、本人確認の完了後に別途振込申請の手続きが必要となるため、さらに振込みまでに少し時間がかかる場合があります。 通常は1回の申請につき3日〜1週間ほどで本人確認が完了しますが、利用状況等によっては1週間以上かかる場合もあります。 また、利用状況により別途郵送での手続きを依頼される場合があるため、その場合はさらに時間がかかると思われます。 また、大型連休期間中の場合、上記の日数以上に時間がかかる場合もあります。 ラクマはなぜ本人確認をするの?その目的とは? ラクマではなぜ本人確認をしているのかを公表していないため、あくまで私の予想になってしまいますが、ブックオフやハードオフなどの中古買取店に不用品を持って行き買取をしてもらうと、本人確認を依頼されます。 経験のある方は、運転免許証などの提示をお願いされたことがあるかと思います。 恐らくこれと同じで、古物営業法(古物を取り扱う業者のための法律)で物を買い取る時に本人確認をしなければならないという規定があるため、ラクマでは高額商品が売れた際などに本人確認をしているのだと思います。 「じゃあなんでメルカリやヤフオクには本人確認がないの?」と言われてしまうとそこは疑問なのですが、会社の方針によるものなのでしょうか。 また、古物営業法という法律の目的が「盗品の流通を防ぐこと」や「何かあった時の責任の所在を明らかにする」ということであるため、ラクマもその目的を取り入れるために設定しているのではないかと考えられます。 つまり、今後ラクマを利用する上で安全な人物なのか、高額商品を販売しているけど法人利用ではないか、ラクマの登録情報と利用者は一致しているか、などを調べたいのだと思われます。 ラクマでは本人確認があるから安心で安全なサイトとも言える 以上が、ラクマでの本人確認についてでした! 「ラクマでは本人確認が必要」と聞くと「面倒くさいサイト」と思ってしまう人もいるかもしれませんが、これは 全てラクマの安全性を保つためだと言えます。 ラクマではユーザーの顔が見えないからこそ、どんな人が紛れ込んでいるかわかりません。 そんな人に自分の個人情報を教えて取引するのはとても危険ですし、最近ではラクマではや外部誘導行為もあったので、本人確認をしっかり行い悪いユーザーは利用できないようにするのは、他のユーザーにとっても良いことだと思われます。 そのため、「本人確認があって面倒くさい」というよりも「本人確認制度があるから安心できる」という認識でラクマを利用すべきでしょう。 また、メルカリ・ヤフオクではこのような本人確認が必要なケースがないため、今後ラクマでも本人確認はなしになっていくかもしれませんね。 またそれとは逆に、メルカリやヤフオクでも本人確認が必要になるということもあり得るかもしれませんよね。 特に最近はメルカリでは現金が売られていたり、妊娠米が売られていたり、していたりなどがニュースでも話題になったので、本人確認ルールが導入される可能性も十分にあり得ます。 何れにしても、現在ラクマでは本人確認が必要な場合があるため、ラクマユーザーは本人確認の流れや必要書類などについてしっかり把握しておきましょう。

次の