ゲーム コントローラー pc。 【ゲーミングPC】おすすめのゲーミングコントローラー7選|PCゲームでもコントローラーが使える!?

株式会社 HORI

ゲーム コントローラー pc

対処2: コントローラーのドライバーをインストールする デバイスドライバーがインストールされておらず、PS3のコントローラーが動かないことが考えられます。 PS4やXbox用のコントローラーとは違い、PS3コントローラーは接続するだけではドライバーがインストールされません。 そのため、PS3のコントローラーのデバイスドライバーを確実にインストールして下さい。 PS3のコントローラーのドライバーをインストールするには、次の2つの方法があります。 方法1: PlayStation Now for PCアプリをインストールする PS3コントローラー用のドライバーをインストールするには、Sonyが提供する「PlayStation Now for PCアプリ 無料 」をインストールする方法が安全かつ簡単です。 コントローラーとUSBケーブルがあれば、アプリとドライバーをインストールするだけで使用できるようになります。 PlayStation Now for PCアプリをインストールしてPS3コントローラーをパソコンで使えるようにするまでの手順は、次のとおりです。 USBケーブルでコントローラーをパソコンに接続します。 この時点ではまだドライバーがインストールされていないため、「パソコン上でコントローラーは認識されているが、ボタンを押しても反応しない」といった状態になるはずです。 PlayStation Now for PCアプリをインストールします。 にアクセスして、「PlayStation Now for PCアプリをダウンロードする」をクリックしてインストーラをダウンロードします。 ダウンロードが完了したらインストーラをダブルクリックします。 セットアップウィザードが起動するので、表示される手順に従ってアプリのインストールを行います。 インストールが完了したら、「PlayStationNowを起動する」のチェックを外して「完了」をクリックします。 PlayStationNowのアプリ本体ではなく、アプリに付属するドライバーを入手することが目的のため、PlayStationNowアプリを起動したり、有料サービスに加入したりする必要はありません。 アプリ本体は利用しませんので、不要であれば「PlayStationNow for PCアプリ」はすぐにアンインストールしてしまっても構いません。 ドライバーがインストールできたら、でPS3のコントローラーが認識できたか確認します。 方法2: ScpToolKitをインストールする こちらは非公式のドライバーをインストールする方法です。 こちらの方法ではUSB接続だけでなく、Bluetooth接続も利用可能です。 非公式のドライバーですのでリスクを理解した上で自己責任にてご利用ください。 参考: 参考: 参考: 参考:• exe」をクリックするとインストーラのダウンロードが始まります。 PS3コントローラーをUSBケーブルでパソコンに接続します。 アダプターを使ってBluetooth接続する場合はこの段階でBluetoothアダプターもパソコンに接続してください。 ダウンロードしたインストーラをダブルクリックで起動します。 インストールの際に警告メッセージが表示された場合は、「インストール」するボタンをクリックして続行してください。 インストールボタンが表示されない場合は、「アプリのおすすめの設定を変更」をクリックし、「アプリを入手する場所の選択」の設定を「場所を選ばない」に変更してからインストールをやり直してください。 設定を変更した場合はインストール完了後に「Microsoft Storeのみ(推奨)に戻すことをおすすめします。 インストーラが起動したら、「I agree to the License terms and conditions. 」にチェックを入れて「Next」をクリックします。 機能選択画面はデフォルトのままで問題ありません。 そのまま「Install」ボタンをクリックしてインストールを実行します。 インストールが完了したら、「Run Driver Intaller」をクリックします。 Driver Installerが起動したら、ウィンドウ上部の画面でインストールするドライバーを選択します。 USB接続で利用する場合は「Install Windows Service」「Install DualShock 3 driver」の2つのみにチェックを入れます。 Bluetooth接続で利用する場合は「Install Windows Service」「Install Bluetooth driver」「Install DualShock 3 driver」の3つにチェックを入れます。 チェックを入れた項目の右にある矢印ボタンをクリックしてデバイスを選択します。 (Bluetooth接続の場合)「Install Bluetooth driver」の項目では、Bluetoothのアダプター名にチェックを入れます。 「Install DualShock 3 driver」の項目では、PS3コントローラーのデバイス名(PLAYSTATION R 3 Controllerで始まる名前)にチェックを入れます。 画面右上の「Install」ボタンをクリックしてドライバーのインストールを開始します。 ドライバーのインストールが完了したらScpToolkit Driverを終了し、の方法で、PS3のコントローラーが動作するようになったか確認します。 ドライバーのインストールが失敗する場合 ドライバーのインストール中にエラーが出る場合は、次の手順でドライバー署名の強制を無効にしてみて下さい。 「スタート」ボタンをクリックし、「設定(歯車アイコン)」を開きます。 「更新とセキュリティ」をクリックします。 ウィンドウ左側のリストから「回復」を選択します。 「PCの起動をカスタマイズする」の下にある「今すぐ再起動」をクリックします。 「再起動」をクリックします。 パソコンが再起動します。 しばらくするとスタートアップ設定画面が表示されるので、ここでキーボードの「7」を押して「ドライバー署名の強制を無効にする」を選択します。 以上でドライバー署名の強制が無効になります。 デスクトップ画面が表示されたら、もう1度先程と同じ手順でドライバーのインストールを試してみてください。 対処3: コントローラーを再接続する ドライバーのインストールに成功したのにPS3のコントローラーが反応しない場合は、コントローラーを接続し直すか、PSボタンを押してみてください。 また、コントローラーの認識自体に問題がある場合は、コントローラーを別のUSBポートに接続してみてください。 可能であればPlayStation3等ゲーム機や他のパソコンで正しく動作するか調べ、問題の切り分けを行ってください。 対処4: 他のコントローラーの取り外し・ドライバーの削除 パソコンに複数のコントローラーが接続されている場合は、他のコントローラーを全て取り外してください。 また、ScpToolKitやMotioninJoy等の非公式ドライバー・コントローラー用エミュレーターがインストールされている場合は、ドライバーをアンインストールしてみてください。 他のコントローラーを取り外して、ドライバーを削除できたら、再度PS3のコントローラーの動作を確認します。 対処5: PlayStation設定サポートを有効にする Steamの場合 SteamでPS3のコントローラーを利用する場合は、「PlayStation設定サポート」を有効にしてください。 SteamでPS3のコントローラーが反応しない場合は、次の記事も合わせて参考にしてみてください。 対処6: ゲーム内の設定を確認する ゲームによってはゲームで使うコントローラーの設定やボタンの割り当てがおかしくなることがあります。 ゲーム内の設定でコントローラーの設定ができる場合は、正しくPS3のコントローラーが割り当てられているか確認して下さい。 対処:7 コントローラーをリセットする PS3のコントローラーのリセットボタンを押して工場出荷時の状態に戻してみてください。 リセットボタンはコントローラーの背面、Lボタンの近くにあり、先の細いペンなどを使って押すことができます。 リセットができたら、コントローラーを再接続して認識できないか確認して下さい。 対処8: コンバーターを利用する どうしてもドライバーのインストールがうまくいかない場合は、サードパーティ製のUSBコンバーターを使用する方法もあります。 PS3コントローラー専用のコンバーターを使用して、コントローラーとコンバーターを繋ぐだけで、PS3コントローラーがWindows10のパソコンで使用できるようになります。

次の

ゲームパッドの認識確認 (ゲームコントローラでの確認方法)

ゲーム コントローラー pc

PCゲームの操作といえばマウスとキーボードが基本ですが、レースゲームやMMORPGなどのジャンルは、ゲームパッド(コントローラー)の方が操作しやすい場合もあります。 ゲームパッドにも種類がたくさんあり、どれがいいのか迷ってしまいます。 実際に使ってみないとサイズ感やボタンの押し心地が分からないため、失敗してしまう可能性もあります。 僕はPCゲーム歴が13年ぐらいですが、昔からゲームパッドを大量に使い潰してきました。 特にメイプルストーリーをプレイしていた中学時代は、3ヶ月に1個ぐらいのペースで交換してました。 そんなヘビーユーザーである僕が 今最もオススメするのは、Xbox one用のコントローラーです。 純正のコントローラーが使えることを知らなかった昔の僕は、よくわからないメーカーが作った安いゲームパッドを使ってました。 でも、すぐにボタンが潰れてしまったり、塗装が剥がれて持ちにくくなったり、ちょっと握っただけで手が痛くなったりしました。 常にゲームパッドを3つぐらい常備しておき、早い時だと1ヶ月もせずに壊してました。 それぐらい耐久性が低いです。 少々値は張りますが、買うなら純正のものが良いです。 やはり 耐久性や押しやすさ、持ちやすさが全然違います。 ここでいう純正コントローラーとは、Xboxのものを指しています。 昔はPS3用のコントローラーもおすすめだったのですが、現在はPC用ゲームパッド以上にNGです。 PS3用コントローラーはwindows10では使えない PSシリーズのコントローラーはどれも優秀で使いやすかったのですが、Windows10から使えなくなってしまいました。 もともとWindows7でも個人が作ったドライバをインストールしなければならなかったのですが、そのドライバが開発停止? になり、しかもトロイの木馬(ウイルス)が検出されたりと、 安定性、安全性に不安が出てきました。 現在でも使う方法はあるのですが、設定が非常に面倒で、様々な手順を踏まなければならず、信頼性の低いファイルも落とさなければならないので、おすすめしません。 PS3用コントローラーはゲーム内の設定も非常に面倒 実はコントローラーにもバージョンのようなものがあり、現在主流なのは Xinputと呼ばれるAPI(コントローラーの入力を制御するアプリのようなもの)です。 SteamなどのゲームはこのXinputを基準にしているため、Xboxのコントローラーを使えば、そのまますんなりと操作することができます。 数字はあくまでも例ですが、このように 「ボタンに割り当てられている数字の位置」はゲームパッドの種類によって違います。 先ほども書いたように、Steamなどで配信されている多くのゲームはXinput(Xbox用コントローラー)を基準に作られていますので、Xinputに非対応のゲームパッドを使う場合は、ゲーム内で設定し直さなければなりません。 これはPS3用コントローラーに限らず、PC用のゲームパッドでも同じです。 なので、もし安いゲームパッドを購入しようと思っているなら、 最低でもXinputに対応したものを選ぶようにしてください。 それだけで使いやすさが段違いになります。 PC用ゲームパッドならXbox one一択! PCで使うなら、Xbox one用のコントローラーがおすすめです。 というよりも今はXbox 360用のコントローラーを入手するほうが難しいので、必然的にXbox oneになります。 他のゲームパッドに比べても持ちやすく、ボタンの押し心地も良いです。 特にLRボタンの押し心地が独特で、 使っていて疲れません。 指が痛くなることもないので快適です。 Xbox 360の時は少々耐久性に難があり、僕も使っていて1年ほどで壊れてしまったのですが、 Xbox oneの方は非常に耐久性が高く、購入から1年以上経っても劣化していません。 ケーブルが着脱できる 後述しますが、このコントローラーは 無線接続ができます。 そのためケーブルが着脱式になっていて、管理しやすいのも大きなポイントです。 使わない時にしまっておけますし、ケーブルがぐちゃぐちゃになるのも防げます。 また、付属のコードも長いです。 無線にしなくても距離が稼げるのは嬉しいところ。 着脱式なので、もし長すぎるなら別のUSBケーブルを使えばいいですし、『短いな』と思ったら逆に長くすることもできます。 Xbox oneのコントローラーなら無線でも使える Bluetoothで無線接続もできます。 無線なら離れたところで寝っ転がりながらもPCゲームを遊ぶことができますし、コードが邪魔になることもありません。 Xbox oneのコントローラーは、コード付きのタイプ(一般的なタイプ)と、無線接続用のレシーバーがセットになったタイプがあります。 無線接続する場合はレシーバーとセットになったタイプを選ぶ人が多いのですが、僕はコードがセットになったタイプを推します。 無線接続用のアダプタは別の商品に良いものがあるので、別途こちらを購入するのがおすすめです。 僕が使っているのはこのアダプタで、親指の半分ぐらいのサイズです。 とても小さいです。 MMOメインでプレイする人だと電池の消費量もバカにならないですし、買い忘れると面倒です。 ボス中に電池が切れたりすると致命的なので、こまめに交換できるエネループが最適です。 また、が、Xbox oneのコントローラーでしか使えないですし、万が一故障した時に替えがきかないので、おすすめしません。 レビューも低評価が多いので、やっぱり汎用性の高いエネループ推奨です。 無線接続で遅延はないの? ここで気になるのが遅延ですが、 はっきり言って気になるほどの遅延はありませんでした。 ロケットリーグなどのE-sportsタイトルも無線接続でプレイしていましたが、有線の時と操作感は同じですし、接続が途切れたりすることもありませんでした。 ただ、電池切れ問題はたまに起こります。 エネループを使っているのでこまめに交換すればいいだけの話なのですが、忘れていると急に接続が切れるので、ここだけは注意が必要です。 主要の純正ゲームパッドを比較 PS3・Xbox360・Xbox oneのコントローラーを所持しているので、それぞれ並べてみました。 サイズ感はどれも似ていますが、 持ちやすいのはXbox oneです。 PS3コンはスティックがちょっと貧弱な感じがしますが、Xboxはスティックの耐久性が高いです。 Xboxのコントローラーを比較しました。 やはりケーブルが着脱式になっているところが大きな違いです。 これのおかげで ケーブルが断線しても交換できますし、しまう場合も邪魔になりません。 今現在Xbox 360のコントローラーを使っているという人でも、Xbox one用のものに交換する価値はあると思います。 おすすめゲームパッドのまとめ.

次の

Steamコントローラーの人気おすすめランキング15選【2020年最新】

ゲーム コントローラー pc

PCゲームの操作といえばマウスとキーボードが基本ですが、レースゲームやMMORPGなどのジャンルは、ゲームパッド(コントローラー)の方が操作しやすい場合もあります。 ゲームパッドにも種類がたくさんあり、どれがいいのか迷ってしまいます。 実際に使ってみないとサイズ感やボタンの押し心地が分からないため、失敗してしまう可能性もあります。 僕はPCゲーム歴が13年ぐらいですが、昔からゲームパッドを大量に使い潰してきました。 特にメイプルストーリーをプレイしていた中学時代は、3ヶ月に1個ぐらいのペースで交換してました。 そんなヘビーユーザーである僕が 今最もオススメするのは、Xbox one用のコントローラーです。 純正のコントローラーが使えることを知らなかった昔の僕は、よくわからないメーカーが作った安いゲームパッドを使ってました。 でも、すぐにボタンが潰れてしまったり、塗装が剥がれて持ちにくくなったり、ちょっと握っただけで手が痛くなったりしました。 常にゲームパッドを3つぐらい常備しておき、早い時だと1ヶ月もせずに壊してました。 それぐらい耐久性が低いです。 少々値は張りますが、買うなら純正のものが良いです。 やはり 耐久性や押しやすさ、持ちやすさが全然違います。 ここでいう純正コントローラーとは、Xboxのものを指しています。 昔はPS3用のコントローラーもおすすめだったのですが、現在はPC用ゲームパッド以上にNGです。 PS3用コントローラーはwindows10では使えない PSシリーズのコントローラーはどれも優秀で使いやすかったのですが、Windows10から使えなくなってしまいました。 もともとWindows7でも個人が作ったドライバをインストールしなければならなかったのですが、そのドライバが開発停止? になり、しかもトロイの木馬(ウイルス)が検出されたりと、 安定性、安全性に不安が出てきました。 現在でも使う方法はあるのですが、設定が非常に面倒で、様々な手順を踏まなければならず、信頼性の低いファイルも落とさなければならないので、おすすめしません。 PS3用コントローラーはゲーム内の設定も非常に面倒 実はコントローラーにもバージョンのようなものがあり、現在主流なのは Xinputと呼ばれるAPI(コントローラーの入力を制御するアプリのようなもの)です。 SteamなどのゲームはこのXinputを基準にしているため、Xboxのコントローラーを使えば、そのまますんなりと操作することができます。 数字はあくまでも例ですが、このように 「ボタンに割り当てられている数字の位置」はゲームパッドの種類によって違います。 先ほども書いたように、Steamなどで配信されている多くのゲームはXinput(Xbox用コントローラー)を基準に作られていますので、Xinputに非対応のゲームパッドを使う場合は、ゲーム内で設定し直さなければなりません。 これはPS3用コントローラーに限らず、PC用のゲームパッドでも同じです。 なので、もし安いゲームパッドを購入しようと思っているなら、 最低でもXinputに対応したものを選ぶようにしてください。 それだけで使いやすさが段違いになります。 PC用ゲームパッドならXbox one一択! PCで使うなら、Xbox one用のコントローラーがおすすめです。 というよりも今はXbox 360用のコントローラーを入手するほうが難しいので、必然的にXbox oneになります。 他のゲームパッドに比べても持ちやすく、ボタンの押し心地も良いです。 特にLRボタンの押し心地が独特で、 使っていて疲れません。 指が痛くなることもないので快適です。 Xbox 360の時は少々耐久性に難があり、僕も使っていて1年ほどで壊れてしまったのですが、 Xbox oneの方は非常に耐久性が高く、購入から1年以上経っても劣化していません。 ケーブルが着脱できる 後述しますが、このコントローラーは 無線接続ができます。 そのためケーブルが着脱式になっていて、管理しやすいのも大きなポイントです。 使わない時にしまっておけますし、ケーブルがぐちゃぐちゃになるのも防げます。 また、付属のコードも長いです。 無線にしなくても距離が稼げるのは嬉しいところ。 着脱式なので、もし長すぎるなら別のUSBケーブルを使えばいいですし、『短いな』と思ったら逆に長くすることもできます。 Xbox oneのコントローラーなら無線でも使える Bluetoothで無線接続もできます。 無線なら離れたところで寝っ転がりながらもPCゲームを遊ぶことができますし、コードが邪魔になることもありません。 Xbox oneのコントローラーは、コード付きのタイプ(一般的なタイプ)と、無線接続用のレシーバーがセットになったタイプがあります。 無線接続する場合はレシーバーとセットになったタイプを選ぶ人が多いのですが、僕はコードがセットになったタイプを推します。 無線接続用のアダプタは別の商品に良いものがあるので、別途こちらを購入するのがおすすめです。 僕が使っているのはこのアダプタで、親指の半分ぐらいのサイズです。 とても小さいです。 MMOメインでプレイする人だと電池の消費量もバカにならないですし、買い忘れると面倒です。 ボス中に電池が切れたりすると致命的なので、こまめに交換できるエネループが最適です。 また、が、Xbox oneのコントローラーでしか使えないですし、万が一故障した時に替えがきかないので、おすすめしません。 レビューも低評価が多いので、やっぱり汎用性の高いエネループ推奨です。 無線接続で遅延はないの? ここで気になるのが遅延ですが、 はっきり言って気になるほどの遅延はありませんでした。 ロケットリーグなどのE-sportsタイトルも無線接続でプレイしていましたが、有線の時と操作感は同じですし、接続が途切れたりすることもありませんでした。 ただ、電池切れ問題はたまに起こります。 エネループを使っているのでこまめに交換すればいいだけの話なのですが、忘れていると急に接続が切れるので、ここだけは注意が必要です。 主要の純正ゲームパッドを比較 PS3・Xbox360・Xbox oneのコントローラーを所持しているので、それぞれ並べてみました。 サイズ感はどれも似ていますが、 持ちやすいのはXbox oneです。 PS3コンはスティックがちょっと貧弱な感じがしますが、Xboxはスティックの耐久性が高いです。 Xboxのコントローラーを比較しました。 やはりケーブルが着脱式になっているところが大きな違いです。 これのおかげで ケーブルが断線しても交換できますし、しまう場合も邪魔になりません。 今現在Xbox 360のコントローラーを使っているという人でも、Xbox one用のものに交換する価値はあると思います。 おすすめゲームパッドのまとめ.

次の