可愛い 神戸弁。 可愛い|徳島県の方言(阿波弁)25選!好き・告白の表現もご紹介!

神戸市民なら絶対共感する神戸あるある

可愛い 神戸弁

テレビなどでお笑い芸人はまだまだ関西人の割合が多いのですが、その影響もあってか「関西人は怖い」「関西弁って口調がきつい」「上からでえらそう」というようなイメージがあって、地元ならいいのですが、社会人や関西地域以外に住み始めると方言を隠したりする人って意外と多いようです。 ですが、せっかくの関西弁!男性が好きな女性の方言トップ3には必ず入っています。 それに実際一般の人が使っている関西弁はそんなにきつい言葉ばかりではありません。 特にどんな関西弁が男性は可愛いと思っているのか、ピックアップしてご紹介します! 1「絶対ゆうたらあかんで? 」 「絶対ゆうたらあかんで? 」は標準語に変換すると「絶対に言ったらダメだよ」です。 更に二人だけで秘密ということで「言ってはいけない」を「ゆうたらあかんで」で可愛く関西弁で言うだけでほとんどの男性はメロメロです。 関西弁でなかったとしても、女性から秘密を明かされるというのに対して男性は自分は特別な存在なんだということを自ずと意識して嬉しいものです。 更に関西弁で可愛く言われた日にはもうあなたにぞっこんでしょう。 定番通り可愛く言うのもよし、ちょっと疑いながら「ホンマに言わんとってや~? 本当に言わないでね? 」というような雰囲気で言うのも可愛く思えます。 例:女「なぁなぁ口固いー?」 男「言わないよ、どうしたの?」 女「ほんまに言わんとってや~?絶対ゆうたらあかんで? 」 特に最後のセリフのコンボは男性ウケ絶大です! 2「~~しはる?」 「~~しはる?」は「~~しますか?」もしくは「~~する?」です。 この「~~しはる?」は京都弁のように思えますが、この言葉は意外と関西地方では広く使われている言葉です。 「~~しはる?」と言うだけで奥ゆかしさや女性ならではの謙虚さを表すことができて男性をたてるような印象を持たすことができます。 また、「~~しはる?」の敬語は 本当は敬語ではないのですが、関西人は敬語だと思っています は「~~しはります?」です。 年齢が上の人に対しては「~~しはります?」が一般的です。 こんな可愛い方言を言われたら男性はちょっと頼られているような気分にもなり、とても嬉しいものです。 標準語で「なんで?」や「何でよ!?」は文章にしても分かる通りちょっときついイメージがありますよね。 関西弁は「なんでなーん?」とちょっと甘えた感じに聞こえるので男性も聞き入れてくれやすくなりますし、そう言われながらくっつかれて甘えられた抱きしめたくなる!という男性ってとっても多いんですよ。 ちょっと子供っぽい関西弁ですが、カップルでの会話や付き合う一歩手前くらいには使える関西弁なので、あともうひと押ししたい!や彼氏に可愛いって思ってもらいたいという人にはとても使えます。 例:男「ごめん!明日のデート行けなくなっちゃった」 女「えー!そうなんや…なんでなーん?」 4「もう知らんでー」 「もう知らんでー」は標準語で言うと「もう知らない」という意味です。 「もう知らない」と言われるととても冷たく怒っているような印象を与えます。 関西弁で言われたい言葉No1に輝くことも多いのがベタではありますが「めっちゃ好きやで」というセリフです。 「めっちゃ」というのは「とても」などの最上級を表します。 関西女子に付き合ったら一度は言われてみたいセリフですよね。 標準語だと「すごく好き」になるので堅い印象を持つそうなのですが、関西弁で言うととても柔らかく聞こえて受けいれやすいですよね。 例:女「あーもう、やっぱりめっちゃ好きやで」 いかがでしたか? 自分の方言だと聞き慣れていることもあって、そんなに可愛く感じないかもしれないですが、関西弁に慣れていない男性、憧れている男性からすれば関西弁ってこんなにも可愛く聞こえるのですよ! 訛っているのが恥ずかしいと隠すのではなく、ぜひ そのままのあなたで話してみてくださいね!.

次の

可愛い|徳島県の方言(阿波弁)25選!好き・告白の表現もご紹介!

可愛い 神戸弁

関西弁に対する印象 関西弁はテレビやラジオでも聞くことが多く、方言の中でも聞き慣れた言葉ではないでしょうか。 特に大阪人はお笑い文化が盛んなため、会話のテンポが良く普通の 会話でもボケやツッコミをするのは日常のことです。 また普通の会話でもオチに厳しいので、他の地域の方から見ると一般人が漫才をしているように見えるのかもしれません。 怖い、キツいといった印象を持つ人もいますが、商人の街というだけあって 人情に訴えるのもとても上手です。 人情に訴えつつ無理難題をストレートにぶつけてくるのが関西弁の特徴と言えます。 そのため 関西人は交渉ごとが得意と言われ、言葉を巧みに操ることに長けています。 標準語の「なんだよ」は関西弁で「なんなん」「なんやねん」と言い、男性が使うと男らしく、女性が使うと可愛らしく聞こえます。 関西弁の種類とそれぞれの方言の特徴 関西には大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県の2府4県があります。 一言で関西弁と言っても地域によって方言の種類や特徴はさまざまです。 大阪といえば食い倒れの街であり、お笑いが盛んな街ですよね。 小さい頃からお笑いと親しんできただけあり、大阪弁は普通に喋っているだけで漫才の掛け合いのようなテンポの良さがあるのが特徴です。 そんな大阪弁ですが、実は大阪弁には 摂津弁、河内弁、泉州弁と3種類あります。 多くの方に馴染みのある大阪弁はいわゆる摂津弁にあたります。 河内弁は大阪府東部の河内地方の方言であり、「あなた」のことを「われ」と言ったり少し言葉が荒いのが特徴です。 泉州弁はだんじり祭りで有名な大阪南西部の泉州地域の方言で、泉州弁は語尾に「け」をつけるのが特徴です。 標準語の「本当か」を一般的な大阪弁に変換すると「ほんまか」になりますが、さらに泉州弁に変換すると「ほんまけ」となります。 河内弁にやや近く、泉州弁も少し荒っぽいのが特徴です。 「おいでやす」のイメージが強いかと思いますが、これは舞妓さんや芸妓さんが話す言葉で一般的にはあまり使われません。 京言葉は古都らしい趣があり、 柔らかい物腰とオブラートに包んだ物言いが特徴で、独特のイントネーションとアクセントがあります。 なぜそのような独特な口調になったのかというと、その昔に日本の中心が京都で京都弁が標準語とされていたことに由来します。 京都から離れるにつれてイントネーションとアクセントは平坦となり、これが後々の標準語へと繋がっていくのです。 京都弁は今の標準語に大きく影響していると言えるでしょう。 淡路弁の特徴は、大阪府、和歌山県、徳島県との共通性が高く、北部では河内・大和系、中部では泉州・和歌山系、南部では徳島系と分類され、同じ淡路島でも異なります。 また淡路島は 身分や貧富の差が小さいため敬語を話すことは少なく、とてもフレンドリーな国民性でもあります。 播州弁は 関西一クセが強いと言われており、怒っていると思わせるほどのキツい言葉(実際は怒っているわけではない)で、荒っぽく汚いと思われることがあります。 標準語の「なんだよ」を、大阪弁に変換すると「なんやねん」になりますが、さらに播州弁に変換すると「なんどいや」となります。 また「バカ」「アホ」を播州弁では「だぼ」と表現し、同じ関西出身でも伝わないこともあるでしょう。 日常的に使う関西弁一覧 実は関西弁には何種類もの方言があることがわかりました。 それでは日常的に使う関西弁の一覧50をご紹介したいと思います。 「あきまへん」「あきません」といった丁寧な表現もあります。 かつて大阪府警痴漢防止ポスターで 「チカンアカン」や 「チカンはあかんで。 ゼッタイあかんで。 」というキャッチコピーが使われていこともあります。 関西人は言葉の中に「ほんまに?」などをよく使いますが、決して疑っているわけではなく、相づちと同じニュアンスで使っています。 関西人の言う「あほ」はけなすと言うよりも、 愛情表現に近いでしょう。 「はよして(早くして)」、「はよ寝なさい(早く寝なさい)」といった使い方をします。 また「〜ちゃう」と使う場合は、〜じゃないという意味になります。 有名な言葉に「ちゃうちゃう!ちゃうちゃうちゃうんちゃう」というのがありますが、これは「違う違う!チャウチャウと違うんじゃない』という意味で、 関西人は全ての「ちゃう」をしっかり聞き分けているのです。 無茶苦茶という言葉が語源と言われており、これが崩れて「めっちゃ」になったそうです。 地域によっては「むっちゃ」や「めっさ」と表現することもあります。 「これほかしといて」「ほっといて」という言い方をします。 漫才の締めの言葉で「なんでやねん」とツッコミを入れたり、「好きやねん」という言葉を使った歌も多数あります。 「行かへん」「言わへん」「動かれへん」など。 足首が グネッと曲がったという擬音から発生した言葉です。 「いちびんなよ(調子乗るなよ)」のような使い方をします。 そのためか 動く歩道のことを「歩く歩道」と表現します。 エスカレーターも基本的には歩くものだと認識しています。 「知らんけど」を使ってしまうのは、情報が不確かである、責任回避など、又聞きやテレビからの情報で 本人が体験したわけではないと言う伝達の意味が込められています。 地方の人からすると突然「私〇〇やんか」と言われても、それは知らないとなるようですが、この「〜やんか」というのは同調を求めて発しているわけではなく、 接続詞として使われています。 仲間からはみ出した子からきています。 関西弁㉑:しょうもない 関西では くだらない、面白くないことを「しょうもない」と表現します。 特に笑いに貪欲な大阪人は話のオチがつまらなかったりすると、「しょーもな!」とツッコミを入れることがあります。 関西弁㉒:へたれ 根性がない人、情けない人のことを「へたれ」と言います。 「へたれ」には諸説あり、へたれるという言葉からきている説と、屁垂れると言う言葉からきている説があります。 関西弁㉓:こしょばい 「こしょばい」とは くすぐったいことです。 今ではくすぐったいが標準語として使われていますが、元はこそばゆいという大和言葉が語源で、こそばゆいは標準語です。 そのため本来であれば「こしょばい」の方が、標準語に近い言葉と言えるでしょう。 関西弁㉔:いらち せっかちや短気な人のことを「いらち」と言います。 せっかち=イライラしいから、「いらち」と派生しました。 関西弁㉕:かまへん 「かまへん」にはいろいろな意味があり、 構わない、気にしない、OKなど使うシーンによってニュアンスが異なります。 地域によっては「かめへん」と表現することもあります。 関西弁㉖:せやな そうだね、そうだよを関西弁に変換すると「そうやねん」となりますが、それがさらに短くなって「せやねん」「せやな」となりました。 関西ローカルの情報番組に「せやねん」というタイトルの番組もあり、関西人にとってはとても馴染み深い言葉です。 関西弁㉗:しゅっとしてる 関西人はよく擬音を使うと言われますが、その代表格にあるのが「しゅっとしてる」です。 主にスマートな、スタイリッシュなという意味で、褒め言葉として使われます。 関西弁㉘:ごっつい がたいが良いという意味で使われる「ごっつい」ですが、関西では すごいという意味で使われることが多いです。 「ごっついええ体してんな〜(すごいいい体してるね)」のような使い方をします。 関西弁㉙:こける 関西では 転ぶことを「こける」と言います。 またお笑いでは、笑いの感度を上げるために出演者全員で「こける(倒れる)」といったパフォーマンスをすることもよくあります。 そのため特に大阪人にとっては「こける」というのは文化としても馴染みがあります。 関西弁㉚:ぬくい 「ぬくい」とは 暖かいことです。 関西弁㉛:おおきに 最近では「おおきに」は一般的に使う言葉ではありませんが、関西人にとってはとても馴染み深い言葉です。 主に商いをしている人が ありがとうのことを「おおきに」と表現します。 関西空港を拠点とする格安航空のピーチでは、着陸するときのアナウンスの結び言葉に「ほんまおおきに」を使っています。 関西弁㉜:けったい 「けったい」とは 変わっている、不思議なという意味です。 「けったいな髪型してるな〜(変わった髪型してるな)」「けったいな性格(不思議な性格)」のように使います。 褒めると言うよりは、少しけなしたニュアンスに近いです。 関西弁㉝:つれ 「つれ(連れ)」とは 友達のことを指します。 「つれが遊びにきて」「つれ呼んでもいい?」など、女性よりも男性の方が使うことが多いです。 関西弁㉞:言うた 関西弁では 「っ」を「う」に変換して言うことがよくあります。 「言うた(言った)」「買うた(買った)」「会うた(会った)」など。 関西弁㉟:おもた 「っ」を「う」に変換する以外に、 「っ」抜いた言葉もよく使います。 「おもた(思った)」「わろた(笑った)」など。 関西弁㊱:押しピン 「押しピン」とは 画鋲のことです。 関西人の多くは「押しピン」を標準語だと思っているでしょう。 関西弁㊲:遠慮のかたまり 関西人でも方言だと知らない人は多くいると思いますが、実は「遠慮のかたまり」は関西弁です。 友達とご飯に行ったときなど、 食べ物の最後の一つを取るのを遠慮していつまでも残っている状態のことを指します。 関西弁㊳:しんどい 標準語でも精神的に辛いときなど「しんどい」と表現しますが、関西で使う「しんどい」にはさまざまな意味があります。 疲れた、辛い、厳しいなどは全て「しんどい」の一言で表すことができるのが特徴です。 関西弁㊴:べっぴん 「べっぴん」とは主に関西圏と愛知県で使われている言葉です。 美しい人のことを「べっぴん」「べっぴんさん」と表現します。 「べっぴん」には諸説あり、「別嬪」天皇のに仕える女官、側室のこと、愛知県では特別美味しいうな丼のことを「別品」と表現したことが語源と言われています。 関西弁㊵:しばく 「しばく」とは 叩く、殴るといったニュアンスの表現です。 「しばくぞ!」なんて言葉を特に大阪では耳にします。 本気で言う場合もあれば、冗談めかして言うこともあるため、言葉の前後でニュアンスは変わってきます。 また関西では「茶をしばく」という言葉もありますが、これは お茶をしに行くという意味です。 関西弁㊶:いらんことしい 「いらんことしい」とは 余計なことをする人のことを指し、丁寧にいうと「いらないことをする人」となります。 関西弁㊷:アテ 「アテ」とは おつまみのことを指し、酒にあてがうという意味から「アテ」と言うようになりました。 関西弁㊸:お造り 「お造り」とは 刺身のことを指します。 刺すという表現があまりよくないため、作り身と表現していたそうです。 作り身がやがて「お造り」に変わったと言われています。 関西弁㊹:豚まん 肉まんが一般的ですが、関西では「豚まん」と表現をします。 関西では 肉は基本的に牛肉のことを指すため、豚肉の入った肉まんは「豚まん」と言うようになりました。 大阪名物の551の蓬萊で販売されている肉まんは「豚まん」として販売されています。 関西弁㊺:フレッシュ コーヒーに入れるミルクを、関西では「フレッシュ」と言います。 これは大阪に本社を持つ製造メーカーのメロディアンから「コーヒーフレッシュ」という商品が販売されていることに由来しています。 関西弁㊻:回転焼き 今川焼きや大判焼きなど地域によって呼び方が変わりますが、関西では「回転焼き」と言います。 関西弁㊼:おはようさん 関西では擬人化した言葉はよくあり、「おはようさん」の他に「おいなりさん」「おいもさん」「おまめさん」など、食べ物にも さんを付ける表現があります。 関西弁㊽:飴ちゃん 擬人化シリーズで最もメジャーなのが飴のことを「飴ちゃん」ということです。 ガムのことは決して「ガムちゃん」とは言いませんが、飴だけはなぜか「飴ちゃん」なのです。 また大阪のおばちゃんは絶対と言っていいほど飴をバッグに忍ばせており、周りに配りたがる傾向にあります。 関西弁㊾:冷コー アイスコーヒーのことを関西では冷コーと言います。 またカフェオレをミーコー(ミルクコーヒーの略)、レモンスカッシュをレスカと呼ぶこともあります。 関西弁㊿:めばちこ 独特な響きのある「めばちこ」という言葉ですが、 ものもらいのことを指し、ばちことは目をパチパチさせるという意味からきていると言われています。 また同じ関西弁でも京都や滋賀では「めいぼ」と表現します。 目のイボなので、めばちこよりもわかりやすいですね。 標準語とは意味が異なる関西弁 同じ言葉でも標準語とは意味が異なる関西弁が多数あります。 それではどのような言葉があるのか見ていきましょう。 関西弁では「ほっとく」以外に「ほる」「ほかす」という言い方をします。 サラの靴や、サラの財布など。 標準語の「また」とは もう一度という意味ですが、関西弁の「また」は 今度という意味です。 東京の人からすれば、「また遊びに行こう」っていきなり言われると、まだ1回も遊んだことないよね?となるでしょう。 「今日はえらかったわ〜(今日はつらかったな〜)」というような使い方をします。 同じ言葉でもこんなにも大きく意味が異なります。 普通に聞いたらなぜ?と驚いてしまうかもしれませんが、実は「鍵を落とす」とは、関西弁で 鍵を閉めるという意味です。 関西で「鍵を落しといて!」と言われたときは、その場に落とすのではなく鍵を閉めるようにしましょう。 蚊に刺されときに、 「蚊に噛まれた」というのが関西では一般的です。 標準語では「パーマをかける」となりますが、関西弁では 「パーマをあてる」というのが一般的になります。 標準語では 物体が変形、崩れた場合や、「店がつぶれる」など 倒産や閉店の意味で使われますが、関西弁では「テレビがつぶれる」など 物が故障したときに使います。 決して物が突き出したというわけではありません。 標準語の「行けたら行く」は 約束はできないけど行く気はあるという意味で、関西弁では 行きたくないときの都合のいい言い訳として使います。 「自分どっから来たん?(あなたはどこから来たの?)」というような使い方をします。 「ご飯をしかける」のような使い方をします。 べべの他にべべたという言い方もします。 関東では「きつね」は 油揚げの乗ったきつねうどん、きつねそば、「たぬき」は 天かすが乗ったたぬきうどん、たぬきそばです。 関西では「きつね」は 油揚げの乗ったうどんのみを指し、「たぬき」は 油揚げの乗ったそばのことです。 きつねそば、たぬきうどんは存在しません。 また天かすの乗ったうどんやそばをハイカラと言います。 カッターシャツとはワイシャツのことです。 元はスポーツ用品メーカーのミズノから出たスポーツ用シャツの商標名で、関西圏ではそれが浸透したと言われています。 また カッターは勝ったーの掛け言葉とも言われています。 関西以外の方だとプールを想像されるかと思いますが、実は駐車場のことです。 モーター=車、プール=溜めるを意味しており、 車を溜める場所=駐車場となるわけです。 今すぐ使いたくなるかわいい大阪弁 たくさんの関西弁をご紹介しましたが、今度はすぐに使いたくなる大阪弁10をご紹介したいと思います。 「うちな〜〇〇やねん」のような使い方をするのですが、この言葉遣いが特に 男性から人気のようです。 「うちこれでけへん」のように、「うち」と組み合わせると最も可愛い言葉になるでしょう。 「好きやねん」「いややねん」など、語尾に「〜やねん」をつけるだけで、一気に大阪弁らしくなります。 とても使いやすい言葉なので、すぐにでも使えるでしょう。 「ほな」とは それじゃあというような意味になるため、「ほな、またね〜」や「ほな、さいなら」といった表現をすることもあります。 それじゃあっていうよりも、「ほな」と短くいうのが可愛いですね。 語尾を伸ばすことで柔らかい印象になるため、もう知らないと表現するよりも、「もう知らんで〜」と表現することでキツい言葉もとても可愛く聞こえます。 「あほや!」と勢いよく言ってしまうと強めの口調となってしまいますが、「あほ〜」と語尾を伸ばすとそれだけで愛嬌が増します。 馬鹿というよりも「あほ」の方が大阪弁では馴染み深く、「あほ」というのは 相手に対しての愛情表現でもあります。 「〜やんな」と切ってしまうと少し強めになりますが、「ぁ」を入れるだけで 甘えたような可愛らしい言葉へと変化します。 大阪弁はキツいと思われる反面、愛嬌のある言葉もとても多く、その代表が「めっちゃ好きやで」となります。 大阪弁で告白されるのは、男性にとって一つの夢でもあるようです。

次の

大阪弁の告白|男女別!関西弁萌えな可愛い&かっこいいセリフ集

可愛い 神戸弁

晩御飯のてごぉして(晩御飯作るの手伝って)てごしね(手伝いなさい)など、「手伝う」という意味です。 昔、大鍛冶屋の向こう鎚を「手子」と言っていた事が語源です。 若い人はあまり使っている人はいなく、主にお年寄りが使っている方言です。 広島県の方言(広島弁)頻出順ランキング第6位:たう・たわん 広島県民以外には通じないのではないでしょうか。 その箱たう?(その箱に手が届く?)私もたわんわ(私も届かない)など、「届かない」という意味です。 たった?と言われると、立った?ではなく届いた?という意味の方言なのです。 広島県の方言(広島弁)頻出順ランキング第5位:しんさい はよ宿題しんさい(早く宿題をしなさい)など「~しなさい」という意味の方言です。 宿題しんさいと言っている間はまだあまり怒っていません。 怒りが増すと、はよ宿題せーや!、はよ勉強しーや!という言い方に変わります。 言い方が強くなると、かなりの迫力になりますので、あまり言わせないことをおすすめします。 広島県の方言(広島弁)頻出順ランキング第4位:さげる 県外の人には通じませんが、このお好み焼きぶちうみゃあ(このお好み焼きすごい美味しい)A君ぶちかっこええわぁ(A君はすごいかっこいいね)などと、「すごい」という意味です。 広島弁「すごい」の三段活用といわれるものがあります。 「ぶち」はすごい。 「ぶり」はもっとすごい。 「ばり」はすごくすごい。 など使い分けています。 広島の中でも備後地方では「ぼれ」が主に使われています。 広島県の方言(広島弁)頻出順ランキング第2位:たいぎい 他県の人に通じない広島弁ダントツの1位でもあります。 「仕事行くのたいぎいわ」「買い物行くのたいぎなわ~」という風に「面倒くさい」という意味です。 広島県民は、県外でたいぎいが通じずに、そこで初めてたいぎいが方言だったことに気づくというのが県民あるあるです。 広島県の方言(広島弁)頻出順ランキング第1位:じゃけん・じゃけぇ 広島弁といえば「じゃけん」「じゃけぇ」ですよね。 「今日は雨じゃけんカープの試合ないわ」「今日は仕事休みじゃけぇね」という風に「~だから」という意味で使います。 じゃけんとじゃけぇの使い分けは特になく、自分の好きな方や、言いやすい方を使います。 広島弁は「じゃけん」のイメージが強いと思いますが、実は「じゃけぇ」「じゃけ」の方が多く使われています。 じゃけ止めときってゆうたが!(だから止めといたらって言ったのに)じゃけそうなったんか(だからそうなったのか)などと使います。 広島県のかわいい方言(広島弁)ランキング 広島県のかわいい方言(広島弁)第10位:わや さよならという意味で、別れの挨拶に使います。 「ほいじゃーね」という事もあります。 「ほんじゃーさ、この間のカフェ行こうや~」と、ほんじゃーねから話が続くときに使う場合は、さよならの意味ではなく、「だったらさぁ」という意味になります。 普通にバイバイというよりかわいいですよね。 広島県のかわいい方言(広島弁)第8位:ぱーぷー ちょっと難しい広島弁です。 ぱーぷーじゃね(バカじゃね)なと、「バカ・アホ」という意味です。 悪口でのバカという意味ではなく、からかっていたり、愛情を込めたバカという意味で使います。 女の子にぱーぷー!とかわいいく叱られたい男子も多いのではないでしょうか。 広島県のかわいい方言(広島弁)第7位:はぶてる はぶてるとは、スネるという意味です。 喧嘩したときなどに、もぉはぶてんとって?ごめんね?(もうスネないで?)なんて可愛く言われると不機嫌な気持ちも吹っ飛んでいきますよね。 広島県のかわいい方言(広島弁)第6位:ほいじゃけん 「じゃけん」「じゃけぇ」の可愛いバージョンが「ほいじゃけん」です。 あんね、ほいじゃけんね、この間ね~なんて言われると、可愛さが大爆発です。 子供っぽさや無防備さがあるこの単語がつくことで、それ一つでも可愛いといわれている「じゃけえ」がより一層かわいいですよね。 「ほい」は聞こえ方が柔らかく、普段標準語で話していると中々聞くことのない単語です。 普段の会話での使用頻度が高く、聞ける機会も多いので、かわいい方言として有名です。 広島県のかわいい方言(広島弁)第5位:しんちゃい 先ほど、~しなさいという意味の「しんさい」を紹介しましたが、それの可愛いバージョンが「しんちゃい」です。 単純に言い方がかわいいだけですが、しんさい!と言われるよりは、可愛く、しんちゃいと言われた方がやる気もでますよね。 広島県のかわいい方言(広島弁)第4位:うち 広島県の多くの女子で使われている一人称です。 今日うちんち来てや(今日私の家来てね)うちもそう思う(わたしもそう思う)などと使います。 京都弁でも一人称でうちが使われていますが、広島弁とはイントネーションが違うのです。 京都弁ではイントネーションが上がって下がりますが、広島弁では下がって上がります。 ちなみに、男子の一人称は「わし」です。 お年寄りが使うイメージがありますが、広島県では、幼稚園児からお年寄りまでのみんながわしを使います。 他県の人が聞いたらびっくりしてしまうかもしれませんね。 広島県のかわいい方言(広島弁)第3位:なんしよん? 今日なんしよん?(今日なにしてるの?)など、「なにしてるの?」という意味です。 標準語で聞くよりも。 丸みのあって可愛らしい聞き方になります。 ただし、怒っている時のなにしよん?はちょっと怖いので要注意です。 広島県のかわいい方言(広島弁)第2位:いけん このハサミめげとるが(このハサミ壊れとるじゃん)など、「壊れている」という意味です。 大事なんじゃけめぐなよ(大事だから壊すなよ)という使い方もします。 「めいどる」とも言う人もいます。 広島の方言(広島弁):たちまち 広島人が方言だと思ってない言葉だんとつのナンバーワンです。 標準語での「たちまち」は即座に、非常に短い時間でという意味です。 しかし広島弁では、たちまちそこ置いとって(とりあえずそこに置いといて)。 たちまち決まったら電話するわ(とりあえず決まったら電話する)など、「とりあえず」という意味です。 標準語のたちまちに、とりあえずという意味はないので、他県の方からしたらなに言ってるんだ?と思われているでしょう。 しかし、広島ではたちまちが、標準語では即座にという意味ということすら知られておらず、ややこしい方言なのです。 若者の間では略して「たちま」とも使われています。 広島県の方言(広島弁):みやすい 見やすいという意味ではありません。 今日のテストぼれみやしかった(今日のテストめっちゃ簡単だった)など、「簡単」という意味です。 お前はほんまにみやしいの(お前はほんまに単純じゃな)といった使い方もあります。 広島県の方言(広島弁):そがーに、あがーに そがーなこと言いんさんな(そんなこと言うな)今まであがーなことなかったのに(今まであんなことなかったのに)など、「そんな」「あんな」という意味です。 お年寄りでは「そんぎゃなこと」という人もいます。 若い人はあまり使わない方言です。 広島県の方言(広島弁):すける 透けるではありません。 この箱そこにすけてーて(この箱そこに置いといて)など「置く」という意味です。 「のすけ」という人もいます。 広島県の方言(広島弁):いぬる もう5時じゃけいぬるで(もう5時だから帰るよ)もういぬろーで(もう帰ろうや)など「帰る」という意味です。 県外の人には伝わらない方言ですね。 外が暗くなっても遊んでいると、通りすがりのおじさんに「はよいねよ」と言われたりします。 広島県の方言(広島弁):くらわす われ、ぶちくらわすで(お前殴るぞ)という意味です。 なかなかガラが悪い方言ですね。 物理的に殴るという意味だけではなく、痛い目に合わせてやろうか、という意味も含まれています。 やっぱり広島弁はかわいい! たくさんの広島弁を紹介しましたが、いかかでしたでしょうか?広島出身の芸能人も多く、テレビで広島弁を聞く機会も多いですよね。 中でも、perfumeの3人の広島弁がとても可愛いので、ぜひ聞いてみてください。 実際の広島弁を聞きに、ぜひ広島へ遊びに来てくださいね。

次の