ジャパネット 富士山の水。 ジャパネットたかたのウォーターサーバーの購入者ターゲットは誰?

【ジャパネットウォーター】「富士山の天然水」ウォーターサーバーの特徴と評判

ジャパネット 富士山の水

テレビ等でもおなじみ、ジャパネットたかたにはウォーターサーバーの取り扱いもあります。 富士山の天然水が味わえる商品ですよ。 ウォーターサーバー自体は、シンプルなデザインですし、床置きタイプだけではなく、卓上タイプもあるので、生活スタイルに合わせ選択出来ますね。 ボトルの水が、コンパクトサイズなので使い勝手がよく、ボトルの付け替えが楽に出来て負担が少ないですね。 2年に1度のメンテナンス実施という点も、衛生的で安心なのではないでしょうか? でも、一番気になるのが、やはり価格の面ですよね。 ジャパネットたかたの商品は、キャンペーンや期間限定商品など様々な特典が注目されます。 テレビを見ていても、ついつい手を出したくなってしまいすよね。 でも、ちょっと待った! 契約内容や条件をしっかり確認しないままの契約するのは要注意ですよ。 良い商品だからこそ、納得して利用してほしいので、料金についても本当に高くないのか、お得なウォーターサーバーなのか確認していきましょう。 ジャパネットウォーターは、本当は高い? ジャパネットウォーターの魅力は、手軽に始まられるところでしょうかね? 今がチャンス!とあるように、初期設置費用がかからず、キャンペーンによっては、2カ月間利用した分のボトル代が無料になるなどと言った嬉しいプランもあります。 もちろんウォーターサーバーの水は富士山の天然水で美味しいでしょうし、アフターサービスに関しても、保証やメンテナンスなどサポート体制がしっかりあるので安心して利用出来ますが、肝心の価格は、本当にお得なのでしょうか? ジャパネットウォーターのボトルのサイズは、9. 同じような条件の他社のウォーターサーバーと比べてみました。 他社と比べ500㎖の価格を比べると、決して安くはないかもしれませんね。 1カ月の最低価格は? ジャパネットウォーターを1カ月間使用すると、どのくらいかかるのか確認しておきましょう。 ジャパネットウォーターは、ウォターサーバーのレンタル料金やボトルの配送料金は、ボトル代金に含まれているので、ボトル代金以外はかからないので、その点は安心ですよ。 電気代金が発生しますが、ウォターサーバーにはエコモードも完備されている割には高いようです。 500円前後のウォーターサーバーも多い中、1,000円以上かかることもあるようですよ。 しかし、こんな点はジャパネットウォーターはおすすめです。 ボトルは2本単位での配達ですが、もしも、1カ月で3本利用したい場合も対応してくれますよ。 利用する人に合わせ、細かく対応してくれる点は非常に利用しやすいですね。 利用本数が増えるにつれお得になる点は、たくさん水を使用される方にとってはおすすめです。 また、24時間電話対応を行ってくれるので、もしもの時には安心です。 でも、価格面となると・・・ キャンペーンが無かったら意外と高い? ボトルの天然水も、そこまで安くはないですが、更に気を付けておかないといけないのが、お得なキャンペーン中に契約された方は、解約する際など注意が必要ですよ。 通常宅配ボトルのウォーターサーバーの会社は、ほぼ初期設置費用がかからないところか多いです。 逆に、初期設置費用が14,080円もかかるのかと思うと高いですよね。 また、今なら2カ月間利用分のボトル料金無料などとなっていることがよくありますが、 水の利用プランの変更は契約後3カ月間は変更出来ないので、注意して申し込みする必要があります。 fa-arrow-circle-rightジャパネットウォーターの契約期間:2年間 fa-arrow-circle-right2年未満での解約する場合:14,080円(税込)の解約金が発生 fa-arrow-circle-right契約後3ヶ月以内に解約を行った場合:キャンペーンの適用外となる 解約にかかる費用が高額になることがあるので把握しておいてください。 同様に、ボトルの本数の変更や配送周期の変更・配送休止を利用すると、キャンペーン適用分の月額料金を全額支払うこととなりますよ! 契約は、慎重に行いましょう。 つい、キャンペーンや期間限定、限定〇セットなどと言われると、お得と思い込んでしまいがちですが、他社と内容を比べてみたり、契約内容を把握することが大切です。 意外と、ジャパネットウォーターの料金は高いな、特に天然水にこだわらず、ウォーターサーバーの水をお得に使いたいと思われる方におおすすめ、ウォーターサーバーがありますよ。 ジャパネットウォーターが高いと感じた方へ 水代金を抑えて利用したい方は、天然水ではなくRO水の利用を行う方法で、価格自体は安く抑えられますよ。 更に、今回はボトルの付け替えすら手間いらずの、便利なウォターサーバーをご紹介します。 重たいボトルの付け替えも、注文や受取、ボトルの保管場所の確保も必要ない、ボトル不要の新しいタイプのウォーターサーバーをご紹介しますね。 『水道直結型ウォーターサーバー』と呼ばれています。 ボトル不要で、水道水をろ過して使用します。 サーバー内に搭載されている、フィルターが高性能で、水道水の問題を解消してくれます。 フィルターにより、RO水や、ミネラルタイプの水に変身させる、優れた水道直結型ウォーターサーバーです。 手間いらずで良い点と、嬉しいのが月々の支払い料金が 定額使い放題出来る点ですよ。 費用がかかるのは、ウォーターサーバーのレンタル料金で、定額なので水をたくさん利用されるご家庭や、企業等で利用される方はお得ですよ。 特におすすめの水道直結型ウォーターサーバーを2社ご紹介しますね。 ウォータースタンド 実際、ボトルの水やペットボトルの水を利用すると、1カ月の支払いは、かなりのものになってしまいます。 ウォータースタンドは、機種が豊富で、コンパクトサイズのものやレンタル料金が3,000円程のものからと幅広く準備されていますし、レンタル料金に含まれるサービス内容が充実していますよ。 ボトル式ウォーターサーバーと違い、サーバーの初期設置の際に、水道とウォーターサーバーをつなぐ工事が必要となり、他社では10,000円程工事費が発生しますが無料です。 その他にも、半年に1回の訪問メンテナンスの実施や故障時のアフターフォロー、フィルター料金や引っ越し費用など、レンタル料金に含まれているので、安心して利用出来ますよ。 他社からの乗り換えに負担軽減できる 『乗り換えサポート』や、利用を検討される方へは、 『1週間の無料お試しサーバー』の準備もされています。 ぜひ、試してみてくださいね。 業界最安値のピュレストのミネラルタイプの水は税込みで3,278円、RO水でも4,378円(税込)と非常にお手ごと価格ではありませんか? ウォターサーバーのは3色から選択でき、タッチパネルが非常に使いやすく、温度設定や加熱機能、エコ機能、もちろんチャイルドロック完備です。 特徴としては、 『自動クリーン機能』が完備されているので、ボタンひとつでサーバー内を加熱殺菌出来ます。 ウォターサーバーの初期設置の際に、工事費用が10,000円の負担が必要ですが、月々の支払いが抑えられるので長期利用をされる方が多いですよ。 工事は、壁に穴を開けるようなことはないので、賃貸住宅でもご利用いただけますし、ピュレストは全国にサービスを展開しているのでどこにお住まいの方でもご利用いただけます。

次の

ジャパネットウォーター 富士山の天然水のリアルな評判・口コミを7つ集めてみた~料金やキャンペーン情報、解約方法や違約金も解説

ジャパネット 富士山の水

通販大手ジャパネットのウォーターサーバー ウォーターサーバーは毎日使うものだから、なるべく信頼できるメーカーを選びたいですよね。 ウォーターサーバー専業メーカーでは、や、が有名ですが、テレビ通販で人気のジャパネットもウォーターサーバーを提供しています。 ジャパネットのウォーターサーバーは、「知名度の高い企業のウォーターサーバーを使いたい!」という方に、特におすすめのウォーターサーバーです。 すっきりとしたデザイン ジャパネットのウォーターサーバーは、「 床置き」「」の2タイプから選べます。 ちょっとした棚の上や、でお部屋にスペースが限られる方はモデルを選ぶといいですね。 また、ウォーターサーバーの色は、インテリアを選ばないスッキリと清潔感のあるホワイト。 ただし、 選べる色が1色しかないのは少し残念なポイントです。 当サイトでも人気NO. 1ののの場合、ホワイトの他に、ブラック、ベージュ、ピンク、ブルーの5色から選ぶことができます。 他のメーカーも少なくとも2色は展開していたりするので、 インテリアやにこだわりのある方には、ジャパネットのウォーターサーバーは少し物足りないかもしれません。 また、 ボトルがサーバー上部に乗っているは、ウォーターサーバー業界ではちょっと古め。 最近は、お部屋の雰囲気を邪魔しないボトルが隠れるが主流となっています。 例えば、ボトルがウォーターサーバー下部に収納されているのなどが、女性人気が高いようです。 分かりやすい料金体系 ジャパネットのウォーターサーバーのおすすめポイントは、料金体系が分かりやすいこと! ウォーターサーバーのレンタル料、天然水の配送料、定期メンテナンス料は全て無料で、かかるのはお水代だけです。 毎月のお水の注文は2本¥2,980からで、消費量の多い方は1本あたりプラス¥1,000で追加できる仕組みになっています。 またお水の料金は飲めば飲むほど、安くなります。 こういった分かりやすい料金設定は、さすが通販大手のジャパネットですね。 有名なウォーターサーバーメーカーで比較してみると、ジャパネットが際立って安いとは言えなさそうです。 むしろ、 最低本数の月2本しかお水を飲まない場合は、他社に比べて水の価格が高いという結果に…。 月6本(48L)以上飲む方であれば、他のウォーターサーバーと比べて安く使えるようですが、やご夫婦だけの世帯の場合には難しそうです。 また、ジャパネットは初期費用としてウォーターサーバーの配送設置費10,780円(税込)、事務手数料3,300円(税込)が発生します。 やの場合は無料なので、初期費用に関してもジャパネットは高いことが分かります。 電気代にも注意が必要! ウォーターサーバーを選ぶときに意外と盲点なのが、月々の。 実は、ジャパネットのウォーターサーバーはにも注意が必要です。 年間にすると、約22,000円のが発生するという驚きの数字に…。 安心のサポート体制 ウォーターサーバーは2年、3年と長く使うものなので、サポート体制の充実度はチェックしたいポイント。 ジャパネットのウォーターサーバーは、 なんと24時間年中無休で電話の問い合わせを受け付けています。 GWや年末年始など、急にウォーターサーバーが使えなくなった時など、問い合わせができるのは嬉しいですね。 ただし、やのように WEB上にマイページはありません。 実際使い始めると、通勤などの隙間時間にスマホで変更する方が多いので、その点は少し面倒に感じるかもしれません。 また、ジャパネットのウォーターサーバーは 2年に一度のウォーターサーバーの訪問メンテナンスを実施しています。 衛生的に使いたい方には、安心のサービスですよね。 ただし、ウォーターサーバー自体にはクリーン機能が付いていないので、毎日新鮮なお水が飲みたい方は、クリーン機能付きのやのウォーターサーバーがおすすめです。 美味しい富士山の天然水 ジャパネットのウォーターサーバーのお水は美味しい富士山の天然水。 しかも、地下水脈のくみ上げ~殺菌まで、すべて自社工場で行うという徹底ぶり。 ウォーターサーバー専業メーカーではないので、お水の品質が心配という方も、安心できそうです。 また、お水は軟水なのでのミルク作りにもOK!ウォーターサーバーのお湯のコックには、チャイルドロックも付いて安全です。 それだけでは不安という方や、「いたずら防止にお水のコックにもロックがかけたい」「そもそも給水口付近に子供の手が届かないものがいい」という方は、 キッズデザイン賞受賞ののやの方がより安心・安全に使えます。 まとめ ジャパネットのウォーターサーバーは、料金やお水の品質よりも、 企業の信頼性や知名度を重視したいという方におすすめのウォーターサーバーです。 また、「支払いはお水の料金だけ」という分かりやすい価格設定や、2年に1度の訪問メンテナンス、24時間年中無休の電話受付などは、さすが通販大手の安心感があります。 ただ、申し込み方法がTV通販メインだったり、申し込み後も問い合わせは電話のみでマイページは無いなど、全体的に高齢者向けのサービスといった印象…。 ウォーターサーバー専業メーカーではないので、ある程度は仕方がないのかもしれませんが、ウォーターサーバーのサービスの充実度で選ぶなら、やはり業界大手のやのウォーターサーバーの方がおすすめです。

次の

ジャパネットのウォーターサーバーは割高です!他の宅配水と比べてみました。|Yellowhat

ジャパネット 富士山の水

通信販売会社大手ジャパネットたかたのウォーターサーバー特長 ウォーターサーバービジネス後発業者としては珍しいボトルタイプのウォーターサーバーとなっています。 そのかわりボトルは一般的に普及している12Lサイズではなく8Lと軽量タイプで圧縮して捨てられる物です。 そして劣化しやすい部品の交換やメンテナンス、クリーニングなどを定期的(2年に一回)に無料でしてくれることが特徴となっています。 料金はサーバーレンタル料、メンテナンス料、送料、全て込みで8L2本なら約3000円。 8L3本なら約4000円となっています。 ジャパネットウォーターの富士山天然水 ジャパネットが自社で富士山地下水脈からのくみ上げ、ろ過洗浄・殺菌、ボトル詰め、検査、箱詰めとすべて一貫して行っており安心安全と言えます。 公式HPによりますと、ゼロから自社工場を建てたのではなくそれまでにその場所で天然水を製造していた会社を傘下に置いたような表現をしています。 富士山の地下水脈から天然水を取っている会社のお水はどれもを多く含んでいますし、ジャパネットのウォーターサーバーも同じです。 サーバーの電気代が他のウォーターサーバーより高い 最近のウォーターサーバーは電気代を節約するためにエコモードと呼ばれるものが搭載されています。 ですから1ヶ月の電気料金はおおむね400円~600円という製品が多くを占めています。 ジャパネットのウォーターサーバーもエコモードはついているのですが1100円くらい。 通常モードだと1400円ほどし、公式ホームページには一般的なウォーターサーバーと同じくらいの金額と書いてありますが、圧倒的に高いです。 エコモードでも安いサーバーと比べて700円も違います。 これは年間にすると8400円になり、見過ごすことはできないという方もいらっしゃるかもしれません。 電気代をそんなにかけたくないというかたは がよいかもしれません。 デザインはあまり優秀とはいえないし色はホワイトしかない ウォーターサーバーの選択肢が1つしかないというのは非常に珍しいです。 厳密にいうと卓上タイプと床設置タイプから形は2種類から選べます。 そういうことを言っているのではなく、オーソドックスな床設置なら形はともかく色の選択は少なくても3種類以上あるのが普通ですし、デザインもラウンドタイプやスクエアタイプなど好みのものから選べるウォーターサーバーが多いです。 1種類しかウォーターサーバーがないことで余分なロスをなくし極限まで安いウォーターサーバーというのであれば納得もできますが、そこまで安いものではありませんし、少なくとも電気代はバカ高いです。 テレビCMを見て買ってしまう裕福層の高齢者向けのウォーターサーバーか なんて書いたらお叱り受けちゃうかしら。 でも旦那の実家はお金に困っていなくて、通販でいるものいらないもの関係なしでバンバン買っているイメージがあるのです。 本当に欲しいものって購入前にとことん調べたりするじゃないですか。 洋服とかだって何度も足を運んだり、他の店と比較して色んなお店を何往復もするじゃないですか。 でもテレビ通販って他の製品と比較するわけではなく、単体の製品の良さをこれでもか!ってアピールして「限定!いますぐ!」で煽って購入へと結び付けますよね。 たまたまテレビを見ていて魅了され、たまたま欲しくなったパターン。 お金がある高齢者なら電気代も気になりませんし、無難なホワイトであれば文句もでません。 さすがジャパネットたかた!ターゲットをきっちり絞ってるんだわ! 高齢になるほど喉の渇きを感じなくなるので脱水症状に陥りやすい。 してやるというのもなかなかの親孝行であります。 しかし、ウォーターサーバーを親にプレゼントするならジャパネットウォーターではなく.

次の