消防設備士 難易度。 消防設備士|どの種類を取ればいいのか迷わずわかる!

難易度が低くて一番初めに取りやすい消防設備士試験の種類はどれ?

消防設備士 難易度

消防設備士免許は 難易度の低い免許 全国10万8千人の 消防設備士受験生の皆さん、 消防設備士試験の筆記試験の内容は、非常に難しい内容の試験なのでしょうか? 難易度の高い試験なのでしょうか? 消防設備士試験の筆記試験の内容は、 電気は中学2年生 でならう内容、 機械は高校1年生でならう内容、 消防法は高校生でもわかる 内容 、 規格・構造、製図は高校生でもわかる程度な ので、 難易度の低い内容です。 消防設備士免許は、全体的に見て 非常にやさしい取得しやすい内容 の難易度の低い国家資格免許試験 です。 中学卒業程度の能力があれば、 のテキストのように非常によく、 キチット作成 してあれば、1免許が 12日〜 30日で 簡単に取得できる 難易度の低い国家資格です。 毎年、毎年、 全国で10万8千人の以上の99. 9%の多数の受験生は、消防設備士教習所がないため、市販の参考書で独学で 受験勉強しております。 市販の消防設備士参考書で独学で勉強すると、市販の参考書の 内容が非常良くないので1免許取得するには、2年〜3年かかります。 だが、当社の 消防設備士受験準備合格セミナーの受講生の 20歳の学生は、当社の非常に良いテキストを使用して、 消防設備士 講習会や消防設備士通信講座 を受講すると 甲種1類〜甲種5類の5免許がたったの2ヶ月の60日 1免許12日 で取得している 難易度の低い免許です。 消防設備士免許は 難易度の低い免許 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許をたったのて 100日で取得 1免許14日 している免許を見れば 合格率100%で証明できます。 消防設備士免許は難易度の一番低い免許 消防設備士免許が免許が国家資格免許取得の中で、一番難易度が低い免許だと言っても誰も信じてもらえません。 当社の「消防設備士受験準備合格セミナー」の受講生が講習会や通信講座取得した実物の免許をネットに掲載するれば、すぐに難易度が判ります。 「百聞は一見にしかず」の 言葉通り、たとえ百回聞くより、一度でも自分自身の目で見た方が確実であり、難易度が低いことが判ります この取得した免許をみれば 非常にやさしい取得しやすい内容 の 難易度の低い国家資格免許試験 であることが判ります。 『消防設備士受験準備合格セミナー』 の講習会と通信講座を受講すれば、 簡単に1免許12日〜30日で取得でき、消防設備士全類8免許が1年以内で簡単に取得で 難易度の低い免許です。 中学卒業程度の能力で、誰でも普通に努力すれば消防設備士 全類8免許が1年以内で 取得できる免許の講習会及び通信講座です。 消防設備士試験内容の難易度は中学2高校1 試験に出題される勉強の内容のレベルは、 消防法は出題箇所が決まっており 中学生程度、 電気は中学2年生で習う内容、 機械は高校1年生で習う内容、構造は高校1年生で習う内容で 非常に難易度の低い内容になっています。 最近、 平成27年1月9日付の新聞に沖縄県の沖縄工業高校化学科の高校生3年生の大城光裕君と長嶺雅人君の2名が消防設備士7免許(甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類、) を 全国2例目として紹介されています。 この様に 高校生でも在学3年間で7免許が取得できる国家資格試験ですので内容、程度にあっては 難易度も低い内容と考えられます。 「消防設備士受験準備セミナー」の講師が指導すれば、 難易度の低い免許なので、高校生でも消防設備士全類8免許を自信を持って1年未満で取得できます。 消防設備士免許は低難易度で 高校生も合格 消防設備士免許は、 新聞に 『快挙 高校生 全国初の消防設備士全類8免許取得 大城光裕君と長嶺雅人君』と掲載されている記事をみると難易度は易しい免許になります。 高校生で消防設備士全類8免許取得は現在、日本国内で誰もおりません。 当社の 「消防設備士受験準備セミナー」 の講師が指導すれば、 難易度が低い のでもっと簡単に短期間の1年未満で消防設備士 全類8免許を取得できます。 1免許が1ヶ月で取得できるは 難易度の低い 免許 令和になり、最近68歳の老人男性が取得した消防設備士免許をみると、 消防設備士7免許を4ヶ月未満 1免許17日 で難易度が低いため観点に取得しております。 1免許の取得日数は17日で取得してことになり、 合格率100%で超スピードで取得しています。 消防設備士全類8免許の甲種特類の免許を225日の7ヶ月半で取得している 難易度の低い免許と言えます。 本当にこの様なことがあるの? 文字でこの様な内容を記載しても誰も信じません。 昭和40年から消防設備士免許制度が始まり53年の半世紀立ちますが誰もこの様な消防設備士免許をみたことがないからです。 ネットに 「消防設備士受験準備セミナー」の68歳の老人の受講生が取得した 実物の消防設備士免許の写真が掲載してあれば信じてもらえ、やさしい難易度の低い免許だと思います。 消防設備士全類(8免許)取得 (225日)(取得期間7 ケ月半) 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の 7免許(115日) 免許の種別 交付年月日 1 乙種6類 R01.06.14 2 甲種4類 R01.06.21 3 甲3種類 R01.07.30 4 乙種7類 R01.08.02 5 甲種5類 R01.09.02 6 甲種1類 R01.10.01 7 甲種2類 R01.10. 09 8 甲種特類 R02. 01.29 このように取得した免許写真ををみれば、消防設備士免許は、国家資格の中で簡単に取得できる難易度の低い 非常にやさしい取得しやすい 免許 が判ります。 また、当社の 「消防設備士受験準備セミナー」の69歳の老人の受講生は、 難易度が低いから7免許(甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類、乙種6類、乙種7類、)を8ヶ月で取得し、消防設備士 全類8免許を349日で取得しています。 で、7年前に当社の 8種類の消防設備の 講習会、通信講座 を 受講して、 「消防設備士全類8免許」を 最初に取得し た 「小津善久さん 69歳 」を紹介します。 小津さんは、201年12月18日に 「各種の国家資格最高齢合格者調査の 消防設備士部門」において、 最高齢の消防設備士免許の取得者として認定されました。 消防設備士(全類8免許)<参考情報> 消防設備士は理系資格の中では最近人気が上昇してきており、電気工事士に迫るほどの勢いを見せています。 ちなみに、この消防設備士というのは消防職員の資格ではなく、「設備」をつかさどるメカニックのような位置付けのものです。 それぞれの消防設備ごとに 特類、1類〜7類まで「8つ」に細分化されており 各類の設備を取り扱うにはそれぞれの種類の試験に合格しなければなりません。 なお、 各類の合格率は30%前後なので、一つ一つが決して簡単な試験ではない事を付け加えておきます。 そして、この方は何と 1年未満で8つ全類取得されたとの事。 おそらく各類での最高齢は、それぞれ別にいらっしゃると思いますが、69歳で全類8免許を349日の1年未満で取得された方はこの方以外にはいないと思われます。 また当社の 講師は難易度が非常に低いから取得できた物と思います。 69歳の私は、 全類8免許を349日 で取得しました。 2018年12月18日付の「 国家資格最高齢合格調査」 最年長者、消防設備士部門で 69歳の私が認定されるほど難易度の低い免許なので取得できまし。 消防設備士全類(8免許)取得期間 日本第2位(取得期間 349日) 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の 7免許(取得期間8ケ月) 免許の種別 交付年月日 1 甲種4類 H26.04.15 2 甲種2類 H26.05.09 3 甲種1類 H26.09.01 4 甲種3類 H26.09.05 5 甲種5類 H26.11.25 6 乙種6類 H26.12.17 7 乙種7類 H26.12.17 8 甲種特類 H27.03.30 『消防設備士受験準備合格セミナー』 は、全国で1ヶ所しかない 消防設備士専門の13免許の講習会で難易度が低いので 13免許の全て取得しました。 消防設備士13免許の 取得期間(取得期間日4年10ケ月) 甲種特類、 甲種1類〜甲種5類、 乙種1類〜乙種7類の13免許 免許の種別 交付年月日 1 甲種特類 R01.09.27 2 甲種1類 H30.03.20 3 甲種2類 H30.08.27 4 甲種3類 H30.10.25 5 甲種4類 H29.11.10 6 種5類 H30.07.26 7 乙種6類 H26.10.31 8 乙種7類 H27.01.23 日本一最速スピードで 女性全類8免許取得最速記録は、当社の講習会で取得した文系の23歳の女性です。 女性の私も難易度が低いので甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許を10ヶ月、 全類免許を351日の日本一最速スピードで 消防設備士全類免許を取得しました。 甲種1類〜甲種5免許、乙種6、乙種7免許を10ヶ月で取得 消防設備士全類(8免許)取得期間351日で取得 免許の種別 交付年月日 1 甲種4類 H28.08.23 2 甲種2類 H29.02.20 3 甲種5類 H29.03.29 4 甲種1類 H29.04.17 5 甲種3類 H29.05.15 6 乙種6類 H29.06.22 7 乙種7類 H29.07.19 8 甲種特類 H29.8.04 60歳の私は、65歳まで無年、令和の厳しい時代ロボットに勝てる消防設備士免許を取得し、第2の人生を歩むことにしました。 ネットに記載してあるように難易度が低いので日本一最速スピードで講習を受講し11ヶ月で 全類8免許取得しました。 消防設備士全類(8免許)取得期間11ケ月で取得 免許の種別 交付年月日 1 甲種1類 R 01.05.30 2 甲種4類 R 01.09.20 3 甲種5類 R 01.10. 25 4 甲種2 R 01.12.29 5 甲種3類 R 02.01. 10 6 乙種7 R 02.02. 26 7 乙種6 R 02 03. 03 8 甲種特類 R 02. 13 21歳の受講生は、甲種5免許 甲種1類、甲種2類、甲種3類、甲種4類、甲種5類 を60日 1免許12日 で取得しています。 また、甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙7類の7免許を超スピードの 100日(1免許14日)の短期間 で取得しております。 消防設備士免許は非常に難易度が低いので簡単に取得できました。 消防設備士甲種5免許(甲種1類〜甲種5類) 取得期間60日 1免許12日 甲種特類、甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の 7免許100日(1免許14日) 免許の種別 交付年月日 1 甲種1類 H28.05.18 2 甲種2類 H28.05.18 3 甲種4類 H28.06.21 4 甲種5類 H28.07.11 5 甲種3類 H28.07.19 6 乙種6類 H28.08.31 7 乙種7類 H28.08.31 消防設備士免許は、 一番やさしい試験 で、簡単に取得できる免許だということを 信じてもらうため に、当社の消防設備士教習所の受講生が実際に取得した 実物の 消防設備士 全類8免許の写真をネ ット上に掲載しました。 当社の消防設備士教習所の 受講生が 消防設備士 全類8免許をたったの一年未満で取得した免許をみれば 消防設備士免許がこんなに易しく難易と低いため、 90%〜100%の合格率で簡単に取得できる免許だと受講した受講生は思います。 30 歳の私は、平成から令和元年と元号が変わるとき 一大決心しました。 69歳の「小津善久」さんより、40歳も若い私も簡単に全類8免許を取得できると確信し、8免許講習費を一括支払いしました。 難易度が低いので10ヶ月で 消防設備士全類8免許 を取得しました。 大阪出身なので甲種4類の1免許は、講習会を受講し、残りの7免許は通信講座で取得しました。 消防設備士全類(8免許)取得 (2 92日)(取得期間10ケ月) 免許の種別 交付年月日 1 乙種6類 H31.01.24 2 甲種4類 H31.03.05 3 甲種1類 R01.05.21 4 甲種5類 R01.07.04 5 甲種3類 R01.09.19 6 甲種2類 R01.11.06 7 乙種7類 R01.11.22 8 甲種特類 R01.11.22 47 歳の私は、 平成最後の元号になめため1 月に一大決心しました。 69歳の「小津善久」先輩受講生の全類8免許の取得を見て、難易度が低いので私にも取得できる確信し、消防設備士全類8免許の講習費を一括支払いしました。 消防設備士甲種1類〜甲種5類乙6乙7取得 免許の種別 交付年月日 1 甲種4類 H30.01.25 2 乙種6類 H30.04.12 3 甲種5類 H30.04.12 4 甲種2類 H30.09.13 5 甲種1類 H31.01.08 甲種3類 H.31.01. 24 7 乙種7類 H31.03. 08 8 甲種特類 R02.. なにも知らない 60才の私は、定年後、大手のマンション管理会社に勤務しています。 日本一最速で消防設備士免許が取れる消防設備士講習会 を受講し、難易度が低いので 平成29年4月に 消防設備士全類8免許を 短期間で取得しました。 消防設備士全類(8免許)取得 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の 7免許(取得期間8ケ月) 免許の種別 交付年月日 1 甲種2類 H28.02.20 2 甲種4類 H28.03.22 3 甲種1類 H28.05.10 4 甲種3類 H28.07.11 5 甲種5類 H28.09.15 6 乙種7類 H28.09.20 7 乙種6類 H28.10.18 8 甲種特類 H29.04.25 消防設備関係の仕事をした事のない 51才の私は、定年後の将来事を考えて 平成29年10月27日に消防設備士全類8免許を取得しました。 難易度が非常低い免許なので一年未満で取得できました。 消防設備士全類(8免許)取得 免許の種別 交付年月日 1 甲種4類 H28.10.12 2 乙種6類 H29.02.15 3 甲種5類 H29.02.20 4 乙種7類 H29.04.26 5 甲種1類 H29.05.01 6 甲種3類 H28.09.27 7 甲種2類 H29.09.28 8 甲種特類 H29.10.27 51歳の私は、会社の総務部施設課で施設管理の仕事をしております。 ネットで日本最速で消防設備士全類8免許が取得できる 「消防設備士教習所」を見つけ、難易度が低い免許なので 全類8免許を1年で取得しました。 消防設備士全類8免許取得1年 免許の種別 交付年月日 1 乙種6類 H29.08.28 2 乙種7類 H30.02.05 3 甲種5類 H30.02.20 4 甲種1類 H30.03.20 5 甲種4類 H30.05.14 6 甲種2類 H30.07.26 7 甲種3類 H30.08.27 8 甲種特類 H30.09.19 43私は、ネットで日本最速で消防設備士全類8免許が取得できる 「消防設備士教習所」を見つけ、難易度の低い免許なので消防設備士全類8免許を取得して課長に昇進しました。 人生100歳時代、定年75歳時代、65歳無年金、2000万円貯蓄を考えて難易度が非常に低いので簡単に 消防設備士全類8 免許 を 取得した。 消防設備士全類(8免許)取得 免許の種別 交付年月日 1 甲種1類 H29.09.07 2 甲種4類 H30.01. 16 3 乙種6類 H30.06.21 4 甲種5類 H30.09.12 5 乙種7類 H30.09.18 6 甲種3類 H30.10.26 7 甲種2類 H31.02.18 8 甲種特類 H31.04.08 47 歳の私は、 平成最後の元号になめため1 月に一大決心しました。 69歳の「小津善久」先輩受講生の全類8免許の取得を見て、難易度が低い免許なので消防設備士全類8免許の講習費を一括支払いしました。 消防設備士 7免許 を 取得したで、 あと 甲種特類免許を 取得するのみです。 消防設備士甲種1類〜甲種5類乙6乙7取得 免許の種別 交付年月日 1 甲種4類 H30.01.25 2 乙種6類 H30.04.12 3 甲種5類 H30.04.12 4 甲種2類 H30.09.13 5 甲種1類 H31.01.08 甲種3類 H.31.01. 24 7 乙種7類 H31.03. 08 8 甲種特類 R02.. 私は、消防設備の3大メーカーのホーチキに勤務して18年前に独学で甲種4類の免許を取得しました。 14年前に 現役の消防職員だった宇山さんと知り合いになり、当時、無料で残りの7免許を教えていただきました。 難易度が低い免許 だと言うことを教えてもらいました。 消防設備士全類(8免許)取得 免許の種別 交付年月日 1 甲種1類 S 63.04.25 2 乙種6類 H18.02.23 3 甲種5 類 H18.07.21 4 甲1種類 H18.10.24 5 乙種7類 H19.01.24 6 甲種3類 H19.01.25 7 甲種2類 H19.04.12 8 甲種特類 H20.03.17 私は、20年前に 「独学で 甲1類と甲2類」の2免許を取得しました。 社長の指示で 「甲種特類の免許」を短期間で取得し、新しい消防設備の開発を依頼れました。 そのため、日本最速で 「甲種特類が取得できる講習会」を受講しやさしい難易度の低い甲種特類の免許を取得して 課長から部長に昇進しました。 消防設備士全類(8免許)取得 免許の種別 交付年月日 1 甲種1類 H08.10.23 2 甲種2類 H12.03.08 3 乙種6 類 H27.05.22 4 甲3種類 H27.07.14 5 甲種4類 H27.08.27 6 甲種5類 H27.09.18 7 乙種7類 H27.12.04 8 甲種特類 H28.02.08 私は、ビル管理会社に勤務し 「独学で乙種7類、 甲4類、乙種6類」の3免許を1年7ヶ月で取得しました。 甲1類、 甲種2類、甲種3類 及び甲種5類は独学での取得は絶対無理だと考えました。 ネットで日本最速で 「甲種特類全ての13免許が取得できる講習会」を見つけて残りの甲種5免許を1年半で取得しました。 そして残りの乙種5免許を取得して難易度が低いので13免許のすべて埋めました。 消防設備士全類(8免許)取得 免許の種別 交付年月日 1 乙種7類 H22.03.24 2 甲種4類 H23.04.12 3 乙種6 類 H23.10.24 4 甲1種類 H25.04.08 5 甲2種類 H25.07.16 6 甲種3類 H25.10.25 7 甲種5類 H26.03.07 8 甲種特類 H26.10.31 難易度の非常低い免許は、一番優秀な講師に講習を受講 人生どこでも 物を教えてもらう場合、会社や講習会でも 一番一番よくわかる人と一番経験のある人に聞きます。 当然、あなたは 会社で一番バカ人や新任者に聞きません。 消防法を学ぶ場合、素人の一般人に聞くより、 総務省消防庁の消防長官と一緒に勤務した人に聞いた方が良いことは確かです。 消防設備士免許を取得する場合、消防設備士免許が8免許に増え、 日本で最初に8免許を 日本最速スピードの364日取得した 人に教えてもらうの一番いいと思います。 消防設備士免許が8免許を 日本最速スピードで取得した 経験があり、 実績がある消防設備士講師の指導を受講すれば、 1免許12日〜30日で確実に 実物の免許を手にすることができます。 消防設備士講師の実務経歴と同僚・上司たち 消防設備士教習所の 講習会の講師は、長年の 消防行政にたずさわってきた知識と経験 を生かし、自治省消防庁予防課時代に 『 岡本 保氏 現 理事長 (元総務省事務次官、消防庁長官、)、 小林 恭一氏 現 東京理科大学教授 ( 元 総務省消防庁 初代国民防災保護部長、消防庁予防課長)、 次郎丸誠男氏 (元総務省消防庁審議官・消防研究所所長・危険物保安技術協会理事長、消防設備専門官) の 3名に 御指導を受けた経験を生かし、消防設備士1免許をたったの 12日〜30日の短い期間で取得できる難易度の低い指導を行っています。 消防設備士育成のために 設立された全国一ヶ所しかない専門の「消防設備士教習所」でたったの 12日〜30日の短い期間で取得できて難易度の低い消防設備士免許が簡単に取得できます。 岡本 保 日本の行政官 自治体国際化協会理事長 総務事務次官 総務省消防庁長官 自治行政局長 小林 恭一 東京理科大学教授 建設省建築指導係長 総務省消防庁予防課長 総務省消防庁国民防災保護部長 危険物保安技術協会理事 次郎丸 誠男 危険物保安技術協会特別顧問 総務省消防庁予防課長 消防庁審議官 消防庁消防研究所長 危険物保安技術協会理事長 消防設備士講師の指導力と実績がなければ難易度は高くなる 誰でも物事を教えて貰うとき、一番そのことを知っている人に聞きます。 その事を良く知っている人は、むずかしい事をやさしく教えてくれるので 「難易度が低い」ものだと感じます。 消防設備士講師は、消防設備士講習を行うために、実績と指導力なければ、消防設備士免許取得がやさしく、簡単に取得できる 難易度低い免許だと思える指導はできません。 全国人気・実力1位 の消防設備士講師が教える講習 当社の消防設備士教習所の講師2名は、消防設備士全類8免許を1年未満で日本一最速のスピードで取得しています。 消防設備士免許取得の指導力及び実績を持っております。 全類8免許を1年で取得した 講師がやさしく教える講習 消防設備士甲種 特類の免許が平成16年6月にでき、当社の「消防設備士教習所」講師は、15年前の平成17年10月25日に、 日本で最初に消防設備士全類8免許を1年未満の 日本一最速スピードの364日で取得し、指導力と実績のある消防設備士講師です。 日本最速 全類8免許取得のスーパー消防設備士講師 14年前の 甲種特類の免許ができ 7免許が8免許になった。 日本で最初に全類8免許を 1 年未満(364日)で 取得した消防設備士 免許の種別 交付年月日 1 甲種4類 H16.10.26 2 乙種7類 H17.01.28 3 甲種1類 H17.02.28 4 乙種6類 H17.03.03 5 甲種2類 H17.07.07 6 甲種5類 H17.08.05 7 甲種3類 H17.10.13 8 甲種特類 H17.10.25 当社のもう1名の 「消防設備士教習所」の講師は、13年前の7免許を7ヶ月 1免許1ヶ月 取得し、 消防設備士全類8免許を日本一最速スピードの34日で取得し、指導力と実績のある講師です。 指導力と実績のある講師の指導を受ければ難易度も低くなりますが、指導力と実績ない講師の指導を受講すれば難易度も高くなります。 日本最速 全類8免許取得のスーパー消防設備士講師 11年前 消防設備士全類(8免許)日本最速取得者(取得期間 348日) 甲種1類〜甲種5類、乙種6類、乙種7類の7免許(取得期間7ヶ月) 免許の種別 交付年月日 1 甲種2類 H19.10.25 2 甲種4類 H19.11.14 3 甲種1類 H19.11.22 4 甲種5類 H20.03.06 5 甲種3類 H20.04.16 6 乙種6類 H20.05.26 7 乙種7類 H20.06.03 8 甲種特類 H20.10.08 消防設備士13免許が取得できる教習会場 消防設備士講習会の講習会場は、 千葉市土気商工会館の 2階会議室の40名程度、 6名程度入室できる2室を使用して講習会講習会を実施しています。 どうしても 遠方の地方の方は 通信講座を受講されます。 6 消防設備士講習会の講師 日本最速 で 全類消防設備士8資格を1年未満 で取得した実績のあるカリスマ 消防設備士講師 3名の消防設備士講師 が 全国の消防設備士受験生を 短期間で自信を持って合格 させています。 12時30分からの昼食は、食堂街の混雑を回避するためです。 自分昼食を持参して会場で食事できます。 7 消防設備士講習会で 消防設備・機器類に触れることができ、 その場で 鑑定の勉強、 30分で 製図が理論的 に書けるようになり 、 機器の構造 が無理なくおぼえられるのが特徴です。 8 消防設備士講習会のテキストは、 消防法、電気・機械、規格省令・構造、鑑・製図、練習問題、解答集の 6分冊になっております。 教本が各教科ごとになっているので 、市販の参考書とことなり 頭の中が整理 され覚えやすくなっています。 試験に出る重要ポイントだけに絞っているので、 びっくりするほど薄いので(2cm) 勉強のテンション が上がります。 別に市販消防設備士講習の教本を買っていただく必要はまったくありません。 9 消防設備士講習会前に勉強したい方は、 事前に講習料金を支払えば教本 を送付します。 わからない所 があれば携帯で直接聞けます。 (土気駅から徒歩7分) 1 1 遠方の方から消防設備士講習会に来られる方は 、土気駅直近(1分)に ビジネスホテル がございます。 宿泊をご希望される方は事前に予約 してください。

次の

消防設備士の難易度と合格率からみた取得の順番。効率よく合格する方法。 │ ねるぺんの夢

消防設備士 難易度

消防設備士とは 火災や防災に関する事項を取り決めた法律が消防法です。 消防法第17条では、ホテル、病院、福祉施設、地下街などのの防火対象物の関係者(所有者など)が消防用設備等を設置・維持することを義務付けています。 消防用設備には以下のものがあります。 消火設備 消火器具、屋内消火栓設備、スプリンクラー設備など• 警報設備 自動火災報知設備など• 避難設備 避難器具、誘導灯など• 消防用水• 消火活動上必要な施設 連結送水管、排煙設備、非常コンセント設備など この消防用設備の設置工事や点検を行なうために必要な資格が、消防設備士です。 消防設備士の種類 消防設備士資格は甲種消防設備士と乙種消防設備士の2種類があり、それぞれで行なえる業務や扱える消防用設備が異なります。 乙種消防設備士 乙種消防設備士資格は、1類から7類までの種類があり、取り扱える消防用設備が異なります。 なお、取り扱いできる消防設備が限定的な6類(消火器)、7類(漏電火災警報器)が設定されているのは、乙種のみです。 免許に記載されている消防用設備などの整備、点検が行なえます。 【関連ページ】 甲種消防設備士 甲種消防設備士は特類から5類までの種類があり、類で指定された消防用設備の整備、点検が行なえます。 また、特類免許(従来の消防用設備に代わって、総務大臣が当該消防用設備等と同等以上の性能があると認定した特殊消防用設備など)は特殊消防用設備の整備と点検に加えて、工事も行なえます。 【関連ページ】 甲種のみ受験資格がある 乙種は受験資格がありませんが、甲種は以下の受験資格が設けられています。 甲種特類 甲種1類から3類までのどれか1つと、甲種4類または甲種5類の3種類以上の免状の交付を受けていること。 そのほかの甲種免許 以下いずれかの条件を満たすと甲種受験資格が得られます。 受験する類以外の甲種免許を持っている• 乙種消防設備士免状を取得してから、消防法17条の5の規定に基づく工事整備対象設備等の整備を2年以上経験する• 消防用設備等の工事の補助者として、5年以上の実務経験がある• 専門学校卒業程度検定試験の機械、電気、工業化学、土木または建築部門の試験に合格する• 消防機関または市町村役場等の行政機関で消防用設備等に関する事務の3年以上の実務経験がある• 理学、工学、農学または薬学の修士または博士学位を得る• 技術士、電気工事士、第1種、第2種または第3種電気主任技術者、管工事施工管理技士1級または2級、高等学校の工業科教員免許、アマチュア無線を除く無線従事者資格免許、1級または2級建築士、1級または2級配管技能士、ガス主任技術者、給水装置工事主任技術者、給水責任技術者資格、旧消防設備士いずれかの資格または免許を取得している など細かく指定されていますので、詳細は公式サイトでご確認ください。 消防設備士の資格取得メリット 消防設備士を取得すると以下3つのメリットが得られます。 求人の幅が広がる• 消防設備が取り扱えるようになる• 使命感ややりがいがある 消防設備士は、消防法でさだめられた施設の消防設備を取り扱える職種です。 そのため、消防設備士資格があると就ける職種や業種の幅がひろがります。 今後も需要の高い資格であるのとともに、消防設備の取り扱いができるようになります。 普段から防災などに興味のある人、工事分野で働きたい人にもぴったりです。 また、火災のときに必要となる設備の工事や点検を行なうため、間接的に人の命を守る使命感ややりがいを持てます。 年収や給料、転職に有利になる? 消防設備士は今後も需要が見込まれるため、将来性も高い仕事です。 消防設備士資格を持つ人の求人は、月収19~50万円と幅があります。 また工事の受注状況によっては、50万円以上の月収も可能です。 年収に換算すると280~900万円と地域差があり、平均年収は400~500万円ほどです。 消防設備士が活躍する仕事とは 消防設備士資格が求められる仕事は以下のものがあります。 消防設備の設置や点検を行なっている会社の社員• 防災関係の商品やサービスを提供している会社の社員• マンションやアパートなどの集合住宅の警備スタッフ• デパートやスーパーなどの商業施設のメンテナンススタッフ• 不動産会社など消防設備士枠での採用がある業種の社員 など 向いている人 消防設備士に向いているのは以下のような人です。 仕事に誠実に取り組める人• 人の命に直結しているという意識を持てる人• 幅広い現場で働くのが苦ではない人• 知識欲や向上心のある人 消防設備は火災時にきちんと作動してこそ本来の役割を果たします。 日ごろの消防設備の工事や点検作業をひとつひとつ丁寧に、まじめに取り組める人が向いています。 また、消防設備が作動しないと、多くの犠牲者を出してしまいます。 つねに人の命に直結しているという意識を持ち、点検や作業ミスをしない、故意に手抜きなどをしないのも重要です。 消防設備士はひとつの現場に腰をすえるのではなく、いろいろな施設や企業に出向いて作業をします。 多くの人と関わる機会もあるので、最低限のコミュニケーションができる人が向いています。 そして消防設備は日々新しいものが開発されます。 工事の方法や消防設備の取り扱い方法なども、日ごろからしっかり勉強して新しい知識を得なければいけません。 勉強が苦ではない人や、向上心のある人も向いています。 注意点 消防設備士は乙種と甲種ともに免許の種類で取り扱える消防設備が異なります。 自分が就職または転職したい企業や職種に適した類の免許を取得しましょう。 また、甲種消防設備士を取得する場合は受験資格があります。 受験資格はすでに甲種免許を持っている人のほか、実務経験がある人、特定の学齢がある人も該当します。 自分が受験資格を満たしているかどうか分からない場合には、各都道府県の一般財団法人 消防試験研究センターに問い合わせをするのが確実です。 免許取得後は都道府県で定められた期間によって、新しい知識を得るための講習を受けなければいけない点にも注意が必要です。 消防設備士の資格試験と難易度 消防設備士になるためには、資格試験を受けて合格しなければいけません。 試験は、都道府県ごとで実施日程が異なり、定められた期間内に書面または電子申請にて申し込みを行います。 また、受験する都道府県は住居があるところ、勤務地など自由に選択できます。 乙種の試験内容と合格率 乙種消防設備士の試験はいずれの類も消防関係法令10問、基礎的知識5問、構造・機能・整備15問の筆記試験全30問、実技試験5問です。 また、すでにほかの類の乙種免許を取得している場合、一定の試験範囲が免除となることがあります。 乙種消防設備士の合格率は、全体で35~40%です。 難易度は類によって異なり、合格率30%前後の1類、3類が高く、合格率57~58%前後の7類が低めになっています。 甲種の試験内容と合格率 甲種消防設備士は取得する類によって試験が異なります。 合格率は全体で30%前後です。 特に難易度の高い特類は、合格率20%前後と難関になっています。 ほかの類も25~35%前後の合格率と難易度の高い資格です。 甲種特類 甲種特類の試験は、筆記試験全45問となります。 工事設備対象設備等の構造・機能・工事・設備15問• 火災及び防火15問• 消防関係法令15問 甲種1類~5類 甲種1類~5類の試験は特類と同じ全45問ですが、出題範囲が異なります。 また、実技試験も7問あります。 消防関係法令15問• 基礎知識10問• 消防用設備等の構造・機能・工事・整備20問• 実技試験7問 消防設備士は将来性が高い資格 消防設備士は火災時の消火や避難に必要な設備の工事や点検を行なう重要な職種です。 消防設備を取り扱うからこそ、誠実に、使命感や責任感を持って仕事をすることが求められます。 試験は乙種の7類をのぞき全体的に難易度が高くなっていますが、その分だけ需要が高い資格です。 将来性も高く、高収入への転職も視野に入るため、ぜひしっかり勉強して取得を目指しましょう。

次の

不思議と人気のある消防設備士という資格がある。1類~7類+特類、そして甲種と乙種に分かれている類もある。難易度と取る順序について記載。

消防設備士 難易度

このページでは、消防設備士の免状を取得していない方を対象に、現役消防設備士として独自の意見を書いています。 どちらかと言えば、消防設備士の免状を取得して転職をお考えの方向けかも知れません。 資格マニアの方は他のサイトを参照していただいた方が参考になると思います。 一方で消防設備士の試験を受験して、少しでも防災会社やビル管理会社などへ有利に就職 活動を進めたいとお考えなのでしたら参考にしていただけると幸いです。 ここでは、一般的な防災会社が求める消防設備士の免状取得の優先順位も紹介します。 これを知っていることで、まず何類から取得するべきか迷うことは無くなるでしょう。 また、消防設備士の免状を取得した理由を聞かれても、思わずプロも納得してしまうような、答えをすることができるでしょう。 ただし工事現場の職人として消防設備士を受験される方はこのページには向いていません。 他の方のアドバイスを参考にして下さい。 消防設備士になると何ができる? 消防設備士になると消防用設備の設置工事や整備ならびに点検ができます。 んー、少し難しいですね。 もう少し分かりやすく説明してみましょう。 世間的に知られている消防用設備とは、消火器やスプリンクラー、火災報知機などをいいます。 学校や病院、スーパーなどの商業施設、マンションなどは消防法で設置義務が定められているため消防用設備はほとんどのビルに設置されています。 建物の工事現場では消防用設備の工事が必要になるので、消防設備士が活躍します。 既存建物においては、消防法により建物の関係者(以後、関係者と表現します。 )には消防用設備の点検義務が課せられているため、消防設備士が活躍します。 主な消防用設備の種類としては、屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、自動火災報知設備、非常放送設備、消防機関へ通報する火災報知設備、漏電火災警報設備、避難器具、誘導灯など(他にもありますよ~)があります。 消防設備士の仕事の需要は多いのか? 結論から言いますと、需要は多いです。 なぜなら消防設備士には消防設備士にしかできない独占業務があります。 特に甲種消防設備士は消防用設備の工事を行うことができます。 消防用設備の工事は消防関係者との密接な打ち合わせのもと行われます。 消防関係者は消防用設備の工事の打ち合わせの場合、基本的に消防設備士以外の方とは相談に応じてくれないものです。 (消防用設備の工事以外のご相談には応じてくれますよ~) そして消防設備士の魅力は何といっても点検でしょう。 消防法により関係者は1年2回の点検と、政令で定められた期間に応じた報告の義務があります。 この消防法の規制は厳しくて、関係者がこの義務を怠ってしまうと、建物の使用許可が認められなくなるんです。 なので関係者の方々は消防用設備のプロである消防設備士に点検を依頼します。 消防法では関係者が自ら点検を行うことも出来るケースもあるのですが、まったくの無知な素人さんが火災報知機を触るのって怖くないですか? スイッチ一つ間違えると全館一斉にベルが鳴ったりするんですよ。 119番通報されたりするんですよ。 火事でもないのに消防が来ちゃうんですよ! 火事でもないのにサイレン慣らして消防車が来たら誰だって嫌ですよね? 消防法が改正でもされない限り消防設備士の需要はあります。 消防設備士の免状の種類について つづいて消防設備士の免状の種類について詳しくみていきましょう。 先ほど少しだけ主な消防用設備の種類を紹介しましたが、消防用設備は消火器、消火設備、警報設備、避難設備と幅が広くて免状も8つに区分されています。 甲種特類 (特殊消防用設備) 甲種1類、乙種1類(屋内消火栓、スプリンクラーなど) 甲種2類、乙種2類(泡消火設備) 甲種3類、乙種3類(不活性ガス消火設備、粉末消火設備など) 甲種4類、乙種4類(自動火災報知設備、非常放送設備など) 甲種5類、乙種5類(避難器具) 乙種6類 (消火器) 乙種7類 (漏電火災警報器) 全部で13種類ありますが、全部取得する必要はありません。 目指すのは甲種1類~甲種5類、乙種6、7類の7つで十分です。 甲種特類は趣味の範囲で構いません。 (業界に入ると意味が分かります) 甲種を取得すると工事、整備、点検を行うことができます。 乙種は整備と点検を行うことができます。 危険物取扱者のように、甲種を取得すれば全部の類を扱えるようになるわけではなく、取得した類ごとに応じた消防用設備しか工事も点検もできません。 これは消防設備士の免状の特徴の一つと言えるでしょう。 また免状取得後は定められた期間ごとに法定講習を受講しなくてはいけません。 自動車の免許と同様に法定講習を受講しないと違反点数が加点されていきます。 これは直接業務に従事していなくても同様です。 (受講しなかったからと言って、すぐに免状を返納しなくてはいけないわけではありません。 ) 受験資格と最初に取得するべき類は? 乙種には受験資格は不要です。 学歴や年齢、性別不問で、誰にでも受験する権利があります。 甲種には受験資格が必要になります。 ・国家資格等によるもの 電気工事士、電気主任技術者、技術士、建築士、配管技能士など ・学歴によるもの 機械、電気、工業化学、土木、建築に関する単位を取得した人など わかりやすく言えば、工業高校の電気科や機械科を卒業していれば受験できます。 ・実務経験によるもの 乙種消防設備士として2年以上の実務経験 工事の補助5年 詳しくは一般財団法人 消防試験研究センターを参照していただきたいのですが、最後までお付き合いください。 もし、あなたが 消防設備士として活躍しようとお考えなら、 就職先にアピールをしたいのなら、 はじめて消防設備士の試験を受験するのなら 乙6類を受験することをおすすめします。 消防設備士の資格は乙種6 類から挑戦するべき理由 乙種6類で扱える消防用設備は消火器です。 消火器はどこの建物にも必ず設置されています。 別の表現をすると世の中には、 消火器が設置されていても火災報知機は無い!という建物は存在します。 しかし火災報知機が設置されているのに消火器が無い!という建物は存在しません。 もし、そのような建物がある場合は消防法義務違反になっています。 つまり消防用設備の中で最も取り扱う機会が多いのは消火器です。 例え就職先が防災会社ではなく、ビル管理会社でも役立ちます。 消防用設備は法定点検の他に自主検査をしなくてはいけません。 消火器の知識がない方よりも、資格を取得した豊富な知識を持った方に自主検査をして欲しいと思うのはビルのユーザーとしては自然な流れになります。 消火器の点検と整備ができるようなる、乙種6類は防災会社に勤務する消防設備士にとって登竜門です。 例え甲種の受験資格がなくても乙種6類を取得して2年間の実務経験を積めば甲種消防設備士に挑戦することができます。 すでに甲種の受験資格をお持ちの方にも、はじめに乙種6類を受験することをおすすめしています。 甲種も乙種も必ず法令は勉強することになります。 試験に慣れるという意味でも乙種6類から取得することをおすすめします。 合格率から難易度を判断する。 過去に発表されている合格率のデーターはどこを切り取っても同じような数字です。 今回は平成29年度の類別合格率をまとめてみました。 甲種特類 (23. 6%)(趣味で取ればいい・・・) 甲種1 類 (26. 8 %) 甲種2 類 (36. 6 %) 甲種3 類 (32. 1 %) 甲種4 類 (30. 1 %) 甲種5 類 (36. 4 %) 乙種1類 (28. 0%)(防災会社に就職を目指すなら必要ない!) 乙種2類 (39. 2%)( 〃 ) 乙種3類 (27. 9%)( 〃 ) 乙種4類 (33. 2%)( 〃 ) 乙種5類 (42. 9%)( 〃 ) 乙種6類 (35. 6%) 乙種7類 (57. 8%) 注目していただきたいのは、赤文字で示したデーターです。 赤文字で示した類は、消防設備士として働くなら最終的には取得しておきたい免状です。 (取りなさい!) このデーターを見ると、甲種1類と乙種7類以外は合格率が30%台となっており、どれも難易度には大差がないことがわかります。 乙種7類の合格率がズバ抜けて高いのは、科目免除の要素が大きいからです。 すでに電気工事士の資格を取得していると、科目免除することで試験の範囲が極端に狭くなり、勉強する範囲がかなり狭まります。 合格率が格段に上がるのは当然の結果と言えます。 乙種7類を取得して点検並びに整備ができるのは漏電火災警報器に限られます。 漏電火災警報器が設置される建物は木造モルタル造の建物に限られるため、コンクリート建造物が立ち並ぶ現在は消防法義務設置の件数は激減していますので、現在では1社しか製造していません。 せっかく免状を取得しても活躍の場はすごく狭くなります。 その一方で消火器の点検ならびに整備ができる乙種6類は、ほとんどの建物に設置されている消防用設備です。 防災会社でもビル管理会社でも即戦力として活躍できる人材が欲しいことは想像できるでしょう。 これらが乙種6類をはじめに取得するべき理由です。 消防設備士の試験の範囲とは 消防設備士の試験には、筆記試験と実技試験があります。 甲種筆記試験は、 消防関係法令(15問) 基礎的知識(10問) 消防用設備の構造・機能・工事・整備(20問) 実技試験 鑑別問題と製図問題を合わせて7問 乙種の筆記試験は、 消防関係法令(10問) 基礎的知識(5問) 消防用設備の構造・機能・整備(15問) 実技試験 鑑別問題と製図問題を合わせて5問 (趣味で取得を目指す甲種特類は省略します。 ) 乙種に関しては工事に関する問題は出題されません。 筆記試験の出題はすべて4者択一です。 実技試験には鑑別問題と製図が出題されます。 鑑別問題は、試験器や測定器、工具の写真を見て、どのような器具かを答える問題になります。 製図問題は、実際に図面を書く!問題です。 慣れていないと回答に困るかも知れませんが、決して難しくはありません。 科目免除がない場合の試験の解答時間は次の通りです。 甲種が3時間15分、乙種は1時間45分です。 試験開始から35分を経過すると、試験管の指示により途中退席が可能になります。 受験するべき優先順位 これらを踏まえて防災会社やビル管理会社の就職に有利な消防設備士の免状に優先順位をつけてみました。 1 位 乙種6 類 消火器 先ほどもご紹介した通り消火器はどの建物にも設置されているもので、消防用設備の中で最もポピュラーなものです。 防災会社では新入社員に消火器の点検か火災報知機の感知器点検係を教えるのが一般的です。 この免状がないと防災会社として仕事になりません。 消火設備や警報設備の工事を専属で行っている会社の社員でも消火器を扱う乙種6類は取得しています。 2 位 甲種4 類 自動火災報知設備、非常放送設備など 甲種4類を取得すると一気に活躍の場が広がります。 工事や点検ができる主な設備は、自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報器、非常警報器具、非常放送設備、消防機関へ通報する火災通報設備、誘導灯、排煙設備などです。 小さな建物から大きな建物まで、どこでも活躍の場があります。 防災会社に勤務するなら、取得していて当然!の位置づけです。 逆に甲種4類を持っていないと防災屋に勤務していて恥ずかしいくらいです。 防災会社もビル管理会社にとっても、いつでも需要がある免状です。 3 位 甲種1 類 スプリンクラー、屋内消火栓など 甲種1類は消防設備士の試験の中で最も難しいと言われている資格です。 工事や点検ができる主な設備は、屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、屋外消火栓設備、水噴霧消火設備、連結送水管、連結散水設備、動力消防ポンプ設備、パッケージ型消火設備などがあります。 甲種4類と同じように取り扱くことができる消防用設備が広いので、活躍の場が広がります。 これらの消火設備は自動火災報知設備に接続されているケースがほとんどなので、単独で甲種1類だけ取得していても実務では実力をフルに発揮することは難しいと言えます。 甲種4類を取得してから甲種1類を取得するのが無難と言えます。 甲種1類取得者が不足している会社も少なくないとか・・・ 4 位 甲種3 類 粉末消火設備、不活性ガス消火設備、ハロゲン化物消火設備 甲種1類と同じように消火設備に位置しますが、甲種1類で取り扱えるのは「水系」の消火設備です。 甲種3類は粉末と気体の消火剤を使用した消火設備を取り扱います。 そんなもの見たことないよ~っていう方も多いかも知れませんが、おそらく一番目にするのは駐車場です。 商業施設の駐車場に行けば気が付くでしょう。 これらの消火設備も火災受信機に接続されているケースが多いものです。 5 位 甲種5 類 避難器具 あまり知られていませんが、商業施設、オフィスビル、マンションなどに設置されています。 避難器具の種類としては、避難はしご、救助袋、緩降機、すべり台などがあります。 一度設置してしまうと、点検の時以外はほったらかしにしているものです。 点検をメインとしている防災会社やビル管理会社にとっては必要な人材になります。 工事の需要としては、ほとんどが新築現場になります。 6 位 甲種2 類 泡消火設備 これも駐車場に限られる設備と言ってもいいでしょう。 もちろん設置されている個所は他にもあります。 甲種2類は泡消火設備しか扱えないので活躍の範囲が狭くなります。 就職に有利かどうかは疑問です。 7 位 乙種7 類 漏電火災警報器 最も合格率の高い免状です。 人余ってるんじゃない? ぶっちゃけて言うと、昭和の建物以外では出番なし! よく間違われるのですが、免状を取得して点検するのは、漏電火災警報器が正常に作動するかどうかを確認する作業です。 漏電火災警報器の点検はできるようになるけど、漏電箇所を特定できるようにはなりません。 ビル管理会社の就職に有利になるか?微妙ですね。 もし1位から3位の乙種6類、甲種4類、甲種1類を持っていたら圧倒的に有利になるでしょう。 でも試験の受かりやすさは、ちょっと違うんです。 電気工事士2種に合格する。 乙種7類を受験するついでに乙種6類を受験する。 甲種1類に合格したらすぐに甲種2類を受験する。 甲種3,4,5類は順不同で大丈夫。 消防設備士に合格するためには電気工事士2種が必要だった!ってオチになってしまいました・・・ 本当の難易度は? 消防設備士の試験は、都市部では毎月受験できるようになりました。 田舎と呼ばれる地域でも少し足を延ばせば、2ヶ月に1回は受験することできるでしょう。 消防設備士を受験する人の最終学歴は中卒、高卒、大卒と様々です。 どちらかと言えば高卒が多いような印象を受けます。 先ほど紹介した通り消防設備士の合格率は全国平均で、おおよそ30%くらいです。 全国平均合格率が30%の試験が難しい? 10人中3人しか合格しないから難しい? 本当にそうですか? 300点満点の高校受験で100点以下でも入学できる高校出身者の人でも甲種1類から乙種7類まで全部取得している人は珍しくありません。 その一方で消防設備士の業界に何十年も従事しているのにも関わらず、受験しようとしない人も珍しくありません。 合格するかどうかは、受験する人のやる気の問題です。 全国平均の合格率を引き上げているのは、ごく一部のやる気のある人がトライしているからと言えます。 また別の言い方をすると、受験回数が増えたことで、また次受ければいいや・・・ 的な発想から受験勉強を方も多数いらっしゃいます。 これは合格率を下げている要因の一つと言えます。 実際の業務に携わるようになれば、自然と知識も増えてきますので、受験には有利に働きます。 けど、勉強しない人も多いんですね・・・何度でも受験できちゃうからなのかな? 消防設備士の免状を取得していると就職に有利なのか!? 有利ですよ~絶対に。 乙6だけでも十分有利。 乙6と甲4あればもっといい。 ホワイトとかブラックとか関係なく採用してくれます。 最初は誰もが見習いです。 資格も大切ですけど実務経験に勝るものはありません。 ただし実務経験にあぐらをかいていると後輩に追い越されてしまいます。 逆に言うと転職して後発組となるあなたが消防設備の業界で活躍できるチャンスは十分にあります。 を参考にしてから試験に挑戦してみて下さい。

次の