ヤフー キッズ おうち 学校。 学習の参考になるウェブサイトやテレビ番組

Yahoo!きっず、小学生の自宅学習を支援する「ヤフーきっず おうち学校」開設

ヤフー キッズ おうち 学校

オーストラリアの学校教育は州によって少しずつ異なりますが,ニュー・サウス・ウェールズ州では,多くの小学校( Primary School) は7年間(キンダーガーデンと1~6年生),中学校( Junior High School)は4年間 (7~10年生),高校( Senior High School)は2年間(11~12年生)のカリキュラムからなっています。 6歳から15歳までが義務教育ですが,多くの生徒が義務教育終了後も学業を続け,大学へと進みます。 今回紹介するマレー・ファーム公立小学校は1969年に創立された学校です。 スコットランド系のマレー家の所有する元農地に建設されたことが,その名前の由来となっています。 この学校はニュー・サウス・ウェールズ州の北西部のカーリングフォード( Carlingford)というエリアに所在し,キンダーガーデンから6年生までが通う,男女共学の公立小学校です。 教育の質の高さで知られているほか,スポーツや文化活動の盛んな学校としても有名です。 マレー・ファーム小学校の特徴は,ニュー・サウス・ウェールズ州で唯一,英語と日本語のバイリンガル・プログラムを運営していることです。 このプログラムは,オーストラリア連邦政府により2009年1月に施行された「学校教育におけるアジア語・アジア学習推進計画」( National Asian Languages and Studies in School Program (NALSSP))をきっかけに導入されました。 授業は日本と同じく月曜日から金曜日まで,午前8時50分から午後2時50分までです。 バイリンガル・プログラムでは,日本語の読み書きの他,美術,音楽,ドラマ,理科,社会,算数,コンピューターなどの授業を,週5時間,日本語を用いて行います。 児童の多くは非英語系の家庭の出身であり,日本語を第2外国語として学ぶ児童も多くいます。 現在,この日本語のバイリンガル・プログラムを受け持つ教師は6名いて,それぞれ異なる学年を教えています。 多くの児童は放課後や週末はサッカー,ラグビー,クリケット,水泳,ネットボール等のスポーツやゲームをして過ごします。 また,日本のポケモンカードや遊戯王カードで遊ぶ児童も多数います。 ほとんどの児童は学校の近くに住んでいますが,通学にはスクール・バスを利用したり,家族に車で送り迎えをしてもらうことが多いです。 また,マレー・ファーム小学校の休み時間には,家から持参したり学校の売店で購入したお菓子や果物等のおやつを食べる児童が多く,これもオーストラリアでは一般的な習慣と言えます。

次の

【秦野】おうちで使うDIY家具!キッズスツールつくり|2020年8月15日(土)

ヤフー キッズ おうち 学校

ヤフーは2020年3月2日、子ども向けポータルサイト「Yahoo! きっず」にて小学1年生から6年生向けの「ヤフーきっず おうち学校」(PC版、スマートフォンブラウザ版)を開設。 子ども向け検索機能で宿題の内容について調べたり、動画や写真で教科を勉強したりできるコンテンツを提供する。 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、3月2日より多くの小学校が臨時休校となっている。 ヤフーではこれを受けて学校で勉強ができなくなった小学1年生から6年生の子どものために、自宅でも勉強ができるサイト「ヤフーきっず おうち学校」を開設した。 現在、「ヤフーきっず おうち学校」は、「宿題を調べよう」「教科の勉強をしよう」「いろいろ挑戦しよう」の3部構成。 「宿題を調べよう」では、フィルタリングが施された子ども向け検索機能が施されており、子どもにとって不適切なページが表示されない仕組みを導入。 安全安心に宿題の内容を調べたり、動画や写真で勉強したりすることができる。 「教科の勉強をしよう」は小学校1年生から6年生の学年別に、動画や写真を使用した教科学習コンテンツを提供。 普段知る機会が少ない「お仕事」や「環境」「福祉」など、子どもの生きる力を育んで成長につなげる情報のほか、「プログラミング」や「情報」についてもまとめられている。 「いろいろ挑戦しよう」では、「工作」「料理」など、教科学習以外の授業もサポートする内容が、「運動」では子どもが身体的なストレスをため込まないよう、自宅でもできるストレッチなどが紹介される。 さらには、外部サービスとも連携し、子どもの悩み相談などのコーナーも開設される。 今後は「特別授業」コーナーもオープンする予定となっている。 ヤフーきっず おうち学校 提供:ヤフー ジャンル:子どもの家庭学習用ポータルサイト 対象:小学生 《鶴田雅美》.

次の

【秦野】おうちで使うDIY家具!キッズスツールつくり|2020年8月15日(土)

ヤフー キッズ おうち 学校

オーストラリアの学校教育は州によって少しずつ異なりますが,ニュー・サウス・ウェールズ州では,多くの小学校( Primary School) は7年間(キンダーガーデンと1~6年生),中学校( Junior High School)は4年間 (7~10年生),高校( Senior High School)は2年間(11~12年生)のカリキュラムからなっています。 6歳から15歳までが義務教育ですが,多くの生徒が義務教育終了後も学業を続け,大学へと進みます。 今回紹介するマレー・ファーム公立小学校は1969年に創立された学校です。 スコットランド系のマレー家の所有する元農地に建設されたことが,その名前の由来となっています。 この学校はニュー・サウス・ウェールズ州の北西部のカーリングフォード( Carlingford)というエリアに所在し,キンダーガーデンから6年生までが通う,男女共学の公立小学校です。 教育の質の高さで知られているほか,スポーツや文化活動の盛んな学校としても有名です。 マレー・ファーム小学校の特徴は,ニュー・サウス・ウェールズ州で唯一,英語と日本語のバイリンガル・プログラムを運営していることです。 このプログラムは,オーストラリア連邦政府により2009年1月に施行された「学校教育におけるアジア語・アジア学習推進計画」( National Asian Languages and Studies in School Program (NALSSP))をきっかけに導入されました。 授業は日本と同じく月曜日から金曜日まで,午前8時50分から午後2時50分までです。 バイリンガル・プログラムでは,日本語の読み書きの他,美術,音楽,ドラマ,理科,社会,算数,コンピューターなどの授業を,週5時間,日本語を用いて行います。 児童の多くは非英語系の家庭の出身であり,日本語を第2外国語として学ぶ児童も多くいます。 現在,この日本語のバイリンガル・プログラムを受け持つ教師は6名いて,それぞれ異なる学年を教えています。 多くの児童は放課後や週末はサッカー,ラグビー,クリケット,水泳,ネットボール等のスポーツやゲームをして過ごします。 また,日本のポケモンカードや遊戯王カードで遊ぶ児童も多数います。 ほとんどの児童は学校の近くに住んでいますが,通学にはスクール・バスを利用したり,家族に車で送り迎えをしてもらうことが多いです。 また,マレー・ファーム小学校の休み時間には,家から持参したり学校の売店で購入したお菓子や果物等のおやつを食べる児童が多く,これもオーストラリアでは一般的な習慣と言えます。

次の