ボーダー コリー 子犬。 ボーダーコリーは飼育放棄が多い?里親を募集する「BCRN」についても

ボーダーコリーの年齢ごとの大きさやおすすめドッグフード、餌の注意点は?

ボーダー コリー 子犬

1のIQの持ち主! どんなスポーツでもこなせる、まさに犬界のアスリート! ボーダーコリー 子犬情報 全国の提携ブリーダーさんが大切に育てているボーダーコリーの子犬販売情報です。 ブリーダーさんがボーダーコリーの情報を登録するたびにデータが更新されますので、今掲載されている以外のボーダーコリーをご希望の方は、適時ボーダーコリーの子犬販売情報をチェックして下さい。 もちろん掲載していないブリーダーさんからの子犬販売情報もございますので、こだわりの特徴をもったボーダーコリーをご希望の場合は、下記メールよりお気軽に問い合わせください。 ボーダーコリーの特徴を知ろう! 子犬を見て可愛い!と思い、ボーダーコリーを飼ってみたら、自分のライフスタイルと全然合わないし、予想していた犬と全然違う・・・ということになったら大変ですよね。 ボーダーコリーの特徴などが自分のライフスタイルをあっているかチェックしてみましょう! 〜ボーダーコリーの大きさ〜 成犬の平均サイズは20kg前後と、中型犬サイズになります。 皆さんがよくご存知な柴犬ですが、柴犬のサイズは8kg〜10kg程度ですが、ボーダーコリーは その倍のサイズになり、柴犬を一回り大きくしたような大きさです。 〜ボーダーコリーの運動能力〜 ボーダーコリーはもともと牧羊犬として活躍していることからも分かりますとおり、 豊富な運動能力を持っております。 そのため毎日の散歩も一緒に歩いている散歩だけではなく、ドッグランなどで 遊ばせてあげるなどの工夫も必要です。 過度に運動させてしまうと、かえって体に負担が来てしまいますが、ボーダーコリー との散歩は、ただ歩かせるだけではなく、簡単なコマンドを加えつつ、一緒に遊びながらやったりすると ストレスも軽減し、躾の一環にもなるのでボーダーコリーにとっても充実した散歩になります。 〜子犬の頃はやんちゃ〜 ゴールデンRなどの大型犬もそうですが、ボーダーコリーも子犬の頃はとってもやんちゃです。 いろいろなものをおもちゃにして噛んだり、暴れまわったりと大変です。 元々頭が良い犬ですので、主従関係がしっかりできていれば、忠犬の鏡のような犬ですが、 主従関係がしっかりできていないと、ただでさえ運動能力が高い犬ですので、いたずらも たくさんする問題犬になってしまいます。 なにもしなくてもいつも飼い主にべったり寄り添うような愛玩犬をお求めでしたら、 ボーダーコリーはオススメできません。 しかし、ボーダーコリーがまったく寄り添うようにならないのかというわけではありません! ボーダーコリーは懐っこく、飼い主と一緒に遊ぶのが大好きな子です。 しかし本来持ち合わせている運動能力、学習能力の高さのために、飼い主との主従関係が できていないと、飼い主の言うことを聞かなかったたり、室内で暴れまわるようなことに なります。 〜抜け毛の量が多い〜 ボーダーコリーの被毛は上毛と下毛のダブルコートのため、年2回の換毛期はたくさん 毛が抜けます。 またダブルコートであるため、夏場の暑さに弱く、冬場の寒さには とっても強いです。 また毛質上毛玉になりやすい被毛ですので、日々のブラッシングを しっかりしてあげて下さい。 ご希望のボーダーコリーをお探しします! ご希望の特徴や毛色の ボーダーコリーが 見つからない。 この ボーダーコリーをもっと詳しく知りたい、 この ボーダーコリーを飼ってみたい! そういったお客様は、ぜひ当店の子犬お探しサービスである「ワンテッド」をご利用下さい。 送信料は一切無料なので、安心してご利用できます。 また、メールやお電話からでも問い合わせを受付けておりますので、どうぞお気軽にご連絡下さい。 ですので、掲載している情報は全国の提携ブリーダーからのボーダーコリー販売情報となります。 そういった問題行動をとりやすい子ではなく、引渡し直前まで母犬や兄弟と一緒に過ごした子犬を将来の愛犬にされては如何でしょうか? 引渡しの際にワクチン証明書、を同封致します。 電話が繋がらない場合は、こちらのメールでも受け付けております。

次の

子犬販売 真心ハウス|ボーダーコリー子犬|ブリーダー|鹿児島

ボーダー コリー 子犬

選択をクリア• すべてのトイプードル• トイプードル• タイニープードル• ティーカッププードル• すべてのチワワ• チワワ• ロングコートチワワ• スムースコートチワワ• すべてのミックス犬• ミックス犬• マルプー• ポメチワ• チワプー• チワマル• ポメプー• チワックス• パピコー• ヨープー• マルックス• ヨーチー• キャバプー• ポメマル• マルシーズー• フレンチブルドッグ• ポメラニアン• ヨークシャーテリア• すべての柴犬• マルチーズ• ミニチュアシュナウザー• シーズー• すべてのカニンヘンダックスフンド• カニンヘンダックスフンド• ロングコートカニンヘンダックス• スムースコートカニンヘンダックス• ワイヤーカニンヘンダックス• ジャックラッセルテリア• すべてのミニチュアダックスフンド• ミニチュアダックスフンド• ロングコートミニチュアダックスフンド• スムースコートミニチュアダックスフンド• ワイヤーミニチュアダックスフンド• キャバリアキングチャールズスパニエル• パピヨン• ビションフリーゼ• ペキニーズ• ボストンテリア• ゴールデンレトリーバー• ウェルシュコーギーペンブローク 選択をクリア ア行• アイリッシュウルフハウンド• アイリッシュセッター• アイリッシュテリア• 秋田犬• アフガンハウンド• アメリカンコッカースパニエル• アメリカンスタッフォードシャーテリア• アメリカンピットブルテリア• アメリカンブリー• アラスカンマラミュート• アーフェンピンシャー• イタリアングレーハウンド• イングリッシュコッカースパニエル• イングリッシュスプリンガースパニエル• イングリッシュセッター• イングリッシュポインター• ウィペット• ウェルシュコーギーカーディガン• ウェルシュコーギーペンブローク• ウェルシュテリア• ウエストハイランドホワイトテリア• エアデールテリア• オーストラリアンキャトルドッグ• オーストラリアンシェパード• オールドイングリッシュシープドッグ カ行• 甲斐犬• カニンヘンダックスフンド• 紀州犬• キャバプー• キャバリアキングチャールズスパニエル• キースホンド ジャーマンウルフスピッツ• クランバースパニエル• グレートデン• グレートピレニーズ• ケアーンテリア• ケリーブルーテリア• コーイケルホンディエ• ゴールデンレトリーバー サ行• サモエド• サルーキ• シェットランドシープドッグ• 四国犬• シベリアンハスキー• シャーペイ• シーズー• シーリハムテリア• ジャイアントシュナウザー• ジャックラッセルテリア• ジャーマンシェパードドッグ• ジャーマンピンシャー• ジャーマンポインター• スキッパーキ• スコティッシュテリア• スタッフォードシャーブルテリア• スタンダードシュナウザー• スタンダードダックスフンド• スタンダードプードル• スムースコートカニンヘンダックス• スムースコートチワワ• スムースコートミニチュアダックスフンド• セントバーナード タ行• タイニープードル• ダルメシアン• ダンディディンモントテリア• チェサピークベイレトリバー• チベタンスパニエル• チベタンテリア• チャイニーズクレステッドドッグ• チャウチャウ• チワックス• チワプー• チワマル• チワワ• 狆 チン• ティーカッププードル• トイプードル• トイマンチェスターテリア• 土佐犬• ドーベルマン ナ行• ナポリタンマスティフ• 日本スピッツ• 日本テリア• ニューファンドランド• ノーフォークテリア• ノーリッチテリア ハ行• バセットハウンド• バセンジー• バーニーズマウンテンドッグ• パピコー• パピヨン• ビアデッドコリー• ビションフリーゼ• ビーグル• ファラオハウンド• フラットコーテッドレトリーバー• フレンチブルドッグ• ブリタニースパニエル• ブリュッセルグリフォン• ブルテリア• ブルドッグ• ブルマスティフ• ブービエデフランダース• プチバセットグリフォンバンデーン• プーリー• ベドリントンテリア• ベルジアングリフォン• ベルジアンシェパードドッグ• ペキニーズ• 北海道犬• ホワイトシェパード• ホワイトスイスシェパードドッグ• ボクサー• ボストンテリア• ボルゾイ• ボルドーマスティフ• ボロニーズ• ボーダーコリー• ポメチワ• ポメプー• ポメマル• ポメラニアン• ポリッシュローランドシープドッグ マ行• マスティフ• マルシーズー• マルチーズ• マルックス• マルプー• ミックス犬• ミディアムプードル• ミニチュアシュナウザー• ミニチュアダックスフンド• ミニチュアピンシャー• ミニチュアブルテリア• ミニチュアプードル ヤ行• ヨークシャーテリア• ヨーチー• ヨープー ラ行• ラサアプソ• ラフコリー• ラブラドールレトリーバー• レオンベルガー• レークランドテリア• ロシアントイテリア• ロットワイラー• ロングコートカニンヘンダックス• ロングコートチワワ• ロングコートミニチュアダックスフンド ワ行• ワイアーフォックステリア• ワイマラナー• ワイヤーカニンヘンダックス• ワイヤーミニチュアダックスフンド• その他の犬種 選択をクリア• アプリコット• イエロー• イザベラ• イザベラタン• ウィートン• ウルフ• ウルフセーブル• オレンジ• オレンジセーブル• オレンジベルトン• カフェオレ• クリーム• クリームセーブル• クリーム系• クリーム&ホワイト• グリズル• グレー• グレー&ホワイト• ゴールド• ゴールド系• ゴールド&ホワイト• シェーデッドイエロー• シェーデッドクリーム• シャンパン• シルバー• シルバーグレー• シルバーダップル• シルバー系• シルバー&ホワイト• シール• シール&ホワイト• スチールブルー&タン• セーブル• セーブル&ホワイト• ソルト&ペッパー• タン&ホワイト 茶白• ダップル• ダーク・スチールブルー&タン• チョコタン• チョコタンパイボールド• チョコダップル• チョコレート• チョコレート系• チョコ&クリーム• チョコ&フォーン• チョコ&ホワイト• トライカラー• トライカラー ブラック&タン&ホワイト• ハウンドカラー• ハルクィン• バイブラック• パイド• パイボールド• パーティー• フォーン• フォーン系• フォーン&ブラックセーブル• フォーン&ホワイト• ブラウン• ブラウン&ホワイト• ブラック• ブラックイエロー• ブラッククリーム• ブラックソリッド• ブラックタン• ブラックタンパイボールド• ブラックタンホワイト• ブラックパイボールド• ブラックラスト&ホワイト• ブラック系• ブラック&シルバー• ブラック&タン&ホワイト• ブラック&ホワイト• ブリンドル• ブリンドル&ホワイト• ブルー• ブルータンホワイト• ブルーピンク• ブルーフォーン&ホワイト• ブルーベルトン• ブルーマール• ブルーマールタン• ブルーマール&ホワイト• ブルーローン• ブルー系• ブルー&タン• ブルー&フォーン• ブルー&ホワイト• ブレンハイム• ホワイト• ホワイト系• ホワイト&オレンジ• ホワイト&クリーム• ホワイト&グレーマーキング• ホワイト&ゴールド• ホワイト&セーブル• ホワイト&タン 白茶• ホワイト&ブラウン• ホワイト&ブラック• ホワイト&ブラックタン• ホワイト&ブリンドル• ホワイト&レッド• ホワイト&レッドセーブル• ホワイト&レバー• ボストンカラー• マント マントル• マール• ルビー• レッド• レッドセーブル• レッドマール• レッド系• レッド&ホワイト• レバー• レバー&タン• レモンカラー• レモン&ホワイト• ワイルドボア• 中虎毛• 白黒茶 トライカラー• 胡麻毛• 胡麻色• 赤虎毛• 黒虎毛 ボーダーコリーのズバ抜けた運動能力!活かしてあげないとストレスが!? ボーダーコリーはとても運動能力の高い犬種です。 その高い運動能力を活かし、世界でもっとも牧羊犬として使役されていると言われています。 また、非常に頭の良い犬ともされており、訓練性能も長け、近年ではディスクドッグ競技やアジリティなど、様々な競技で見かける機会が増えています。 もちろん、その頭の良さは家庭犬としても最良のパートナーとして発揮されます。 ただし、その頭の良さや運動能力の高さは、キチンとしたしつけを行わないと、とんでもない乱暴犬へと成長してしまう可能性も秘めています。 特に幼少期においてはわんぱくで、たくさんのイタズラを仕掛けられることも多いかと思います。 そんな時大切なのは、「やってはいけないこと」としてキチンと叱り、退屈させないよう日々適度な運動をさせることです。 たくさんの運動を必要とすることから、狭いスペースで飼うことはおすすめできません。 可能であれば、庭などある程度のスペースを確保した上で育てることをおすすめします。 とても賢く、運動神経抜群なボーダーコリー。 接し方を誤らなければ、最高のパートナーとして共に歩むことができるでしょう。 白黒だけかと思いきや…!?ボーダーコリーの被毛について ボーダーコリーの毛色といえば、黒と白の2色で構成されるブラック&ホワイトが一般的かと思われます。 しかしながら、実は、レッドやチョコレート、ブルー、セーブルなど様々な毛色が存在します。 見かける機会は少ないですが、トライカラーのボーダーコリーも存在しており、多種多様な毛色が認められています。 そのいずれも、有色部分の比率のほうが高いことが特徴です。 毛質の面では、長毛のロングコートタイプが一般的ですが、短毛のスムースタイプも存在します。 性格の傾向として、ロングコートタイプの方が温厚で人懐こく、家庭犬に向いているようです。 また、スムースタイプの方がどちらかというと神経質な面も見られるようで、競技犬に向いていると言われています。 なお、柄も一頭一頭異なっており、顔に奇麗に白のブレーズが入っているタイプや、パンダのように目のまわりのみ色がつく場合などもあります。 顔の中心にくっきりとした白のブレーズが入ったタイプが価格的にも高くなる傾向があるようです。 どのボーダーコリーもそれぞれ魅力的な個性が光っていますので、ぜひお気に入りのタイプのボーダーコリーを見つけてください。 遺伝性疾患が多いボーダーコリー。 事前に理解しておきましょう! ボーダーコリーは遺伝性疾患が多いことで知られています。 遺伝性疾患には発症しない「クリア」、発症はしないものの該当疾患の遺伝子を持つ「キャリア」、高確率で発症する「アフェクテッド」が存在します。 有名なものとしては「股関節形成不全」という股関節が正常に形成されない病気で、遺伝的な要因である場合と後天的な要因である場合があります。 後天的な要因としては、肥満や幼少期の運動過多などが挙げられますので、適切な食事管理・運動に努めるようにしましょう。 症状としては座り方や歩行の異常が見られますので、兆候が現れた場合は獣医さんにご相談ください。 次に「コリー眼異常」といい、その名のとおりコリー種が罹る目の病をご紹介します。 重症化すると失明になりうる可能性もあります。 現状、治療法は見つかっておりません。 最後に「セロイドリポフスチン症(CL病)」をご紹介します。 こちらは神経細胞を冒す稀な病気ですが、発症するとほぼ死に繋がる恐ろしい病です。 症状としては過度の怯えや方向感覚の喪失など異常挙動が見られ、残念ながら現状治療法は見つかっておらず、該当疾患の遺伝子を根絶させるべく運動も行われています。 他にも挙げられますが、大切なのは事前にそのような病があることを知っておくことと、両親が「キャリア」、あるいは「アフェクテッド」でないことが重要です。 事前に理解した上でお迎えを検討しましょう。

次の

ボーダーコリーのしつけ方

ボーダー コリー 子犬

都道府県 :• 全国のボーダーコリー• 青森 0• 秋田 0• 山形 0• 新潟 0• 富山 0• 山梨 0• 岐阜 0• 奈良 0• 鳥取 0• 島根 0• 広島 0• 山口 0• 徳島 0• 沖縄 0 カテゴリ :• 全ての里親募集• 144• 全国以外の都道府県から探す :• 全国のボーダーコリー• 青森 0• 秋田 0• 山形 0• 新潟 0• 富山 0• 山梨 0• 岐阜 0• 奈良 0• 鳥取 0• 島根 0• 広島 0• 山口 0• 徳島 0• 沖縄 0.

次の