署名 用 電子 証明 書 暗証 番号。 マイナンバー個人番号カードって更新が必要?有効期限と更新手続き

大田区ホームページ:マイナンバーカードの交付を受けた方へ

署名 用 電子 証明 書 暗証 番号

もう一度結論からお話します! 署名用電子証明書の暗証番号と言うのは4桁の暗証番号ではなく、英数字6桁~16桁の暗証番号のことです。 特別定額給付金をネットで申請する場合には、この「署名用電子証明書の暗証番号」が必須になりますので、「署名用電子証明書の暗証番号」を忘れたとか 設定していない人はネットでの特別定額給付金の申請は出来ません。 署名用電子証明書の暗証番号が必須の理由 署名用電子証明書の暗証番号(英数字6~16桁)を参照して、マイナンバーカード内の情報を引き出す仕組みなので、署名用電子証明書の暗証番号(英数字6~16桁)が必ず必要なんです。 署名用電子証明書の暗証番号は忘れただけでなく設定していない? 実は、ここに大きな「罠」がありました! 実は、この署名用電子証明書の暗証番号はマイナンバー発行時に設定するものなのですが、 署名用電子証明書の暗証番号の設定は任意だったのです。 何に使うか良くわからない国民の多くは、「わからなし任意だから設定しなくてもいい」と判断して設定していない場合が多いのです。 ですから、暗証番号を忘れたのではなく。 そもそも設定していなかった人が多いのです。 署名用電子証明書の暗証番号が無いとどうなるの? 電話が繋がりお話を聞くと、やはり「 役所に来ていただくしかない」との事。 ただ、「 お呼び出し出来るのが一時間以上かかるとお考え下さい」とのことで、その間どんどん増える市区町村民の中を待たなくてはいけないわけです。 ただし、時期は市区町村で違いますが、後日「申請用の書類」が各ご家庭に送付されますので、いわゆるアナログな方法で申請できるのを待つしか無いと言うことです。 急ぎで、特別定額給付金が必要と言う場合には、役所に行って署名用電子証明書の暗証番号を設定する必要があります。

次の

大田区ホームページ:マイナンバーカードの交付を受けた方へ

署名 用 電子 証明 書 暗証 番号

公的個人認証サービスとは、オンラインで(=インターネットを通じて)申請や届出といった行政手続などやインターネットサイトにログインを行う際に、他人による「なりすまし」やデータの改ざんを防ぐために用いられる本人確認の手段です。 「電子証明書」と呼ばれるデータを外部から読み取られるおそれのないマイナンバーカード等のICカードに記録することで利用が可能となります。 電子証明書には、署名用電子証明書と利用者証明用電子証明書の2種類があり、それぞれの特徴は以下のとおりです。 署名用電子証明書・・・インターネット等で電子文書を作成・送信する際に利用します(例 e-Tax等の電子申請)。 「作成・送信した電子文書が、利用者が作成した真性なものであり、利用者が送信したものであること」を証明することができます。 利用者証明用電子証明書・・・インターネットサイトやコンビニ等のキオスク端末等にログインする際に利用します(例 マイナポータルへのログイン、コンビニでの公的な証明書の交付)。 「ログインした者が、利用者本人であること」を証明することができます。 公的個人認証を使ってオンライン手続きをするには? 2 パソコンなどの用意 ・・・公的個人認証を使ったオンライン手続をご自宅で行う場合には、以下のご準備が必要です。 また、今後普及の進むNFC対応のスマートフォンをカードリーダとして利用できるよう、現在検討中です。 3 マイナンバーカードへの電子証明書の記録 ・・・住民票のある市区町村役場で、マイナンバーカードに電子証明書を記録してもらうことができます。 原則として電子証明書の発行・記録の手数料は無料です。 1)住民票のある市区町村役場の受付窓口にある申請書に記入し、マイナンバーカードとともに提出してください。 他にもご本人を確認するための書類が必要です。 (マイナンバーカードをお持ちの方は、他の本人確認のための書類は必要ありません。 マイナンバーカードをお持ちでない方は、運転免許証(現住所への書換えを済ませたもの)やパスポートなどを窓口にご持参ください。 2)窓口で案内を受けて、電子証明書の発行手続きを行います。 3)電子証明書が記録されたマイナンバーカードを受け取ります。 (電子証明書は原則として発行の日後5回目の誕生日まで有効です。 ただし、署名用電子証明書については、住所・氏名・性別が変更された場合には無効となります。 さらに、電子証明書の格納媒体であるマイナンバーカードの有効期間が満了となった時点で、電子証明書の有効期間も満了します。 ) 総務省では、マイナンバーカードに搭載されるICチップの空き領域と公的個人認証(いわゆる「マイキー」)を象徴するキャラクターとして、広報用ロゴマーク「マイキーくん」を作成いたしました。 国民の皆さまにマイナンバーカードや「マイキー部分」に親しみを感じていただけるよう、「マイキー」部分のうち公的個人認証制度の根幹をなす"鍵"を確実・誠実に守る忠犬の姿をイメージして、当省職員がデザインしたものです。 また、「マイキーくん」の両目と手に持った鍵とを順番に読むと、「JPKI」(公的個人認証の英訳の略称)の文字が浮かび上がるような仕掛けもしております。 本ロゴマークにつきましては、政府の公的個人認証サービスの広報で統一的に使用しているほか、公的個人認証サービスを導入する企業等にも積極的に制度の周知・広報に活用していただきたく思います。 ロゴマークは下記からダウンロードし、お使いください。

次の

総務省|マイナンバー制度とマイナンバーカード|マイナンバーカード

署名 用 電子 証明 書 暗証 番号

マイナンバーカードに搭載された電子証明書のパスワード(暗証番号)には、「利用者証明用パスワード」「署名用パスワード」「券面事項入力補助用パスワード」「個人番号カード用(住民基本台帳用)パスワード」の4種類があります。 パスワード(暗証番号)は、マイナンバーカードの交付を受ける際に受付窓口で自分で設定します。 パスワードの控え用紙を記入して、忘れないように保存します。 パスワードを忘れてしまった場合 住民票のある市区町村の窓口でパスワード(暗証番号)を初期化申請して、パスワード(暗証番号)を再設定する必要があります。 詳しくは、市区町村窓口へお問い合わせください。 e-Taxの手続き中にマイナンバーカードで使用するパスワード(暗証番号) e-Taxの手続き中にマイナンバーカードで使用するパスワード(暗証番号)は以下の3種類です。 利用者証明用パスワード(4桁の数字)• 署名用パスワード(数字とアルファベットが混在した6~16文字)• 券面事項入力補助用パスワード(4桁の数字) マイナンバーカードを使用する際、利用者証明用パスワードは3回、署名用パスワードは5回、券面事項入力補助用パスワードは3回、連続で入力を間違えるとロックされます。 ロックの解除をするには、市区町村窓口でパスワードの初期化をする必要があります。 マイナンバーカードの電子証明書の失効 マイナンバーカードで使用するパスワードを正しく入力しているのにログインできない場合、電子証明書が失効している可能性があります。 マイナンバーカードの電子証明書は、有効期間を過ぎたり、住所や氏名の変更などによって失効します。 失効した電子証明書の再発行は、市区町村の窓口で申請する必要があります。 詳しくは、市区町村窓口へお問い合わせください。 <有効期間> マイナンバーカードの電子証明書は、電子証明書発行の日から5回目の誕生日までが有効期間です。 有効期間満了日の3ヶ月前から更新手続きを行うことができます。 有効期間満了前に更新を行った場合は、電子証明書の有効期間は、電子証明書発行の日から6回目の誕生日までです。 <住所や氏名の変更> 住民票の基本4情報(氏名、住所、生年月日、性別)が変更されると、署名用電子証明書が失効します。

次の