ポコチャ アシスタント。 Pococha(ポコチャ) 都市伝説 まとめ

【解説】Pococha(ポコチャ)ってどんな配信アプリ?気になる機能や注意すべき点もチェック

ポコチャ アシスタント

都市伝説を集めるつもりが、意外と新しい都市伝説がなくて、関係ない記事を書いてばかりのたくわんです。 今回はファミリーのアシスタントについて個人的に思うことを書きたいと思います。 ファミリーにおけるアシスタントの役割とは何でしょうか。 ポコチャのヘルプを見てみましょう。 何をするのもまずはここからです。 一つのファミリーで最大で5人まで任命する事ができます。 アシスタントに就任すると、ファミリー開設者の枠で快適で楽しい配信を実現するための、以下の機能が使えるようになります。 コメントにエフェクトがつきます。 ファミリーの開設者の代わりにコメント禁止機能を使えます。 ファミリーの開設者の代わりに、ファミリーへの招待、承認・見送り、脱退を行えます。 詳しくは こちら をご確認ください。 では、「快適で楽しい配信」とは何を指すのでしょうか。 それを実現するためのアシスタントの役割は何なのでしょうか。 この点について少し誤解しているリスナーがいるのではないかと思っています。 定期コメントを流すのがアシスタントの役目、イベントでリスナーを統率するのがアシスタントの役目、と誤解しているリスナーがいるのではないでしょうか。 それはアシスタントだけが実行する役割ではありません。 ライバーとファミリーの全員が考えて実行することだと思います。 では、アシスタントの役割は何なのか。 私はアシスタントには二つの役割があると考えています。 一つはライバーの単純作業の代理、もう一つはコミュニティの維持です。 単純作業の代理とは誰が行っても同じ結論になる作業のことです。 例えば、ファミリーのルールが星1を取ったリスナーをファミリー側から招待すると決めていた場合、その招待作業は必ずしもライバーが行う必要はありません。 誰が行っても良いわけで、それをアシスタントが代理で実行するということです。 タグを付ける許可をアシスタントにしか与えないという明確なルールとして運営するのであれば、それも結論に判断の余地は無いので、タグ付けはその枠ではアシスタントの役割となります。 つまりライバーの判断の余地が全く入ることのない作業をアシスタントが代理で行うということです。 もう一つのコミュニティの維持がアシスタントにとって非常に難しい役割になります。 人が集まる所には必ずコミュニティが生まれます。 このコミュニティがどのような状態になれば維持されているとするのか、その定義すら定めるのは困難です。 おそらくはライバー自身も明確にその定義を定めることはできないでしょう。 その難しい役割を任されるのが本当の意味でのアシスタントです。 それをきちんと理解していたならば、そう簡単にはアシスタントに立候補などできないはずです。 今までにファミリー内でのトラブルを何回か見てきましたが、大抵はこのアシスタント絡みによるものです。 コミュニティの維持の困難さを理解していないアシスタントによって、ファミリーが崩れたりライバーさんがつらい状況に対処しなければならなくなるのは見ていて残念なものです。 特に、自称プロリスナーが初心者のライバーさんに適当なことを吹き込んでアシスタントになるのはやめてもらいたいものです。 それはただのリスナー側の自己満足でしかないのですから。 アシスタントには二つの役目があると書きました。 ライバーさんはアシスタントを任命する時に、その一つだけをお願いするのか、両方ともお願いするのかをリスナーにもはっきりさせた上で任命するべきだと思います。 そしてコミュニティの維持という答えのない作業をまずはアシスタントに頼らずにライバー自身で自覚を持ってやってみてもらいたいと思います。 そうすることで漠然としたものでしょうが自分の枠のコミュニティのイメージを持つことができると思いますので、その時にその方向性を理解してもらえる信頼できるリスナーにアシスタントをお願いしたら良いと思います。 私はアシスタントを難しく考えすぎなのかもしれません。 でも配信というものは間違いなく人のコミュニティの形成であり、そのコミュニティを維持する役割を明確に担うアシスタントには大きな責任があることは間違いないと思います。 あるファミリーでアシスタントを断り続けるリスナーがいました。 アシスタントではないそのリスナーはそのコミュニティの維持に私が見ている限り大きく貢献していました。 おそらくはアシスタントの難しさを理解していて、アシスタントという形には拘らずにライバーさんのことを考えていたのだと思います。 こういうリスナーが本当の意味でのアシスタントなのだと思います。 なんだか偉そうなことを書いてしまってごめんなさい。 たくわん、でした。

次の

Pococha(ポコチャ) 都市伝説 まとめ

ポコチャ アシスタント

近年、増加傾向にあるライブ配信アプリ。 たくさんのアプリがあるなかで、いま人気を集めているのが「Pococha(ポコチャ)」です。 Pocochaにはどのような特徴があるのでしょうか。 アプリの特徴や楽しみ方について徹底的に解説します。 Pococha(ポコチャ)はどんなアプリ? 「Pococha(ポコチャ)」は、「Live Link Life~今この瞬間を、いつまでも。 」をブランドコンセプトに、ライバーとリスナーの「つながり」や、そこから生まれる「よろこび」を大切に居心地の良い場を提供しているライブ配信アプリです。 Pocochaの5つの特徴 昨今、注目を集めているライブ配信アプリ市場。 日本には「17(イチナナ) Live」や「Mix Channel」をはじめ、さまざまなライブ配信アプリがありますが、その特徴はアプリによってさまざま。 では「Pococha」にはいったいどのような特徴があるのでしょう。 生配信・視聴を無料で気軽に楽しめる 「Pococha」は、視聴も生配信も完全無料で楽しむことができます。 始め方も簡単! アプリをダウンロードしたら「Pococha」を起動。 配信したい場合は、ホーム画面の真ん中下にあるボタンを押せば、すぐにスタートできます。 その際、選べる配信方法は2つ。 1つは、カメラを使って映像を映し出すライブ配信、もう1つは映像を見せずに配信するラジオ配信です。 顔を出さずに配信できるのは、うれしいポイントですね。 視聴したい場合は、画面上部のタブを使って気になる配信者(通称・ライバー)を探します。 タブはユーザーから人気のある配信が並ぶ「人気」タブや、始めたばかりの初心者が並ぶ「デビュー」タブ、話している内容から選べる「話題」タブがあります。 お気に入りの配信を見つけたらタップして、コメントやいいね、アイテムを送ってみたりしましょう。 これらの機能が無料で簡単に操作できるので、誰でも気軽に楽しめます。 アイテムではなく、配信に対しての報酬がもらえる 他のアプリと大きく違うポイントとして、「Pococha」では配信に対する報酬を運営から受け取れる仕組みがあります。 報酬となるのはダイヤと呼ばれるもので、1ダイヤ=1円の価値があり、5000円以上で現金に換えることができます。 1配信あたりでもらえるダイヤ数はライバーのランク次第。 配信時間やアイテムを使ってもらった量によって昇給していく仕組みです。 例えば、Bランク以上の場合、1時間当たり1000ダイヤ以上、つまり1000円以上稼ぐことも。 ライバーの方によると、Bランクまでは誰でも2時間以上毎日配信すれば比較的簡単に目指せると言われています。 リスナーと交流できる機能「ファミリー」 アットホームな雰囲気が特徴のライブ配信アプリである「Pococha」は、「ファミリー」という独自機能があります。 ファミリーとは、ライバーを応援するためのファンコミュニティのこと。 ファミリーには、チャット機能があり、ファン同士で交流したり、ファンとライバーが一緒になって配信やイベントの作戦会議を行ったりすることができます。 また、ライバーはリスナーの中から5人まで「アシスタント」と呼ばれるファミリーの管理人を任命することも可能。 管理人は、コメント禁止機能やファミリー管理機能を使用できるので、荒らし行為を繰り返すユーザーを管理人権限で追い出すこともできます。 イベントに参加して、広告や雑誌などのメディア出演権をゲット 「Pococha」では、月に20本以上のイベントが開催されています。 このイベントを勝ち抜くと、オリジナルグッズや景品を手に入れられるだけでなく、「Pococha」の広告や人気雑誌への出演権を得られるのです。 そのため、稼ぎながら自分の夢をかなえるチャンスにも繋げられます。 ライバーの夢をかなえるためにファミリーやリスナー同士で協力しながら、配信を盛り上げるのも一体感があって楽しいですよ。 5:フィルター機能が搭載! かわいく動画が撮れる 「Pococha」には、肌の色や明るさ、目の大きさ、唇の発色、輪郭などを変えられるフィルター機能が搭載されています。 顔のコンディションが気になることも多い生配信で、少しでも自分の理想通りに配信できるので、毎日配信でも気軽に挑戦できそうです。 配信時に注意すべきこと 「Pococha」は、NGワード機能や24時間監視体制など、安全面も整っており、初心者の方にもおすすめです。 ただし、生配信には注意しなければならないポイントが多いのも事実。 例えば、配信中の何気ない発言から個人情報がたくさんの人に漏洩してしまう可能性があります。 また、発言だけでなく背景にも注意が必要。 屋外で配信している際や、部屋の中から配信する際には、映り込む背景から家の場所や学校、職場が特定されることもあるので注意するようにしましょう。 さらに、「Pococha」のアプリにログインする際に、Twitter連携を選んでしまうと「Pococha」のプロフィール欄にTwitterのプロフィールが表示されてしまいます。 匿名で配信したい方は、その点にも注意しましょう。 ライブ配信に興味があるなら「Pococha」をチェック! 「Pococha」は、配信時間によって報酬を獲得することができたり、ファン同士のコミュニティを作れたり、オリジナル機能も満載です。 また、まだまだ有名ライバーが少ないこともあり、今まさに稼げるチャンス! ライブ配信に興味のある方は、まずは登録してみてはいかがでしょうか。 Pocochaでライブ配信を始めるなら「ビーバー」 ビーバーはライブ配信アプリ「Pococha」のライバーマネジメントプロダクション(ライバー事務所)です。 多くのPocochaライバーが所属しており、「Pocochaでライブ配信を始めたいけど不安」「安定して稼げるライバーになりたい」という方のために万全のサポート体制も用意しています。 ビーバーに所属してPocochaライバーとして活躍したいなら、。

次の

【ライバー編】 「ファミリー機能ってどうやって使ってる?」 POCO BASE Vol.1開催レポート|Pococha(ポコチャ)公式

ポコチャ アシスタント

近年、増加傾向にあるライブ配信アプリ。 たくさんのアプリがあるなかで、いま人気を集めているのが「Pococha(ポコチャ)」です。 Pocochaにはどのような特徴があるのでしょうか。 アプリの特徴や楽しみ方について徹底的に解説します。 Pococha(ポコチャ)はどんなアプリ? 「Pococha(ポコチャ)」は、「Live Link Life~今この瞬間を、いつまでも。 」をブランドコンセプトに、ライバーとリスナーの「つながり」や、そこから生まれる「よろこび」を大切に居心地の良い場を提供しているライブ配信アプリです。 Pocochaの5つの特徴 昨今、注目を集めているライブ配信アプリ市場。 日本には「17(イチナナ) Live」や「Mix Channel」をはじめ、さまざまなライブ配信アプリがありますが、その特徴はアプリによってさまざま。 では「Pococha」にはいったいどのような特徴があるのでしょう。 生配信・視聴を無料で気軽に楽しめる 「Pococha」は、視聴も生配信も完全無料で楽しむことができます。 始め方も簡単! アプリをダウンロードしたら「Pococha」を起動。 配信したい場合は、ホーム画面の真ん中下にあるボタンを押せば、すぐにスタートできます。 その際、選べる配信方法は2つ。 1つは、カメラを使って映像を映し出すライブ配信、もう1つは映像を見せずに配信するラジオ配信です。 顔を出さずに配信できるのは、うれしいポイントですね。 視聴したい場合は、画面上部のタブを使って気になる配信者(通称・ライバー)を探します。 タブはユーザーから人気のある配信が並ぶ「人気」タブや、始めたばかりの初心者が並ぶ「デビュー」タブ、話している内容から選べる「話題」タブがあります。 お気に入りの配信を見つけたらタップして、コメントやいいね、アイテムを送ってみたりしましょう。 これらの機能が無料で簡単に操作できるので、誰でも気軽に楽しめます。 アイテムではなく、配信に対しての報酬がもらえる 他のアプリと大きく違うポイントとして、「Pococha」では配信に対する報酬を運営から受け取れる仕組みがあります。 報酬となるのはダイヤと呼ばれるもので、1ダイヤ=1円の価値があり、5000円以上で現金に換えることができます。 1配信あたりでもらえるダイヤ数はライバーのランク次第。 配信時間やアイテムを使ってもらった量によって昇給していく仕組みです。 例えば、Bランク以上の場合、1時間当たり1000ダイヤ以上、つまり1000円以上稼ぐことも。 ライバーの方によると、Bランクまでは誰でも2時間以上毎日配信すれば比較的簡単に目指せると言われています。 リスナーと交流できる機能「ファミリー」 アットホームな雰囲気が特徴のライブ配信アプリである「Pococha」は、「ファミリー」という独自機能があります。 ファミリーとは、ライバーを応援するためのファンコミュニティのこと。 ファミリーには、チャット機能があり、ファン同士で交流したり、ファンとライバーが一緒になって配信やイベントの作戦会議を行ったりすることができます。 また、ライバーはリスナーの中から5人まで「アシスタント」と呼ばれるファミリーの管理人を任命することも可能。 管理人は、コメント禁止機能やファミリー管理機能を使用できるので、荒らし行為を繰り返すユーザーを管理人権限で追い出すこともできます。 イベントに参加して、広告や雑誌などのメディア出演権をゲット 「Pococha」では、月に20本以上のイベントが開催されています。 このイベントを勝ち抜くと、オリジナルグッズや景品を手に入れられるだけでなく、「Pococha」の広告や人気雑誌への出演権を得られるのです。 そのため、稼ぎながら自分の夢をかなえるチャンスにも繋げられます。 ライバーの夢をかなえるためにファミリーやリスナー同士で協力しながら、配信を盛り上げるのも一体感があって楽しいですよ。 5:フィルター機能が搭載! かわいく動画が撮れる 「Pococha」には、肌の色や明るさ、目の大きさ、唇の発色、輪郭などを変えられるフィルター機能が搭載されています。 顔のコンディションが気になることも多い生配信で、少しでも自分の理想通りに配信できるので、毎日配信でも気軽に挑戦できそうです。 配信時に注意すべきこと 「Pococha」は、NGワード機能や24時間監視体制など、安全面も整っており、初心者の方にもおすすめです。 ただし、生配信には注意しなければならないポイントが多いのも事実。 例えば、配信中の何気ない発言から個人情報がたくさんの人に漏洩してしまう可能性があります。 また、発言だけでなく背景にも注意が必要。 屋外で配信している際や、部屋の中から配信する際には、映り込む背景から家の場所や学校、職場が特定されることもあるので注意するようにしましょう。 さらに、「Pococha」のアプリにログインする際に、Twitter連携を選んでしまうと「Pococha」のプロフィール欄にTwitterのプロフィールが表示されてしまいます。 匿名で配信したい方は、その点にも注意しましょう。 ライブ配信に興味があるなら「Pococha」をチェック! 「Pococha」は、配信時間によって報酬を獲得することができたり、ファン同士のコミュニティを作れたり、オリジナル機能も満載です。 また、まだまだ有名ライバーが少ないこともあり、今まさに稼げるチャンス! ライブ配信に興味のある方は、まずは登録してみてはいかがでしょうか。 Pocochaでライブ配信を始めるなら「ビーバー」 ビーバーはライブ配信アプリ「Pococha」のライバーマネジメントプロダクション(ライバー事務所)です。 多くのPocochaライバーが所属しており、「Pocochaでライブ配信を始めたいけど不安」「安定して稼げるライバーになりたい」という方のために万全のサポート体制も用意しています。 ビーバーに所属してPocochaライバーとして活躍したいなら、。

次の