シミ 消す クリーム おすすめ。 シミ対策クリームのおすすめ人気ランキング20選【美白を目指す!】

シミ消しクリームおすすめ人気ランキングTOP10!効果についても【2018年最新版】

シミ 消す クリーム おすすめ

保湿成分が入っているクリームを選ぶ 「シミケア」と「保湿ケア」は、少し別物のように感じるかもしれませんが、実はとても 深い関係があります。 肌を保湿するとキメが整い、肌の水分を保つチカラがアップします。 肌にうるおいがあると肌が柔らかくなり、 シミに効く成分が奥まで浸透しやすくなります。 そして、肌にうるおいがあるとターンオーバーの乱れが整うので、 シミの原因になるメラニンの排出もスムーズにおこなわれるようになります。 また、肌が乾燥していると紫外線の影響を受けやすいので、シミができやすくなります。 日頃から紫外線対策はもちろん必要ですが、紫外線ダメージを少しでも減らすために、 保湿対策にも力を入れましょう。 では、おすすめの保湿成分を紹介いたします^^• シミに効く成分が入っているクリームを選ぶ• 保湿成分が入っているクリームを選ぶ• 肌に合うクリームを選ぶ• 使い続けられる価格のクリームを選ぶ• 返金保証が付いたクリームを選ぶ すべてのポイントを押さえたシミ消しクリームを選ぶと、 しっかり効果を実感できます。 シミ対策は、どんなに高価で美白成分が入ったクリームでも、 数日で効果を実感できるものではありません。 数ヶ月、ときにはもっと長期間に及ぶことも考えられます。 ですから、レギュラーサイズの商品を買う前に、 トライアルセットで肌との相性を確認するのがおすすめです。 当サイトでは、 シミ消しクリームが試せるお得なトライアルセットを紹介しています^^ シミ消しクリームランキングの作成基準 当サイトのシミ消しクリームランキングは、次の 7つの項目を徹底調査して作成しました。 ビーグレン|ホワイトクリームの総評 シミへの効果が最も高いと言われる ハイドロキノンを配合したシミ消しクリームです。 ビーグレン独自のブライトニング成分「QuSomeR化ハイドロキノン」がシミへ直接届き働きかけ、 気になるシミを薄く目立たなくしてくれます。 使う度に、 肌に明るさと輝きをもたらしてくれるシミが減るクリームは、さらりと軽い感触で肌に広がり、べたつかず肌へなめらかになじんでくれます。 シミへの効果は期待できるのに、刺激が少なく安心して使うことができます。 ビーグレンはシミに一番効く ハイドロキノンを配合しているので、リピート率は98. 5%です。 迷ったらコレ!ビーグレンのホワイトクリームが一番がおすすめ! ここまで、シミを消すクリームをご紹介してきました。 私が一番おすすめなのは、 ランキング1位ビーグレンのホワイトクリームです! ビーグレンQuSomeホワイトクリーム1. 9は、 シミへの効果が一番ある「ハイドロキノン」を配合したシミ消しクリームです。 通常のハイドロキノンは、水溶性のため皮脂にはじかれてしまいます。 でも、ビーグレンのホワイトクリームはQuSomeR(キューソーム)の独自技術で、 成分をシミの元まで届けると同時に、肌の中に長時間とどまって効果を持続させてくれます。 今あるシミにしっかりアプローチできるので効果を実感しやすく、リピート率は驚異の98. ですから、美白化粧品にありがちな、 うるおい不足や乾燥を感じることがありません。 QuSomeホワイトクリーム1. 9は内容量が15gと少なめですが、 パール1粒~2粒くらいの量を夜しか使用しないので、 1ヶ月強の期間使えます。 トライアルセットはビーグレンのホワイトシリーズをラインで7日間試すことができます。 送料や手数料は無料で、365日間返金保証も付いているので、気軽にお試ししてみてはいかがでしょうか^^ 365日返金保証付き.

次の

シミ消しクリームおすすめランキング2020|効果&口コミで人気11選

シミ 消す クリーム おすすめ

シミを 「予防」するだけでなく「消したい」のならハイドロキノンクリーム一択になります 継続できる価格か シミ消しクリームで効果を感じるまでは個人差もありますが3ヶ月くらいの時間がかかるといわれています。 なので 高価なデパコスクリームを一度だけ買うよりも、継続して続けられる価格のものを選んだほうがいいです。 高いから効果があるというわけではないので自分のお肌に合うかが大事です。 自分が続けやすいか シミ消しクリームでシミを消そうとしても中々効果が実感できずに挫折したという声は多いです。 短期で効果を実感したい人は、シミを消す効果が実際にあるハイドロキノンクリームがおすすめです。 ですがハイドロキノンは紫外線に気をつけたり、日中は使用できないなどの面倒な点もあります。 「手軽なオールインワンがいい」、「長期的でもいいのでお肌に優しい成分の化粧品を使いたい」、など 自分の続けやすいスタイルに合わせて選んでいくのがいいと思います。 中でもラグジュアリーホワイトは 不安定なハイドロキノンを独自技術で酸化しにくくした、「新安定型ハイドロキノン」が使われているのが特徴です。 濃度2. 5%の安定型ハイドロキノンに加え、スクワランやコラーゲンなどの保湿成分に加えて、美白にも効果的な「プラセンタエキス」を配合しているので、美白効果をアップできます。 トライアルセットのアイテム全てに「新安定型ハイドロキノン」や「ハイドロキノン誘導体」が配合されていてハイドロキノンに特化したライン使いをしたい人にもおすすめ。 配合されている成分の中でも 注目は、美白有効成分「ハイドロキノン誘導体」でアルブチンの10倍の美白効果があるとされています。 この成分により、低刺激かつ、お肌に安全に美白効果を得る事ができます。 さらにシミトリーには美白成分だけではなく、 ビタミンCの約600倍、コエンザイムQ10の約250倍の美容成分を含むフラバンジェノールをはじめ、9種類の天然由来保湿エキスも配合されています。 気になるシミだけではなく、シワなどの肌トラブルも目立たなくしてくれます。 ハイドロキノンは配合されていませんが似た作用を目指して作られたハイドロキノン誘導体や効果の高い美白成分がたっぷりです。 短期で集中してシミを薄くしたいという人はこれ 美白効果抜群のハイドロキノンですが、成分が強い分、効果も強いので肌への負担も気になるところです。 ここでは、ハイドロキノン配合のシミ消しクリームを選ぶ時のポイントを解説していきます。 肌に優しく効果を感じられる濃度を選ぶ ハイドロキノンクリームは配合量が多いものを選べばいいというものではありません。 最初から高濃度のものを使うと肌普段が大きい場合も多いです。 でも逆に濃度が低すぎても効果を思うように感じられないかもしれません。 ハイドロキノンを使用するのが 初めての場合は、濃度2%前後の刺激が少ないものからスタートすることをおすすめします。 国産のものを選ぶ ハイドロキノンクリームを海外から個人輸入しているという人もいますが濃度や安全性に注意が必要です。 特に海外のものは高濃度で肌負担が大きいものもあるので国産の肌に優しいものを選んでくださいね。 国産のハイドロキノンクリームは肌の炎症を抑える成分や保湿成分がしっかり入っているものも多いので負担もなくせます。 トライアルのあるものを選ぶ ハイドロキノンはお肌に合う合わないが大きい成分です。 市販のハイドロキノンは肌負担が少ないものも多いですが、やはり実際に使ってみないと分かりません。 返金保障やトライアルがあるものを選ぶと損もないですしお試ししやすいですよ。 おすすめの高濃度ハイドロキノンクリーム ハイドロキノンクリームに慣れてきた人や、もっと高い濃度を試してみたいという人におすすめのクリームを紹介します。 プラスナノHQ プラスナノHQは、プラスキレイというコスメブランドから発売されているハイドロキノンクリームでピンポイントでシミに使用できます。 もともとプラスキレイは、 ハイドロキノン製品メーカーとして、多くの医療機関・サロンへ製品を提供している会社でした。 そのため「プラスナノHQ」はクリニックで培われた技術で ナノ化されたハイドロキノンを高濃度に4%配合のクリームになります。 また、ハイドロキノンだけでなく「ビタミンA」や「ビタミンC」といった肌を整える成分が配合されているので、肌質の改善にも効果を発揮します。 ただ私は初めだけ少し刺激を感じたので、敏感肌の人はしっかりパッチテストをするのがおすすめです。 「医薬部外品」とは、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されているため、効果もみえやすいのが特徴です。 有名な製薬会社や化粧品会社が開発した製品や、医師が開発に携わっている製品も、安全性が保証されているので安心です。 成分自体にシミを薄くする効果はありませんが、スキンケアで肌がターンオーバーすることによりシミを排出することができます。 私が使って特に効果を感じたおすすめを紹介します。 長期でも安全にシミに取り組みたい人はこれ SIMIUS(シミウス) ホワイトニングリフトケアジェル メビウス製薬が販売しているホワイトニングリフトケアジェルは、シリーズ累計販売実績500万個突破という人気のシミ消しクリームです。 特徴はプラセンタの高濃度配合でメラニンの生成を抑制してシミの予防をしてくれます。 オールインワンタイプなので化粧水から美容液、さらには化粧下地までがこれ一本でOKなので楽チンです。 さらに、このジェルはマッサージにも最適。 メビウス製薬独自開発の「ダブルクリスタル製法」により、内側に美白成分、外側にマッサージ機能を持たせ、ジェルを2層にわけています。 マッサージをしながら美白もしたい!という方にもおすすめのシミ消しクリームです。 アスタリフトホワイトケア 松田聖子さんのCMで一躍有名になったアスタリフトは技術力に定評のある富士フイルムの化粧品です。 長年の研究で培われてきた 独自のナノ化技術が特徴で、皮膚の細胞と細胞の間のほんのわずかな隙間に成分が浸透することができ、美容効果が高まります。 また、富士フイルムが開発した高い抗炎症作用を持つ3つの成分「アジア酸」、「マデカッソ酸」、「アジアチコシド」を複合した美白有用成分「AMA」と一緒に配合することで、メラニンの生成を抑制する効果がさらに向上しています。 その他にも、肌にハリを与える成分である3種類のコラーゲンや酵母エキス、ビタミンC誘導体が含まれ美白をサポートしてくれます。 アスタリフトの特徴的な成分である抗酸化作用抜群のアスタキサンチンもナノ化した状態で配合されていて、エイジングケアに期待できます。 プチプラコスメでもシミは消える? 最近は、ドラッグストアなどでホワイトニング化粧品がプチプラで販売されています。 シミが気になってきて、まず身近のお店でプチプラからケアを始める人も多いのではないでしょうか。 私もそうだったのですが、 プチプラコスメでシミに変化を感じることはほぼありません(^^; 値段が安いと有効成分の配合濃度がどうしても低めのものが多いので、効果も実感しにくくなってしまいます。 効果が出づらいため、色々な種類を試したり、本数をたくさん買ったりした結果、結局かなりの金額になることもあります。 ただプチプラは量を気にせず使えるので、美白化粧水などたっぷり使いやシートパックをしたい場合はいいかもしれないですね。 化粧水や美容液で肌を整えたあと、クリームなどでしっかり仕上げをしてくださいね。 正しい使用量を守る シミ消しクリームはチューブなどの少量なのに値段が高いというものも多いです。 私がそうだったのですが、量をけちってしまったり毎日継続できなければ効果も中々でません(^^; 使用推奨量を守って使うことで結果的にシミへの効果も早く実感できてコスパも良くなりますよ。 使用期限は厳守! シミ消しクリームは特にハイドロキノンは非常に繊細な成分ですので、 使用期限をしっかりと守る事が大切です。 使用期限を超えたり保存状態が悪い場合、品質が劣化し効果が得られないどころか肌トラブルにもつながる場合がありますので注意してくださいね。 ここでは体の中からのケアで普段からできるものをまとめました 生活習慣の見直しをしてみよう ストレスをためずしっかり睡眠を 意外かもしれませんが、疲れやストレスもシミの原因になり得るんです。 というのも、 疲れやストレスが溜まると、体内に活性酸素が発生し、メラノサイトを刺激するからです。 メラノサイトが刺激されると、メラニンの生成が促進され、シミができやすくなってしまいます。 疲れが溜まったなと思ったら、良質な睡眠を十分にとるようにしてくださいね。 睡眠中に分泌されるメラトニンというホルモンは、活性酸素を無毒化してくれます。 適度に運動をする 運動不足で血行不良になることも、肌のターンオーバーを乱す原因になります。 軽い運動はストレスだけではなく、もちろん体にも良いので、ぜひ続けていきたいところですね。 紫外線は徹底的にカット! もっとも基本的でありながら、確実な方法が紫外線をカットすることです。 また、紫外線をカットするには、日焼け止めだけではなく帽子や日傘なども併用すると、より確実です。 日焼け止めだけだと、塗りムラがあったり、汗などで落ちてしまうことがあったりするからです。 紫外線をしっかりカットすることは、シミだけではなくシワなどの肌の老化自体を食い止める効果があります 日焼け後のスキンケアの基本は冷やすこと 日焼けをしてしまった時には、すぐに美白化粧品を使うのではなく、 まずは冷やして肌の炎症を抑えましょう。 炎症が起きると、メラノサイトが刺激されてメラニンの生成が促されてしまうので、なるべく早く鎮めることが大切です。 肌の摩擦を避ける 肌への慢性的な刺激は、色素沈着の原因にもなります。 洗顔の際に強い力で顔をこすったり、タオルで拭くときにゴシゴシこすったりしていませんか? 洗顔やマッサージは、指先を軽く滑らせる程度の力でおこなうようにするのがおススメです。 また、顔や体を拭く際には、こするのではなく水分を押さえるようにすると良いですよ。 シミ消しに効果的な食べ物を摂取する 美白に効く食べ物は、抗酸化作用のある栄養素を含む食材です。 これらの栄養素は、メラニンの生成を阻害してシミを防いでくれるんですよ。 ハイドロキノンクリーム• トレチノイン これらのクリームは市販で販売されているクリームより高濃度の成分が配合されており、皮膚科でしか処方される事はありません。 処方された際は、かならず主治医の指示のもと使用し、用法・容量をきちんと守って使うようにしてくださいね。 即効性ならレーザー治療もおすすめ シミをセルフケアする方法は、根気強くインナーケアとスキンケアを続けて行くことが成功の秘訣です。 ただ、残念ながら、濃く広がってしまったシミはすぐに無くなる事はありません。 時間をかけずにシミを改善したい、という場合は美容皮膚科でのレーザー治療を考えるのもひとつの手かもしれません。 美容皮膚科での治療は、高額なんじゃないの?という印象が強いですが、近年は一般化しており、安価な価格を打ち出している病院も出てきました。 肌質やシミの種類にもよって、一度の治療でシミが消し去れない場合もありますが、数回通う事で効果は出ますので、結局の所安くシミが治った、という場合もあります。 ただ、やはり医療行為とはなりますので、美容皮膚科を選ぶ際には注意が必要です。 良い美容皮膚科を見分けるポイントは2つ。 レーザー治療専門で症例数多数• カウンセリングが無料• 痛くない• シミ以外にニキビ跡・しわ・毛穴・たるみも治療• レーザーで難しい肝班も治療可能 世界最大規模のレーザー治療専門クリニックでアフターケアもしっかりしてくれます。 ちなみにドクターシーラボの生みの親のクリニックだそうで、よく愛用していた私は親近感がわきました^^ 近くにクリニックがある場合はまずは無料カウンセリングを受けてみるのもいいかもしれませんね。 【結論】結局どのシミ消しクリームがいいの? シミ消しクリームを選ぶのであればやはりハイドロキノンクリームを選ぶのがおすすめです。 「ハイドロキノン」は、今のところシミに最強!と言われる成分で効果を感じるスピードも早いです。 ただしハイドロキノンは肌に合わないと肌荒れなどのトラブルの原因にもなるので、まずはトライアルセットを利用するのが良いです。 私のおすすめは、ビーグレンのホワイトケア。 ハイドロキノンの配合量1. 9%と肌に優しいですが、4%並みの効果を実感できます。 実際に使ってみてもビーグレンが一番浸透力が高くシミへの効果を実感できました。 トライアルセットもあり、1800円とお手軽に試すことができます。

次の

メンズケシミンも!?男性用シミ消しクリームのおすすめと使用法・注意すること

シミ 消す クリーム おすすめ

年齢とともに いつの間にか増えてくるシミ、どうにかして消したいですよね。 そんなシミのお悩みは、 「シミ消しクリーム」で集中ケアするのがおすすめです。 そこでこの記事では、カスタムライフ編集部が• 実際の愛用者の口コミ評判 などを徹底調査して、 おすすめのシミ消しクリームを厳選&ランキング形式でご紹介します。 すぐにアイテムを見たい方は「 」からチェックできますよ。 いくつになっても魅力的な、 透明感のある素肌を叶えましょう! なおこの記事では、医学的知識に関して専門家に監修をしていただいています。 「あらゆる肌悩みに対し最適な化粧品を選びだせるプロフェッショナル(より)」です。 またこのランキングの作成にあたっては、カスタムライフ編集部がアイテムを実際に購入して テクスチャーや香りをチェック。 各商品の特徴を詳しくご説明しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 メビウス製薬の「 」は、スキンケアからパックまで、1つで10役をこなす オールインワンジェル。 プラセンタエキス• グリチルリチン酸ジカリウム といった有効成分に加え、11種の植物エキスをたっぷりと配合。 シミ対策と保湿ケアが同時に叶う、万能なアイテムです。 次の章からは 価格や成分別におすすめの シミ消しクリームをご紹介しますので、あわせて参考にしてみてくださいね。 3.特徴別のシミ消しクリームおすすめ6選 価格や配合成分など、 シミ消しクリームを選ぶ際のこだわりは人それぞれでしょう。 そこでここからは、 の順に、 特徴別のおすすめシミ消しクリームをご紹介します。 ここでは 低価格でも美白効果の高い、おすすめシミ消しクリームを2つご紹介します。 ・ケシミンクリーム(小林製薬)• 有効成分:L-アスコルビン酸 2-グルコシド、グリチルリチン酸ステアリル、トコフェロール酢酸エステル その他の成分:サラシミツロウ、ステアリン酸、流動パラフィン、硬化油、自己乳化型モノステアリン酸グリセリル、親油型モノステアリン酸グリセリル、べヘニルアルコール、モノステアリン酸ポリエチレングリコール、吸着精製ラノリン、メチルポリシロキサン、パラオキシ安息香酸プロピル、濃グリセリン、1,3-ブチレングリコール、パラオキシ安息香酸メチル、N-ステアロイル-L-グルタミン酸ナトリウム、キサンタンガム、クエン酸、水酸化カリウム、油溶性甘草エキス 2 、ホオノキ抽出液、プルーン酵素分解物、フェノキシエタノール、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル、精製水 有効成分:プラセンタエキス-1、酢酸トコフェロール その他の成分:コラーゲン・トリペプチド F、ヨクイニンエキス、桑エキス、DL-PCA・Na液、DL-リンゴ酸、米ヌカ油、米ヌカスフィンゴ糖脂質、大豆リン脂質、濃グリセリン、DPG、パルミチン酸エチルヘキシル、オクチルドデカノール、硬化油、粘度調整剤、ステアリン酸POEグリセリル、POE硬化ヒマシ油、ステアリン酸ポリグリセリル、pH調整剤、EDTA-2Na、BG、オキシプロリン、グリセリン、オレイン酸ポリグリセリル、メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、フェノキシエタノール、パラベン、香料 水、グリセリン、ベヘニルアルコール、エトキシジグリコール、ミリスチン酸オクチルドデシル、ステアリン酸グリセリル、セタルコニウムクロリド、ペンチレングリコール、ハイドロキノン、スクワラン、ホホバ種子油、ラウリン酸メチルヘプチル、水添レシチン、ベヘン酸グリセリル、オクタステアリン酸ポリグリセリルル-6、PEG-60水添ヒマシ油、ステアロイルメチルタウリンNa、ステアロキシヒドロキシプロピルメチルセルロース、グリチルリチン酸2K、ヒアルロン酸Na、プラセンタエキス、テルミナリアフェルジナンジアナ果実エキス、ポリクオタニウム-51、エチルヘキシルグリセリン、BG、トコフェロール、酢酸トコフェロール、キサンタンガム、クエン酸Na、ピロ亜硫酸Na、フェノキシエタノール 続いて、お肌が敏感な方にも使いやすい 低刺激性のシミ消しクリームをご紹介します。 3-3.低刺激性の優しいシミ消しクリーム 「シミ対策はしたいけど、肌への刺激が気になる…」と美白ケアに悩んでいる方もいますよね。 ここでは、 低刺激性で肌に優しいシミ消しクリームを2つご紹介します。 メラニンの生成を抑えてシミを防ぐ• 乾燥による小ジワを目立たせない• 無香料、無着色 などの処方で、 女性の肌悩みをトータルケアしてくれるのが嬉しいアイテム。 美白有効成分であるビタミンC誘導体配合で、 できてしまったシミをじっくりケアしてくれますよ。 また確実にシミ対策がしたいなら、 医療機関での「レーザー治療」もおすすめ。 かかる時間や治療法はシミの状態・肌質によって違うため、気になる方はまず 皮膚科でカウンセリングを受けてみてくださいね。 しつこいシミを綺麗に消して、 表情まで明るい素肌を目指しましょう!.

次の