インスタ グラム メッセージ リクエスト。 インスタグラムを乗っ取られた!アカウントを取り戻すまでのやり方と感じたこと。

【Instagram】フォローリクエストの意味ってなに?

インスタ グラム メッセージ リクエスト

ユーザー数の成長が著しく、今盛り上がっているInstagram。 「ストーリー機能」に続き、新たに「ライブ配信機能」の提供が始まりました。 この機能追加によってInstagramはさらに盛り上がることになるでしょう。 本記事では、ライブ配信機能について徹底解説します。 Instagramのライブ配信とは?• Instagramライブ配信のやり方• Instagramライブ配信に関わる設定• Instagramのライブ配信を企業が活用する際のポイント• まとめ 1. Instagramのライブ配信とは? Instagramライブ配信機能とは、リアルタイムでフォロワーに対して動画を配信できる新機能です。 海外での先行提供を経て、2017年1月17日から日本でも利用可能になりました。 ライブ配信は公式アプリから簡単に実施でき(後述)、ライブ配信を開始するとフォロワー全員に通知が届きます。 また、このライブ配信機能では、ライブ配信中しか内容を閲覧できないようになっており、ストーリーのように24時間残ることはありません。 通常投稿には何の影響もない、他と独立した機能になります。 ライブ配信はどのように表示される? ライブ配信が始まるとタイムライン上部のストーリー表示部分にライブ配信機能専用のアイコンと「LIVE」の文字が表示されます。 ライブ配信画面では、視聴しているほかのユーザーのコメントやいいね!(ハートマーク)を見られます。 コメント欄を用いて、配信者と視聴者が実際に会話をしているような距離感で、コミュニケーションを取ることができるのです。 ライブ配信を見る方法 自分がフォローしている人がライブ配信をしているときは上述したようにタイムライン上部の「LIVE」と表示されたアイコンをタップすれば視聴できます。 また、自分がフォローしていなくても人気のライブ配信を見ることもできます。 その場合は、発見タブ(虫眼鏡マーク)に表示される人気配信者のアイコンをタップします。 Instagramライブ配信のやり方 以下に、ライブ配信の始め方や終わり方、その他の機能を詳細にご紹介します。 ライブ配信の始め方• 手順1:ライブ配信はストーリーの作成画面から始めます。 手順2:下の欄を横スクロールし、「ライブ」を選択します。 手順3:「ライブ配信を開始」をタップすれば配信が始まります。 なお、始める前に3秒のカウントダウンがあるため、間違えて配信しそうになったときもすぐにキャンセルできます。 カメラを切り替える方法 配信には、背面カメラと前面カメラの両方を使用できます。 右下のマーク(赤枠)をタップして切り替えます。 また、配信者は前面カメラにすることで撮影の様子を自分で確認できます。 コメント(ユーザーからのコメントに返信)する方法 ライブ動画の配信画面の左下にある「コメントする」をタップし、文字を打ち込んで「送信」します。 これにより、配信画面下部にコメントが表示されます。 多くのユーザーがコメントする場合は、コメントの量が5つを超えると古いものから上に流れて見えなくなります。 コメントをオフ(拒否)する方法 ライブ配信画面右下の「…」ボタンをタップし、「コメントをオフにします」を選択します。 ライブ配信を終了する方法 ライブ配信画面右上の「終了する」をタップし、「ライブ動画を終了する」を選択します。 リプレイ動画をシェアする方法 2017年6月より新たに追加された機能として、配信したライブをリプレイ動画としてシェアすることができるようになりました。 リプレイ動画はシェアしてから24時間、ストーリーズ投稿としてトレイに表示されます。 ユーザーはライブ配信を見逃しても、シェアされてから24時間以内であれば視聴することが可能です。 またリプレイ動画では、視聴している画面の左右をタップすることで早送り早戻しができるので、時間がない時や重要な部分のみを視聴したい場合にはうってつけの機能です。 もう1回タップすると再度表示させることができ、タップのみで切り替え可能です。 しかし、非表示になるのはあくまで配信者の画面上のみで、視聴者には見えているので注意しましょう。 Instagramライブ配信に関わる設定 コメントのフィルタ機能はライブ配信にも有効 ライブ配信に限らず通常コメントでも有効な、誹謗中傷コメントなどを表示させない設定のやり方をご紹介します。 手順1: アカウントホーム画面右上の設定ボタン(歯車マーク)をタップします。 手順2: 表示された画面を下にスクロールし、「設定」カテゴリーの「コメント」を選択します。 手順3: 「不適切なコメントを非表示にする」をONにして、「カスタムキーワード欄」に投稿させたくない任意の単語を入力すれば設定完了です。 この誹謗中傷防止の機能では「デフォルトキーワード」と「カスタムキーワード」があります。 「デフォルトキーワード」には、Instagramが不適切だと判断しているキーワード(侮辱や差別、性的描写に関するものなど)が登録されており、そのキーワードを含んだ投稿やコメントが表示されなくなります。 また、「カスタムキーワード」では自分の任意のキーワードを設定し、そのキーワードを含んだ投稿やコメントを非表示にできます。 サービス開始当初英語以外には対応していませんでしたが、現在では日本語にも対応しており、例えば「ばか」や「あほ」などを非表示にすることも可能になりました。 ストーリー設定 ライブ配信機能はストーリーの一部と位置づけられており、ストーリー設定はライブ配信にも有効になります。 このストーリー設定のやり方をご紹介します。 手順1: ライブ配信画面の左上の設定ボタンをタップします。 手順2: 「ストーリー設定」の中の「ストーリーを表示しない人」を選択します。 手順3: 自分のフォロワーが表示されるので、その中からストーリーを表示させないアカウントを選択します。 これにより、特定のユーザーにストーリーおよびライブ配信を表示されないようにできます。 ひとつひとつ作り込む必要があります。 しかし、ライブ配信やストーリーは後から閲覧することができないため、そこまで作り込まなくてもフランクに配信できます。 通常の投稿とは違った、ブランドを身近に感じてもらえるようなコンテンツを気軽に配信する方がいいでしょう。 せっかく良いコンテンツを配信していても視聴してもらえないと意味がないため、ターゲットが動画を見る余裕のある時間帯を考慮して配信する必要があります。 このような場合は、事前の投稿や他のSNSなどで何時から何のライブ配信をするのかを告知しておきましょう。 そうすれば、どうしても見たい人は見てくれるかもしれません。 また、イベントの裏側を配信するなど様々な視点からイベントを紹介したい場合は、ストーリーと併用をするという手法もあります。 まとめ ここまでInstagramのライブ配信機能についてご紹介しました。 写真中心の投稿スタイルであったInstagramにストーリー機能やライブ配信機能が次々に追加され、今後もさらなる機能追加が期待できます。 新たに出てくる機能と自社商材との相性を把握し、有効活用していく必要がありそうです。 本記事の内容を参考にぜひライブ配信機能を活用してみてください。

次の

インスタ自動いいねツールの特徴・評判比較まとめ

インスタ グラム メッセージ リクエスト

この記事のINDEX• を使っていると「あの人にこの投稿見られたら気まずいかも…」と思うことってありますよね。 そんな時にブロック機能を使おうかと迷いますが、ブロックした相手に通知が行ってしまわないか、ブロックした相手には自分のアカウントがどう見えるのか…色々と気になるところ。 そこで今回は ブロック機能の使い方とを使う前に知っておいてほしい注意点をご紹介します! ブロック機能ってなに? ブロック機能とは、 指定した相手に対して自分のアカウントを非公開にする機能です。 通常の投稿やストーリーが見られなくなるのはもちろん、DMなどでコンタクトをとる事もできなくなります。 これはフォローの有無に関わらず、使用することが可能です。 インスタで相手をブロックする方法 ブロックする方法は、相手のプロフィールが画面を開き 右上の「…」をタップします。 「ブロックする」を選択すれば相手をブロックすることができますよ! また解除したい場合は、ブロックした相手のプロフィール画面で 「ブロックを解除」のボタンを押します。 これで、ブロックが解除され「フォローする」のボタンに切り替わります。 ブロックしたらどうなるの? ブロックした場合は次のようなことが制限されます。 ブロックした相手をフォローしていた場合は、フォローが解除されます• タイムラインに、ブロックした相手の投稿が表示されなくなります• ブロックした相手からのDMが送られなくなります• ブロックした相手が過去に自分の投稿につけた、いいね!やコメントが表示されなくなります• ブロックした相手のプロフィール画面を開くと「投稿がありません」と表示されます ブロックされた側はどうなるの? ブロックされた場合は次のようなことが制限されます。 ブロックされた相手をフォローしていた場合は、フォローが解除されます• ブロックされた相手の投稿が表示されなくなります• 検索からブロックされた相手のアカウントを見つけられなくなります• ブロックされた相手が過去に自分や他ユーザーにつけた、いいね!やコメントが表示されなくなります• ブロックされた相手が他のユーザーのタグ付されている場合、タグをクリックすると、プロフィール画面は表示されますが、投稿は表示されません• 過去にやりとりしたダイレクトメッセージからアカウントにとんだ場合も同様で、プロフィール画面は表示されますが投稿は表示されません• ブロックされた相手のフォロワー、フォロー中のアカウントも表示できなくなります ということで、 ブロック機能を使用しても通知等は届かない仕組みになっているんですね。 しかし、それでもブロックした相手がプロフィール画面を開いた場合は、「ユーザーが見つかりませんでした」と表示されてしまうので ブロックしたことは相手にも分かってしまいます。 非公開モードとの違いと活用方法 非公開モードは、自分が承認した人以外には投稿を公開しない機能です。 非公開モードに変更した場合、すでにいる自分のフォロワーは、フォローバックの有無に関わらず自動的に全員承認されます。 そのため、 フォロワーの中にブロックしたい相手がいる場合は非公開モードに変更しても特に変化はありません。 ただ、 非公開モードの状態で特定の相手をブロックすると相手のフォローが自動的に外れます。 その後ブロックを解除したとしても、非公開設定なのでリクエストを承認しない限り投稿を見ることはできませんし、 相手にも非公開アカウントとして表示されるのでブロックしたことに気づかれない可能性もあります。

次の

しつこい人を撃退!だけど大丈夫?dm(ダイレクトメッセージ)拒否のやり方

インスタ グラム メッセージ リクエスト

インスタのDM(ダイレクト)にはメッセージリクエストという機能があります。 メッセージリクエストは通常のDM画面にはメッセージスレッドが表示されていないので気付かないことも多いです。 特にインスタを始めて間もない間はメッセージリクエストが来ている事にも気付かないといったケースもあったりします。 一応プッシュ通知の設定ができるのですが、実はプッシュ通知があっても無くても気付かない事が多いです。 DMのメッセージリクエストについて知りたい方は参考にして下さい。 インスタのDMにあるメッセージリクエストとは、自分がフォローしてない相手からメッセージが届いた時に使われる機能です。 通常、DMで受信したメッセージはDM画面のスレッドで新着メッセージとして表示され内容を確認します。 しかし、相手をインスタでフォローしてない場合、メッセージを受信してもDMのスレッド画面に表示されません。 メッセージリクエストという形で別の場所に保存される仕組みになっているのです。 メッセージリクエストで送られたメッセージに対しては『承認しない』や『承認する』という選択があります。 そしてそのままその相手とは自由にメッセージのやり取りができるようになります。 リクエストを許可しても相手には通知などはされません。 特に問題なさそうな相手でなければ、とりあえずリクエストの許可だけしておくというのもアリでしょう。 また、許可した後でもお知らせ通知をオフ(ミュート)にしたり、ブロックする事でメッセージの受信を拒否する事も可能です。 特に、相手にバレるのかどうかというのは多くの方が心配に感じる部分だと思います。 まず、メッセージリクエストで『承認しない』を選択した場合、そのメッセージリクエスト自体が削除されます。 メッセージリクエストとして受信したメッセージは削除されますが、送信者側のDM画面では送信メッセージとしてメッセージは残ります。 ただし、そのメッセージに既読が付くことはありません。 そして、メッセージリクエストで『承認しない』を選択した事が相手に通知されたりバレる事もありません。 相手に通知されないというのは安心ですね。 変なアカウントや怪しいユーザーに対しては気にせず『承認しない』で対応できそうです。 上記のように『承認しない』を選択して削除したメッセージをもう一度確認したい思っても復元などもできません。 また、『承認しない』をタップするとその瞬間にリクエストを拒否した事になり、確認画面などは表示されないので間違えて押さないよう注意しましょう。 一度『承認しない』を選択して拒否した相手から同じようにメッセージが送られてきたらどうなるのかという点も調査しました。 実際に試してみたところ、メッセージリクエストで『承認しない』を選択したら、それ以降は同じ相手からのメッセージを受信する事はありませんでした。 相手側はDM画面からメッセージの送信をする事はできますが、こちらにはメッセージが届かないという状態ですね。 ちょうどLINEのブロックと同じような感じをイメージして頂ければわかりやすいかと思います。 そのユーザーからは新規メッセージをブロックしている状態となりこちらにメッセージが届く事は無いです。 相手をブロックしたくないけどメッセージを送られるのは迷惑という時にはメッセージリクエストで『承認しない』を選択すると良さそうですね。 これは明確な原因が不明で、通知がちゃんとくる時と通知が来ない時があります。 対策と言うのも特になく、メッセージリクエストに気付かない原因の一つになっていたりします。 端末の問題やアプリの問題などがあり得ますが、とりあえず復旧するまでは定期的にDM画面を確認するしか方法はないでしょう。 毎日インスタでDMを使う方であれば、そのついでにリンクの確認をしておくと良いですね。 早く改善されれば良いのですが…。

次の