作業エプロン。 △▼ 作業着みたいなエプロンと作り方 ▼△

作業がはかどる、たっぷりポケットのツールエプロンの作り方

作業エプロン

ツールエプロンの作り方 1.ポケットパーツを作る まずポケットパーツを作ります。 ポケットパーツの裏が上になるように置き、両端は5cm、他は10cm間隔で印をつけます。 (印1) この印を使ってタックを作ります。 下端から2cmのところに、チャコペンで横にまっすぐ線をひきます。 この線がタックの縫いどまりの位置になります。 ポケットパーツを表に返し、20cm間隔で縦にまっすぐ線をひきます。 (印2) 印1のところが山になるように中表で折り、印1から1cmのところを縫います。 さきほど線をひいた2cmのところが縫いどまりとなります。 6か所すべてタックを縫ったら、写真の通りにアイロンでタックをたおします。 ここでは無地に白ラインをきかせたかったので外側に三つ折りしていますが、柄布の場合は内側に三つ折りしましょう。 三つ折りしたところにステッチをかけます。 両側を内側に5mm折り、アイロンでしっかり折り目をつけておきます。 2.本体パーツにポケットを縫いつける 本体パーツの上にポケットを置き、ていねいにまち針でとめます。 この時、本体パーツの上辺に20cm間隔で印をつけ、その印と、さきほどつけた印2が縦に揃うようにしましょう。 縦方向の位置は下辺から5cmのところです。 ポケットの両側と下辺をぐるりと本体に縫いつけます。 印2のライン上をステッチします。 本体の4角を写真の寸法で切り欠きます。 この時、裾は切りっぱなしの仕上げでOKという方は、上辺の角2つだけを切り欠いてくださいね。 裾を切りっぱなし仕上げにする方は、両側だけの処理で良いです。 3.腰ひもを縫いつける 腰ひもを作ります。 1本にした腰ひもの4辺を内側に1cmずつ折り、アイロンをかけます。 長いですが、頑張りましょう。 さらに半分に折ってアイロンをかけます。 両端はこんなふうに折り込んでおきましょう。 本体の上辺に腰ひも1の部分に挟みこみ、まち針でとめます。 これで完成!なのですが、このままだとツールエプロンのポケットにたくさん入れる場合、エプロンが下にたるんでしまします。 なので、ポケットにたくさん物をしまっても下にたるまないように、腰ひも通しをつけるのがおすすめです。 長辺を内側に折り込んでステッチをかけます。 短辺を内側に1cm折り、アイロンで折り目をつけます。 ポケットの端に合わせて縫い付けます。 ツールエプロンが完成! さあ、これでツールエプロンが完成です! さっそくつけてみました。 ポケットのたっぷり感!頑張ってタックをつけた甲斐がありますね。 腰ひもをベルト通しに通してからひも通しに通せば、ポケットに重いものを入れてもエプロンが下がりません。 ハサミやひも、霧吹きなどをポケットにしまって、、、 ユーカリ・ポポラスさん、いい具合のドライになったかな? 使い終わったらくるくる巻いて、 コンパクトに。 当サイトnunocoto fabricで販売している 生地はすべて商用利用可能です。 催事・バザー・オークション・ハンドメイドサイト・個人のオンラインショップなど、販売用アイテムの製作にそのままご利用いただけます。 また、サイト内で紹介している 無料型紙(製図・パターン)および、ソーイングレシピコンテンツを参考にして作った製作物の販売も自由です。 ただし、製品化した際に起こる全てのトラブル、クレームにつきましては当店及びnunocoto fabricは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。 こちらの無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)は個人利用を目的としたものとしているため、 無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)自体の複写・転載・販売は禁止とします。 nunocoto fabricオリジナルパターンの著作権は、当店nunocoto fabricが所有しております。 申し訳ございません。

次の

作業エプロン通販・販売

作業エプロン

どうも、凝り性です。 で、バックでクロスするタイプの肩掛けエプロンがいいかなと思ったんですが、気に入ったものはお値段がちょっと可愛くない。。 溶接したり、トンカチでカンカン打ってるイメージ Processed with Rookie Cam 肩紐と見頃に留めるところ、何度も往復縫いしてみたり(ズタズタ縫い) 肩紐は太めゴツメにしてみたり。 耐久面で大丈夫そうなところは切りっぱなしにしてみたりで 男前な要素を入れると、 なぜか工程はどんどん簡単になっていきました。 ほんとに簡単だったので、うまく説明できるかわかりませんが作り方も載せておきます。 私は古着っぽく着たかったので、コーデュロイにしましたが、リネンやテーブルクロス、カーテン、シーツなど再利用できるもので作ってもいいかと。 (左右の端は、生地幅いっぱい使ったので処理なしですが、必要であれば同じようにしてください。 裏表をひっくり返して、等間隔に4本縫う。 縫い目は適当です。 ねじれないように注意です! 完成。 赤いのは去年娘に作ったエプロンです。 ハンガーで干せるので場所もとらないし、シワは伸ばさなくっても乾くまでに自重で伸びます。 おまけ このエプロンはフライパンよりドライバーが似合う🔧 Processed with Rookie Cam プラレールの電池交換しようとしたんですが、どうもあけ方がわからず、、、💦 youtubeで検索してなんとかできましたが これ、わからんわ!!(笑) ちなみにドライバーは要りませんでした。 プーさんのプラレールはドライバーでフタ開けて電池交換なのにな〜。 トーマスの開けちゃいけないところたくさん開けてしまったわ😂.

次の

△▼ 作業着みたいなエプロンと作り方 ▼△

作業エプロン

2019. 1 【新商品情報】 2019. 28 【新商品情報】 2019. 20 【新商品情報】 2019. 25 【新商品情報】 2019. 24 【新商品情報】 2019. 10 【新商品情報】 2019. 4 【新商品情報】 2019. 2 【新商品情報】 2019. 1 【新商品情報】 2018. 4 【新商品情報】 2018. 1 【新商品情報】 2018. 29 【新商品情報】 2018. 26 【新商品情報】 2018. 25 【新商品情報】 2018. 21 【新商品情報】 2018. 1 【新商品情報】 2018. 21 【新商品情報】 2018. 26 【新商品情報】 2018. 3 【セール情報】 2017. 6 【新商品情報】 2017. 17 【セール情報】 冬物売り尽くし大特価SALEを開催!! 2016. 28 【セール情報】 大人気につき作業服メーカーの作業服全品送料無料キャンペーンを継続いたします!! 2016. 20 【セール情報】 2016. 13 【セール情報】 2016. 6 【セール情報】 2016. 29 【セール情報】 2016. 26 【新商品情報】 2016. 25 【新商品情報】 2016. 8 【新商品情報】 2016. 16 【新商品情報】 2016. 20 【新商品情報】.

次の