プレッピー ルック。 80年代メンズファッションの特徴とは?|海外を驚かせた日本DCブランド服からアメリカ発80sプレッピーまで

初心者必見!大人のアイビールック入門

プレッピー ルック

英語版記事の機械翻訳されたバージョンを(各言語から日本語へ)。 Googleの機械翻訳を翻訳の手がかりにすることは有益ですが、翻訳者は機械翻訳をそのままコピー・アンド・ペーストを行うのではなく、必要に応じて誤りを訂正し正確な翻訳にする必要があります。 信頼性が低いまたは低品質な文章を翻訳しないでください。 もし可能ならば、文章を他言語版記事に示された文献で正しいかどうかを確認してください。 を行うため、に翻訳元となった記事のページ名・版について記述する必要があります。 記述方法については、を参照ください。 に、より詳細な翻訳の手順・指針についての説明があります。 この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2019年12月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2018年7月) アイビールックとは、1950年代にアメリカで生まれたファッションスタイル。 にで独自の文化として流行したスタイルでもある。 アイビーリーグルック、 アイビースタイル、 アイビーリーグススタイルとも。 にアメリカの「国際衣服デザイナー協会(: International Association of Clothing Designers)」が、ににある名門私立大学の通称「」の学生やOBの間で広まっていたファッションを基に、 アイビーリーグモデル(: Ivy League model)という紳士服のスタイルを発表した。 髪をにし、ボタンダウンシャツ、三つボタンの、コットンパンツ、を着用するのが定番だったとされる。 ごろ、アイビールックでのに集まる若者達を「」と呼んだ。 アイビーリーグモデルのジャケット(VAN) 前記のとおり、初期に流行を牽引していたのはヴァンヂャケットとMEN'S CLUBとなる。 両社は積極的にタイアップし、MEN'S CLUB誌面でアイビールックを取り上げ、ヴァンヂャケットの広告を載せた。 ヴァンヂャケットはMEN'S CLUBの何割かを買い取り、それを小売り店に流して販促に使わせる、という構図がうまくはまった。 には街でアイビールックの素人を撮影し、掲載する「街のアイビーリーガース」というコーナーが始まる。 には実際にアイビー・リーグを周り、その学生達の姿を撮影。 に『TAKE IVY』という映画と写真集を発表した。 写真集はに英訳版がアメリカで販売。 に石津謙介生誕100年記念出版として日本でも復刻販売された。 スタイル [ ].

次の

【メンズファッションジャンルの種類と特徴】第3弾・プレッピースタイル

プレッピー ルック

<目次> ・ ・ ・ ・ ・ プレッピースタイルとは プレッピースタイルとはそもそもどこで生まれたファッションなのか、その歴史からたどってみましょう。 何となくイメージはつくかもしれませんが、どういうコーディネートを指すのかも詳しく説明していきます。 プレッピースタイルの意味や定義 プレッピーとは、名門私立学校に通っている良家の子息や令嬢を表す俗称になります。 アメリカでは、名門私立高校をプレパラトリースクールと呼ぶのですが、これを略してプレップと呼ぶのが、プレッピーの語源だといわれています。 育ちの良さや上品さを感じさせるコーディネートがプレッピースタイル。 エンブレムつきのブレザーやカーディガンなどが着こなしのキーアイテムになります。 プレッピーとアイビーの違い プレッピースタイルはアイビールックの弟分という位置付けになるかもしれません。 1950年代に流行した、アメリカの有名私大8校による団体・アイビーリーグ所属の学生たちのファッションがアイビールックに当たります。 そのアイビーリーグの大学進学を目指すプレパラトリースクールに通う学生たちのファッションが、プレッピースタイルだといわれています。 プレッピースタイルが流行するのは1980年代。 アイビールックが流行した世代の子どもたちの世代でもあり、アイビールックよりも少しルーズで、上質な服を着崩すというのがルールだったそうです。 Check! プレッピーファッション系レディースブランド では、プレッピーファッション系のレディースブランドとはどんなものがあるのでしょうか。 Tommy Hilfiger(トミー ヒルフィガー) 「クラシック アメリカン クール」をコンセプトにした、アメリカのブランド。 1985年に創業し、伝統的なアメリカンファッションにちょっぴりひねりを加えて、新鮮に見せているのが特徴です。 レディース、メンズ、さらにキッズやベビーまで揃います。 ジャケットが代表的なアイテムで、メンズ用を女性が着てもとってもおしゃれに決まりますよ。 RALPH LAUREN(ラルフローレン) 1968年に創業した、デザイナーのラルフ・ローレンによるブランド。 イギリスの伝統的なファッションをアメリカ流にアレンジした、アメリカントラッドな洋服を提案しています。 アメリカの豊かで理想的なライフスタイルを表現しているので、品が良く上質なファッションアイテムが揃います。 長袖のシャツなどはラフに着られて、定番で人気のアイテムです。 LACOSTE(ラコステ) 1933年にテニス選手であるルネ・ラコステがスタートさせたブランドで、当時はスポーツテイストを感じさせるファッションがメインでした。 2012年には、アジア初の旗艦店が渋谷にオープン。 キャッチーなワニのマークがトレードマークで、斬新な色使いはプレッピースタイルに最適です。 代表的なアイテムは言わずと知れたポロシャツです。 fredy(フレディ) 1981年に日本で生まれたカジュアル系ブランド。 着心地が良く、デイリーで着やすいアイテムばかりなので、ファッション初心者も手に取りやすいはずです。 Read more 1945年に太平洋戦争が終結。 50年代の日本のストリートファッションは、アメリカ文化の模倣にはじまり欧米の影響を大きく受けています。 戦後、国中が町の復興に取り組むなかでアクティブに動ける洋服は自然と受け入れられ、洋装ブームで女性のファッションも劇的に変化した時代です。 今回は、そんな50年代のレディースファッションについて紐解いていきます。 なかでもクリスチャン・ディオールから発表された1947年の「ニュールック」や1955年の「Aライン」スタイルは、日本で紹介されるとすぐに女性の間に広まりました。 同時に、銀幕のファッションが注目を集めるようになり、オードリー・ヘプバーン、ジェームズ・ディーン、石原裕次郎などの衣装がトレンドを生み出していきます。 敗戦を経て、豊かな生活を求める人々の気持ちがファッションにも反映されていったのが50年代だったのです。 そのシルエットが、数字の8に似ていることから、別名「8(エイト)ライン」とも呼ばれました。 この新鮮なファッションが、進駐軍の家族や闇市で売られたファッション雑誌を通して、デザイナーやジャーナリストの関心を集めます。 まだ和装の習慣も残る時代でしたが、特に若い女性たちは新鮮なスタイルを模倣するようになり、洋裁雑誌から情報を得ては自宅で洋裁に励んでいたのです。 小津安二郎映画のマドンナだった原節子さんも作中で着用しています。 通称「落下傘スタイル」と呼ばれました。 というのも、戦時中にはファッションを楽しむことができる状況ではなかったため、40年代の前半までは西洋でも女性らしさを抑制したストイックなスタイルが中心だったのです。 その反動によって50年代は世界的にも華やかなファッションが支持されます。 日本の洋裁雑誌には、フリルやアップリケ、レース使いのなどの縫製の方法が豊富に掲載され、ロマンティックなロングドレスや「落下傘ドレス」もあわせて紹介されていました。 リボンやパフスリーブがあしらわれ、より女性的なディティール がプラスされていたのもポイント。 ワンピースから小物までさまざまなアイテムにその柄が載せられました。 キュートなムード満載のドレスが街に溢れました。 腰から裾までがぴったりと体の線に沿ったふくらはぎ丈のデザインで、活動的なウェアです。 これまでのトレンドから打って変わり、少年のような小気味よさを加味したスタイルが新鮮に映り、女性たちから絶大な人気を得ます。 スカーフは頭をすっぽり覆う巻き方がポイント。 どちらもあわせて着用することでグッと上品な印象です。 銀幕での海外スターの装いとあわせて、日本の女優や俳優の装いが人々に大きく影響を与えていました。 今、その名画を見返してファッションのエッセンスを盗んでみるのもひとつの手。 たとえば、『麗しのサブリナ』でオードリー・ヘップバーンが着るサブリナパンツを今はくならトップスはビッグサイズのアイテムがよさそう。 オールブラックでまとめつつ、アクセサリーはシルバーやゴールドを選んでアクセントをつけたいところです。 ちなみに、マリリン・モンローが両手でスカートを押さえるシーンで有名な映画『7年目の浮気』ですが……同作品内でモンローがペールピンクのサブリナパンツをはいています。 ペールトーンパンツに、エクリュカラーのシャツを合わせて、ワントーンにまとめてもキュートに仕上がること間違いなし。 このように、50年代映画を楽しみながら、ぜひ、自分のワードローブに取り入れるアイテム探しをしてみてください。 人々の心が解放されていくのを映しながらファッションも華やかさを増していったのが特徴です。 クリスチャン・ディオールが世界を席巻した「ニュールック」のエッセンスを日常着に取り入れ、シネモードの全盛時代のなか、外国映画や邦画で描かれる風景や生活とファッションに人々は憧れました。 赤いハイヒールや、真知子巻き、セシルカットのみならず、マリン調のボーダーシャツやササールコート、ジーンズ……と今も愛されるアイテムの多くは50年代の銀幕から生まれたトレンドです。 そのさなかで、ショッピングセンターや百貨店も設立されはじめ、に向かう土壌が作られていったのです。 (文:ナガイタカコ、イラスト:ヤベミユキ) Check! ・ ・ ・ ・.

次の

プレッピースタイルとは。意味とコーデを解説【大人のファッション用語】|「マイナビウーマン」

プレッピー ルック

「アメ・トラ」などと呼ばれ多くの方に知られているアメリカン・トラディショナルスタイル。 具体的にどのようなスタイルを指しているのかご存知でしょうか。 トラディショナルという言葉は日本では「トラッド」とも言われますが、「トラッド」は和製英語。 もともとトラディショナル=伝統的という、流行に左右されない伝統的・保守的なスタイルを「トラディショナル・クロージング」と呼んでいたところから派生しています。 アメリカン・トラディショナルスタイルは、源流をたどると英国に辿りつき、その伝統的・保守的な要素を守りながらも時代とともに変化していったことが見て取れます。 一言で説明するのは難しいアメリカン・トラディショナルスタイル。 今回は、アメリカから日本にそのスタイルが受け入れられてきた歴史を交えながら、解説します。 1950年代から60年代にかけて日本では戦後の混乱も収まり、人々の暮らしには余裕も出始めました。 また、GHQや海外の映画などを通して欧米へのあこがれが高まっていた時期でもありました。 そのころ、1950年前後からアメリカにおいて注目されていた、東部にある有名私立大学8校が構成する団体「IVY LEAGUE(アイビーリーグ)」に所属する大学の学生たちのスタイル「アイビーリーグルック」が日本でも紹介されます。 そのスタイルは有名雑誌などメディアに取り上げられたことにより、欧米に憧れを抱いていた日本の若者に浸透し流行。 1964年ころには、アイビーリーグルックの要素を取り入れたスタイルの学生たちが銀座のみゆき通りに集まるようになり、「みゆき族」と呼ばれ社会現象ともなりました。 アイビーリーグルックの特徴的なアイテムは、ナチュラルショルダーの3つボタンジャケット(寸胴型)、ボタンダウンシャツ、チルデンニット、レタードカーディガン、バミューダパンツなど。 もともとは学生の生活に根ざしたスタイルでしたが、卒業したOBなどにより、ビジネスシーンにもナチュラルショルダーの3つボタンスーツやレジメンタルタイなど、アイビーリーグルックのエッセンスが浸透していきます。 このころ設立されたニューヨーカーは、日本の若者に「アイビー」として流行していた装いとは一線を画す、大人のための装い、日本のビジネスマンのためのアメリカン・トラディショナルな装いを「Traditional」というブランドで提案。 日本で初めてファッションに「トラディショナル」という表現を用いたのがニューヨーカーであったとも言われています。 ニューヨーカーという社名も、アイビーリーグの卒業生が多く働くビジネス街ニューヨークへの想いからつけられました。 その後プレッピースタイルは日本にも入ってきますが、一方で80年代後半には、渋カジと表現されるような、ポロシャツやデニム、チノパン、コインローファーなどトラッドアイテムをカジュアルに着こなしたスタイルが流行します。 1990年代初頭にはトレンディドラマで主演女優が着用していたことがきっかけとなり、「紺ブレ」が流行語大賞になるほどWブレストの紺のブレザーがブームに。 きれい目なカジュアルスタイル「キレカジ」が流行し、ブレザーにデニムパンツを合わせたり、ワンピースなどを合わせたりといったコーディネイトが多くなりました。 ニューヨーカーでも、ウィメンズショップで紺ブレが完売し手に入れられなかった方が、メンズショップを訪れ、メンズの小さいサイズを購入するという光景が見られるほどの人気でした。 アイビーリーグルックが日本で広まった当初、そのスタイルにはコーディネートに関するルールが数多く存在しました。 しかし、時を経るとともにそのルールはだんだんと緩やかになり、トラディショナルなエッセンスを取り入れたカジュアルなスタイルへと変化し受け継がれてきました。 以前は、全身を1つのテーマでまとめた装いが多かったのが、現在は好みが多様化し様々なテイストのアイテムをその人なりに組み合わせるコーディネートファッションが多くなっています。 その結果、全身の装いとしてのトラッドの流行はあまり見られませんが、ブレザーやチェックアイテムなどトラッド要素のあるアイテムを取り入れた装いの人も多く見られます。 より幅の広がったトラッドスタイルが広まり、息づいているといえるでしょう。 トラディショナル=伝統的と言えどルールにとらわれず、トラッドのエッセンスをうまく取り入れた自分らしいコーディネートを楽しむことが、「変わらぬ良さ」というトラッドの最大の魅力を引き立たせてくれます。

次の