門田隆将 twitter。 門田隆将 新刊情報 (133作品)

[B! 高濃度] 門田隆将 on Twitter:

門田隆将 twitter

【内容情報】(出版社より) この"怪物"がすべてを暴いたーー。 本書は「この星を支配し続ける人類を脅かす最大の敵はウイルスである」というノーベル生理学・医学賞受賞者ジョシュア・レダーバーグの言葉から始まる。 読み進むにつれ、読者の胸にその意味が迫ってくるだろう。 彼らはなぜ肺炎の発生を隠そうとしたのか。 筆者は現地の状況をつぶさに分析しながら、その秘密を暴いていく。 武漢に派遣された現役の中国人医師が明かす医療最前線は驚愕の連続だった。 暗中模索の中、信じられない方法で医師たちは謎の病と戦った。 中国人を救った「5種類の薬品」とは何か。 なぜ中国はこの病を克服できたのか。 すべてが筆者のペンによって明らかにされていく。 一方、後手、後手にまわる日本と、いち早く的確な対策で国民の命を救った台湾ーー両者の根本姿勢の違いは、時間が経過するにつれ、信じがたい「差」となって現われてくる。 官邸・厚労省はなぜ国民の期待を裏切ったのか。 筆者は、政府の足枷となった2つの"障害物"の正体に淡々と迫る。 迷走する安倍政権は緊急経済対策でも国民の期待に応えられなかった。 その裏舞台が初めて白日の下に晒される。 その時々の筆者自身のツイッターを散りばめ、読者を同じ時間にいざないながら謎を解いていく新しい形のノンフィクション。 日本人はなぜこれほどの政策失敗の中でも生き抜くことができたのか。 コロナ襲来の「現実」と未来への「教訓」にまで踏み込んだコロナ本の決定版。 再び「あのとき」を体験し、検証し、本質を抉る全く新しいノンフィクション。 【目次】(「BOOK」データベースより) 飛び込んできた災厄/お粗末な厚労省/異変はどう起こったのか/告発者の「死」/怒号飛び交う会議/中国依存企業の衝撃/迷走する「官邸」「厚労省」/台湾の完全制御作戦/リアリストたちの反乱/「自粛」という名の奮戦/武漢病毒研究所/混沌政界へ突入/中国はどこへ行く/未来への教訓 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 門田隆将(カドタリュウショウ) 作家、ジャーナリスト。 1958(昭和33)年高知県安芸市生まれ。 中央大学法学部卒業後、新潮社に入社。 『週刊新潮』編集部に配属、記者、デスク、次長、副部長を経て、2008年4月に独立。 『この命、義に捧ぐー台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(集英社、後に角川文庫)で第19回山本七平賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 門田隆将氏はホンモノのジャーナリストです KENちゃん1117 評価 5. 00 投稿日:2020年07月11日 隆将氏話題の新作、ゲットしました。 私自身も安倍首相就任以来のコアな支持層ですが…今回のコロナVでの安倍首相また政府の対応にはつくづく不信感を覚えました。 まさしく『平時のリーダー』で有り『有事のリーダー』では有りませんでしたね。 また今の政権下、野党もですが…勇気と責任感が有る政治家は皆無だとの事実を突き付けられた感じがしました。 非常に残念です。 さて門田隆将ファンとして、今後も鋭く、そしてファクトを、誰に忖度する事無く中立的な目線で私達のもとに伝えて行って欲しいと思いました。 隆将氏は信頼出来るホンモノのジャーナリストです。 0人が参考になったと回答.

次の

[B! あたまがわるい] 門田隆将 on Twitter:

門田隆将 twitter

ノンフィクション作家を自称する、門田隆将氏が安倍総理を最低のデマで中傷している。 総理の支持率が上がれば媚び、下がれば批判しているようにしか見えないが、神君家康公の天下取りを実現した、名将・小早川秀秋のような、日本人に好まれる人物だ(棒)。 しかも、その主張は、日本の感染症の権威である国立感染症研究所の「中国からの第一波は完封したが、欧州からの第二波が蔓延」という分析結果に否定される間抜けな主張であったのである。 」 5月14日、安倍総理のお陰でトランプ大統領と握手できたノンフィクション作家の門田氏は、以下のような珍説を述べた。 安倍首相は本日の会見で「中国からの第一波の流行は抑え込む事ができた」と発言。 驚いた。 中国全土からの入国を禁止せず無症状感染者を日本に蔓延させた当事者がまさか「抑え込めた」とは。 春節の訪日中国人のインバウンドと習近平国賓来日の足枷で国民の命を危機に晒した反省は全くなし。 言葉もない。 — 門田隆将 KadotaRyusho しかし、「中国からの第一波の流行は抑え込む事ができた」という安倍総理の発言は、国立感染症研究所の分析を基盤とする、至極まっとうな発言だったのである。 門田氏が何故かカットしているが、安倍総理はその発言の直後に「国立感染症研究所のゲノム分析によれば、そう推測されています。 国民の皆様の御協力に感謝申し上げます。 」と述べている。 門田氏の薄汚い朝日新聞や毎日新聞のようなやり方「次発言の切り取り」には驚きを禁じ得ない。 このゲノム分析の結果は、どのようなものだったというと、門田氏の珍説と真っ向から反対のもので、思い込みであることを証明していたのである。 引用元 そう3月上旬まで、安倍総理と尾身会長率いる日本政府は、中国からのコロナウイルスの蔓延を完封し、ほぼ完全試合を実現していたのである。 門田氏や百田尚樹氏のような、情報なしの思い込みで、国益無視の反中主義者の行動とは別に、安倍政権は、適切なタイミングで入国禁止を発動し、守り抜いたのだ。 国立感染症研究所の分析は「中国からの第一波は完封したが、欧州からの日本人帰国者の第二波で蔓延した!!」 しかし、それがなぜ、3月下旬以降に増加したのか。 国立感染症研究所の分析によれば、それは 欧州からの 日本人帰国者と 私たちの行動変容への理解不足だったのである。 この海外旅行者を契機とした同時多発と 3月中旬以降の行動制限への理解が不十分だった ことを鑑みても、由来元が不明な新型コロナウイルスが密かに国内を侵食し、現在の感染拡大へ繋がったと考えられる。 引用元 このように3月下旬以降の状況悪化は、欧州各地からの日本人帰国者がウイルスを持ち込み、それを我々がまだソーシャルディスタンスや在宅ワークなどの対策を十分に浸透していなかったために、蔓延させてしまったのだ。 しかし、安倍総理は絶対に国民を責めない。 それもまた自分の責任だと感じているし、地獄の欧州から帰国したいと在外邦人が考えるのは当然だ。 国民が自粛しないからだと平然と国民を批判する小池都知事とは大違いだ。 ついでに申し上げると、政府には邦人の安全確保という義務もある。 中国に滞在していた邦人を円滑に帰国させるためには、それ相応の政治判断も必要であったのである。 中国からの入国制限を早期に行えば、武漢など中国各地の日本人を見捨てることになる。 門田氏はそんなこともわからないのか?まさか我が身可愛さに海外の日本人を見捨てろとでも? そのためには、適切な時期での入国禁止判断、実施が必要であったのである。 自称ノンフィクション作家なのに、ちゃんと安倍総理の会見も聞かず、思い込みで批判する門田隆将氏は、このままではラサール石井氏と変わりがなくなる。 違いは極右か極左かという違いだけ。 今からでも遅くはないので、猛省していただきたい。

次の

大相撲観戦後の「トランプ氏と握手」 その中に櫻井よしこ、金美齢両氏が...門田隆将さんがツイッター報告: J

門田隆将 twitter

Contents• 門田隆将の本名や経歴は? 門田隆将とはどんな方?・・・ 名前:門田隆将 かどたりゅうしょう 本名:門脇 護(かどわき まもる 1958年6月16日生まれ 高知県安芸市出身 中央大学法学部政治学科卒業 土佐中学・高校卒業 1982年4月 新潮社入社 『週刊新潮』に配属 酒鬼薔薇事件で被害者遺族の手記を発掘 2008年4月 新潮社を退社し独立 「受賞歴」• 2005年 ミズノスポーツライター賞優秀賞• 2010年 文化庁芸術祭ドラマ部門大賞(原作)• 2010年 ATP賞テレビグランプリ・ドキュメンタリー部門優秀賞(原作)• 2010年 山本七平賞• 2012年 文化庁芸術祭ドラマ部門優秀賞(原作) 門田さんは、週刊新潮時代は、特集班のデスク として18年間もの長きに渡って 政治、経済、歴史、司法、事件、スポーツなど さまざまなジャンルにおいて800本にも およぶ特集記事を執筆しました。 この引き出しの多さには 尊敬の念をこめてビックリしますね! 門田さんは独立するときに それをきっかけにして本名での執筆に 切り替えようとしたのですが、 なにしろ出版社側がこぞって 「門田隆将」での執筆継続の要請を したそうで、であればそのまま 「門田」のままで! といった経緯で執筆続けているんだとか。 スポンサーリンク 門田隆将の年収は? 門田さんはジャーナリストや 作家活動もされていて、 常に多岐にわたるジャンルでの 情報発信をされています。 門田さんの著書を見たんですが 政治経済はもちろんですが スポーツについてもいろいろと 執筆されているんですね。 幅の広さが凄いなぁと思います。 例えばこの本、 『あの一瞬』などは、スポーツ界での 様々な競技から歴史に残る名勝負と 言われる戦いの勝敗を分けた一瞬について 描かれていますね。 ・重傷を負いグラウンドに立てないサッカー日本代表 のキャプテンがまとめあげたチーム ・松井5敬遠で非難を浴びた明徳義塾ナインの結束 ・細胞が立つ程の減量に耐え、不利をひっくり返した ファイティング原田などなど・・・ そして、気になる年収ですが、 作家の印税やテレビにも頻繁に出演 されているようですし、 それ以外にも講演会もかなり行っていて 情報発信力に優れている方ですね。 そうなると、本の印税や講演会料、 それ以外にテレビ出演などもかなり お呼ばれされているので 年収は数千万円は下らないでしょうね。 講演会や評判は? 門田さんの講演会もいろんなテーマを お話ししているようですよ。 cgi この中でも、「新聞・雑誌ジャーナリズムの舞台裏」の 講演テーマなんかは、個人的に興味があるんで 聞いてみたい感じですね。 実際に現場を見ている 門田さんですから、生のマスコミの舞台裏が 垣間見えるんじゃないでしょうか? 門田さんの講演会は評判もいいようで 満席になっているようですね。

次の