進撃 の 巨人 126。 【進撃の巨人】126話時点 イェレナの謎とフロックのこれからを考察

進撃の巨人・第126話「矜持」考察

進撃 の 巨人 126

第126話「矜持」 地鳴らし発動以後、壁巨人たちは背景と化し未だ詳細は不明、パラディ島内ではそれぞれがバラバラに行動している状況。 前回と今回でそれぞれやること済まして一気に仲間が集結。 オールスター大集合でエレンの元に向かう態勢が整った。 しかし、行って何をするかは全くもって不明。 嵐の前の静けさか、この後に大どんでん返しが起きそうな気配。 リヴァイとハンジ 前回125話の最後に生存が確認されたハンジ&リヴァイはマガト&ピークと遭遇。 どんな交渉をするのかと思ったら、意外と(?)ストレートな「みんなで力を合わせよう」ってヤツでした。 リヴァイの怪我はやっぱり重かったようで、右手の差し指と中指を損失。 ハンジの話によれば、どうやらワインは飲んでいたらしく、アッカーマンの特性で巨人化を免れた模様です。 これから怪我がどれほど回復するか。 弱気な女ハンジの告白がありましたが、リヴァイいつもどおりの叱咤激励。 後々の展開はあるのでしょうか。 コニー&ファルコ、アルミン&ガビ 野宿したチームコニーに対してチームアルミンは夜を徹して馬を走らせ、見事ギリギリで追いつきました。 大方の予想通り?コニーは母にファルコを食わせることは出来ず。 アルミンが自分からコニー母に食われに行き、コニーがそれを止めるという形。 やはりアルミンは土壇場で自分の命を捨てに行くスタイル。 このマンガは序盤から重要人物がバンバン死んでいますし、アルミン本人が白夜で瀕死状態から蘇ったりしているのでなんだか普通に感じてしまうんですが、今回も今回でなかなか迫真のシーンです。 だってせっかくエルヴィンの代わりに蘇ったのに、まさかコニーの母の犠牲になるの?そこに踏み込んじゃうの? アルミン沈黙のコマが間隔を開けて3回入り、最初は目を見開いていますが、次に血の気が引いて顔面蒼白、最後には涙が溢れる。 見応えがあります。 どうせ死なないだろう、と思っていても、いやまさか?と感じさせるのが進撃の巨人。 アルミン(エルヴィン)の博打 アルミンがコニー母の口に飛び込む前、エルヴィンの姿を思い浮かべていました。 これは博打の象徴ではないでしょうか。 アルミンはコニーが助けてくれるほうに賭けた。 ここで自分が死ぬとパラディ島の戦力が大幅にダウンすることは明らか。 でもやっちゃう。 ファルコが失われることはパラディ島にとって大きな損失であることは間違いありませんが、大切な友達のコニーを人殺しにはしたくないという思いもあったでしょう。 コニーの覚醒 アルミンの助けなしにコニーが自分で考えてファルコを食わせることを止める展開も期待していましたが、これこれで良かったと思います。 コニーはファルコを連れ出すときからずっと葛藤していましたし、この騒動が起きる前から母を知性巨人する選択は良くないことはわかっていたでしょう。 しかし、いざアルミンが飛び込むまでは踏ん切りがつかなかった。 マーレ編以後でサシャが死んでずっと薄暗い顔だったコニーが覚醒です。 母を人間に戻す方法はこれから先、見つかるかもしれません。 身内関係の無垢の巨人はコニー母だけですので、最終回までに何しらか動きはあるのではないでしょうか。 ミカサのマフラーとルイーゼ ミカサは前回125話で失くなったマフラーを探していました。 やはりルイーゼが持っていたのですが、彼女は先の戦闘で重傷を負い、もう手の施しようがない状態。 雷装の破片が腹に入っているらしいです。 ルイーゼは以前にエレンと接触があったようで、そのときに「マフラーを捨ててほしい」と言っていたようです。 捨てるくらいだったら私にくれと言う、瀕死のルイーゼを制してミカサはマフラーを取り返します。 ミカサはマフラーを首には巻かず手に持ったまま去っていきましたが、ミカサの自立とマフラーとの関係がどう描かれていくのかが今後も注目。 アニとヒッチのお別れ ラガコ村から戻る4人とアニ&ヒッチが途中の街で偶然出会います。 ご都合云々言われるかもしれませんが、旅人たちが立ち寄る定番の宿場町的なものはどこの世界にもつきものなので、これでいいんじゃないでしょうか。 4年ぶりのパイを貪るアニ。 爆笑するコニー。 ヒッチに置き手紙をしてアニはアルミンたちと合流し、シガンシナ区へ急ぎます。 別れの挨拶もなしに行ってしまうなんてアニらしい。 1人でパイを頬張るヒッチの後ろ姿が切ないです。 ジャンとマルコの言葉 イェーガー派によるイェレナとオニャンコポンの処刑。 2人に対して差別的な言葉で罵倒する周囲の兵士たちの態度は、ユミルの民を迫害するマーレの人々のようです。 ジャンもイェーガー派の幹部となってこの処刑に参加しているのですが、前日にハンジらと極秘に手を組んでいました。 わざと外した鉄砲を合図に、イェレナとオニャンコポンと共に車力の巨人に食われて逃亡します。 同時に、待機していたミカサやアルミン達も武器を揃えて出発。 ジャンは黙ってイェーガーについていれば地位は安泰だったのですが、それでは骨の燃えカス(マルコ)が許してくれないと言います。 あの出来事が今でもジャンにとって強い影響力を持っていることがよくわかります。 とはいえ、でしょうね。 そうくるでしょうね。 という感じも否めませんが。 ちょっと麻痺してきています。 ライナー合流。 アニに蹴られてライナー起床。 マーレ編を経て2人の関係を知ってから、このアニの蹴りを見ると感慨深いものがあります。 最後の1コマはコニーがまるで主人公のような構図。 今回は駆け足でオールスター集合が描かれました。 地鳴らしを止めてもいいかどうかはマーレとの関係に左右される部分が大きかったと思います。 パラディ島孤立状態の場合は地鳴らしに頼るしかありませんでした。 完全ではないにせよマーレとの連携が取れた今、とりあえずは地鳴らし阻止の方向に向かい、その後どんでん返しが起きるかな?という雰囲気です。 気になるコマ。 転んだフロックの最後のコマは誰? ジャンとイェレナとオニャンコポンが車力の巨人に食われる瞬間、ジャンは隣のフロックを弾き飛ばします。 庇うというよりも、「お前は連れて行きたくないからあっちに行け」に見えます。 このとき、フロックは尻もちをついて「ミカサはどこだ!?」と叫んで、後を追わせようとします。 そのページの最後と1つ前の2コマ、何かに気付いたような顔と、どアップで「ミカサは… …どこだ?」と言う顔。 これがちょっとややこしいです。 1回目の「ミカサはどこだ」の直後、「あれ、そういえばなんでミカサはこの場にいないの?」「は!!?まさかこれって仕組まれてた!ジャンとグルなのか?そうか、だからいないんだ!!」 と、いう「ミカサは……どこだ?」なのでは。 砦の窓からアルミンたちを見送った人は誰? アルミンやミカサたちが出発するとき砦の窓から誰かが見ていることにアニが気づきますが、アルミンは進むしかないからとにかく急ごうといって放置します。 砦の中にいる人間は誰かというのと、シルエットからしてキース・シャーディス教官が最有力です。 そう、普通の答えです。 しかし、今回の怒涛の駆け足オールスター大集合回でただでさえコマ数が足りないのにわざわざ差し込んできたのですから、何か需要な伏線なのではと思わずにはいられません。 考え過ぎ方向でいくと、こっそり忍び込んでたエレンとか、こっそり忍び込んでたアズマビト家関係の誰かとか。 タイトル 第126話「矜持」 公開.

次の

【進撃の巨人】126話時点 イェレナの謎とフロックのこれからを考察

進撃 の 巨人 126

2020年7月9日 木 発売の別冊少年マガジンに掲載予定の進撃の巨人本誌130のネタバレ最新確定速報をお届けします。 進撃の巨人の では、アニとライナーがイェーガー派から船とキヨミたちを守るために戦いますが、すでにボロボロの状態。 決死の覚悟で船に雷槍を打ち込むフロックは、ガビに撃たれ、海へと沈んでいきました。 また、マガトとキースは船に追手がいかないようにと、最後までイェーガー派と戦い、命を落としてしまいます。 ハンジたちが乗った船はマーレ大陸を目指しますが、果たしてどんな展開が待っているのでしょうか? 今回は「【進撃の巨人本誌ネタバレ130話最新話確定速報】イェーガー派との戦いが終わり舞台はマーレ大陸に移る?」と題し紹介していきます。 現在進撃の巨人は129話となっていますが、これまでの話を読み返したいと思われる場合は、単行本を 電子書籍でお得に読みましょう。 更には2020年秋にアニメFinalSeasonも始まりますので、アニメも一緒にイッキ見してみませんか? 今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。 ハンジたちを乗せた船はマーレに向かっていますが、今後どうなるのでしょうか? 考えられる展開を紹介していきたいと思います。 フロックは本当に死んだのか? 海に落ちたフロックですが、このまま死んでしまうのでしょうか? これまでフロックは、エレンの代弁者だと言わんばかりにふるまってきました。 まさにイェーガー派の核となる人物だったと言って間違いないでしょう。 そんな敵勢力の中心人物がここまで呆気なく死んでしまうのは、少し違和感がありますよね。 以前、死んだと思われた人物が実は生きていたという展開があったのを覚えていますか? そう、あのリヴァイも、一度は死んだと見せかけて、数か月後に生きて登場したのです。 今回のフロックも確実に死んだという確証は持てません。 そのため、実は生きていて再登場する可能性も…。 既に船に乗り込んでいて、一波乱起こすような気がします。 ファルコは空を飛ぶ能力を持っている? 今回初めて巨人化したファルコ。 その姿はこれまでの顎の巨人と似て非なる不思議な姿をしていました。 一番の特徴は、体中に生えたふわふわの体毛と、鳥のような手 足?。 また、鼻から下は嘴のような部分に覆われています。 本来、顎の巨人の力だけを継承すれば、このような姿にはならないはず。 となると、獣の巨人であるジークの脊髄液を取り込んでいることが大きく作用しているのではないでしょうか。 もしそうだとすれば、23巻の1ページのファルコの言葉と93話での元帥の言葉はが伏線だったという可能性が…。 ハンジたちの間では飛行船を整備して使うという計画になっていますが、ファルコが飛行能力を持っているなら話が変わってきます。 いずれにせよ、130話以降でファルコの持つ能力について詳しいことが明かされるのではないでしょうか。 キヨミから明かされる東洋の一族の謎 船に乗り込んだ一行。 マガトとキースのおかげで追手は来ませんが、いつ命を落とすかわからない危険な状況には変わりありません。 そのことを悟ったキヨミは、東洋の一族の秘密をミカサに打ち明けるのではないでしょうか。 ここでミカサの秘密が明らかになることを期待しましょう。 ヒストリアの登場は? 今回もヒストリアの登場はありませんでした。 現在子供を身ごもっているヒストリアは、戦いには参加せず、ゆっくりとした時間を過ごしています。 パラディ島にいるヒストリアがマーレに移動することは不可能。 つまり、戦いの場がマーレに移る今、ヒストリアの登場はまだなさそうです。 130話以降は新展開となりますが、そろそろヒストリアも登場してほしいですね。 感想・予想ネタバレツイート 「真の英雄へーロスが必要」と強く感じていたマガトは、(期せずして)自らが世界を救う英雄となる。 今度の英雄は1人ではない。 そしてその英雄たちによって、エルディアもマーレも世界の敵ではなくなる。 — エドノポー 進撃の巨人ネタバレ考察マガジン edonopoh 以下が進撃の巨人129話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。 アルミンがマーレに行った時みたいな作戦上仕方なく…というかんじではなく、自分の意思で「今僕がこの力を使わなきゃ!」という顔で巨人化するところが見たすぎる。 この戦いでフロック、マガト、キースが命を落としています。 しかし、フロックが死んだという確証は持てないので、後々生きて再登場する可能性も…。 アルミンは巨人化して回復すると思われましたが、意外にも巨人化する展開はありませんでした。 ついにマーレ大陸へと移動し始めたハンジたちですが、これからどんな展開が待っているのでしょうか。 続きが気になりますね。 130話の内容がわかり次第確定速報として追記していきますので、ご確認ください。 以上「【進撃の巨人本誌ネタバレ130話最新話確定速報】イェーガー派との戦いが終わり舞台はマーレ大陸に移る?」と題しお届けしました。

次の

最新ネタバレ『進撃の巨人』126

進撃 の 巨人 126

スポンサーリンク 進撃の巨人ネタバレ最新126話「無秩序な世界」 進撃の巨人125話ネタバレ Full Update — Attack On Titan Raw 125 Spoiler Shingeki no Kyojin 125 — バラチューブ hatenaup ヒッチ達は、壁の硬質化が解けて、瓦礫の下敷きになった民衆を助けています。 親たちは当然ながら、自分の息子が死んでしまったことに怒っていますが、民衆たちはというと多少の犠牲はしょうがないという感じです。 まさに意見は真っ二つで、エレンは自国の民を殺したと考えている人と、壁の巨人をエレンが呼び起こさなければ、とっくに外の奴らに皆殺しにされていたはずだという人がいました。 そんな状況にヒッチは別の兵士に、新兵達と本部から武器を運んで体制を整えようと提案します。 本部に行くと、地面の濡れた足跡にヒッチは気が付きます。 その足跡は地下室から続いており、足跡が続いている部屋に入った瞬間、ヒッチの口を背後から塞がれます。 そこにいたのはアニで、右手の人差し指には針の付いた指輪をしていました。 もし叫んだら、喉を切り裂くとジェスチャーしています。 アニは、まずは上着を脱ぐよう命令しますが、まさかのアニを背負投! ここでやっとヒッチに気づいたアニは、あんたかと。 ヒッチはアニを拘束しようとしますが、アニはヒッチをいつでも巨人化することができるので、従うしか選択肢は無いといいます。 すると、扉の前に新兵が到着し、ヒッチを心配しているようです。 結局、ヒッチはアニを庇うのでした。 アニの過去 アニは4年もの間、水晶化していました。 しかし、周りにいる人の声だけは聞こえていたそうです。 パラディ島の人々が、アニたちマーレの戦士に受けた被害について、ヒッチはアニ本人に尋ねます。 アニは国境を越えてしまえば、殺人も正当化されたと当時の話をしていますが、実はそんなことはどうでもよかったのです。 アニは生まれて間もない時に親に捨てられたのです。 母親が浮気していた相手がエルディア人だったということが、アニの血液検査で判明したそう。 そんなアニを引き取ったのは、外国から来た同じエルディア人の血を持つ男だったそうです。 アニをマーレの戦士にすることこそが引き取った男の目的で、幼い頃から格闘術を教わっていたそうです。 その男にとって自分は、戦士になれるかどうかという点でしか興味がなかったのだと。 アニは、ある時まで自分を含めて命には価値はないと思っていたのです。 アニが始祖奪還計画のために島へ向かう朝。 男は膝をついて「教えたことはすべて間違っていたと」いって謝ったそうです。 そして泣きながら「帰ってきてくれと…」と懇願して、「戦士隊の地位も名誉マーレ人の称号もすべて捨てていいから帰ってきてくれと…」と言われたのです。 男は私の父親で、私を自分の娘だと思っていたのだと。 アニは父親は自分の帰りを待っていてくれる。 そして、他の人にも大事な人がいるから、すべてがどうでもいいとは思わないのだと。 少しの沈黙があって、アニは父の元へ帰るためなら、また同じことをやると言います。 「それが聞けてよかった」とヒッチ。 エルディア人の運命は? レベリオ収容区では、アニの父親を含むエルディア人たちが収容所の門に詰めかけています。 皆がエレンの声を聞きいたとアニの父は言います。 「地ならし」が発動されたということは、全ての命をエレンが奪いに来て、全て踏み潰されてしまうと力説していますが、マーレ兵は全く取り合いません。 アニの父は今、世界中のエルディア人が収容所で同じこと言っているはずだとして、それでも口裏合わせなのか?と迫りますが、マーレ兵は不可能ではないと言い切ります。 そして、マーレ兵はこの時点で共謀罪が確定したと言い、全員拘束するようです。 エルディア人達は手を頭の後ろにまわして、両膝を地面につくよう命令されます。 ここで、意を決してアニの父親は、マーレ兵に飛びついて銃を奪おうとしました! 場面は変わって、キース教官が訓練兵から怪我の治療をうけています。 現在、イエーガー派が砦を仕切っているうちに、早く逃げましょうと言いますが、キースはもう自分の居場所はどこにも無いと。 この島の主権は、恐らくイエーガー派は民衆に支持されて、そのまま実権握るだろうと言い、その中で自分のような旧体制は排除されると言います。 訓練兵達は、キース教官の助けがなければ数時間前に死んでいたのは間違いないと言い、何があっても教官を守ると言います。 そして、イェーガー派に従い決して背くなと、キースは訓練兵達に伝えました。 そして、いつか立ち上がるべき日が来るだろうから、その時まで決して自分を見失うなといいました。 アルミンの思い アルミンはラガコ村へ向かったコニーを止めるため、出発の準備をしています。 しかし、今からではコニーには追いつけないとミカサは言います。 アルミンはミカサに対して、「ダメだったとしても・・・できる限りのことを行動で示さなきゃいけない」と言います。 そうしないと、ガビが頼りなのに、信用を得られないと。 重要なのは、潜んでるライナーや車力の巨人を大人しくさせられるかということ。 そして、九つの巨人の継承を懸けた問題は無くならない。 一番恐れているのは、歴史を繰り返して巨人の力を巡って争い続けた2000年を続けることだと言います。 さらにアルミンは、お母さんはひっくり返った巨人のままでもいいんじゃないかと言うつもりのようです。 ミカサは出て行こうとするアルミンに「私はどうしたらいいの?」と聞きます。 ジャンの手助けをしたり、少しは自分で考えて欲しいと。 ミカサはエレンのことを聞きます。 アルミンは「わからないよ!」とかなり苛立っているようです。 すでにハンジと兵長は殺された可能性もあり、僕らにフロック達が銃を向けることも考えられる。 もはや兵団の指揮系統は機能していないのだと! なので、今はエレンのことなんか考える余裕はないと。 アルミンは、この場にエルヴィン団長がこの場にいたら、こんな風に当たり散らしたりしなかったと。 そして、生き返るべきだったのは、僕じゃなかったとアルミンは答えが出たように言って、部屋を出ていきました。 ここでミカサはマフラーが無いことに気付きます。 場面はアルミンへ移ると、そこにはブラウス一家とニコロ、そしてガビがいました。 サシャの父は「母親のためとはいえ…少年の命を引き換えにすることは、コニーは深く考え躊うはずだ」と言います。 ガビは別れの挨拶を終えると、ラガコ村へアルミンとコニーを追うため出発したのです。 フロック達の計画は? フロックが義勇兵のひとりの手を銃で撃って、ジャンがそれを止めようとしています。 ジャンは、「一体誰がお前に大将になってほしいと頼んだ?」と言います。 するとフロックは、10か月前にエレンから今回の計画を聞いたと言い、エレンがジークを利用することで、始祖の力を掌握するのだと。 そして計画は達成され、義勇兵は指導者を失ったばかりでなく、義勇兵のふるさとも地鳴らしによって踏みつぶされると。 フロックは、この島でエルディア帝国のために力を貸してくれる者は受け入れると言います。 その時、先ほど手を撃たれた義勇兵は「ふざけるなクソ野郎!!」と立ち上がりますが、フロックは彼の頭に銃弾を2発撃ち込みます。 そこにやってきたミカサ。 ミカサがフロックに、リヴァイとハンジについて聞くと「残念ながらジークに殺された」と。 リヴァイの安否は? すでにコニーの乗る馬の後ろで、ファルコは目を覚ましているようです。 南は危険だから、北に進んでいるとコニーは言います。 記憶喪失のファルコを安全な病院まで送るのは、兵士としてそのくらいのことやって当然だと言います。 コニーは家族のことを思い出していました。 父ちゃんもサニーもマーティンも もう…戻ってこない。 しかし、母ちゃんだけはなんとか取り戻せるかもしれない。 もう少しだけ待ってくれ、母ちゃん… ファルコはコニーに救われ、ひとまず安心していましたが、心の中には心配事がありました。 それは、南のことでした。 どうやら車力の巨人の体の上に乗っているピークとマガトは、、空に飛ぶマーレの飛行船を見ています。 マガトは、マーレに撤退船が戻るのは賢明な判断だと。 「あのー」 2人の背後に現れた一人の人間。 声の主はハンジでした。 「こちらには何の武器もありません!!」 そして、ハンジの後ろの方には馬と馬に引かれる荷車がありました。 「ご安心下さい。 あれは…人畜無害の死に損ないです」 そこに横たわっていたのはリヴァイだったのです。 スポンサーリンク 進撃の巨人ネタバレ最新126話「エレンの思いはどうなる?」 進撃の巨人 125 話ネタバレ FULL Ja — バラチューブ hatenaup マガト、ピーク、ハンジ、リヴァイが合流しましたね! この後、ヒッチとアニが合流することも考えられます。 リヴァイは復活できる? すでにリヴァイは瀕死状態。 復活させるには、知性型巨人を食べさせる方法しかないように思います。 となると、そこにいる知性型巨人はピークだけということで、隙を見てハンジあたりがリヴァイに彼女を食べさせるのではないでしょうか? ただ、個人的にはリヴァイが車力の巨人というのはしっくりこないですね。 このあとリヴァイが、どんな活躍ができるのかとても楽しみにしています。 エレンの計画はどうなる? 島での戦いは終わり、すこし落ち着いた感じです。 ただフロックやコニーのことは、これから面白くなりそうです。 そんな中で、エレンのとった作戦行動は間違っていないように感じますね。 自分達を守るため、周り全部が敵になっている状況ではあれが最善の選択だったかもしれません。 理想は、アルミンの言っていたように話し合いでの解決が一番ですけどね。 そんなエレンの作戦は、アルミン達や生きていたリヴァイ達が阻止するのかな?と考察しています。 ちなみにコニーとファルコですが、ファルコを犠牲することは出来ないと思います。 なので、おそらくファルコは無事に帰ってくるのではないかなと思いますね。 スポンサーリンク 「進撃の巨人 ネタバレ 最新 確定」まとめ 進撃の巨人 最新125話 夕焼け ネタバレになるから言えませんが、今回も読んでて感じたことは多々ありました ただ、最後の3ページ… 嬉しかった、ありがとうございます — さちこじゃぱん l8kMRXL2oWYdtfE ここまで、2020年2月7日発売の別冊少年マガジン掲載漫画『進撃の巨人』最新126話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがいかがでしたか? フロックやコニー、ガビと言ったそれぞれの思いが交錯する中で、どのような結末に向かっていくのでしょうか? リヴァイなど主要メンバーが集結しつつあるので、最終的にはエレンと戦うことになるのでしょうか。

次の