株式 会社 mdi。 MDI 評判ってどうよ?|デベロッパー・ゼネコン・リノベーション会社の評判は?@口コミ掲示板・評判

MDIの評判・口コミ・評価の一覧

株式 会社 mdi

<新卒社員が大活躍中です!> 当社では近年新卒採用に力を入れております。 社内には皆さまと年齢が近い社員が多く、日々成長を実感 できる環境があります!創業12年を経て、これから先の10年、 20年を私たちと一緒に成長してくれる方を募集します! 下記のような想いを持った方と、一緒に働きたいと考えています。 門前払いになることは日常茶飯事で、時には怒鳴られることも。 土地はただ所有しているだけでは何の収益も生みません。 税金だけがかかるのです。 相続対策をしてこなかったばかりに様々な問題が発生し、一家離散という選択をせざるを得なかった方もいらっしゃると聞きます。 賃貸経営は、節税対策の最も有効な手段のひとつです。 節税ばかりでなく、月々決まった収入 家賃収入 があるので、今後の生活のプランを立てやすいというメリットもあります。 単なる節税指南役ではなく、その方とご家族のこれからの人生をともにつくりあげていく、そういう仕事です。 まさに「人生の伴走者」と言えます。 営業にとっての大きなアシストになるため、日々プランを作成しながら、同時進行で商品開発も行っています。 ・実施チーム ご契約をいただいた後、具体的な設計図をおこす実働チーム。 役所調査からはじまり、実施図面を描き、確認申請機関に提出し、設計図を確定させ、工事チームに引き継ぎ、着工がはじまります。 その間、工事の進捗や社内稟議、役所の審査など、ひとつの物件で何十というチェック項目があり、そのすべてを管理します。 募集条件が決まったら地場の不動産仲介業者に入居者様をご紹介頂けるよう、営業活動を行います。 入居者様からのご要望やお困りごとなどに直接対応する部署です。 【年収例】 営業(入社3年目:25歳) 1,200万円 [内訳:月給40. 会社指定の資格取得に係る受験料・登録料が支給されるとともに、資格取得に対する報奨金も支給される。 資格例:宅地建物取引士、二級建築士など メンター制度 あり:弊社では2017年度より本格的にメンター制度を導入。 入社から9月末までの6か月間をフォロー期間と考えており、メンター制度もそのフォロー期間内に実施。 内容としては新卒社員1名に対して先輩社員1名がメンターとなり、入社後、約半年間上司とは異なる視点で日々の悩みの相談や業務のフォローを行う。 制度の主な内容は月1回のメンターとの面談で、新卒社員が気軽に相談できるようにメンターには同部署の入社2~3年目の若手社員をつけるようにしており、新卒社員の『職場定着』と『早期戦力化』を進めている。 キャリアコンサルティング制度 - 社内検定等の制度 - 月平均所定外労働時間 - 有給休暇の平均取得日数 - 育児休業取得者数(男女別) 項目 男性 女性 育休取得者数 0人 8人 取得対象者数 78人 8人 育休取得率 0.

次の

会社概要|総合熱エンジニアリング専門会社の【MDI株式会社】

株式 会社 mdi

事業内容 東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏エリアと、大阪・名古屋・福岡・仙台などの地方都市圏を中心にビジネスを展開しています。 私たちのお客様は主に、土地のオーナー様と入居者様。 土地のオーナー様に対しては、税金対策をはじめとした資産運用のための賃貸住宅経営のご提案から、賃貸住宅建築の請け負い、完成後の管理やアフターフォローまで一貫して行い、全面的にサポートします。 30年間、MDIと全戸の一括借り上げをご契約いただくことで、オーナー様にローリスクでの安定収入をご提供。 ご契約後の30年間、税金対策や資産形成などオーナー様のためにできることは何かを考え提案し続けるライフプランナー、人生の伴走者となります。 入居者様に対しては、お部屋探しから、ご入居後までサポートしていきます。 営業、設計、施工、管理、入居付けと、MDIに全てお任せいただいています。 ご契約いただいたオーナー様の物件に空室が出ないよう、入居率を高い状態で維持し続けることが重要となります。 現在、私たちが扱う物件の入居率は99. 5%で、業界内でも高い水準を維持しています。 日本には、節税対策などにお困りの土地のオーナー様が多くいらっしゃり、マーケットがまだまだあると考えています。 賃貸住宅のビジネスは、お客様に本当にお役に立つことができる、誇るべき仕事です。 これからもお客様本位を貫き、まだお役に立てていないお客様のために、事業を拡大していきます。 創業 2008年10月1日 創業12年目。 「これまでにない会社をつくる」「不動産業界を変える」という志を持ち、スタートいたしました。 資本金 1億円 売上高 1,140億7,500万円 (2019年 3月期) 従業員数 1,204名(2020年4月現在) 代表者 代表取締役 井村航 事業所 本社/東京都中央区銀座 2013年4月に、歌舞伎座タワーに移転。 拠点/東京、神奈川、埼玉、千葉 、宮城、愛知、大阪、福岡 MDIの社風・風土 今ないサービスも、会社のルールも、社員一人ひとりが意見を出し合い、創っていきます。 意見を出し合う機会はたくさんあります。 「毎日の仕事のなかで、気づいた人がこうしたらいいんじゃない?と意見をする。 代表も経営スタッフも同じフロアにいるから、いいと思ったら、まずやってみる」と、社員は語ります。 たとえば、小さなことですが、創業間もない時期にこんなことがありました。 ある営業が、お客様を訪問する時のツールがないということで、インフルエンザ対策のためのマスクを自分で用意して、お客様に配っていました。 「それ、いいね!」ということで、みんなに噂が広がり、販促ツールとして会社で配ることになりました。 社長も、本部長も、営業も、設計も、事務も、みんな同じ職場のフロアにいます。 一人ひとりが新しい意見を出し合える。 いい意見は、どんどん取り入れていく。 意思決定のスピードの速さは、新しい会社ならではです。

次の

メディカル・データ・ビジョン株式会社によるメディカルドメイン株式会社の全株式取得及び連結子会社化に関するお知らせ

株式 会社 mdi

会社概要 会社名 株式会社MDI 代表者名 深山 祐助(ミヤマ ユウスケ) 所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座4-12-15歌舞伎座タワー9階 他の拠点 〒336-0027 埼玉県さいたま市南区沼影1-5-14 佐藤ビル2階、3階 〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 タワーA 〒273-0865 千葉県船橋市夏見1-1-1 リブリ・船橋1階 〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸2-20-5東伸24ビル1階 電話番号 03-3544-2650 資本金 100,000千円 建設業許可番号 国土交通大臣許可 第023443号 業務内容 土木工事 建築工事 大工工事 とび・土工工事 屋根工事 管工事 舗装工事 塗装工事 防水工事 内装仕上工事 主な対応工事 河川工事は自然災害から人々の生活を守る、土木工事の中でも重要性の高いものです。 河川の上流部では砂防工事、地すべり防止工事、砂防ダムの建設が行われます。 中流部・下流部では堤防の建設、床止め工事、河道整正といった方法が用いられるのが一般的です。 国土の7割が山岳地帯を占める日本では、これまで多くのトンネルが造成され、高度な土木技術が発達してきました。 代表的なトンネル工事工法としては山岳工法とシールド工法があり、岩盤の固さなどに応じて適切な方法が選択されています。 橋梁工事とは河川、渓谷、運河、海などに橋を架ける土木工事のことです。 インフラ整備には欠かせない土木工事といって良いでしょう。 橋梁工事は橋を支える部分を作る下部工工事、橋から上の部分を作る上部工工事から構成されています。 土地造成工事とは自然の地形のままでは使いにくい場所に土木工事を行い、使いやすいように整地することです。 適切な土地改良を行うには、まず、土地の特徴を正しく把握しなければいけません。 さまざまな専門知識と技術が必要といえます。 下水道管埋没工事とは下水道本管を土の中に埋めていく土木作業です。 工事を始める前に周囲の環境を十分に調査することが欠かせません。 また、場所や条件によって違う施工方法が用いられますが、開削工法と推進工法がメインになります。 治山工事とは森林の造成と保全を目的として、山の地盤を安定させる土木工事のことです。 荒廃した特殊な環境に臨むケースも多く、危険に早急に対応する専門的な知識と技術が必要とされます。 山腹工、渓流工、地すべり防止工などに大別されます。 一戸建ての新築工事には工程があり、それぞれの段階の注意点を踏まえ丁寧な建築工事をすることが欠かせません。 居住性、デザイン性、耐震性、耐火性、耐久性、断熱・気密性などのバランスを考慮しながら、良い家づくりをすることが求められます。 増築工事とは現状の建物を壊さないまま床面積を増やす建築工事のことです。 平屋を2階建てにしたり、敷地内に新しい建物を作るなどの方法があります。 建て替えよりもコストの負担が少ないことが特徴です。 ただし、場合によっては修繕費用、補強費用などが発生することもあります。 改築工事とは床面積を変えずに間取りの変更などを行う建築工事のことです。 火災などで滅失した建物、家主の都合で除去された建物を、規模・構造ともに以前とほぼ同じものとして建て直す際などに施工されます。 増築工事、改装工事、修繕工事と混同されることもありますが違う工事です。 減築工事とは家の床面積を減らすリフォームのことです。 まず、ライフスタイルや周囲の環境の変化に応じて、どのような間取りにするかしっかりと計画を立てることがポイントになります。 減築工事はメリットも大きいものの、注意すべきデメリットもあります。 国や自治体の補助金・助成金制度が増えたためか、一戸建ての耐震補強工事の施工例が増加しています。 地震の多い日本では重要度の高い建築工事ともいえるでしょう。 一戸建ての耐震補強工事にかかる平均費用、具体的な施工例などを紹介します。 大工工事とはどういう工事のことをいうのか?また、住宅を建てる場合の、大工工事が必要となる、基礎工事から棟木の設置までの工程について説明しています。 主に大工職人が受け持つ、造作工事について説明しています。 下地の設置から、壁や床、天井の表面に石膏ボードを張るまでの施工内容について紹介しています。 木造建築の柱と梁の補強工事について説明しています。 建物の耐震性や耐久性に影響のある重要な部材ですので、劣化が生じていれば補強をし、強度が足りなければ、新たに部材を足さなければなりません。 コンクリートの建物の躯体や、基礎部分に必要となるのが型枠工事です。 ここでは、型枠工事の概要、工法の種類、工事の流れについて説明しています。 昔からある木造建築工法の一つで、今でもその技術が引き継がれている木造軸組工法(在来工法)と、耐震性、気密性に定評のある木造枠組壁工法(ツーバイフォー工法)について、それぞれの特徴を説明しています。 木造住宅のリフォームと、木造大工の仕事内容について説明しています。 梁と柱で支えられている木造住宅には、間取りを自由に変えられるメリットがあり、リフォームしてメンテナンスをすれば長く住み続けられるのが木造住宅の強みです。 とび・土工工事 雨漏り、瓦の劣化、色落ちなどの症状が現れたら、そろそろ屋根工事が必要な時期であると考えられます。 屋根を長持ちさせるためには定期的な点検やメンテナンスが必要です。 屋根材の代表的な分類は、「金属」を使った屋根。 「スレート」を使った屋根。 「瓦」を使った屋根の3つに大きく分類されます。 屋根の形には実に様々な種類があります。 一般的に多く見かけるのは、切り妻と寄棟ですが、それ以外にも多くの種類があります。 屋根の形を変えるだけで建物のイメージはガラッと変わったりします。 屋根の葺き替えとは、すでに葺かれている屋根材を一旦撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事方法です。 葺き替えにより、屋根の換気性能や断熱性を向上させることができます。 一部の屋根材を除いてほとんどの屋根材が施工可能です。 カバー工法(重ね葺き)とは、既存の屋根を撤去せず、その上に新しい屋根材を被せる工法の事です。 二重屋根なので耐熱性に優れているほか、解体費用がかからずコストが抑えられるなど様々なメリットがあります。 板金とはスレート屋根の頂点を止めている鉄板のことです。 屋根の中でも風の影響を最も受けやすい場所で、台風や突風で釘が浮いたり抜けたりすることもあります。 まずは点検を行い、交換の必要があるかどうかを確認することが重要です。 漆喰は瓦と瓦の接着剤の役割を担っています。 漆喰が剥がれると、瓦が歪んだりズレが生じるなどして、雨漏りの原因となる場合があります。 瓦葺きの屋根は、漆喰から痛みが広がることも多いため、定期的にメンテナンスを行うことが重要です。 雨樋は、年間通して日光や熱、風雨、雪などにさらされる過酷な条件下にあります。 各部分の材質や性質を考慮した上で、正しい方法でこまめにお手入れしたり、定期的にメンテナンスを行うことが大切です。 冷暖房設備工事とはエアコンを取り付ける管工事のことです。 室内機と室外機を設置し、配管工事、配線工事を行うことが主な作業になります。 省電力、低環境負荷型のエアコンも増えてきている昨今、新しい機種に取り替える工事も少なくありません。 冷凍冷蔵設備工事とは冷蔵庫やショーケースなどを設置する管工事のことです。 飲食店をはじめとして、ケーキショップなど生ものを販売する小売店でも欠かせないものと言って良いでしょう。 冷凍冷蔵設備工事の工程や注意点などについてまとめました。 空調設備とは正しくは空気調和設備と言い、湿度、温度、空気清浄などの室内環境を調整するための設備です。 そのような空調設備を取り付ける管工事を空調設備工事と言います。 近年、マンションの高層化、気密化が進んでいるため、空調設備工事の需要も高まっています。 給水設備とは生活や業務に必要な水を供給する設備のことです。 一方、給湯設備は風呂、洗面台、キッチンなどにお湯を供給する設備です。 これらを取り付ける管工事のことを給水給湯設備工事と言います。 一般家庭でも店舗でもなくてはならないない工事です。 ガス管配管工事とは、ガス管を配置する管工事のことです。 新築の時はもちろん、増改築に伴ってガス栓を増やす際にも行われます。 ガスにはプロパンガス、都市ガスがありますが、それぞれの工事内容などが異なるので注意が必要です。 ダクトとは気体を運ぶ管のことです。 おもに空調、換気、排煙などを目的として天井裏などに設置されます。 このダクトを取り付ける管工事のことをダクト工事といいます。 ダクトにはさまざまな種類があり、目的に応じて的確に選択しなけれないけません。 浄化槽とは生活の中で発生する汚れた水を、きれいにして川などに流す装置のことです。 そのような浄化槽を設置する管工事のことを浄化槽工事といいます。 現在でも下水道が通っていないエリアでは浄化槽を取り付けることが法律で定められています。 ここでは、アスファルトの種類と舗装工事の内容を解説します。 アスファルトにも色々な種類があり、水を浸透させるものやそうでないものまで、路面によって使い分けられています。 アスファルトの下にある路盤を造る工事も必要になりますので、その工事の流れも説明しています。 ここでは、コンクリート舗装の特徴についての説明をしています。 一般道路では、施工性の高さからアスファルトの普及率が高くなっていますが、場所によってはコンクリートの路面の方が適している場合もあります。 コンクリートとアスファルトの違いとは、なんなのでしょうか?詳しく説明します。 コンクリートの舗装工事手順を説明しています。 短い施工期間で仕上がるアスファルトと違い、硬化に時間の掛かる生コンを打設して、硬化させる工事です。 真空コンクリート工法と呼ばれる滑り止め対策工事についても紹介しています。 路盤築造工事についての説明です。 道路を造る時には、その基礎となる部分を造って、その上にアスファルトを敷いていく必要があります。 ここでは、その基礎部分となる下層路盤と上層路盤を造るための工事の流れを紹介しています。 ここでは、ブロック舗装工事に使われるブロックの種類と、工事の流れについて説明しています。 ブロックはカラーリングとデザインが豊富で景観性に優れた素材です。 工事ではただ敷いていくのではなく、ブロックから湧水しないよう排水処理を施し、目地に砂を詰めてブロックの噛み合わせを強化する必要があります。 外壁は日々雨や風、紫外線などにさらされるため、長い間放置しておくと塗装膜がはがれたり、劣化したりしてしまいます。 そうなると、雨や湿気が内部に入り込み壁材や基盤の腐食へと進行します。 屋根は建物の中で紫外線や雨風の影響を最も受ける場所です。 塗装の膜が活きているうちは問題ありませんが、5年以上経過すると塗装膜が枯れて来るので鉄板の伸縮に追従出来なくなり塗装膜が割れ始めて塗膜剥離が発生します。 メインの塗装には下塗り、 中塗り、上塗りの3工程があります。 屋根塗装は、下地処理の良し悪しで品質が決まると言っても過言ではありません。 下地処理をきちんとしないと、短期間で塗装が剥げる場合もあります。 外壁塗装の塗料は、主に水性系、溶剤系、弱溶剤系などに分けられ、さらに弾性塗料、硬質塗料など、実に多くの種類がありますが、近年では、臭いの少ない水性系塗料が主流となっています。 外壁塗装工事の工法として、大きく分けると吹付け工法(主に新築の際に使用)、ローラー工法(主にリフォームの際に使用)、特殊工法に分けられます。 それぞれの工法により、模様が違ってきます。 屋上面では防水層が雨水の浸入を防いでいます。 この部分は常に風雨や直射日光にさらされるため劣化を避けることが出来ません。 建物の寿命を延ばすには、一般に5~10年に一度の防水工事が目安とされています。 現在木造住宅ではFRP防水が主流となっています。 FRP防水は1日で施工を完了させることも可能で、継ぎ目のない優れた防水層をつくります。 FRPの防水層は軽量かつ強靭、耐熱性・耐食性・耐候性などに優れているという特長があります。 ウレタン防水は最もポピュラーな防水工事であり、改修時の手間がかからずコスト面で優れています。 ウレタン防水の特徴は、防水層が軽量であり建築物に負担をかけない点と、ウレタン塗膜が複雑な収まりにも容易に対応出来、防水面に継ぎ目のないシームレスな防水層を形成できる点などがあげられます。 ベランダ防水の不具合が原因による雨漏りはとても多く、ベランダの防水工事は非常に重要な工事であると言えます。 日常的に人の出入りが多いため、傷みやすく雨漏りが発生しやすいのです。 屋上や陸屋根のから雨水が浸入すると雨漏りするばかりか建物自体の強度を低下させ、建物の寿命を縮める結果となります。 屋上防水工事は建物の安全性や資産価値保持のために不可欠です。 建物からの漏水を食い止めるために行う工事を止水工事と言います。 天井や壁、床などを作る内装仕上工事は、建物の最終的な仕上がりを決める大切な仕事です。 インテリア工事、天井仕上工事、壁張り工事、間仕切り工事、床仕上工事、畳・ふすま工事、防音工事などが内装仕上工事になります。 軽天工事とは、壁や天井の下地となる骨組みを作る工事です。 建物の骨組みを作った後、最初に入る内装仕上工事なので、この作業の出来栄えによって、その後の内装仕上げ工事、建物の居住性が大きく変わります。 昔の家には天井などはありませんでしたが、天井にはほこりやチリの落下防止や明るさの調整など様々な役割があります。 天井が剥がれ落ちたりすると被害が大きくなるため、細心の注意をもって内装仕上を行います。 壁に貼る壁材にはクロスや塗り壁、木材、タイルといったものがあり、それぞれに費用や工期、耐久性などの特徴があります。 使用する壁材のメリット・デメリットを把握し、目的に応じたものを選びましょう。 間仕切りは壁とは違ってレイアウト変更や移設などに容易に対応出来るうえに再利用も可能です。 間仕切りにもLGSやガラス、スチール、アルミなどの様々な材質のものが用意されていますから、特徴を把握して最適なものを選んでください。 屋外の騒音が建物の中に聞こえないようにする防音工事は、落ち着いた生活には欠かせない大切な工事です。 窓や壁、床や天井などに適切な処置を施すことで、快適な暮らしを手に入れる事が出来ます。 見た目にはあまり分かりませんが、決して手を抜けない内装仕上工事です。 最近では畳やふすまにも様々なバリエーションが用意されており、好みに合わせてカスタマイズすることが可能です。 和室がなくても洋室にフィットする畳もありますから、自分には関係ないと思わずに参考にしてみてください。 お問い合わせはコチラへ!.

次の