デジタル データ リカバリー 悪質。 【口コミ評判】費用40万!?HDD誤削除データを普及してもらった

[評判/口コミ]A1Data(エーワンデータ)の料金や対応、口コミ、悪い評判まで徹底解説!この業者は信頼できる?

デジタル データ リカバリー 悪質

大切なデータを復旧させるために大切なのは、安易に業者を選ばないことです。 近年、悪徳業者による被害件数が多くなっています。 判断をあやまって悪徳業者を選んでしまうと、データを復元できないばかりか、元の状態にすら戻せないこともあります。 悪徳業者が使う手口を事前に知り、被害を未然に防ぎましょう。 悪徳業者による被害事例 無料に見せかけたトラブル! 業者に見積もりを依頼する際に、「初回見積もり無料!」と広告をだしながらも、実際はお金を請求してくる事例。 多くの業者が顧客獲得のため、見積もりを「初期診断無料」としています。 しかし実際に見積もりをだすと、診断自体は無料ですが、作業代金やそれに関する部品代を請求してくることもあります。 また、診断後に作業を依頼した場合のみ診断料が無料になり、万が一キャンセルした場合はキャンセル代金をとることも。 そしてお金を払わなければデータを返さないという悪質な事例です。 契約するように脅されるトラブル! パソコンのハードディスクが起動しなくなった際に、業者とのやりとりで起きた事例。 悪徳業者の担当者がよく使う言葉は、「今データを復元しないと大変なことになる」「復元のチャンスは一回だけですよ」と緊急性をおして焦らせ、強引にすすめてきます。 あたかも丁寧に相談にのるフリをし、見積もりや修理にださせるのが悪徳業者の手口です。 実際には、復元の作業は一回だけとは限りません。 ハードディスクが物理的に壊れている状態だとデータが戻らなくなってしまうことがありますが、論理障害だと調査復旧することは可能な場合もあります。 また、復旧作業は数回実施することができます。 業者のなかには、初めの段階では親切に相談にのり、契約の間際になると豹変して強引に契約に結びつけようとする手口があるので、注意が必要です。 業者側の営業トークはあくまでも顧客獲得のための話術なので、のせられてはいけません。 会話のなかで誠実、丁寧であっても、少しでも違和感があればその業者を選ぶのはやめましょう。 診断後のデータ、破損トラブル! ハードディスクを見積もりで郵送して依頼した際に、戻ってきたディスクの一部が破損していた事例。 通常、業者に修理を依頼する際は見積もりにだし、実際に症状を診断してもらいます。 その後、業者から復旧にかかる見積もり額の連絡がきて、それに承諾すると修理が開始されるという流れです。 本来なら見積もり額が予算に合わなければ、修理の依頼をせずディスクを返送してもらうのですが、悪徳業業者は送られてきた。 ディスクの扱いを粗末にすることがあります。 この事例では、業者からは説明もなく、こちらから問い合わせても、「発送後に傷がついているはず」「発送前は傷がない証拠の写真もある」の一点張り。 証拠写真の提示を求めても、会社の守秘義務だからと見せてもらえなかったと言います。 そして最後まで説明をせず作業強制終了という手口です。 契約しないことが分かると、一変して対応が雑になり、最悪の場合さらに症状が悪化して返送されるという悪質なものです。 前金トラブル! 悪徳業者のなかには、前金制でお金を先払いして見積もりを行っている業者が多くあります。 作業の流れとしては、依頼する側が、修理前に業者にお金をわたし、業者はお金を受け取ってから修理作業に入るというものです。 一見、なんの損にもみえないかと思いますが、万が一、データの復旧ができなかったとしても業者からお金の返金はしないのです。 そして、業者に返金をかけあったとしても、作業代という理由で返金対応はかけあってくれません。 さらに悪質な業者は、症状の診断もきちんとせず修復不能と診断し、実際は修復可能であったというケースもあります。 直そうとしてもいない依頼に無駄なお金を払い、さらに新しい業者を探さなければならないという手間もかかります。 良心的な企業だと成果報酬型というものを取り入れていて、修復不能と判断された場合は、返金に応じてくれます。 業者に修理を依頼する際は、データ復旧できなかった場合の対応や、返金方法をチェックしてください。 情報漏えいトラブル! 悪質業者に修復作業を依頼し、なかのデータが外部に漏えいしたという事例。 業者のなかには、あまり知識がない担当者がセキュリティー対策のされていないソフトでデータを復元するパターンがあります。 業者の担当者は何事もなかったかのように、データを返しますが、あとあと情報漏えいしていたことが発覚。 また、外部からハッキングされることがあります。 さらに、悪質なのは、漏えいされた情報を転売するケースも。 そうなると、個人情報が出回るという二次災害に発展します。 そうなると、新たにトラブルに巻き込まれる恐れがあるのです。 データには個人情報がはいっているため、セキュリティーがしっかりしているかは慎重に調べましょう。 セキュリティーが整っていない業者に依頼するのは、非常に危険です。 対策としては、ISO27001やプライバシーマークのように、セキュリティーを保障している業者を選ぶこと。 セキュリティー体制がしっかり整っているかどうかは、業者選びの重要なポイントなのです。 悪徳業者の見分け方 ここでは悪徳業者を見分ける時の注意点をご紹介いたします。 万が一悪徳業者に依頼してしまうと、高額請求やデータ破損などトラブルに巻き込まれてしまいますので、しっかり見分けていきましょう。 ネットの検索順位を鵜呑みにしない! 業者作業を依頼する時、ネットで業者を探したり評判をみたりすると思います。 その際に、ネットの検索表示を鵜呑みにしてはいけません。 なぜなら、サイトの口コミを業者側が自ら書いている場合があるからです。 そうなると、どんなに悪徳業者であっても、良い口コミ評価ばかりとなってしまうため、情報の信頼度が低いものとなります。 また、サイトはコストをかければ検索の上位に上ることが可能です。 そのため、必ずしも検索上位の業者が信頼できるかと言われればそうとは限りません。 業者を探す際は、口コミや検索結果以外に3つのポイントをチェックしましょう。 大手企業はデータ復旧技術の低い業者と契約を結びません。 ということは、それだけ技術が信頼されているといえます。 一度修復作業を間違えると、データが消えてしまう恐れがあるため、事前に調べる際は慎重に行いましょう。 料金が不明確な業者は避けること! 業者の公式サイトには、作業にかかる料金が掲載されているかと思います。 そのなかでも、「見積もり後に料金をお知らせします」など料金表示があいまいな業者は要注意です! 業者は修理する現物を直接見なくとも、「メディアのタイプ、容量、障害の状況」の3つでおおよその修理にかかる料金を把握することができます。 しかし、悪徳業者は「一度メディアをおくっていただかないと見積もりがだせません」と判断をあおってきます。 一度メディアを業者に送付してしまうと、お金を払わないと返さない、メディアに破損・傷をつけて再送されるなどトラブルになりかねません。 業者を選ぶ際は、料金の上限設定や、一律の料金体系をしっかり提示している会社を選びましょう。 前金で作業をしている会社は要注意! 業者に復旧作業を依頼する時、料金を支払う方法が「前金制」と「成功報酬型」の2通りがあります。 おすすめは成功報酬型です。 成功報酬型だと、作業が完了したかを確認してからお金を支払うので安心です。 反対に前金制だと、作業が完了していないのにお金をとられる可能性があります。 また、作業後の対応やデータが普及しなかった場合でもお金を払っているので、納得いかない結果になることがあります。 業者を探すときは、万が一データが復旧しなかった場合、どういう対応しているのか、返金有無や方法を確認しておきましょう。 そうすることで、未然に信頼できる業者かを見分けることができます。 以上、悪徳業者を見分ける時の注意点をご紹介いたしました。 大事なのは、焦って判断せず慎重に業者を探すことです。 症状別で業者を探す• 目的別で業者を探す• OSやメディア別で業者を探す• 復旧価格 5,000円~ HDDやRAIDなどのデータ復旧サービスをするデジタルデータリカバリーについて、技術力を裏付ける復旧実績や料金の目安などを調査してみました。 復旧価格:9,800円~ 自社内でデータ復旧作業を行う業者です。 復旧価格や復旧にかかる時間の目安、利用者の口コミ評判などを調べています。 復旧価格:10,000円~ 大阪にあるデータ復元業者です。 論理障害や物理障害を復旧するための料金目安、利用者の評価を調べ、まとめてみました。 ホームページ上では復旧率の高さをアピールしている業者です。 具体的な数字についてはどのくらいでしょうか?この業者を利用者した法人の評判なども調べています。 データ復旧作業のほかにも、iPhoneのガラス交換などの修理も請け負う業者です。 様々なデバイスやメディアなどのトラブルに対応できる業者ですが、評判はどうなのでしょうか?• 福岡県に所在する株式会社アラジンが運営しているデータ復旧業者です。 この企業の実力はどうなのか、利用者の評判をリサーチ。 米国の技術をそのまま日本に受け継ぐ業者のようですが、復旧実績や料金設定はどうなのでしょうか?• 大塚商会といえば、様々な事業を展開している企業ですが、データ復旧においての実力はどのくらいなのでしょうか?• 自社内でクリーンな環境を備える業者です。 軽度障害や中度障害、重度障害の復旧費用や利用者の評判を調べてみました。 東京23区限定で出張対応する業者です。 技術力を裏付ける法人の評判についてリサーチしました。 データ復旧ソフトウェアの開発を手掛ける企業です。 復旧にかんする専門家のようですが、その実力はどうなのでしょうか?• 全国に170以上の拠点を持つリプラスウイングは出張をメインとする業者です。 どのくらいで復旧作業が完了するのか調べてみました。 HDDメーカーのSeagate Technology社と業務提携している復旧業者です。 どのくらいの復旧実績があるのか調べてみました。 手軽に入手できる分、トラブルが起こった時にすぐに活用できたなら便利。 しかし、復元ソフトでデータを元通りにできるのか?• データを消去してしまった場合や故障により閲覧できない場合、やってはいけない禁止事項があります。 PCが故障した場合や、データを削除してしまった場合、まずすべきことがあります。 トラブル時の流れを順を追って解説。 失ったデータを確実に取り戻すには、技術力の高い業者に復旧を依頼する必要があります。 技術力を見極めるコツとは?• 機密情報を記録した業務データなど、重要なものほど一刻も早くデータを復元したいものです。 対応スピードのある業者の見極め方を解説。 適正な料金設定かどうかを見分けるには、相場の費用を知っておきましょう。 また不当な料金を請求する悪徳業者の手口についても紹介。 重要な情報が記録されるHDDを復旧してもらうには、情報漏えいのリスクも考慮。 安心してHDDを預けられる業者かを見分けるコツを解説。 近年、悪徳業者から被害を受ける人たちが後を絶ちません。 あらかじめ被害を予防する方法を紹介。 業者のHPを確認すると「論理障害」「物理障害」という、耳慣れない言葉が記載。 それぞれの特徴と、対処法などを紹介。 時間や場所等の制約から、故障した媒体を復旧業者に直接持ち込めない場合、郵送することになります。 その際の梱包方法や注意点を解説。 トラブルに見舞われた時こそ、冷静かつ迅速なアクションが重要。 業者に修理を依頼してから納品までの5つのステップを知っておきましょう。 データ復旧業者の説明の中には、難しい専門用語が登場することも。 ここでは、よく使われる専門用語を解説しています。

次の

「一部の悪質な事業者」に関する注意喚起について

デジタル データ リカバリー 悪質

パソコンが壊れた、ハードディスクを認識しないなど。 データのトラブルは突然やってきます。 そんな時に頼りになるのがデータ復旧業者ですが、どの業者に依頼をすればよいかは悩んでしまうところです。 私も以前、子供の画像や動画を保存していたパソコンが壊れてしまいデータ復旧業者に依頼をしたことがあるのですが、どこに依頼をしても復旧できず、「これで最後にしよう」と4社目に依頼した業者で無事にデータを復旧してもらえた経験があります。 その業者はデジタルデータリカバリーという会社でした。 数社のデータ復旧業者とやりとりをした私の個人的な感想も交えつつ、デジタルデータリカバリーをおすすめする理由についてまとめました。 データ復旧業者選びで悩んでいる方に参考になれば幸いです。 デジタルデータリカバリーとは 数あるデータ復旧業者の中で9年連続日本一の復旧件数を誇るデータ復旧業者です。 以前は「日本データテクノロジー」という名前でサービスを提供していましたが、を始め今後の海外展開を目指すうえで、2016年1月にサービス名を「デジタルデータリカバリー」に変更したようです。 デジタルデータリカバリー公式サイト なお、運営会社は「デジタルデータソリューション株式会社」です。 デジタルデータソリューション株式会社 データ復旧の成は96. 実際に私がデータ復旧をしてもらった時も、その前に3社の業者に依頼をして復旧できなかったデータを復旧してもらいました。 私のケースでなぜ他社が復旧できなかったのかというと、原因が「障害」だったからだと言われました。 最初の3社に依頼をした時は「ハードディスクが物理的に壊れているので、壊れた部分を交換して正常に動作するようにすれば、データの読み込みが出来るようになる」と言われたのですが、実際には別の原因だったということになります。 とは、パソコンや電化製品に搭載されている、ハードウェアの動作を制御するソフトウェアです。 ハードディスクは容量の増加に伴い内部の構造が複雑になり、1台のハードディスクにのプラッタ(書き込みディスク)やヘッド(プラッタを読み込む機械)が内蔵されています。 そのためそれらを制御するも複雑になってきています。 複雑になったに障害が発生すると復旧の難易度があがるというわけです。 データ復旧業者によっては原因がにあることに気づかない場合や、気づいたとしても復旧出来ないということがあります。 私の例でもわかるとおり、多くのデータ復旧業者は障害に対応する技術が備わっていないようです。 同業他社の場合、復旧を妨げている大きな要因がであることすら認識できないことが多く、たとえ認識できたとしても、高度化した最新のを解析してデータをよみがえらせることはほとんど不可能だという。 先ほどの大手ICT企業のように、自社でやっても、ほかの業者に頼んでもデータ復旧できなかった記憶装置や媒体が持ち込まれることも多いそうだ。 引用元: その点、デジタルデータリカバリーは海外技術者との研究会などを行い、常に最新のデータ復旧方法について研究をしているため、高い復旧率が実現出来ているのです。 【 サーバ機器特有の復旧技術力向上!! デジタルデータリカバリーが海外のトップエンジニアを交えた合同技術研究会を実施 】 この度、デジタルデータリカバリーでは、サーバ市場を圧倒しさらにシェアを拡大するであろうのデータ復旧に関して、より一層の技術力向上を目的に、海外トップエンジニアを交えた合同技術研究会を実施いたしました。 これにより、 特有の重度な障害における復旧技術が向上し、以前の技術ではフォルダ構成が復旧出来なかった一部の障害に対して、復旧が可能になりました。 引用元: デジタルデータリカバリーの復旧率が他社と比べて高いと書きましたが、他社では復旧不可能な案件にも対応できることが、高い復旧率を誇る要因と言えるでしょう。 データの復旧費用はいくらくらい? データ復旧を依頼するにあたって、復旧率と同様に気になるのが「費用はどのくらいか?」だと思います。 まず、デジタルデータリカバリーの復旧費用は「成功報酬制」です。 データ復旧が成功しなければ費用は1円もかかりません。 一部業者は復旧できなくても費用がかかるところがあるようですが、一般的に多くの業者がこの「成功報酬制」となっています。 データ復旧の費用ですが、どのような作業が必要なのか素人にはわからないため、「ぼったくり」しやすい業界と言えます。 データ復旧の費用は主に以下で決まると言われています。 障害の種類(物理障害なのか論理障害なのか)• 復旧するデータ量 一般的に論理障害よりも物理障害の方が復旧が難しく、費用も高くなると言われています。 以下がデジタルデータリカバリーのWebサイトに掲載されている料金表です。 引用元: 上記の料金表はディスク容量を元にした費用です。 障害内容は恐らく軽度の論理障害のケースということだと思います。 ちなみに私が以前復旧した時は、• データ容量:50GB程度• 障害内容:物理障害、障害 以上の内容で35万円程度の費用がかかりました。 症状にもよりますが、データ復旧費用は決して安いものではありません。 復旧するデータにそれだけの価値があるかどうかをよく検討されたほうが良いでしょう。 また、復旧費用についてぼったくり業者に騙されないために注意したいポイントを以下にまとめます。 費用が成功報酬制ではない データが復旧されなくても費用を請求されることになります。 復旧費用とは別に診断費用が必要 復旧費用は成功報酬制だが、「診断費用」など別途費用がかかる業者があります。 自社で復旧出来ないため外注している 外注した場合は中間マージン分高額になります。 全て自社復旧している業者を選びましょう。 復旧にどのくらいの日数がかかるか? データ復旧にかかる日数は業者によって様々です。 一般的なデータ復旧作業の流れですが、復旧の難しい物理障害の例で言うと、• 物理的に障害が起きている箇所の修復(部品交換)• 修復したハードディスクからデータを抽出• 抽出したデータを別のに保存して納品 以上の流れになります。 障害が起きている箇所の修復ですが、修復するハードディスクに使える部品の調達に時間がかかると言われています。 ハードディスクはナノレベルの技術が使われている精密機器ですので、同じメーカーの同じ型番からとったパーツでも、製造時期が異なれば正常に動作してくれないことがあります。 多くの業者では依頼を受けてから交換用パーツを調達するため、実際に復旧作業を開始するまでに1週間程度の時間がかかると言われています。 実際私が他社に依頼した時も、2週間待って結局データ復旧できませんでしたという回答でした。 デジタルデータリカバリーではドナー部品用のハードディスクを常時10,000台以上保有し、どのタイプの機器でも迅速に対応できるようにしています。 ハードディスクは部品を新しいものと交換しても、整合性が合わないと直りません。 移植手術のドナーと非常に似ており、型番のほか、製造国や製造年が異なると意味がありません。 ハードディスクの動作をコントロールする基盤とチップだけでも数十万種類あります。 同じメーカー、同じ型番のハードディスクでも、製造国や製造ラボによって、調達している部品が全く違うこともあります。 一般的なデータ復旧会社で「部品が無いために復旧ができません」と断られることがありがちですが、当社では、部品調達班を設け、毎月200~300台のドナー部品用ハードディスクを独自のルートで世界各国から素早く調達し、あらゆるメーカー・型番のハードディスクの物理復旧に対応しております。 引用元: 個人の方で復旧をそこまで急いでいない方ならよいですが、企業など1日でも早くデータを復旧する必要がある場合、復旧にかかる日数が短いデジタルデータリカバリーをおすすめします。 出張サービス 復旧したい機器がパソコンや外付けハードディスクであれば、郵送、または持ち込みをすることが出来ますが、企業がやサーバのデータ復旧をしたいといった場合、サイズの問題で持ち出せなかったり、セキュリティ上の理由により外部への持ち出しが出来ないケースもあるかと思います。 デジタルデータリカバリーは東京本社以外にも「大阪」「名古屋」「福岡」に支店があり、無料出張サービスを行っています。 デジタルデータリカバリー大阪支店 〒530-0001 北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエストオフィスタワー19F デジタルデータリカバリー名古屋支店 〒451-6040 愛知県町6-1 40階 デジタルデータリカバリー福岡支店 〒812-0011 福岡県福岡市前1-15-20 NOF前ビル2階 出張費用は無料で即日来てくれるのでとても助かるサービスです。 日本による出資 2015年12月、日本(NVCC)がデジタルデータリカバリーを運営するデジタルデータソリューションに対して第三者割当増資を実施したというニュースがありました。 データ復旧国内大手のデジタルデータソリューション(本社:東京都、社長:熊谷聖司)は2015年12月、日本 NVCC が運営するを割当先とする第三者割当増資を実施した。 NVCCはや、等のをはじめ、セコムや、、など日本を代表する企業、また企業として、代表的なや、等が株主となっている独立系ので、取締役には氏や会長佐治信忠氏、会長兼社長氏、シニア・チェアマン氏ら、日本を代表する経営者が名を連ねている。 引用元: 数年後の株式上場を視野に入れて、拡大を計画しているようです。 hddrecovery.

次の

失敗しないデータ復旧のためには? データ復旧技術センター

デジタル データ リカバリー 悪質

真相 パソコンやハードディスクのトラブルで大切なデータが見られなくなってしまったため、データ復旧業者に依頼をしようと考える方もいると思います。 しかし悩むのが「どの業者に頼んだらいいか?」ですね。 ・大切なデータなのでお金がかかってもいいから技術に定評のある会社に依頼したい ・戻って来なかったら諦めのつくデータだから、出来るだけ安く依頼したい などなど、人によって状況は様々あると思います。 データ復旧業者は日本国内で100社以上存在すると言われており、どこに頼むのがベストなのか業者選びが難しいところです。 そこで頼りになるのが「実際に利用した人の評判や噂」といった口コミです。 なにかしらのサービスを利用する際、「いいな」と思った業者の名前で検索をし、口コミを探した経験のある方もいるのではないでしょうか? 「評判や口コミ」は利用者にとってなによりも参考になる情報ですが、ネット上にある情報をそのまま全て真に受けるのは少々危険です。 2chやブログといった匿名によるメディアは、書かれている情報が本当なのかどうかを見定めることは困難です。 特に商売に関する口コミとなると、同業他社からの営業妨害を目的とした「悪評」の書き込みが当たり前のように存在します。 現在のデータ復旧業界において国内トップのシェアを持っているのはデジタルデータリカバリー(旧、日本データテクノロジー)という会社ですが、業界トップであるが故の宿命とも言えるでしょうが、営業妨害目的と思われる事実無根の口コミ、悪評が散見されます。 勿論、中には本当の利用者による口コミもあるでしょうが、データ復旧の知識のない方が見極めるのは困難です。 当サイトではデータ復旧大手のデジタルデータリカバリーのネット上の噂や評判について、それらの情報が信頼できる口コミかどうかを調べ、まとめました。 同業他社による営業妨害目的の口コミについて データ復旧業界だけの話ではなく、どの業界でも同業による営業妨害は存在します。 特に、業界トップシェアを持つ会社の悪評は2chなどでもよく目にします。 具体的な営業妨害の方法として、以下のようなものがあります。 ・サジェスト汚染 サジェストとは、GoogleやYahoo! で検索したいキーワードを入力した際、検索エンジンから「提案」されるキーワードです。 例えば「英会話」というキーワードをYahoo! に入力すると、以下のようなサジェストワードが出てきます。 検索回数が多いキーワードや該当するサイトの多いキーワードがサジェストとして表示されるのですが、このサジェスト結果を操作して、会社名に続けてネガティブなキーワードを表示させ、イメージダウンを図るという方法がサジェスト汚染です。 やり方は簡単で、表示させたいキーワード(会社名)と、サジェストとして表示させたい悪意のあるキーワードを合わせた内容を2chなどに書き込むだけです。 以下は実際に2chに書きかまれていたサジェスト汚染です。 このように、ネット上の口コミや評判、特に悪評に関しては同業他社等による嫌がらせが多いのです。 そのため、悪評の口コミについては根拠となる情報が添えられているかを確認し、信頼できる情報なのかどうかを見極める必要があります。 デジタルデータリカバリー 8つの噂の真相 それでは、実際にネット上に書き込まれているデジタルデータリカバリーの評判、口コミといったものが信頼できる情報なのかどうか、一つずつ検証していきたいと思います。 データ復旧の成功率とは、依頼があったデータ復旧の内、どのくらいの確率でデータ復旧に成功したか?を表すものです。 データ復旧の成功率は業界の平均値が70~80%と言われており、95. 1%という成功率は「本当?」と疑いたくなるような高い数値と言えます。 なぜデジタルデータリカバリーがここまで高い成功率を達成できているか? 最新設備や復旧ツールの充実や、スタッフの熟練度という点もありますが、一番の理由は「ファームウェア障害」の復旧技術が確立されているからと言えるでしょう。 ファームウェアとは、ハードディスクが正常な動作をするよう制御するためのソフトウェアであり、現時点ではデジタルデータリカバリーにしか復旧出来ないファームウェア障害が多数あります。 それにより他社よりも高い復旧率を達成できていると言えます。 また、データ復旧成功の定義ですが、データ復旧業者によって統一されていません。 例えば、ハードディスク内の消えてしまったデータを1つでも復旧出来れば「復旧成功」と定義している業者もあれば、顧客が指定したデータを復旧出来なければ「復旧成功」とはしないという業者もあります。 ちなみにデジタルデータリカバリーの成功定義は後者のようです。 あくまでも顧客が指定したデータの復旧が成功しなければ「復旧成功」とはせず、完全成功報酬である復旧費用は受け取っていないようです。 それでこの数字はまさに驚異的な高確率と言えます。 しかし、万が一虚位の数値であった場合は不当景品類及び不当表示防止法違反となりますから、さすがにウソの情報ではないでしょう。 データ復旧を依頼する際、まずは復旧にどの程度の費用がかかるか見積もりを出してもらうことになります。 データ復旧業者は復旧する機器の状況(障害状況、データ容量など)を確認しなければ正確な見積もり金額を出すことはできませんので、見積もりを依頼する際にはデータ復旧業者に機器を送る必要があります。 そして見積もり金額を出してもらった後で、予算と合わないということであればキャンセルをして機器を返却してもらうのですが、デジタルデータリカバリーは見積もり後にキャンセルをすると機器を破壊するというのです。 どういうことなのでしょうか?「断りやがった!コンチキショー!」と、お客さんのパソコンやハードディスクをハンマーで殴ったりして壊しているということなのでしょうか? 常識で考えればそんなことをしてもなんの得にもならないことはわかるので、この口コミは100%嫌がらせ目的の悪評でしょう。 また、中には「キャンセルしたら、データを復旧不可能な状態にぐちゃぐちゃにされた」という口コミもありましたが、デジタルデータリカバリーはデータ復旧をする際、顧客から送られた機器からクローンのディスクを作成し、クローンを元に復旧作業を行っています。 そのため元の機器のデータをいじくるということは考えられません。 ino-inc. html 2chや匿名ブログに書き込まれている口コミです。 復旧作業は自社でやっておらず、韓国のデータ復旧業者に丸投げしているという情報ですが、東京築地にある工場において、全て自社復旧をしています。 よって、こちらも嫌がらせの悪評です。 築地の工場は依頼者であれば見学が可能です。 実際に作業を行っている様子も見ることが出来ます。 私も一度見せてもらいましたが、作業をするためのクリーンルームや情報流出を防ぐための金属探知機ゲートなど、なかなか面白かったです。 かなり前のものですが、Gigazineに現場見学の様子がアップされていますので、築地まで行けないという方はどうぞ。 見積り金額に対して「高いからキャンセルするなどとゴネれば安くなる」、「最初に提示される金額は顧客の足元をみてぼったくっている」という情報です。 実際に、見積もり金額から安くなるということはあるようです。 ただし、「ゴネれば安くなる」というのは誤りで、「復旧に時間がかかってもよいのであれば、その分安く復旧出来る」ということです。 企業の場合は急いで復旧しなければならないケースが多いでしょうが、個人の場合は急ぎではないというケースもあるでしょう。 そういった場合は「時間がかかってもいいから値段優先で」ということを伝えると、期間に余裕を持ったプランの金額も提案してくれます。 間違っても「急いで復旧してほしいけど値段を安くしろ!」ということで安くなるようなゴネ得はないようですので、クレーマーのようにゴネないようにしましょう。 理由としては、宣伝費用に多額のお金を使っていて、広告費の分他社よりも高い、ということが言われています。 確かに、「データ復旧」で検索をするとリスティング広告の一番上にデジタルデータリカバリーの広告が表示されます。 リスティング広告は最も高い金額を入札した広告が一番上に表示される仕組みですので、そういう意味では他社よりも広告宣伝費に予算を使っていると言えます。 しかし、「広告に金をかけている会社=高い会社」とは限りません。 広告を出さなければお客さんは来ませんし、お客さんが来なければ数少ないお客さんの客単価を上げる必要がありますから、逆に復旧費用が高額になることもあります。 バランスの良い広告宣伝はむしろサービスの費用を下げることになります。 また、デジタルデータリカバリーはRAIDやサーバーのデータ復旧、一般的なデータ復旧業者では復旧が出来ない「難易度の高い障害」の復旧依頼が多いですから、そういった意味で客単価は当然高いと言えるでしょう。 データ復旧は見積もり無料の業者が多いので、価格重視の方であれば数社で相見積もりをするとよいでしょう。 見積り後、依頼するかどうか悩んでいると、「今すぐ依頼しないと大切なデータが消える」と脅され無理やり契約をさせられた、という内容です。 もし本当ならひどい話ですね。 私は以前、キャンセルしようか悩んだ時に「データは生き物なので、時間が経つことで復旧が難しくなる可能性はある」というアドバイスをいただいたことがありましたが、「脅された」という印象は感じませんでしたし、契約を強引に迫られはしませんでした。 発生している障害の内容にもよると思うのですが、例えばハードディスクに物理障害が起きている状態でそのまま機器を使い続けてしまうとデータが消えるリスクは高くなり、データの復旧はどんどん難しくなります。 また、データ復旧は機器に大きな負担を与える作業であるため、1度目の復旧で失敗した場合、症状が悪化した状態で行う2度目の復旧で成功する確率は極めて低くなります。 恐らくはそういった意味の忠告を「脅し」と誇張して捉えた悪評ではないかと思います。 ただし、担当者によっては営業成績のために強引な営業トークをする人がいないとは断言できません。 明らかに強引な営業トークだと感じた時にはキャンセルをし、他社に相談してみると良いでしょう。 契約をしてしまった後ではキャンセルが出来ませんので、契約前にしっかりと判断しましょう。 デジタルデータリカバリーに依頼をして復旧出来ず、他社に相談したところ「デジタルデータリカバリーから返ってきた機器は、復旧不可能な状態に傷をつけられた状態で返却されるので、お断りしている」と言われたという内容です。 他社で断られるというケースですが、デジタルデータリカバリーで復旧出来なかったのなら復旧は難しいということで断っているのだと予想されます。 もし本当に「デジタルデータソリューションは返却する時に傷をつけているから復旧は不可能」と言っている業者が存在するのだとしたら、かなり怪しい業者ですね・・・。 私個人の話ですが、データ復旧に限らず、同業を悪く言う会社にはなにもお願いしないようにしています。 まとめ 以上、デジタルデータリカバリーについてネットで書かれている口コミ・評判の真相についてまとめました。 ネットの口コミは良い評判よりも悪い評判のほうが強く印象に残ります。 しかし、ご紹介したように中には悪意のある口コミもあるということを認識し、情報を活用していただければと思います。 ご参考までに、もありましたので読んでみてください。

次の