ひき肉 玉ねぎ じゃがいも。 じゃがいもとひき肉の甘辛煮|レシピ|ゆとりの空間

じゃがいもの常備菜レシピ特集!煮物やサラダなどの簡単作り置き料理を一挙ご紹介♪

ひき肉 玉ねぎ じゃがいも

お買いもの• キッチン用品・調理道具• お弁当・水筒• お箸・カトラリー• キッチン雑貨• エプロン• ファッション• ファッション雑貨• 生活雑貨• テレビで使用したアイテム•

次の

じゃがいもとひき肉の甘辛煮|レシピ|ゆとりの空間

ひき肉 玉ねぎ じゃがいも

アシ(hachis)とは、肉や野菜などをみじん切りにしたもの。 本来はポトフやローストの余り肉を使うのですが、今回のレシピのようにひき肉で作ることもよくあります。 パルマンティエは、18世紀にフランスでじゃがいもの普及に尽力した農学者。 じゃがいも料理には、しばしば彼の名が冠されています。 アシ・パルマンティエ 材料(4人分)• 牛ひき肉(または合いびき肉) 300g• マッシュルーム 4個• にんにく 1かけ• タイム、ローリエ(あれば) 適宜• 塩、こしょう 適宜 【じゃがいものピュレ】• じゃがいも(メークイン) 3~4個(約500g)• 牛乳 200㏄• バター 30g• ナツメグ 適宜• お好みのチーズ 適宜 作り方• 玉ねぎ、にんじん、にんにくはみじん切り、マッシュルームは軸ごと粗く刻む。 フライパンにオリーブオイル(分量外)を熱し、牛ひき肉を広げて入れて両面を焼き付ける(余分な脂が出たらふき取る)。 焼き色がついたら軽くほぐして炒める。 2のひき肉をフライパンの奥に寄せ、手前に玉ねぎ、にんじん、マッシュルーム、にんにくを入れて弱めの中火で炒める。 ホールトマトを入れてヘラでつぶす。 ローリエとタイムも加えて、時々混ぜながら煮詰める。 塩、こしょうで味をしっかり整える。 耐熱容器に敷き詰める。 じゃがいものピュレを作る。 メークインは皮をむき、4等分にしてゆでる。 やわらかくなったら湯をきり、火にかけて水分をとばし、泡立て器でつぶす。 牛乳を加えて中火にかけて温め、バターを加えて泡立て器でよく混ぜる。 塩こしょう、ナツメグで調味する。 4を5のじゃがいものピュレで覆う。 お好みのチーズをまんべんなくふる。 アドバイス• ひき肉と野菜を炒め合わせて煮詰めた段階で、しっかりめに味をつけることがポイントです。 じゃがいものピュレがやさしくクリーミーな味わいなので、ひき肉の味つけでメリハリをつけるようにします。 じゃがいもはぜひメークインを使ってください。 仕上がりがとてもクリーミーになります。 泡立て器でよく混ぜれば混ぜるほど、粘りが出てなめらかなピュレになります。

次の

豚ひき肉で作る肉じゃが 作り方・レシピ

ひき肉 玉ねぎ じゃがいも

作り方• じゃがいもは皮をむき、芽を取っておきます。 にんじんは皮をむいておきます。 絹さやはヘタと筋を取り、沸騰したお湯に入れ中火で1分茹で、水に浸します。 玉ねぎはくし切りにします。 にんじんは、乱切りにします。 じゃがいもは、4等分に切り、水に浸し5分おき、水を切ります。 鍋を中火で熱し、サラダ油を温め豚ひき肉を炒めます。 沸騰したらアクを取り、しょうゆを加え、落し蓋をして20分弱火で煮込みます。 火を止めたら、そのまま5分置き出来上がりです。 器に盛りつけて1を飾りつけて出来上がりです。

次の