蒼井 優 と 山里 亮太。 【スッキリ】山里亮太、蒼井優との結婚1周年ケーキを一人で爆食い!

山里亮太、妻・蒼井優の一番好きな手料理を明かす 千鳥・ノブ「結構クセ嫁やな」

蒼井 優 と 山里 亮太

お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太(42)と女優・蒼井優(33)が5日、双方の所属事務所を通じ結婚を正式発表した。 発表を受け今夜、都内で会見が行われる。 なお、蒼井は現在妊娠はしていない。 山里が所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーは、「お笑いコンビ 南海キャンディーズの山里亮太と女優 蒼井優さんが、入籍致しましたので、みなさまにご報告させていただきます。 尚、蒼井優さんは、現在、妊娠されておりません」と発表。 蒼井の事務所も書面で同様に報告した。 5日朝に一部スポーツ紙が2人の電撃婚を報道。 関係者によると、交際期間は2ヶ月。 3日に都内の区役所に婚姻届を提出した。 yahoo.

次の

山里亮太さん蒼井優さん結婚

蒼井 優 と 山里 亮太

【目 次】• 蒼井優の一途な想いとは? お笑いコンビの南海キャンディーズの山ちゃんこと山里亮太(42)は驚きですが女優蒼井優(33)が、今月3日に結婚していたことが分かったのです。 今日5日夜に、都内でツーショット会見して発表したそうです。 蒼井優との馴れ初めは? まず、山里と蒼井が知り合ったきっかけから、相方のしずちゃん(山崎静代)と蒼井優が2006年に映画「フラガール」に共演したことから始まります。 その後、山崎と蒼井は仲良くなり親友として交際を始めす。 出典: そんな中をしずちゃんを通じて一緒に食事をする仲になった訳でかね。 それが、この4月からなのでスピード結婚とも言えるでしょう。 まさかデキ婚なのか?そうではない見たいです。 しかし驚きましたね! 最初ドッキリかと思いましたよ スポンサーリンク 蒼井優の一途な思いとは? 蒼井優としずちゃんは良く飲みに行く見たいで、話の恋愛トークで蒼井が最近本当にときめかないというか。 恋愛ができなくて困っているとしずちゃんに話したそうです。 まあ、2016年に交際が報じられたシンガー・ソングライターの石崎ひゅーいとの破局後は、浮いた話が聞こえて きませんからネ しずちゃん曰く「でもそんな中で今年、唯一恋愛の好きではないけど尊敬できるっていうのが山ちゃんだと。 本当にすごく尊敬してるんだとか しずちゃん曰く、このときはまだ、恋には発展していなかったのかもしれないが、確実に蒼井は山里のことを 意識してる見たいだとか 2人は4月頃から交際を始めたが、その時点で結婚を強く意識していたという。 3日に婚姻届を提出してます。 恋のキューピットは しずちゃんでした。 出典: 蒼井優(あおい・ゆう) 1985年8月17日、福岡県出身。 33歳。 99年ミュージカル「アニー」でデビュー。 2001年「リリィ・シュシュのすべて」で映画初出演。 06年「フラガール」で報知映画賞助演女優賞 山里 亮太(やまさと・りょうた) 1977年4月14日、千葉県出身。 42歳。 関大卒。 NSC大阪校の22期生。 愛称は山ちゃん。 2003年山崎静代と「南海キャンディーズ」結成。 04年「ABCお笑い新人グランプリ」優秀新人賞。 05年「上方漫才大賞」優秀新人賞。

次の

【スッキリ】山里亮太、蒼井優との結婚1周年ケーキを一人で爆食い!

蒼井 優 と 山里 亮太

「モテないキャラ」と言われていた南海キャンディーズの山里亮太さんが、女優の蒼井優さんとなぜ結婚できたのか?(写真:時事通信フォト) 6月5日、山里亮太さんと蒼井優さんの結婚が発表されたとき、日本中が祝福ムードに包まれました。 何かと暗いニュースが続いていた中で、人気者2人の結婚は、誰もが待ちに待っていた明るいニュースだったと思います。 この結婚は多くの人に祝福されたのと同時に、多くの人を驚かせました。 交際期間はわずか2カ月で、そのような噂もまったくなかったからです。 また、実力派女優の蒼井さんと「不細工キャラ」で知られる山里さんというのがあまりにも意外な組み合わせだったため、「美女と野獣」などと言う人もいました。 そのような意見に対して「いや、山里さんは決して不細工ではない。 そういう言い方は失礼だ」と反論する人もいます。 個人的には、山里さんが本当に不細工であるかどうかにはあまり興味がありません。 山里さんの容姿ばかりに話題が集中するということ自体が、彼が「不細工キャラ」であることが世間に浸透していることの証しです。 彼を「不細工だ」と言う人も「そうではない」と言う人も、山里さんが自ら選んだ「不細工キャラ」という土俵に乗っているという点で、それほど違いはありません。 「不細工キャラ」以外の持ち味 山里さんはテレビに出るとき、これでもかというくらいへりくだった態度を取っています。 自分が仕切り役でも決して偉そうにせず、自虐ネタを連発してつねに自分を下に置いています。 「不細工キャラ」もその一環です。 わざと自分を下げていること自体が、彼が芸能界で生き延びるための基本戦略なのです。 私は過去に山里さんがMCを務めていた『ヒットの秘密!』(テレビ東京系)という番組で、コメントを求められてVTR出演したことがあります。 お笑い評論家という立場から「山里亮太のヒットの秘密」について語ってほしい、という依頼でした。 このとき、私は山里さんについてこう言いました。 「山里亮太は『努力の天才』である」 「努力の天才」というのは矛盾した表現だと感じられる人もいるかもしれません。 一般には、努力なしで何でもできてしまう人のことを「天才」と呼ぶことが多いからです。 でも、私はそれを承知であえてこの言葉を使いました。 それが山里さんという特異な芸人を表すのに最もふさわしい言葉だと思ったからです。

次の