アイス ボーン 弓 立ち回り。 【アイスボーン】弓の立ち回りのコツ/使い方と操作方法【動画付きで解説】【モンハンワールド(MHW)】

【MHWアイスボーン】弓のおすすめ最強装備|覚醒武器【モンハンワールド】|ゲームエイト

アイス ボーン 弓 立ち回り

矢を溜めながら戦う遠距離武器• チャージステップが有能な攻守優れた武器• ビンを併用して多彩な攻めが可能• 高いスタミナ管理能力が必要 チャージステップで攻守を併用して行う モンハンワールドから新規で追加されたアクション「チャージステップ」は、回避行動を取ると共に弓の溜めを1段階繰り上げます。 今作の弓はチャージステップが動きの要となり、攻守共通して強力な動きが取れます。 しかし、チャージステップを使用する上でエイム力は鍛えておかなければいけません。 チャージステップを使用すると、エイムが自然と回避した方向にずれてしまうので、手動で調整する必要があります。 ビンを使用して様々な状況に対応 ビン 効果 接撃ビン 飛距離が縮まるが、近距離でのヒット時にダメージが向上 強撃ビン 威力が向上 麻痺ビン 攻撃に麻痺属性を付与 毒ビン 攻撃に毒属性を付与 睡眠ビン 攻撃に睡眠属性を付与 爆破ビン 攻撃に爆破属性を付与 弓は各ビンを装着しながら攻撃をすることで、ダメージだけでなく様々な状態異常などを付加できます。 中でも強撃ビンはダメージの上昇値が高いため、弓のダメージ源として扱われます。 各弓によって使用できるビンが異なり、特定のビンしか装備できない弓も存在するので、予め自分が使う弓のビン種類は確認しておきましょう。 最低限のエイム力と知識が必要 遠距離武器共通ではありますが、攻撃を当てるための最低限のエイム力と遠距離武器を扱う知識が必要となります。 扱う属性によって左右するモンスターの肉質や適正距離など、多くの技術と知識を要求されます。 おすすめ装備• 防具データベース• 特殊装具•

次の

【MHWアイスボーン】弓の使い方と立ち回り【モンハンワールド】|ゲームエイト

アイス ボーン 弓 立ち回り

ストーリークリアまでの弓装備の記事で紹介した装備から、導きの地で新たに素材が手に入ったので装備更新をしました。 ネロミェールの属性加速とイヴェルカーナの会心撃【属性】のシリーズスキル発動を中心にした構成です。 各2部位で発動するので好きなスキル構成が組めるように部位を調整可能ですが、イャンガルルガの足を組み合わせて会心率を上げると火力が安定するのでおすすめです。 ちなみに巷では「ネカカネガ」と言うそうです。 カ?ってどちら様かなと思ったのですが、イヴェル「カ」ーナのカなんですねぇ。 バレカバレといいこういう語呂を思いつく人はすごい。 僕が命名してたら「ネイイネガ」になるところでした。 すごく扱いやすいので弓のテンプレ装備に最適だと思います。 装備構成と特徴 特徴 ネカカネガの名前の通りネロミェール、イヴェルカーナ、イャンガルルガで防具を構成します。 この装備の特徴はとにかく 扱いやすいということですね。 弓の必須スキルは組み込みつつ、体力増強も無理なく積めます。 体術をLv5まで積んでネコの体術用のお食事券や強走薬の節約装備としても使えます。 地味に良い仕事をするのが納刀術とひるみ軽減です。 無印時代の弓は基本的に抜刀状態での戦闘時間が長く、納刀速度はあまり気になりませんでした。 アイスボーンではスリンガーを拾う機会が大幅に増えたので、納刀が速いとストレスフリーです。 ひるみ軽減は無駄では?と思うかもしれませんが、マルチでモンスターがダウンした際などに効果的です。 剛射はなるべく弱点部位に全弾当てたいので接近して撃つと思うのですが、味方の攻撃でキャンセルされがちなんですよね。 ひるみ軽減があれば気を使わずにソロと同じ感覚で撃てるので快適です。 構成例 4スロットの装飾品次第でどこまでスキルを上乗せ出来るかが決まりますが、今ある装飾品で構成例を載せておきます。 武器スロ1と属性攻撃護石で属性攻撃強化をLv6にして、弱点特効をLv3まで積みます。 体術はLv5まで積んでネコ体術、強走薬いらずにしておくのがおすすめ。 後は見切りで会心率を上げられるだけ上げました。 フルチャージは手軽に火力アップ出来るので採用しました。 防具・装飾品• 武器スロ|各属性攻撃強化珠• 各属性攻撃強化Lv6• 見切りLv5• 体術Lv5• 体力増強Lv3• 弱点特攻Lv3• 納刀術Lv3• スタミナ急速回復Lv2• フルチャージLv1 装衣装着時Lv3• 渾身Lv1• ひるみ軽減Lv1• 弓溜め段階解放Lv1 シリーズスキル• 溟龍の神秘【2】属性加速• 理由は• マイナス会心がないので1クエスト通してダメージが安定している。 武器スロ1と属性護石で属性値Lv6にしたい。 以上の2点です。 属性値をフル強化すると目に見えて火力が上がるので、優先して進めると良いと思います。 まとめ クリア後の弓のおすすめ装備を紹介させて頂きました。 ネカカネガはガルルガ足さえ作ればクリア後すぐに使えるので、クリア後装備に迷っている方は1度は使って欲しい構成です。 次のステップはシルバーソルに乗り換えるか、体術のLvを落としてネコ飯か強走薬でLv5相当にする。 そして空いたスロット分で火力を盛る形になると思います。 キズがつくと強弾珠や散弾珠で物理ダメージが結構伸びるのですが、3スロなので付けづらいんですよね… そうなると会心系装備と親和性の高い超会心になってくるのかなと思います。 まぁその辺はお好みでということで。 少しでも参考になれば幸いです。 関連記事.

次の

【MHWアイスボーン】弓の立ち回りと操作方法【モンハンワールド】|GAMY

アイス ボーン 弓 立ち回り

軽快な立ち回りと高威力のコンボを持つ片手剣。 派生攻撃が多いため、操作に慣れるまで少々時間が掛かるが、非常に強い武器。 モンハンシリーズでは初心者にオススメされるお手軽な武器の一角を担っていたが、アイスボーンではテクニカルな操作が必要となり、お手軽な武器では無くなった。 ただし使いこなせるようになり慣れてくると、圧倒的な強さと中毒的な楽しさを兼ね備えた武器となっています。 一撃一撃が軽いと思われているかもしれませんが、張り付きによる継続ダメージは強力で、チャンス時に繰り出す ジャストラッシュは大剣の 真溜めと同等かそれ以上のダメージを狙えます。 傷つけの面では不遇な2回組でしたが、 クラッチクローアッパーの追加とその性能のおかげで、傷つけは容易になりました。 ただしリーチが短く、弱点部位が高い位置にあると、片手剣ではつらいときがある。 それでも ぶっ飛ばしによるダウン、モンスターによっては足に集中攻撃を加えるとダウンするので、リーチが短くても弱点部位を狙えることは多いので覚えておこう 達人芸は会心発生時に切れ味を消費しないという近接にはありがたいシリーズスキル。 カイザー3部位で発動できる。 優先してつけるべきスキル 片手剣に必須と呼ばれるスキルは無いが、近接武器に必要となるスキルは優先したい• 体力増強• 見切り• 弱点特攻• 超会心• ひるみ軽減(マルチだと必須)• 耐性スキル(クエスト事に必要となるスキル、 瘴気耐性など) 立ち回りによっては積みたいスキルなど• スリンガー装填数アップ• 挑戦者• 回避性能• 精霊の加護• キノコ大好き ちなみに武器を属性特化で、属性攻撃強化スキル盛り盛りにした場合、立ち回りの基本が旋回ループとなる スキルも属性強化を入れるので、スキル枠がカツカツになり余裕がなくなる。 双剣や弓がスキル枠カツカツになって余裕が無い状態だが、片手剣はその道を選ばずに済むのも個人的に嬉しいところ 片手剣の立ち回り 強力な ジャストラッシュ、 クラッチクローアッパー、 強化撃ち、抜刀状態でのアイテム使用、緊急時のガードなど、片手剣はできることが多く立ち回りが楽しい。 ただ片手剣は盾によるガードが可能な武器ではあるが、性能がかなり低いので危険時のみ使うようにした方がいい 片手剣入門編 片手剣はリーチが非常に短いので、どうしても超インファイターとして戦わなくてはならない。 モンスターに張り付いたような距離で戦うと、ハンター自身がどちらを向いているのか迷うことが多くなるので、感覚的に慣れるまでは辛く感じるかもしれない。 特に慣れていない時期はボタンを連打しがちになるが、慣れるまではそれでいいと思います。 だんだん慣れてきたら、ちょんちょんと攻撃して回避を繰り返すようにして、派生コンボを覚えていくといい。 特に 旋回斬りで張り付くことができれば、それが片手剣の立ち回りの基本となる ジャストラッシュは強力だけど、明確なチャンス時以外に狙うのは厳しいので、モンスターがダウンした時に冷静に狙えるように慣れていくといい。 挑戦者1 どの武器にも言えることですが、アイスボーンに慣れていない場合は 挑戦者1をつけておくと便利です。 理由はモンスターに ぶっ飛ばしが可能かどうか、見極めが簡単になるからです。 挑戦者が発動中はモンスターが怒り状態で ぶっ飛ばしできない 特に片手剣は立ち回りにおいて、柔軟に動ける武器でもあるので、 ぶっ飛ばしが狙えるなら積極的に狙っていきましょう ジャストラッシュ 片手剣の強力無比なコンボ。 モンスターダウン時に積極的に狙うことになるので、トレーニングエリアなどで練習しておきたい。 ジャストなタイミングでボタン入力すると、ダメージ(属性威力・状態異常蓄積)が上昇するけど、これがなかなか難しい。 タイミングはエフェクトで教えてくれるけど、それを見てから入力するよりも、リズムゲームだと思って感覚で覚えてしまったほうがいい クラッチクローアッパー スーパーアーマー状態が付与されるが間隔は短い。 傷つけに一役買うので便利。 距離感にクセがあって、実際に何度も狙ってみて感覚を覚えるようにするといい.

次の