わざわざありがとうございます 敬語。 「ありがとうございます」の敬語表現・使い方・別の敬語表現例

わざわざ~してくれてありがとうって英語でなんて言うの?

わざわざありがとうございます 敬語

この表現は「お忙しい中ご連絡ありがとうございます」といった形で、セットで使われることが多い表現です。 ビジネスパーソンとしての相手への気遣いをひしひしと感じることができる表現になっています。 「ご連絡ありがとうございます」という表現の中にも十分な感謝の気持ちが込められていますが、そこに相手への気遣いを示す「お忙しい中」という表現を付けることで、さらに相手との良好なコミュニケーションが望める、ビジネスパーソンとして及第点を与えることのできる表現となるのです。 お忙しい中ご連絡いただきましてありがとうございます。 10日の15:00からご来社いただける旨、承知いたしました。 来週お会いできるのを心待ちにしております。 この表現に関しては「忙しい中」という表現と並んで「ご連絡ありがとうございます」と一緒に使われる表現になります。 「わざわざ」という言葉を付けることで、相手の手間に感謝する要素を強めます。 「わざわざ」という言葉には「お忙しい中」という言葉よりも強く相手に対して恐縮している要素が込められています。 この言葉を使うシチュエーションが間違っていなければ、相手方は「連絡をしてよかった」と思うはずです。 それによりその後もビジネスにおける良好なコミュニケーションが期待できることでしょう。 来週ご来社いただける旨、承知いたしました。 わざわざご連絡いただきましてありがとうございます。 ご丁寧にという言葉を「ご連絡ありがとうございます」に付けることで、いただいたメッセージの内容について、非常に心が込められていて気持ちのいいものだという評価を暗に示す返答となります。 ビジネスメールの内容を評価されることは、ビジネスパーソンとしてはうれしいものです。 また、丁寧なメールをいただけば当然メールを受け取る側もビジネスは関係なしにうれしいものです。 そういった、お互いが良好なコミュニケーションを取りあうきっかけになるのがこの「ご丁寧に」という表現になります。 迅速にご連絡いただきましてありがとうございます。 添付資料につきまして拝受いたしました。 連絡の内容が極めて分かりやすく詳細に書かれている場合、「詳細なご連絡をいただきましてありがとうございます」という形のメッセージを送り感謝の気持ちを示します。 この表現は「ご丁寧な」という表現と似ていますが、どのように「ご連絡ありがとうございます」というメッセージを相手に送るかは、自分が受け取ったビジネスメールに対してどのように感じたかによるかと思います。 メールを受け取った時に、どういった部分がうれしかったかが大切です。 そういった主観で返信して大丈夫です。 詳細なご連絡をいただきましてありがとうございます。 おかげ様でプロジェクトが頓挫している背景について認識することができました。 ご多忙の中ご対応いただきまして厚く御礼申し上げます。 この表現は現在進行形で感謝している状況を表しており、意味合いは「ご連絡ありがとうございます」と同じです。 しかしながら「感謝申し上げます」の方がより相手に対して丁寧な表現にあたります。 「ご連絡ありがとうございます」と「感謝申し上げます」の使い分けについては、基本的に連絡をもらったタイミングでは「ご連絡ありがとうございます」と一旦返し、その後にもさらに感謝の弁を続けて綴りたい場合には「~に関して感謝申し上げます」といった表現を使うと良いでしょう。 この表現も「感謝申し上げます」同様に「ご連絡ありがとうございます」に比べるとフォーマルな色が濃い表現であると言えます。 深い感謝を相手に伝えたい時に使う表現になります。 「感謝申し上げます」に比べると「御礼申し上げます」という言い回しは「厚く」「深く」「心より」という形で大きな感謝を示す言葉が選びやすいメリットがあります。 「感謝申し上げます」は「深く」「心より」は使えるものの「厚く」は使えません。 また、感謝の文章が続く場合には両方を使い分けると文章が締まります。 この表現についてはまずは迅速にお礼の言葉を述べたいけれども、長文を返信している時間的な余裕がない場合、文章を「取り急ぎ御礼まで」という形で締めて送ります。 ビジネスのシーンでも時折見かける表現です。 しかしながらこの表現は状況や相手によっては失礼にあたることが多いため、基本的には使わない方が無難です。 この表現を送っても絶対に失礼にあたらない、あるいは関係値が崩れないと自信が持てる場合以外には使わない方がいいでしょう。 「誰かが使っているから自分も使って大丈夫」と勘違いをすると火傷をする表現です。 ちなみに「取り急ぎ御礼まで」という表現と類似した表現において「取り急ぎご報告まで」という表現があります。 こういった表現についての理解はビジネスパーソンとしては深めておいて損はないでしょう。 下記関連記事に説明が載っていますので是非読んでみてください。 「ご連絡ありがとうございます」の英語の使い方は? 「ご連絡ありがとうございます」の英訳はthankとappreciate 「ご連絡ありがとうございます」の英訳は基本的に「thank」と「appreciate」を使います。 「thank」を使った非常に有名な構文としては「サンキュー」があります。 英語を習う際に、一番に習う言い回しで誰もが知る言い回しでしょう。 「ありがとう」と訳します。 「for」の後に感謝の対象を追加します。 また「appreciate」については「感謝している」という動詞になります。 「appreciate」の後に感謝の対象を続けます。 どちらの表現も目的語に関しては名詞表現しか使えません。 そのため目的語を詳細に表現したい場合は「that」や「what」の構文を使って、感謝の対象を説明するといいでしょう。 「ご連絡ありがとうございます」の英語訳• ・Thank you so much for your E-mail. (メールでのご連絡ありがとうございます)• ・I really appreciate your message. (ご連絡感謝いたします) 「ご連絡ありがとうございます」の英語訳は内容に注意する 「ご連絡ありがとうございます」の英語訳は内容に注意が必要です。 まず感謝を述べる人物と感謝を述べたい対象が一人称と二人称で確定している場合は「thank」を使っても問題はありませんが、どちらかが確定していない場合や感謝の対象や発信元が三人称の場合には「appreciate」を使った方が無難です。 また、目的語が長くなる場合も「appreciate」を使った方がベターです。 「thank」を使った表現は、取り急ぎの御礼を口頭で伝えたい場合にとどめた方がいいでしょう。 ビジネスのシーンにおいて感謝を伝える場合には「appreciate」や「grateful」といった表現を選ぶようにしましょう。 何気ない連絡だったとしても、都度「ご連絡ありがとうございます」という返答を丁寧に繰り返していくことで、関係性が深まっていくことが少なくありません。 目上の人に対して「いつもありがとうございます」などと改めて伝えるのは照れ臭いものですが、連絡をもらった時に「お忙しい中ありがとうございます」と、こまめに送るだけでもコミュニケーションはとれてくるものです。 連絡に関する敬語は使いすぎと思うくらいに使っても問題ありませんのでこまめに返礼しましょう。 「ご連絡ありがとうございます」あるいは「お忙しい中ご連絡ありがとうございます」と、その表現をメールに乗せて発信したとしても、前後の文章に感謝がなければその効果は半減してしまうことでしょう。 せっかく「ご連絡ありがとうございます」といった連絡に感謝をする敬語表現を使うならば、前後にもその感謝を乗せた文章を配置することを心がけましょう。 その方が感謝の気持ちが伝わりますし、そういった連絡を繰り返すことで相手にも徐々にあなたの人柄の良い部分が伝わっていくことでしょう。 せっかく連絡に対する感謝のメールをしっかり送ったとしても、そのメールの中に敬語の間違いがあると、その効果は半減し、あなたに対する評価が下がってしまうことになるかもしれません。 せっかく連絡に対する感謝のメールを送るのであれば、間違いのない完全なものを送るように心がけましょう。 そのために普段から敬語の間違いがないように、言葉遣いを意識する必要があるでしょう。 少なくとも自分が送るメールを毎回送る前に見直すだけでも間違いに対する気付きは出てくるものです。 「ご連絡ありがとうございます」を使いこなそう! 「ご連絡ありがとうございます」を使いこなすことで、その連絡のシチュエーションに限定していい形でやり取りができるだけでなく、継続的に良好なコミュニケーションが期待できるようになることでしょう。 これまで「ご連絡ありがとうございます」の使い方や言い換え表現との使い分けに、連絡への御礼を送る際の注意点をまとめてきましたが、ここで紹介したことをあなたのビジネスのシーンにおいて役立ててもらえたらとてもうれしいです!.

次の

【⠀わざわざ来て頂いてありがとうございました 】 敬語の使い方間違...

わざわざありがとうございます 敬語

言葉の定義と使い方をおさらい クライアントやお客様、上司などから連絡をもらった場合、よく使われるお礼の言葉として「ご連絡ありがとうございます」が知られています。 ビジネスメールや電話など、連絡手段を問わず利用できる便利な敬語表現です。 例えば、都合が良いタイミングで連絡をいただけるようにお願いしていた取引先の担当者から、実際に電話連絡を受けたときなどに使います。 電話や返信メールの冒頭で、自分の名前を名乗ったあとに「ご連絡ありがとうございます」と続けるスタイルが一般的です。 同様の意味を持つ表現として、「ご連絡いただきありがとうございます」や「ご連絡下さいましてありがとうございます」があり、代わりに利用することも可能です。 なお、さらに相手に対する敬意を表現するために、連絡をいただいたことに対するお礼の言葉を最後に添える場合もあります。 そのようなときには、「ご連絡ありがとうございました」といった過去形を用いるのが通例です。 会話やメールの最後をスマートな印象で締めくくることができるので重宝されています。 ビジネスメール等で使いやすい変化形 ビジネス上のメールや電話をやりとりする中で、「ご連絡ありがとうございます」を多少変化させた表現もよく使われています。 なぜならば、そのときの状況やタイミングなどに合わせて的確な言葉を付け加えることで、より気持ちが込められた敬語表現が完成するからです。 一般的な例として、以下のようなケースがよく見られますので、例文とともに確認していきましょう。 例文1:「お忙しい中ご連絡いただきまして、誠にありがとうございました」および「お忙しい中ご連絡ありがとうございます」 連絡を取りたい相手が頻繁に離席や外出をしており、とても忙しいことが推測される場合などに使用します。 相手の方が貴重な時間を割いてくれたことに対して、感謝の気持ちが強く伝えられる表現です。 例文2:「早速のご連絡、ありがとうございます」および「迅速なご連絡、ありがとうございます」 相手からの返信や回答が早くもらえたら助かるといった状況の中で、すぐに折り返しの電話や返信メールをもらったときに使用します。 例文3:「早朝にもかかわらず、ご連絡ありがとうございます」 勤務時間外に対応いただいたと予想されるときに使用します。 敬語「ご連絡」を正しく使うコツ 敬語表現を使っているときに、「ご連絡」か「連絡」か、いずれが正しい表現か判断しかねることはありませんか。 最も判断に迷いやすいケースは、自分が相手に対して連絡する場合に、接頭辞「ご」を付けて「ご連絡」とするか否かという点です。 以下、敬語表現「ご連絡」に関係する論点を整理していきます。 前章まででご紹介したとおり、相手から連絡をいただいたときにお礼を言う場合には、「ご連絡ありがとうございます」という表現で正解となります。 一方、その反対のケースで、自分から相手に連絡する場合はどうでしょうか。 例えば、取引先の担当者に対して、分かり次第速やかに連絡をする約束をしたと仮定します。 その際、自分が発する言葉としては、「分かり次第、速やかにご連絡いたします」とするのが正しい表現とされています。 ここで「連絡」ではなく「ご連絡」とする理由は、自分からの連絡を受ける相手側に対して敬意を表す必要があるからです。 つまり、連絡をする側か受ける側かにかかわらず、敬語表現を使う場合には、「ご連絡」を使用するのが基本だと覚えておけば問題ありません。 重宝する!「ご連絡」を含む定番表現 ビジネスマナーとして、定番の敬語表現をできるだけたくさん知っておくことも大切です。 「ご連絡ありがとうございます」以外にも、仕事上よく使われる「ご連絡」に関連する定番の言い回しを例文で紹介します。 例文1:「後ほどご連絡申し上げます」 自分から相手に対して、連絡を約束する謙譲表現です。 例文2:「ご連絡いただければ幸いです」 相手から自分に対して、返事や回答をお願いする柔らかい表現です。 例文3:「お手すきの際に、ご連絡いただけますようお願い申し上げます」 忙しい相手に対して、「都合が付くときに連絡してほしい」という意向を伝える丁寧な表現です。 例文4:「ご連絡が遅くなり、申し訳ございません」 上司やお客様などに対して、当初の予定よりも連絡するタイミングが遅れた場合に使うお詫びの表現です。 まとめ 状況に合わせて、上記で紹介した「ご連絡ありがとうございます」のバリエーションを使いこなすことで、相手に対して好印象を与えることができます。 気の利いたお礼の言葉をタイミング良く伝えられるよう、普段から使い慣れておくことも大切ですね。

次の

「わざわざ」は失礼になる?意味や正しい使い方を詳しく解説!

わざわざありがとうございます 敬語

語源|態態し(わざわざし)からきている 「わざわざ」の由来は、古語の「わざわざし(態態し)」から来ています。 「意識して、わざとらしく」の意味があり、昔はあまり良くない意味で使われてきました。 よく聞く「わざと」という言葉も、「故意に」などの同じ意味で使用されていますね。 初めは否定的な意味で使用されていた「わざわざ」が、最近では「あえてしなくても良いことをしてくれた」という肯定的な意味も持つようになりました。 そのため、「わざわざ」を敬語として使用してよいか迷う人が多くなっています。 2.「わざわざ」の正しい敬語表現と使い方 「わざわざ」の正しい敬語表現を見ていきましょう。 使い方によっては失礼にあたる場合があるので、正しい表現方法を覚えておくことが大切です。• <例文> 細かい修正まで、 ご丁寧にしていただき大変助かりました。 「ご丁寧」も相手に敬意を示した表現ではありますが、「わざわざ」同様に嫌味や皮肉に取られてしまいがちな表現でもあります。 決して 「わざわざご丁寧に~」などと、嫌味に取られてしまうかもしれない表現は使いすぎないように注意しましょう。 まとめ 「わざわざ」は「特にそのためだけに行うこと」を表す言葉です。 他に用事がないにも関わらず、行動をしてくれた相手への感謝を伝えるときに使用したい言葉でもありますね。 ただし、 お断りするときや遠慮するときには使うと嫌味に聞こえてしまう可能性があるので、注意が必要です。 困ったときには言い換えの表現なども取り入れて、を増やしていきましょう。

次の