東急 映画館。 東急文化会館

109シネマズ二子玉川(二子玉川ライズ)映画館、シネコン、上映スケジュール

東急 映画館

が所有・運営し、前(東口)を代表する文化施設として知られた。 (15年)に閉館、建物も取り壊された。 跡地には(24年)、新たな複合ビル「」が開業した。 概要 [ ] が構造設計を行い、造、地下1階地上8階塔屋3階建であった。 4つのや美容室、レストラン、書店などの店舗が入り、特に屋上には「」が設置された事もあり、東京の名所としてのコースに組み込まれた程の人気を博した。 当時の国鉄渋谷駅東口は、のターミナルであった事から、交通の混乱を避けるために、開業と同時に歩道橋が作られ、東急東横線の改札口から段差なしで文化会館にいくことができた。 しかし、(平成元年)、に併設される形で日本初の大型の複合文化施設としてが開業し、東急グループを代表する施設ではなくなった。 (20年)、跡地の地下に東京メトロ副都心線が開業した。 この施設の跡地は(24年)に「」として再スタートをきった。 歴史 [ ]• (昭和18年) 00月00日 - 立渋谷小学校の移転に伴いが敷地(金王町36番地)を譲り受け、残された木造校舎を本社分室として使用する。 (昭和20年) 00月00日 - 空襲により全焼する。 終戦後、バラックの「渋谷第一マーケット」が開設され、明治通りの拡張に伴い、敷地の増減を経て現在の敷地が確定する。 (昭和30年) 07月 00日 - 建設着工。 (昭和31年) 0 - 株式会社東急文化会館を設立。 1956年(昭和31年) - 株式会社東急文化会館の運営により 開館。 渋谷パンテオンが開業。 東急文化会館と渋谷駅(1960年頃撮影)• (昭和32年) 0 - が営業開始。 (昭和41年)11月 00日 - 株式会社東急文化会館が、新日本興業(後の)へ吸収合併される。 1966年(昭和41年) - 東急日動画廊開設。 (昭和57年) - 渋谷パンテオンと東急名画座にて『』封切。 半年に及ぶロングランを記録し、同会館史上最大のヒット作となる。 (昭和60年) 00月00日 - 第1回が開催される。 (昭和61年) 06月 00日 - 東急名画座が「渋谷東急2」に改称される。 ( 02年)10月 00日 - 東急レックスが「渋谷東急3」に改称される。 (平成12年) 07月 00日 - 東急ゴールデンホール(結婚式場・宴会場)を閉鎖する。 (平成13年) 0 - 天文博物館五島プラネタリウムを閉鎖する。 (平成14年) 0 - 閉鎖および解体を発表する。 (平成15年) 03月 00日 - が権(5,103 )の共有持ち分の10分の7をにし、を売却する。 ビー・ケー・アセットファンディング有限会社(の特別目的会社)が購入する。 2003年(平成15年) - 完全閉鎖する。 東急文化会館(2003年) フロア [ ] 開館当時のフロア構成 [ ] 文化理髪室 店舗概要 所在地 〒145-0062 2丁目24-15 開業日 (現店舗移転年) 正式名称 文化理髪室 施設所有者 東京都理容生活衛生同業組合大田支部 営業時間 10:00 - 18:30(平日) 9:00 - 18:00(土・日・祝日) 駐車台数 なし台 最寄駅 外部リンク 階 東急文化会館 8F 東急ゴールデンホール・天文博物館五島プラネタリウム 7F 東急ゴールデンホール 6F 東急名画座 5F 渋谷東急 4F 東京田中千代服装学園 3F 資生堂美容室・理髪店 2F 文化特選街 1F 渋谷パンテオン・東急不動産渋谷営業所・文化三共薬局 B1F 東急ジャーナル・文化地下食堂 その後もテナントの入れ替えを繰り返し、過去になどが、最末期にはやなども入居していた。 文化理髪室 [ ] 文化理髪室は文化会館3階にあり、が贔屓にする理容室として知られていた。 当施設閉館後に移転。 店名は変えず、長嶋茂雄も変わらず来店している。 映画館 [ ] 東急文化会館上映作品動員数ランキング 順位 上映年 作品 監督 上映館 動員数 1位 パンテオン 東急名画座 597,687人 2位 渋谷東急 353,725人 3位 パンテオン 309,948人 4位 (監督) (総監督) パンテオン 293,676人 5位 パンテオン 266,931人 渋谷の東口から見える大きな4つの映画看板で知られていた。 以下の館名・定員はすべて閉館時のものである。 渋谷パンテオン (1階) 定員1,119人。 名称は円形劇場を意味しており、プラネタリウムを持つこの建物にちなんでいる。 70mm映写機や(の『闘牛十四号』)もあった超大型の映画館。 その大きさのため、など、数々のイベントの会場となった。 終盤期には、主にチェーンの映画を上映していた。 渋谷東急 (5階) 定員824人。 後のにつながる映画館。 ファミリー向きの映画などが多く上映されていた。 松竹東急系のチェーンマスターでもある。 渋谷東急2 (6階) 定員381人。 開業時は 東急名画座の名称だった。 終盤期には1系の作品を中心に上映していた。 渋谷東急3 (地下1階) 定員374人。 開業時は 東急ジャーナルとしてニュース映画を低価格で流していた。 その後、低料金で映画を提供する映画館として 東急レックスという名称で運営された。 また、映画館としてだけではなく、テレビ番組『』()の収録会場として使用されていた時期もあった。 様々な系列の映画を上映していたが、最終期には 丸の内シャンゼリゼ(現・2)などと少数館でチェーンを組み、ミニシアター向けの映画を中心に上映していた。

次の

消えた映画館

東急 映画館

Shibuya Tokyu 渋谷東急が入居していた渋谷クロスタワー 情報 正式名称 渋谷東急 旧名称 渋谷クロスタワーホール 開館 開館公演 閉館 最終公演 収容人員 300人 設備 サラウンドEX、 用途 映画上映 旧用途 イベントホール 運営 株式会社 所在地 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2丁目15-1 2階 位置 : アクセス JR東口及び渋谷駅12番出口 渋谷東急(しぶやとうきゅう)• 1956年に造られ、2003年6月に閉鎖された内に存在した映画館のこと。 同ビル内にあった 渋谷パンテオンと共に渋谷駅の東口から見える大きな映画看板でも知られていた。 かつて内にあったが運営したのこと。 本項では後者について記述する。 データ [ ]• 所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目15-1 渋谷クロスタワー2階• に東急文化会館が閉館。 これに伴い運営会社の東急レクリエーションは渋谷クロスタワー内にあった貸ホール「クロスタワーホール」を映画館に改装。 同年に渋谷東急が移転し、新たなスタートを切った。 旧劇場時代から引き続き、や系のアニメ作品や、中規模系の作品、2系列の作品などを多く上映しており、松竹東急系のチェーンマスターだったが、一時的に運営委託していた2が本社に経営権を戻したため、公開の『』より系のチェーンに変更。 公開の『』からを導入した。 しかし2011年3月期に上映予定だった『』が上映されず、『』に差し替えられたり、11月期封切の『』が渋谷TOEIで上映された関係で『』に差し替えたり等、番組編成のフリー化が目立ってきていた。 2012年、10年間の定期建物賃貸借契約満了に伴い翌年5月中旬での閉館を発表。 、午後8時50分終映の『』をもって、旧劇場時代と合わせて56年半の歴史に幕を下ろした。 当館の閉館により、渋谷方面の東急系映画館は内の「」を残すのみとなった。 渋谷方面の丸の内ルーブル系作品上映は、同年封切の『』から及び、が引き継いでいた。 特徴 [ ]• 定員300人。 ・定員入替制だった。 このため1階のチケット売り場で購入できる前売券・株主券などのチケットは、当日券(時間指定券)に引き換えてから入場するシステムとなっていた。 食べ物(ポップコーンなど)を売る売店はないが、自動販売機コーナーはあった。 主な上映作品 [ ] 旧・渋谷東急時代の上映作品については「」を参照• 2003年 (オープニング作品)、、、、、• 2004年 、、、、(2作目はシネマスクエアとうきゅうで公開)、、、、• 2005年 、、、、、、、、、、• 2006年 、、、、、、、、、、、• 2007年 、、、、、、、、• 2008年 、、、、、、、• 2009年 、、、、、、、、、、、、• 2010年 、、、、、、、、、、• 2011年 、、、、、、、、、、、• 2012年 、、、、、、、、、、、、、• 2013年 、、、(最終上映作品) 関連項目 [ ]• - 2005年から2008年まで会場に使用されていた。 脚注 [ ]• 渋谷文化プロジェクト 2007年6月29日. 2015年1月11日閲覧。 東急レクリエーション 2012年12月18日. 2013年6月26日閲覧。 外部リンク [ ] 現在の渋谷東急について• - 「港町キネマ通り」サイト内(2002年4月取材のもの).

次の

映像事業:東急レクリエーション

東急 映画館

Contents• 「東急線・東急バス サブスクパス」はお得?料金や詳細は? 画像引用元:SALUS ONLINE MARKET公式HP まずは「東急線・東急バス サブスクパス」の詳細についてお伝えしていきたいと思います。 どのぐらいお得なのか、料金や詳細はどうなってるのか、詳しく見ていきましょう! 「東急線・東急バス サブスクパス」ってどんなパス? 「東急線・東急バス サブスクパス」は1ヶ月単位で 東急線全線、東急バス全線が乗り放題、 109シネマズの映画見放題、東急線沿線の蕎麦屋「しぶそば」の定額パス(かけそば・もりそば食べ放題)、電動自転車&駐輪場の貸与サービス、これらを組み合わせて利用する事ができる、 定額料金制のサブスクリプション型パスの事です。 画像引用元:SALUS ONLINE MARKET公式HP 今回は実証実験での販売となるので、 3月分、4月分、5月分の計3ヶ月分が数量限定で販売されます。 では各サービスについて下記で更に詳しく説明していきますね。 東急の電車とバスが乗り放題? 東急線全線と東急バスが乗り放題になります。 渋谷店• 池袋店• 二子玉川店• あざみ野店• 市が尾店• 青葉台店• 長津田店• 中央林間店• 武蔵小杉店• 大井町店• 蒲田店 専用電動自転車&駐輪場の貸与サービス 電動自転車専用電動自転車&駐輪場の貸与サービスでは、 東急線沿線の一部の駐輪場(3箇所程度の予定)に、専用電動自転車と駐輪スペースを用意してもらって、期間中借りる事ができます。 ただしこちらの自転車サービスは4月、5月分から開始となるので3月分の販売はありません。 パスの月額料金はいくら? 先程上記で説明した、[電車・バス・映画・しぶそば・電動自転車]を組み合わせたパスを購入する事ができますよ。 「東急線・東急バス サブスクパス」の組み合わせた料金は下記の通りです。 1月16日(木)〜2月9日(日) 3月分のパス• 2月10日(月)〜3月8日(日) 4月分のパス• 3月9日(月)〜4月12日(日) 5月分のパス サブスクパスの購入方法 「東急線・東急バス サブスクパス」は、「SALUS ONLINE MARKET」(サルースオンラインマーケット)のサイトから購入する事ができます。 購入枚数が限られているので、購入したい方は早目に申し込みをした方が良いかもしれません。 スポンサーリンク 定額料金のサブスクパスはこんな方にオススメ?組み合わせ次第でお得に 「東急線・東急バス サブスクパス」は、組み合わせて利用するとかなり魅力的でお得なパスになってますよ。 どのサービスを利用するかによってどれだけお得になるか変わってきますが、組み合わせ次第では数万円お得になる事だってあります。 これから紹介するような方にとってはお得ですよ! 電車やバスを多く利用する方 東急線の定期は長い区間で1ヶ月2万円ぐらい、 東急バスも毎日往復で利用すると1ヶ月で1万円以上かかります。 なので 電車やバスを多く利用して月の交通費が2、3万円かかる方にとってはそれだけでもお得ですし、「映画」「しぶそば」「電動自転車」を上手く組み合わせて利用すると更にお得です。 東急の電車やバスでの移動が多い方にとっては、組み合わせ次第でお得になると思います。 映画館で沢山映画を観たい方 もしあまり電車やバスを利用しない場合でも、映画を沢山見たい人にとってはお得です。 通常だと 映画を1回鑑賞するのに1,800円かかりますが、サブスクパスを利用すれと期間中は何回でも見放題です。 例えば、通常だと週3回映画を観たら5400円かかり、1ヶ月だと2万円以上かかります。 これに日頃から東急の電車やバスを利用している金額を加えたら3万円、4万円は越えてしまうので、このサブスクパスはお得ですよね。 映画館で映画を沢山観たい映画好きの方にはかなりオススメかもしれません。

次の