クリスティー ン 映画。 映画感想

映画『マーウェン』公式サイト

クリスティー ン 映画

授賞式にて(1997年9月) 父親は新聞の編集者。 祖父母はでとして活躍した。 で学び、で活躍、とにを受賞している。 また、の『 』などのテレビ番組や、『』『』『』といった映画にも出演。 やへのノミネート経験を多数持つ。 10月に俳優のと結婚、2人の娘がいる。 5月、のためカウルズが死去し、30年間の夫婦生活に終止符が打たれた。 主な出演作品 [ ] 映画 [ ]• Legal Eagles 1986• The Pick-up Artist 1987• Reversal of Fortune 1990• Life with Mikey 1993• Addams Family Values 1993• Getting In 1994• The War 1995• Jeffrey 1995• The Birdcage 1996• Bulworth 1998• Cruel Intentions 1999• Bowfinger 1999• How the Grinch Stole Christmas 2000• Chicago 2002• The Guru(2002)• Mamma Mia! 2008• The Bounty Hunter 2010• Into the Woods 2014• Miss Sloane 2016• A Bad Moms Christmas 2017• Mamma Mia! Here We Go Again 2018 テレビドラマ [ ]• 1995-1998• 2008-• Ugly Betty 2009• The Good Wife 2009-2016• 2017- 出典 [ ]• 2007年3月14日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年10月25日閲覧。 2009年1月5日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年10月25日閲覧。 2012年11月6日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年10月25日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)•

次の

アガサ・クリスティー ミス・マープル5 鏡は横にひび割れて:1962年 イギリス

クリスティー ン 映画

巨万の富を築き上げた大富豪アリスティド・レオニデスの突然の死に、英国中が驚いた。 その孫娘であるソフィアが、かつての恋人のチャールズが営む探偵事務所に現れる。 一族の誰かが祖父を殺したにちがいないと打ち明ける彼女は、チャールズに捜査を依頼するのだった。 ロンドン警視庁を訪れたチャールズは、タヴァナー主任警部から、レオニデスの死因は毒殺だと知らされる。 大豪邸に到着したチャールズを迎えたのは、レオニデスの前妻の姉イーディスだった。 彼女を筆頭に聞き込みを始めるが、強烈な個性を放つ人々を相手に、捜査は一向に進まない。 しかも、愛人のいるらしい若い後妻から、破産・倒産寸前の二人の息子とその妻に至るまで、全員に殺害の動機があった。 そんな中、レオニデスの遺言書が無効であることが発覚したことから、チャールズは真相が見えたと確信する。 アガサ・クリスティの未映像化作品なので、すごく楽しみにして観ました。 探偵は出てきますが、ポアロのような謎解きはなく、ストーリー運びはちょっと地味です。 容疑者を一堂に集めて「さて、皆さん」とやる解決を想像していただけに、クライマックス直後にいきなり終わってしまうラストにしばらく呆然としてしまいました。 こんな終わり方でいいのか?と。 原作も同じなのか気になり、Kindle版を購入しました。 読後、再度レビューしたいと思います。 登場する屋敷の部屋がとても美しいのが印象的。 また、グレン・クローズの存在感が、盛り上がりに欠ける物語を引き締めていたように思います。 2019. 04追記:「ねじれた家」の原作を読了しました。 ヒロインと探偵役の関係、ラストに多少の余韻がある点が少し違っていました。 映画だとどうしてもあのような設定と終わり方になってしまうのかなと思いました。 この原作は読んだことがなく、物語の結末を知らなかったので、この評価になります。 もし知っていたら、この映画に関してはアガサ・クリスティ映画によくある豪華オールスターとかではないので、そこまでの評価にならないと思います。 読後に原作も読みましたが、増改築を繰り返したため屋敷そのものがねじれているという、映画であればこそ再現してほしい視覚的効果が、まずあっさりスルーされてしまっているのが残念です。 さらにスターの顔ぶれに乏しい割りに、1人ずつに「オリエント急行」「ナイル」並みの見せ場を割り振っているため、何か意味があるのかと目を凝らしていると、全てがミスリードだったと分った時点で脱力感を覚えます。 クライマックスも唐突な幕切れを迎えますが、原作の様に余韻をもう少し描くべきだったんじゃないでしょうか。 原作未読なら充分な驚きを生じさせる真相だと思いますので、もうちょっと丁寧に描いてくれればと思いました。 近年アガサ・クリスティの映像作品がリメイクされています。 奇しくも2017年、「オリエント急行殺人事件」とともに公開されましたが、こちらはイギリスの制作だったためかそれほど話題にならなかった印象が。 とはいえ、ダウントンアビーの制作陣が揃い、私的にはこちらの映画の方がよりアガサ・クリスティーの描く英国ミステリに近いイメージ。 原作とは若干の変更はあるものの、筋は原作通り。 惜しいのが、マザーグースの唄が絡む部分をあまりうまく引き出せてない感じもしました。 主人公のチャールズが探偵になっており、ソフィアとの婚約を解消していることで、チャールズの右往左往ぶりが強調されている感があり、イライラする人もいたようです。 全体的には、複雑に絡んだ一族の内情と遺産相続のドロドロを、豪華俳優陣がうまく引き締めており、建物の装飾や衣装も素敵で眼福でした。

次の

ベネディクト・カンバーバッチ演じる驚異の魔術師!マーベル映画『ドクター・ストレンジ』作品紹介

クリスティー ン 映画

アガサ・クリスティー原作の「オリエント急行の殺人」は"異様な動機"をトリックにしたミステリーだ。 題名から、時刻表などを利用した列車ミステリーかと早合点する人もいるだろうが、オリエント急行が主役になっているわけではない。 オリエント急行の車室の中で、乗客のひとりが殺されるという趣向で、極端な話、別にオリエント急行でなければならない必然性は何もなく、イギリス急行でもフランス急行でもどこでもよかったのである。 もっとも、ヨーロッパを縦断するオリエント急行には、列車や食事の豪華さや、アジアとヨーロッパを結ぶという異国情緒、各国を経由していくという楽しみなど、鉄道の旅行としては他に類のない付加価値がある。 そのへんを計算して、題名に取り入れたのはアガサ・クリスティーのネーミングのうまさだろう。 オリエント急行は、トルコのイスタンブール中央駅が起点である。 真冬にもかかわらず、この国際列車は超満員で、ベルギー人で灰色の脳細胞を持つ名探偵エルキュール・ポワロは、一等寝台車に乗れそうもない。 彼は、トルコでの難事件を解決して、ロンドンに帰ろうとしているのだが、駅で偶然出会った、古い友人で鉄道会社の重役の取り計らいで、ようやく一等寝台に落ち着くことができたのだった。 オリエント急行は発車した。 パリ経由カレー行き。 三日間の旅である。 ポワロのセリフにあるように、「三日の間、おたがいに今までまったく知らなかった同士が、ひとつの運命に身を委ねることになる」のである。 航空機の時代を迎えるまで、洋画・邦画を問わず列車は、映画の主役だった。 見知らぬ同士が、偶然、列車に乗り合わせて、一定の時間、運命共同体になる。 そこから、さまざまなドラマが生まれるのだ。 人間の運命劇の舞台として有効なのだが、ミステリーの舞台としても格好の場所である。 列車の時刻表を自由自在に駆使した、列車利用のアリバイ崩しの名人に、クロフツという作家がいるけれども、同じイギリス人のアガサ・クリスティーは、列車をアリバイ崩しの道具ではなく"異様な動機"の舞台として、この作品で使っている。 二日目に入った夜、オリエント急行は突然、スピードを落とした。 前の晩から降り続いた雪で線路が埋まり、立ち往生したのだ。 その時、ポワロは目を覚ました。 隣室で人が呻く声を耳にしたのである。 同時に車掌を呼ぶベルが、通路に鳴り渡った-------。 次の朝、ポワロの隣のコンパートメントで、男の刺殺死体が発見された。 男はアメリカの億万長者で、秘書と下男を連れて、この列車に乗り込んでいる。 死体の創傷は、12カ所であった。 滅多突きである。 億万長者を刺殺した犯人は、よほど深い怨恨を抱いていたに違いない。 犯人は、誰なのか? そしてその動機は? -------。 列車は、雪の山中に立ち往生した。 犯人の脱出は不可能である。 犯人は、必ず乗客の中にいるといってよい。 一等寝台の乗客は、ポワロと被害者を除くと12人である。 犯人は、この中にいるとみて間違いない。 12人の乗客の内訳は、ハバート婦人、英語教師、ハンガリーの外交官夫妻、公爵夫人と彼女の召使い、英国人大佐、デベナム夫人、車のセールスマン、自称私立探偵、それに被害者の秘書と下男。 手がかりは、ひとつある。 被害者のコンパートメントの灰皿に、5年前にアメリカで起きたアームストロング事件に関する文書が発見されたことである。 このアームストロング事件というのは、アメリカの陸軍大佐のアームストロングの娘が誘拐され、身代金が奪われたうえに、人質が死体となって発見されたという、痛ましい事件である。 アガサ・クリスティーは、アームストロング事件と変えているが、実際にはリンドバーグ事件である。 リンドバーグは、1927年、単身最初の大西洋横断無着陸飛行に成功し、世界的な人気者になった軍人飛行家で、愛娘が誘拐されて死体で発見されるという事件が、実際に起きたのだ。 この誘拐事件の犯人は捕まり、解決したが、実際には多くの謎があり、いまだにその謎は解けていないのだ。 推理作家としてのアガサ・クリスティーは、なんらかの事情で、現実に起こった事件の真相に近いものを知り、それをヒントにして、このミステリーを書いたのであろう。 シドニー・ルメット監督、主役のポワロ役をイギリスの名優アルバート・フィニーが演じ、映画化された「オリエント急行殺人事件」は、冒頭、モノクロームのドキュメンタリー手法で、手際よくアームストロング誘拐事件を紹介していくが、この手法は極めて映像的で、手際がよい。 映画を支えている、"異様な動機"というトリックを解く伏線のほとんどすべては、集約的に紹介されていると思う。 この原作の「オリエント急行の殺人」は、アガサ・クリスティーの代表作ではないが、オリエント急行内の殺人という舞台設定が魅力的なためか、1945年にアメリカで一度映画化されていて、この作品が二度目の映画化作品で、さながらよくできた舞台劇をみているようである。 アガサ・クリスティーの前期の作品は、処女作の「スタイルズ荘の怪事件」以来、非常にオーソドックスなものだと思う。 最初に謎を提示して、名探偵が縦横に張り巡らされた伏線を読み取り、データを集め、意外な犯人を突き止めるという、ミステリーの常套を踏んだものだった。 彼女の代表作の「アクロイド殺し」をみると、ポワロが事件の関係者を一堂に集め、推理の経過をこまごまと語り、犯人を指摘する。 この手法をレクチュアと言うらしいが、「オリエント急行殺人事件」の場合にも、同じ手法が用いられている。 歌舞伎でいう、一種の型のようなものだが、古い形のミステリーは、ほとんどこの形式をとっている。 殺人事件が発生すると、ポワロが関係者一同を個別的に尋問し、最後に関係者を一堂に集めて、長々と一席ぶつ。 これを観客は、息を詰めて拝聴するという仕儀になる。 シェークスピア劇で鍛えたイギリスの名優のアルバート・フィニーをポワロに起用したことが成功しており、彼の舞台劇的なセリフ回し、表現の素晴らしさが実に見事であったと思う。 やはり、アルバート・フィニーは、ローレンス・オリヴィエの再来だと言われるだけあって、このお芝居を悠々と、実に楽しそうに演じていたと思う。 この映画の脚色は、ポール・ディーンだけれど、こういった古いミステリーの形式を忠実になぞっていて、原作の要領のいいダイジェストになっているが、新鮮味とかオリジナリティに若干乏しかったかなと思う。 後期のアガサ・クリスティーは、この形式を破り、個別訪問のわずらわしさ、煩雑さを避けるという新しい手法をとったが、この映画でのポワロによる12人の乗客及び車掌の個別尋問の退屈さをまぎらわしてくれるのは、乗客にイングリッド・バーグマン、ローレン・バコール、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、ジャクリーン・ビセットらの絢爛たる女優陣と、ショーン・コネリー、アンソニー・パーキンス、リチャード・ウィドマーク、ジョン・ギールグッドらの個性派俳優を配したことだと思う。 特に、イングリッド・バーグマンは、この映画の演技でアカデミー助演女優賞を受賞しているが、実にうまいキャスティングだったと思う。 最初に謎を提示し、名探偵が縦横に張り巡らされた伏線を読み取り、データを集めて意外な犯人を突き止めるミステリーの王道をオールスターキャストで描いた 「オリエント急行殺人事件」 - オリエント急行殺人事件の感想ならレビューン映画 シドニー・ルメットの映画オリエント急行殺人事件を実際に観たレビュアーによる長文考察レビュー『最初に謎を提示し、名探偵が縦横に張り巡らされた伏線を読み取り、データを集めて意外な犯人を突き止めるミステリーの王道をオールスターキャストで描いた 「オリエント急行殺人事件」』を掲載しています。 レビューンは、作品についての「理解を深める」ことができるレビューサイトです。 登場人物の台詞の意味や、シーンの意図など、レビュアーによる独自の解釈や深い考察がされた感想を多く掲載しています。 内容のネタバレや結末が含まれる感想もございますのでご注意ください。

次の