コールマン トンネル テント。 【コールマン トンネル2ルームハウス】Amazon, アテナ, オリジナルなど5モデルを比較!

コールマン トンネルコネクトスクリーンタープ2

コールマン トンネル テント

大人数におすすめのトンネル型テント(イモムシテント)2つ目は、ドッペルギャンガーアウトドアの「カマボコテント2」です。 カマボコテントは元々とても人気のあるテントで、ここからかまぼこ型のテントが大流行しました。 そのカマボコテントと同じ魅力を持つカマボコテント2は、カラーバリエーションも豊富で人気です。 カマボコテント2の魅力はたくさんありますが、かまぼこ型をしているので中が広々と使えることや、生地もしっかりとしていて耐水圧も遮光性も高いです。 そして何よりの人気の理由は、たくさんの魅力を備えつつ、お手頃価格で販売されていることです。 見た目もカラーもとてもオシャレで、おすすめのテントです。 有名なコールマンのテントですが、webカタログにも掲載されておらず、見たことのない方もいらっしゃるかもしれません、それもそのはずで、このテントは、コールマンとスポーツオーソリティのコレボテントです。 使用可能人数は6名で、耐水圧も2000mmと高く、また広々と使えるように天井が高く作られています。 このコールマンのトンネル型テントは、見た目もカラーもオシャレで使い勝手も良いテントです。 何より高いスペックを備えながらも、価格はお手頃なのも魅力的です。 また、このテントにもスカートが付いているので、寒い時期でも気にせず使うことが出来ます。 人気トンネル型テントでおしゃれなキャンプを楽しんで! いかがでしたでしょうか。 トンネル型テントは、有名なコールマンや、人気のノルディスクなどのオシャレな人気の海外アウトドアブランドからも、たくさんの種類が販売されていることが分かったと思います。 トンネル型テントは、他のテントとは違いリビングが広いことや、簡単に設営出来ることが魅力です。 一見同じように見えるトンネル型テントですが、生地や中の広さ、作りやフォルムもそれぞれ違います。 自分の使うシーズンや、過ごし方などをイメージして、自分にあったトンネル型のテントを選んで下さいね。 オシャレなキャンプになること間違いなしです。

次の

【コールマン トンネル2ルームハウス】Amazon, アテナ, オリジナルなど5モデルを比較!

コールマン トンネル テント

Quotation: コールマンのトンネル2ルームハウスは、2016年秋冬の数量限定アイテムとして登場し、初期予約分が完売したテントになります。 この2016年は、DODのカマボコテントが発売され、トンネル型テント人気に更に火がついた年でもありました。 最初に登場したのが、 トンネル2ルームハウス バーガンディ 現在のカラーとは全く違うバーガンディカラーで、ワインレッドより暗く茶色味の強い色とのこと。 見た目かなりパンチのあるカラーでしたが、秋のキャンプ特に紅葉の季節によく似合うカラーでした。 2018年10月現在、確認できる5モデルは3カラーがグリーン系のカラーをしています。 残りはコールマン インディゴシリーズのデニムカラーとスポーツオーソリティオリジナルモデルのアテナのグレーカラーになります。 5モデルの共通仕様は、テント前方にひさしがあり、メインフレームが4本のトンネル型テントというところです。 早速それ以外の仕様に違いがあるのか、各モデルを調べてみたいと思います。 アメリカを代表する大自然 ヨセミテ。 キャンパーならだれもが憧れる壮大な景色。 オリーブカラーにサンドカラーがアクセントで入っており、優しい感じのカラーリングに仕上がっています。 他のモデルとは全く違ったカラーで、このカラーもかなり良さげです! また他のモデルとは全く違うところが数箇所あるモデルで、一番後方のインナーテントの外側に窓(メッシュ)があったり、ルーフフライが付属していたりします。 インナーテントの外側に窓があるテントは意外と少なく、私も以前にかなり探しました。 沖縄でキャンプしているため、春から秋まで暑いというのが理由なのですが、最終的に現在のに落ち着きました。 インナーテントの外側に窓があった方が、夏キャンプが快適になるかと思います。 仕様 2018年10月3日現在 特徴 インナーテント外側に窓(メッシュ)がある 先述もしましたように、インナーテント外側(フライ部分)に窓(メッシュ)があるというところが最大の特徴だと思います。 ルーフフライが標準で付属している 雨天時に雨を流してくれたり、直射日光を和らげてくれるルーフフライが標準で付属しています。 全体的に大きい 後ほど比較しますが、他のモデルよりもサイズが大きいです。 その他の特徴 こちらは共通して変わりありません。 テント前方にひさし(庇)がある。 ひさしがあるため、リビングスペースがギリギリまで使用できる。 4本のポールをスリーブに通すだけの簡単設営。 吊り下げ式インナーテントで雨天時の撤収も楽になります。 2018秋冬モデル Amazon. またフライの素材が、他のモデルがポリエステルタフタを使用しているのに対して、ポリエステルリップストップを採用してます。 リップストップとは? 裂け目を止めるため. 格子状に糸が織り込りこまれた生地 また、メインポールが他のモデルよりも太いです。 jp限定カラー(オリーブ)が出ればいいのにと思います。 まずありえないと思いますが…(^^;) ご購入時の参考にされば幸いです。 長文を最後までお読みいただきありがとうございます。

次の

トンネルテント14選!コールマン・テントファクトリーの2ルームハウスも

コールマン トンネル テント

スポンサーリンク トンネル型テント トンネル型テントとは、メインポール3〜5本(メーカーや種類によって異なります)が平行にアーチ状になる構造で、設営が完成するとまさにトンネルの形状になるテント。 メーカーや種類によって異なりますが、ほとんどのトンネル型テントはインナーテントが付属しており、前室と寝室の2ルームテントになります。 またインナーテントを吊らずにシェルターとしても利用ができます。 設営ですが、「」と比べてしまうと、ポール(フレーム)が多い分どうしても時間はかかりますが、至って構造が簡単なため楽に設営できるところが特徴のテントで、見た目のフォルムもスラッとしていてカッコいいです! また、に比べてポール自体がアーチ状になるため、居住空間に余裕ができ、快適な空間が生まれます。 設営は大きさにもよりますが、慣れると一人で約15分〜30分ほどで設営が可能(個人差はあり)ですが、各ブランド説明書等には「 設営の際は2名体制で行って下さい」と明記されていることが多いです。 設営方法 おすすめのトンネル型テントをご紹介する前に、まずはトンネル型テントの基本的な設営方法から解説致します。 (サイズやメーカーによっては異なることもあります) その設営方法は至ってシンプルで、基本の設営方法は以下の通りです。 こんな方におすすめ• 簡単な構造のテントが欲しい• 広々とした快適な空間が欲しい• 前室が付いたテントが欲しい• 設営時間を短縮したい 今回は個人的な主観ですが、前室を少しゆったりめに使用できる人数で、 少人数向きと ファミリー向き(大人2名子ども2名の計4名ぐらいのファミリーで想定)に分けてご紹介したいと思います。 少人数向き トンネル型テント まずは少人数向きのトンネル型テントをご紹介したいと思います。 予めご了承ください。 1971年創立の HILLEBERG(ヒルバーグ)はテント造り一筋で、用途にあったテントをレーベルごとに分けています。 穏やかな環境から極めて過酷な環境まで、あらゆる地形や天候に対応したブラックレーベルを始め、それほど過酷ではない環境での使用を想定して作られた、全天候対応のオールシーズンモデルのレッドレーベル。 温暖な環境や雪のない環境での使用を想定して軽量化を第一の目標として作られているイエローレーベル。 それぞれ個別の用途に合わせて設計され、素材もそれぞれの用途に合わせたもので作られるブルーレーベル(巨大なテントスタロンなどがある)。 計4つのレーベルに分けられています。 このナロ3GTは、レッドレーベルに位置づけられているテントになります。 ナロ3GTの仕様 2020年3月28日現在 ナロ3GTの特徴 ヒルバーグのテントのほとんどのモデルに言える特徴は、 かなり軽いというところです。 このナロ3GT以外にも、少し大きめのカイタム3GTやケロン3GTも5kgありませんので、その軽さは一目瞭然です。 (ブルーレーベルを除く) 他のトンネル型テントと比べて、高さが低いというところは、暑さや寒さ、雨天や晴天、強風や無風のコンディションに適応でき、1人でも、夜間でも、雨が降っていても、嵐でも、穏やかなコンディションにいるのと同じくらい簡単に設営できる使いやすさをモットーに作られているからです。 他のトンネル型テントとは比較できないコンセプトの元に作られているからこそ、根強い人気があるのでしょうね。 実際にインナーで寝た感じでは、大人が4名くらいまでと思いました。 その他の仕様は以下の通りです。 0kg フライ:約10. 7kg ルーフフライ:約1. 2kg インナーテント:約3. 2kg ポール:約7. そして、2019年よりテント・シェルター・タープ・クーラーボックスなどのキャンプギアを、全国のスポーツオーソリティ店舗にて展開を始めました。 (一部の店舗を除く) その中で、ひときわ目立つのがこのトンネル型テント「 キャタピラー2ルームシェルター6P カーキ」 広いリビングと寝室を兼ね備えた大人数での使用が可能な大型シェルターになります。 キャタピラー2ルームシェルター6P カーキの仕様 Quotation: スポーツDEPO、Alpen、Alpen Outdoorsなどを展開するアルペングループのオリジナルブランド「 IGNIO イグニオ 」 以前までは、アルペンのオリジナルキャンプブランドと言えば「サウスフィールド」が有名で、IGNIOはスポーツブランドというイメージがありましたが、IGNIO イグニオ からもキャンプ用品が展開されています。 中でもこの 2ルームトンネル型ドームテントはレイサ6よりも大きいサイズですが、他のブランドの同サイズのトンネル型テントに比べ、かなり価格が抑えられています。 前とサイドの5箇所はメッシュになり、 別売のポールでキャノピーも可能。 背面は大口のベンチレーターになります。 イグニオ 2ルーム トンネル型 ドームテントの仕様 あとがき 設営方法も簡単で、時間も慣れるとあまりかからずといい事尽くめのトンネル型テントですが、ただ 1つデメリットを挙げるとすれば、大きくなればなるほど重くなってくるというところ。 ファミリー向けのものだと約15〜23kgぐらい(最高26kgもあり)のものが多く、重たくなればなるほど、一人で張るのが大変になってくるところだと思います。 快適な空間が生まれ、キャンプでの有意義な時間を過ごすことができる トンネル型テントは、おすすめのテントの一つです。 今回はおすすめのトンネル型テントをご紹介しましたが、気に入られたテントはありましたでしょうか? テントを購入される際のご参考になれば幸いです。 長文記事になってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございます。

次の