格言 面白い。 人生に役立つ将棋の格言|株式会社いつつ

人生の名言・格言集。人生を変える、支えとなる言葉

格言 面白い

いぢわるぢいさんは 水を差すでしょうね。 へそ曲がりですねぇ。 名言・格言は だいたいにおいて世の中を見渡してまあまあ一般性がある という事例を その内容としてはむしろ意外性をアピールするかたちで 言っています。 つまり 例外もあります。 そして その一般性は ゆるい法則性を持つも のでしかない。 マーフィーの法則というのがあります。 ・ 食パンを落とすと必ずバターが付いているほうが下。 落ちがなくなりました。 とほほ。 A ベストアンサー >私個人の現在の考えでは 「質問という体で問いかけしてるが 実際は(質問者にとって)優秀な弟子、賛同者が 欲しいだけなんとちゃうかな」 って考えが主流となってますね : 顕著ですね。 基本的に素人の集まりにすぎないので、質疑を交わすこと自体が問題を次第に掘り下げていく形になる場合が多いと思います。 持論を述べるのはむしろたたき台として必要なわけですが、しかし、賛同者を求めるのが目的の人は、その過程を重視せずに、相手を持論に引きずり込むことだけを考えている。 最初から質問が目的じゃないので噛み合うはずがない。 そういった輩と、真摯に何かを探求しようとする人との違いは、論理的な根拠を示しつつ持論を展開しているかどうか、という点。 賛同を求める乞食の輩は、論理的な根拠が提示できなくなると、強引にかぶせてきますからすぐに判別できる。 どうでも良い箇所では物分かりの良い顔して猫なで声を出すのが得意ですが、いざ本丸に攻め込まれると見境も無く髪を振り乱してあたふた大声で怒鳴り散らす。 おだてられての木登りも大得意。 それでも論理を辿ることさえお互いできれば、そんなに大きな齟齬は生じないものです。 で、そういう輩に限って、自分の質問に回答がひとつもつかなかったりすると、自分の頭が良すぎて他人には理解できないのだ、などと妄想に浸りつつ、ひとり悦にいったりする。 ダダを捏ねる赤ん坊みたいなもので、誰か面倒を見てくれる人がいると世の中は平和で助かる。 見解の相違だね、とお互いに質疑を保留できる余裕があるうちは、可能性がまだある。 >私個人の現在の考えでは 「質問という体で問いかけしてるが 実際は(質問者にとって)優秀な弟子、賛同者が 欲しいだけなんとちゃうかな」 って考えが主流となってますね : 顕著ですね。 基本的に素人の集まりにすぎないので、質疑を交わすこと自体が問題を次第に掘り下げていく形になる場合が多いと思います。 持論を述べるのはむしろたたき台として必要なわけですが、しかし、賛同者を求めるのが目的の人は、その過程を重視せずに、相手を持論に引きずり込むことだけを考えている。 最初から質問が目的じゃな... Q 私は絶対善はあると主張していますが、皆さんはそんなものなどないと否定されます。 でも私が言いたい事は常識的なことなのです。 この群れ社会において最も大切なものは何か?それは群れ社会の安寧秩序です。 これは社会が平穏でルールが守られ安心して暮らせることです。 これを守る事が最も正しい事なのです。 この群れ社会においてこれ以上大切なことはないのです。 これに異論がありますか? そしてその群れ社会の安寧秩序を守る為に最も優れた方法が「私より公を優先すること」なのです。 でも「私より公を優先すること」と言われても何か分からないでしょう。 ですから分かり易く言えば愛や思いやりや慈悲心などですと説明しています。 これはキリストが説いた愛です、孔子が説いた仁、つまり思いやりです、そして釈迦が説いた慈悲の心です。 そしてこれらに内包、共通しているのが「私より公を優先する心、行為」です。 「私より公を優先する」とは分かり易く言えば「私欲という自分の思いを少し抑えて公の為とみんなで考え行うこと」です。 自分の私欲の心を少し抑えて、一人一人がみんなの為と考えることです。 これは民主主義を示しています。 そして「みんなの為」と考えるということは皆さん一人一人がリーダー、その群れのトップの立場に立って考えると言うことです。 それは強い責任感をもって考えると言うことです。 そのような心を一人一人みんながもって、みんなで考えれば最も正しい答えに辿り着ける確率が高くなるよ、ということです。 これ以上に優れた方法が何かありますか? これが私の言う絶対善なのです。 その群れ社会にとって絶対的に正しいことは社会の安寧秩序であり、そのために最も優れた方法が「私より公を優先する事、つまり愛や思いやりや慈悲心」なのです。 もちろんこれは最高の方法を示しているので一般的にはなかなかできないことです。 しかしそれを目指す事こそが最もより良い社会が創れるのだ、と言う事なのです。 私は絶対善はあると主張していますが、皆さんはそんなものなどないと否定されます。 でも私が言いたい事は常識的なことなのです。 この群れ社会において最も大切なものは何か?それは群れ社会の安寧秩序です。 これは社会が平穏でルールが守られ安心して暮らせることです。 これを守る事が最も正しい事なのです。 この群れ社会においてこれ以上大切なことはないのです。 これに異論がありますか? そしてその群れ社会の安寧秩序を守る為に最も優れた方法が「私より公を優先すること」なのです。 でも「私より公を... A ベストアンサー いろいろな人がいっぱい書き込んでくれて、芯木(shinwood さんは今回いろいろ学んだんじゃないでしょうか。 芯木さんの今回の作戦の誤りは、世の中には、形式を重要視する人と実態を重要視する人の両方がいることを無視して、実態を重視する芯木さんの一方的な表現を使ってその主張がなされていることです。 「手術は成功した。 しかし、患者は死んだ」 要するに、患者の生死の実態よりも、手術の手順と形式の正確さの方に興味を持つ方がこの世の中にはいくらでも居られるのです。 そして、哲学好きな人にこの形式組の人がいっぱいいます。 そうした方々は、言葉の使用法の形式の方に興味が優先してしまい、たとへそこで使われている言葉が不完全でもそこで言っていることの内容や実態をなんとか理解しようという方向に興味を向けない傾向にあります。 「あんたの言いたことはなんとなく判るんだが、そのような言葉の用法はその内容と矛盾しており、間違っている」 などと言って、言葉の使い方が間違っているから、あなたの言う内容も間違いだ、などと考えてしまう人もいくらでもいます。 だから、芯木さんが言いたいことの本質を論じようとするのではなくて、絶対の意味などの言葉の使い方がこだわった回答が多くなっているのです。 そのような人たちは、左を指差しながら、「右、右」と言っている人の心を察することができず、その間違いを言いつのる傾向があります。 この場合、常識的に見て、指を差している方向をその発信者が言いたいのは明らかですのに。 物事を論じるためには、その内容も、その言葉の使い方も、両方とも重要です。 しかし、その両方を同時に論じることにどれだけの生産性があるか、自明ではありません。 大論文でもない限り、それを意識せずに両方とも同時に論じてしまうと誤解を招き、混乱さえ起こしかねません。 ですから、何かを論じる場合には、内容か、形式か、そのどちらにより重点を置いているのか、文面から明確にわかるように書いておく方が、生産的な議論のやり取りができます。 ここでの主題は「公に対する奉仕」なのだと思いますが、例えば、「公」という言葉一つとっても、人によってその意味がだいぶ違い、芯木さんが言いたい意味では受け取ってくれない場合が散見されます。 いわんや、「絶対」などという、一神教の影響を受けた西洋文化大好連中が好んで使う言葉は、哲学好みの人たちには刺激的すぎて芯木さんの言いたい内容よりも、その刺激的な言葉に拘ってしまう人がいくらでもいます。 出来るだけ刺激的な言葉を避けてご自分で言いたいことを表現することを工夫すると、芯木さんのご主張に賛同する方も増えるのではないでしょうか。 また、どうしても「絶対」と言う言葉を使いたいならば、論述を始める前に、ここでのこの言葉は、、、、を意味するものとして特殊な使い方をしている、などと一言を入れておくと、読者もそのつもりで読んでくださると思います。 いろいろな人がいっぱい書き込んでくれて、芯木(shinwood さんは今回いろいろ学んだんじゃないでしょうか。 芯木さんの今回の作戦の誤りは、世の中には、形式を重要視する人と実態を重要視する人の両方がいることを無視して、実態を重視する芯木さんの一方的な表現を使ってその主張がなされていることです。 「手術は成功した。 しかし、患者は死んだ」 要するに、患者の生死の実態よりも、手術の手順と形式の正確さの方に興味を持つ方がこの世の中にはいくらでも居られるのです。 そして、哲学好きな人にこの形式... Q 哲学とは何か?この第一歩から考えてみたくなりました。 野矢茂樹氏の「ラジオ深夜便」出演の話はどなたかが紹介していましたが、 私も一度聞いたことがありました。 改めて聞いてみると、嬉しくなるほど分かりやすいと思いました。 なんだか 分からない話を随分聞いてきたせいでしょうか? どんな分野でも、言っていることが明快な人は、その中身をよく理解してい る人で、逆に言っていることが何だかよくわからない人は、結局分かってい ないのだという世間一般の定説は正しいものでしょう。 哲学とは何かということについて、野矢氏は、次のように述べています。 ごく簡単に哲学史を述べれば、アリストテレスは哲学を学問として捉えていた。 トマス・アクィナスにとっては、哲学は宗教であった。 デカルトは、哲学は学問の基礎であると考えていた。 現代においては、哲学者の数だけ定義が存在すると言って過言ではない。 私 野矢氏 にとって哲学とは、人間の言葉を使った複雑な思考の中の問題として 1. 思考の全体を見通せていない、2. 思考を支えている多くの暗黙のものを自覚し ていない、3. 全体の曖昧さ、矛盾を分からないでいる、これらの問題を解決する ことである、と。 確かに、哲学というものの定義は、様々であることは実感していました。 だから、 「さあ統一しましょう」といったところで、そううまくはゆかない。 せめて、各々 の定義を理解し合えたら、もう少し意義のある対話ができるかも知れません。 さて、あなたの「哲学の定義」はというと、どういうことになりますでしょうか? 哲学とは何か?この第一歩から考えてみたくなりました。 野矢茂樹氏の「ラジオ深夜便」出演の話はどなたかが紹介していましたが、 私も一度聞いたことがありました。 改めて聞いてみると、嬉しくなるほど分かりやすいと思いました。 なんだか 分からない話を随分聞いてきたせいでしょうか? どんな分野でも、言っていることが明快な人は、その中身をよく理解してい る人で、逆に言っていることが何だかよくわからない人は、結局分かってい ないのだという世間一般の定説は正しいものでしょう。 A ベストアンサー キリスト教が発達してからの西洋哲学は、キリスト教を隠れ蓑にしていた人間のインモラルな部分に、風を通して、本来の人間性を取り戻そう、という、初々しいものではなかったですか。 ルネサンス美術と同じで、西洋の精神世界の理想である、ギリシアの昔のように、キリスト教を離れて、自由に思考をしたかった。 もう一度、自分の頭で考えてみたかった。 ギリシアで発達した哲学は、言葉遊びのきらいもありますが、 多分に、貴族の暇つぶしだったでしょう 、発想は、もっと自由で、はつらつとしたものでした。 人間の尊厳の確認であったかのような印象があります。 その旗頭であるソクラテスが牢獄に繋がれ、毒をあおって死ななければならなかったため、何か、陰惨な印象を持っていましたが、何年か前、彼の牢獄であったと伝えられている岩屋を訪れる機会があり、その場所が、アクロポリスを見渡せる、風光明媚な場所であったため、何だか、足元のはしごを外された気分、というか、牢獄でさえ、知的でした。 おっしゃる通り、哲学は、対話によって、曖昧なものや無意識に受け入れていた事柄を、明確にしてゆく役割を担っているのだと思います。 中世以降のヨーロッパでは、キリスト教が邪魔になりましたが、現代の日本では、いかがでしょうか。 キリスト教が発達してからの西洋哲学は、キリスト教を隠れ蓑にしていた人間のインモラルな部分に、風を通して、本来の人間性を取り戻そう、という、初々しいものではなかったですか。 ルネサンス美術と同じで、西洋の精神世界の理想である、ギリシアの昔のように、キリスト教を離れて、自由に思考をしたかった。 もう一度、自分の頭で考えてみたかった。 ギリシアで発達した哲学は、言葉遊びのきらいもありますが、 多分に、貴族の暇つぶしだったでしょう 、発想は、もっと自由で、はつらつとしたものでした。 A ベストアンサー 公理で一番有名なのは、平行線公理(平行線公準とも呼ばれる)でしょう。 「一つの直線上にない一点を通ってその直線は一つしかない」 この命題を証明することはできません。 以前はこれを証明しようと多くの数学の天才たちが試みました。 しかし誰にも証明できなかった。 ロバチェフスキーが1829年に『幾何学の新原理並びに平行線の完全な理論』を発表して、彼が1826年に発見した新しい幾何学を提示して、上記の命題が証明不可能な公理であることが明らかになったのです。 ロバチェフスキーは、上記の命題の代わりに (1)「一つの直線上にない一点を通ってその直線は何本でも引ける」 としても、数学的に無矛盾で閉じた論理体系を構築できることを明らかにしました。 それがいわゆる非ユークリッド幾何学の始まりでした。 この幾何学で表現されている空間は曲がった空間なのです。 その後に、リーマンが (2)「一つの直線上にない一点を通ってその直線は一本も引けない」 としても、数学的に無矛盾で閉じた論理体系を構築できることを明らかにしました。 この公理(2)が成り立つものとして構築された幾何学をリーマン幾何学と呼びます。 一方、上記の公理(1)が成り立つものとして構築された幾何学をロバチェフスキー幾何学と呼びます。 さらに、リーマン幾何学の一つの具体的な例が球面状の幾何学であることもわかるようになりました。 その場合この非ユークリッド幾何学を球面幾何学と呼ぶこともあります。 上記の事実の発見は、人類に多大な知的進展をもたらしました。 なぜなら、自分の主張の論理的矛盾性をいかに証明しても、それでこの世界が解ったわけではないことが明らかになったからです。 例えば、我々が埋め込まれている宇宙が上記のどの幾何学によって記述されている世界なのかは、論述の無矛盾性や整合性をいくら明らかにしても、判定できないことが明らかになったからです。 その判定には必ず実験や観測が必要である。 すなわち論理的な理念の整合性に加え、事実はどうなのかを実験や観測で判定しなくてはならない。 その判定をするのが自然科学なのです。 そして数学は、命題の間の無矛盾性を論じる言語学であり、すなわち人文科学の一つであり、事実を論じる自然科学ではないことが明らかになったのです。 公理で一番有名なのは、平行線公理(平行線公準とも呼ばれる)でしょう。 「一つの直線上にない一点を通ってその直線は一つしかない」 この命題を証明することはできません。 以前はこれを証明しようと多くの数学の天才たちが試みました。 しかし誰にも証明できなかった。 ロバチェフスキーが1829年に『幾何学の新原理並びに平行線の完全な理論』を発表して、彼が1826年に発見した新しい幾何学を提示して、上記の命題が証明不可能な公理であることが明らかになったのです。 ロバチェフスキーは、上記の命題の代わ... 諸宗教に対する考え方として、 排他主義、包括主義、多元主義、多元主義への批判を取り上げています。 他宗教を理解する努力のなかで、 自身の宗教への理解や反省が深められていく 宗教間対話の持つ重要性について論じています。 Q 1. 民主制では わざわざクウキを読む必要はなく クウキをかたちづくる 必要もない。 それこそ民主制の雰囲気は 空気のようなものだ。 2. ところが 日本人にあるまじき KY だ・ニートだと言って それを読め・ それに従えという意味でのクウキは このいわば白紙であるという意味での空 気のさらに上に別の訴える手段を持ちこもうとした結果状態であり その手段 じたいであるだろう。 3. いろんな意味での党派の意向を 民主的な対話や話し合いという過程の 中に持ち込み人びとを丸め込もうとするときの思潮やまた圧力と感じられもす る雰囲気のことである。 4. この国には お上には逆らえない・長いものには巻かれろ・寄らば大樹 の陰といった《アマアガリ・シンドローム(公民アマテラスへの出世指向)》 が人びとの心の中に見られる場合がある。 5. あるいはそのアマテラス公民のおこなうことは《あやまち得ない》とい う無謬性なる神話が浸透していて アマテラス公民を無条件に信奉するという 《アマテラス予備軍症候群》がしばしば見られる。 6-1. つまり この《伝統》なる風潮を読まないという KY は じつは 未来社会への旗手である。 6-2. 引き籠もりは クウキに対する志向性に関する限り すでにいまシ ャッターが押されて陰画として現われた未来社会の風景である。 7. たぶんその場合にも KY はダメだと言われるときのクウキはそれをも 読むことだけは読んでおいたほうがよいはずだが 読んだ結果として KY と いう現象が起きても構わないし 起きたほうがひとは よりいっそう自由であ る。 また 佐渡へ佐渡 へと草木もなびく群れを目の前に見せられては やってらんないよ と言った状態。 それこそ民主制の雰囲気は 空気のようなものだ。 2. ところが 日本人にあるまじき KY だ・ニートだと言って それを読め・ それに従えという意味でのクウキは このいわば白紙であるという意味での空 気のさらに上に別の訴える手段を持ちこもうとした結果状態であり その手段 じたいであるだろう。 3. いろんな意味での党派の意向を 民主的な対話や話し合いという過程の 中に持ち込み人びとを丸め込も...

次の

面白い一言15選!LINEや自己紹介・誕生日の言葉やネタは?

格言 面白い

「結婚の4組のうち3組が失敗に終わる。 もしこれからスカイダイビングをするときに、4回のうち3回パラシュートが開かないと言われたらジャンプするかい?」 2. 「妻の選ぶものを笑ってはいけない……あなた自身がそのひとつなのだから」 3. 「なあジョーよ、残念なことに、きっと70年後にも、全く同じことをしてると思うんだ。 ハゲて歯がなくておむつを履いてるんだ」 4. 「狂気とは妄想を現実だと信じてしまうことで、宗教とは他人の妄想を現実だと信じてしまうことである」 5. 「ときどき雲のような人がいる。 どこかに行ってしまうと美しい日になるんだ」 6. 「便秘のまま死ぬより、パンツに漏らしたほうがいいだろう」 (彼女をデートに告白すべきかどうかを、父親に相談したときの答え) 7. 「きれいな家はパソコンが壊れているサイン」 (パソコンやインターネットに夢中だと掃除をしない) 8. 「最近は仕事より、戦争を探すほうが簡単だとわかったんだ」 9. 「自分の職場で一番良いところはイスが回転すること」 10. 「成功している友人が、心に響く名言を投稿することはない」 11. 「新しいテクノロジーについて。 彼女に新聞をくれと言うと、彼女は『バカなことは言わないで私のiPadを借りなさい』と言った。 あのクモは何を使って叩かれたのか、決してわからないであろう」 12. 「人生で最も大切なのは、人生とはどんなものかを教えてくれる名言である」 以上12点。 人生は皮肉でいっぱいなのです。 関連記事•

次の

中国語の名言・格言・ことわざ33選|有名/素敵/恋愛/かっこいい/面白い

格言 面白い

「君と出会えたことは運命だったんだ」「うん、ずっと一緒に幸せでいようね」 二人は永遠の愛を誓い、いつまでも幸せに暮らしました。 めでたしめでたし。 んなわけねーだろ。 「結婚は墓場」などと表現され、それが今なお、鮮烈さの褪せぬまま語り継がれていることからもわかるように、「結婚イコール幸せ」などというのはファンタジーである。 僕たちはこのリアリズムの世界に生き、リアルな毎日を這いつくばっているわけだから、結婚に関するリアリスティックな見識を持ちあわせねばなるまい。 自らの人生を台無しにしないためにも、「思ってたんと違う!」と婚姻後に失望しないためにも、「それが結婚ってもんさ」と開き直るためにも、或いは、それでも幸せな家庭を築けるよう奮起するためにも、ここはひとつ、先人たちの「結婚にまつわる名言」を見ていき、結婚とは何なのかを確認していくことは有用であると私は考える。 まずは、結婚というものを、先人たちがどのように定義したかを見ていこう。 結婚のひどすぎる定義 結婚とは、熱病とは逆に、発熱で始まり悪寒で終わる。 恋は人を盲目にするが、結婚は視力を戻してくれる。 結婚とは、ただ一人のために残りの人々をすべて断念せねばならぬ行為である。 結婚は、ほとんどすべての人が歓迎する悪である。 よくやった。 人間は判断力の欠如によって結婚し、忍耐力の欠如によって離婚し、記憶力の欠如によって再婚する。 結婚するとは、彼の権利を半分にして、義務を二倍にすることである。 的確すぎ。 あらゆる真面目なことのなかで、結婚というやつが一番ふざけている。 神が同棲を発明した。 悪魔は結婚を発明した。 愛、それは結婚することによって治療が可能な一時的な精神錯乱。 人は生きて結婚生活に入り、死体となって出てくる。 結婚、それは主人ひとりと主婦ひとりと奴隷ふたりから成るものの、 合計ではふたりしかいない共同体の状況あるいは状態。 ふたりとも奴隷か。 結婚は第一章でヒーローが死んでしまう恋愛小説である。 夢も希望もない。 結婚とは、唯一あなたが敵とベッドを共にする戦争である。 結婚とは誰もが犯さなければならない過ちである。 愛は結婚の夜明けであり、結婚は愛の日没である。 結婚とはセルフサービスの食事のようなものだ。 自分の欲しい料理を選んだ後で、隣りの人たちのお皿の中身を見る。 そして、どうして自分は彼らと同じ物を選ばなかったのだろうと自問するのである。 結婚は雪景色のようなものである。 はじめはきれいだが、やがて雪解けしてぬかるみができる。 個人的に好き。 結婚は宝探しではないのだ。 それはむしろ椅子取りゲームに似ている。 独身であることの音楽がストップする時、どこであれ人はそこに座るのだ。 神の視点。 同意する。 結婚するのは、二人とも他に身の振り方がないからである。 そこから悲劇が始まる。 結婚というのは宝くじのようなものだ。 ただし当たらなかったからって、その券を破り捨てるわけにはいかない。 離婚は事実において結婚の破壊ではない。 むしろ、結婚を維持する第一条件である。 結婚は、デザートより前菜が美味しいコース料理である。 人間の一生のあらゆる行動のうちで、結婚は他人に関係することの最も少なきものである。 だがそれはまた、あらゆる行動の中で他人に干渉されることの最も多きものである。 反論できない。 参考サイト: ・ ・ 参考文献:.

次の