ドライ ノーズ ワセリン。 鼻の乾燥性鼻炎ドライノーズは感染症の元?ワセリンていいの?対策はコレだ!!

ドライノーズの原因は乾燥!【即効性のある改善法は?】

ドライ ノーズ ワセリン

ドライノーズって何? 鼻の中の粘膜が乾燥することで発症するドライノーズは、別名「乾燥性鼻炎」とも呼ばれているそうです。 普段の鼻の中は粘液などにより、湿気を帯びた状態となっていますが、脱水症状や室内の乾燥などによって体が水分不足になることで、鼻も乾燥した状態になってしまうそうです。 そして、鼻が常に乾燥した状態になってしまうと、鼻の奥がピリピリするドライノーズになってしまうといいます。 ドライノーズになりやすい時期についても、空気が乾燥する冬の時期になりやすいのでは?と言われていますが、冬以外にもエアコンなどの乾燥しやすい環境にいると、季節を問わずドライノーズになりやすいそうです。 ドライノーズの原因は? 元々の鼻の役割は、生きるために絶対に必要な呼吸する役割の他にも、呼吸する際に空気中にある雑菌・ウイルスを体内に入れないようにするバリアの役割もあるといいます。 そして、鼻の奥にある粘膜は空気中の雑菌・ウイルスを体内に入れないよう確保する役割があり、この粘膜に生えている細かな「線毛(せんもう)」も重要な役割を果たしているそうです。 線毛は粘膜の粘液ごと体内や体外に排出する役割があり、例え体内に入ったとしても、ちゃんと胃などに運び消化=雑菌やウイルスを無害化してくれるそうです。 体外に排出する際も、鼻水やタンとして排出されるといいます。 しかし、ドライノーズが原因で粘膜が乾燥することで、細菌などに対するバリア機能が低下してしまい、結果的に風邪やインフルエンザ、花粉症などにかかりやすくなるそうです。 スポンサーリンク ドライノーズはどんな症状が出るの? ドライノーズの症状は主に、 ・鼻がムズムズして鼻をかんでも鼻水が出ない ・鼻の奥がヒリヒリして痛い ・鼻をかんで鼻水が出たとしても出血している ・鼻の奥に、常に違和感がある ・鼻の中を掃除したときに大量の鼻クソが出る などがあるといいます。 ドライノーズによって鼻の奥がムズムズする場合は、鼻水が出なくても鼻をかんだり、さらに綿棒などを使ってどうにか痒みを抑えようとすると、粘膜が傷つくことで出血しやすくなり、余計に症状が悪化してしまうそうです。 また、ドライノーズの症状の中で「鼻クソが大量に出る」のも、取り除こうと鼻を過剰にかんだりすることで、粘膜が傷ついてしまいますが、女性は特に気になってしまうため、イライラの原因にもなりやすいといいます。 ドライノーズの対処法は? ドライノーズにならないようにする対処法は、 「湿度不足」にならないようにするのが1番だといいます。 エアコンなどの使用により、普段の生活でも湿度不足になりやすいことから、湿度設定を見直してみるのが良いそうです。 空気が特に乾燥しやすい冬の時期などでも、「湿度40%」を目安にして、加湿器などを使って湿度を調整するのがオススメだといいます。 しかし、職場などの湿度の調整が難しい場合は、小さめの加湿器を置いてみたり、群れたハンカチを干すなどして対処するのが良いそうです。 湿度不足ではなく、湿度が高くなる夏の時期については、エアコンの除湿機能がドライノーズの原因になる事も。 そのため、夏場のエアコンを設定する際は、除湿機能がある場合は「湿度40%」を目安に設定します。 室内で湿度調整するのが難しい場合にオススメなのが、 「塗れマスク」によるドライノーズ対策だといいます。 そして、絞ったガーゼを市販マスクの内側に入れれば完成です。 ドライノーズの対処法は他にも、市販薬として最近は「点鼻薬」も販売されており、点鼻薬によって粘膜の血管が収縮することで、鼻のムズムズなどが解消されるといいます。 しかし、このような点鼻薬をドライノーズ対策として使用すると、逆に 鼻の乾燥が悪化してしまう場合もあるそうです。 点鼻薬を使う際は自己判断ではなく、必ず耳鼻科で医師の指示のもとで、使用したほうが良いそうです。 まとめ あまり聞き慣れないドライノーズですが、鼻が乾燥したままでいると風邪や花粉症などの原因にもなりますので、湿度不足にならないように日頃から注意したいですね。 他にもドライノーズ対策として、水を飲むなどの水分補給も効果的ですので、ドライノーズにならないように、しっかり健康にも気を配っていきたいですね。

次の

「ドライノーズ」よい対策はありますか?

ドライ ノーズ ワセリン

こんにちは。 パーソナルトレーナーの浅見美菜子です。 こちらのブログにアクセスいただきありがとうございます。 宜しければ合わせてこちらもご覧下さい。 昨夜、天気予報でこの一週間の花粉情報(飛散する花粉の量)が流れていました。 花粉症に悩む方にとっては辛い時期になりましたね。 そしてコロナウィルス騒動の影響でマスクが十分に確保できないと不安だと思います。 今回はマスクがなくてもできる感染症予防についてご紹介します。 ドライノーズに注意 ドライノーズとは鼻の粘膜が乾燥する症状のことです。 鼻の粘膜が乾燥するので、鼻の中がカサカサ、ムズムズするような違和感があったり、 その違和感を解消しようと鼻をかむと、出血したりします。 鼻の粘膜にはウィルスを除去する作用もあるため、この天然の保湿効果が失われると、それだけ感染症にかかるリスクも高くなります。 ドライノーズは風邪をひきやすい? 実は私もドライノーズに悩まされています。 活動場所(フィットネスクラブ)がえらく乾燥しているので、いわば職業病です。 初めは鼻の違和感(乾燥感、異物感)だけだったのですが、ドライノーズになってから 風邪までいかない風邪未満の風邪(この表現、なに?)をしょっちゅう感じるようになりました。 疲れていたりすると、朝起きると鼻と喉の違和感があり、そのまま進行すると風邪の症状がでるだろうと思われる状態です。 仕事柄、健康管理には細心の注意を払っているのに・・・と、その原因を考えるとドライノーズに行きついたのです。 健康な状態の鼻の中は常に潤い、粘膜が外気に含まれるウィルスやほこりを吸着し、それを輩出する自浄作用があります。 ドライノーズは自浄作用が働かない状態ですので、カピカピに乾燥した鼻の中をウィルスや埃などがそのまま体内に侵入できてしまうのです。 お勧めのドライノーズ対策 ドライノーズスプレー こちらは市販されていますのでドラッグストアで手に入ります。 1日2~3回、鼻にシュッシュとすることで、鼻を保湿し、鼻の中に付着した異物を流します。 鼻の粘膜が固まる前が効果的なので、私はお風呂上り(湯船につかって、鼻を保湿した後)に使用しています。 それ以外は帰宅後、すぐにシュッシュしています。 ワセリン ドライノーズは鼻の粘膜が乾燥することで起きる症状です。 ドライノーズスプレーは異物を除去する、短期的な保湿には効果がありますが、カピカピに鼻が乾燥している場合、2~3時間経つと、再び乾燥します。 常に鼻の中を潤わせた状態をつくるために効果的なのがワセリンです。 ワセリンを清潔な綿棒につけ、鼻の中にちょちょっとつけていきます。 (つけすぎると呼吸が苦しくなるので、ちょちょっとが大事) ワセリンをつけることで、鼻の保湿効果が持続出来ます。 ドライノーズスプレージェルタイプ ジェル状になった液体ですので、ドライノーズスプレーよりも長時間、鼻の中にとどまります。 感覚的には3~4時間程度です。 が、超乾燥した場所(例えばフィットネスクラブとか、空調が効いている場所です)だと、すぐに乾いてしまいます。 自宅にいる時、ちょっとした外出(ショッピングや食事など)の時は良いかもしれません。 ティートゥリーバーム ティートゥリーオイルは殺菌、消炎効果に優れ、また血行促進効果もあります。 またティートゥリーのツーンとした香りは、鼻の異物感、乾燥感を和らげ、鼻をスッキリとさせる効果もあります。 鼻づまり感がする時はワセリンではなくティートゥリーバームを塗るとスッキリします。 ドライノーズ対策で大切なこと 鼻を乾燥させない マスクがあればマスクを着用することで、自身の息が鼻や喉を保湿する効果があります。 現在のようにマスクが手に入りにくい場合は、湿らせたハンカチを持ち歩き、鼻の乾燥を感じる時に鼻にあてて息を吸い込みましょう。 (手洗い後に使用するハンカチとは別に持ち歩いて下さい) 水分を摂る(身体を乾燥させない) 人の身体の60%は水分で出来ています。 寒い冬は水分を控えがちになりますが、身体そのものを乾燥させない(鼻だけではなく、身体全体に水分をいきわたらせることが大切です)ためにも、こまめに水分を補給しましょう。 水分は温かいものを 水分を摂る時は出来れば温かいものを摂りましょう。 口に含むとき、蒸気を鼻から吸い込むことで保湿効果がありますよ。 ドライノーズになると、この粘膜のカタマリの異物感が通常よりも強く感じます。 そのため、鼻水はでないのに鼻をかみたくなります。 私は、この異物感を感じると、全力で鼻をかんで異物を鼻から追い出そうとしていました。 結果、鼻の粘膜を傷つけ出血させ、異物感に加え、ヒリヒリ感を感じるようにもなりました。 鼻の異物感は辛いのですが、この異物も鼻にひっついて身体を守ってくれていますので、自然に剥がれ落ちるまで耐えましょう。 異物がどうしても気になる場合は、入浴後など鼻が十分に保湿され、異物も柔らかくなっている状態の時に、優しく鼻をかみましょう。 余談ですが、ドライノーズになると、この鼻のカタマリの異物感は増しますし、鼻への吸着も強まります(ちょっと鼻をかんだだけではとれない頑固さ!)。 ドライノーズは日常生活のちょっとした対策で症状を緩和することが出来ますので、 まずは出来そうなことから試してみてください。 ドライノーズが辛い方、鼻の中が荒れて痛みがあるようであれば、まずは耳鼻科を受診して下さい。

次の

鼻の乾燥性鼻炎ドライノーズは感染症の元?ワセリンていいの?対策はコレだ!!

ドライ ノーズ ワセリン

みなさま、ありがとうございます!! さっそく、ワセリンを使ってみたところ、 たいへん快調です!! 考えてみたら唇も粘膜でリップクリームを塗りますので 鼻の粘膜にも保湿というか保護というかワセリンを塗る、 というのは理にかなってますね! みなさまにとても親身にお答えいただき感激しております。 また、乾燥が激しくなるこれからの季節を、 頑張って乗り切ろうという気持ちになれました。 大変な病気がかくれているかもしれない、 というレスも真摯に受け止めました。 幸い、年2回血液検査をしており、 現時点で特に問題はないと言われております。 お顔もわからぬみなさまに励まされ、 お知恵もいただけて本当にありがたく思っております。 まとめてのお礼になりますが、心から感謝申し上げます。 ありがとうございました!! ユーザーID: 7391030504• 良くなりました ドライノーズというのは初めて聞きましたが、 先日風邪をひいたときに鼻が痛くていたくて。 どうも鼻の中が乾燥していたようです。 鼻水は涙と鼻からの分泌物の混ぜ物で、 大半が水分ですが、ほかにタンパク質や油分などが 含まれているそうです。 以前某病院で仕事をしていたときに、 粘膜の保護に日本薬局方のオリブ油を使ってました。 涙も鼻水も体感として油っぽくないのですが、 案外油分もいい仕事をしてくれているみたいです。 ワセリンはのびがいまひとつなので 鼻と目の保護には馬油を使っています。 風邪の咳が治まりやすいので冬場は欠かせません。 今年の乾燥も何とか乗り切りたいものですね。 ユーザーID: 1703747030.

次の