子供 無 呼吸 症候群。 小児の睡眠時無呼吸症候群

いびきと睡眠時無呼吸症候群−こども、おとうさん、大丈夫ですか?

子供 無 呼吸 症候群

子供のいびきは要注意 幼児の睡眠時無呼吸症候群の原因と治療 通常、子供が大きないびきをかくことはあまりありません。 しかし、睡眠時無呼吸症候群などの病気によっていびきをかいてしまう子供も一定数いることが分かっています。 今回は、 子供のいびき・睡眠時無呼吸症候群の原因と治療についてまとめます。 子供・幼児のいびきには要注意 いびきというと「大人がかくもの」というイメージがありますが、子供でも肥満やアレルギー性鼻炎、睡眠時無呼吸症候群などが原因でいびきをかくことがあります。 子供の場合、いびきや睡眠時の無呼吸等によって睡眠の質が落ちると、成長ホルモンの分泌が阻害され、 発育にも悪影響を与える場合があります。 その影響は、身体の発育の他、認知機能の発達の問題や集中力の欠如など様々です。 そのため、子供や幼児のいびきは、大人以上に警戒しなければならないものといえます。 睡眠時無呼吸症候群の症状 大きないびきの原因となる睡眠時無呼吸症候群ですが、その典型的な症状には以下のようなものがあります。 寝起きが悪い• 日中元気がない• 集中力・注意力が散漫• 高頻度または長時間の昼寝• 胸郭変形(呼吸に伴い、胸部が陥没する現象)• いびき• 睡眠時の無呼吸状態 このような症状がみられる場合は幼児でも「睡眠時無呼吸症候群」のサインと捉え、できるだけ早い段階で医師に相談するようにしましょう。 睡眠時無呼吸症候群・いびきの原因 そもそもいびきとは、 呼吸時に気道が狭くなることによって、口蓋垂(のどちんこ)やその周辺の粘膜が振動し、音を出す現象です。 気道の狭窄・無呼吸の原因としては、下記のようなものがあげられます。 名前の通り扁桃腺が大きく腫れている状態で、気道を狭めていびきをかく原因となります。 鼻の疾患 アレルギー性鼻炎や花粉症、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、鼻茸(鼻ポリープ)などによる鼻づまりも、いびきや無呼吸の原因となります。 アデノイド肥大 アデノイドとは、鼻と喉の間にあるリンパ組織です。 扁桃腺肥大同様、アデノイドが肥大すると気道が狭まり、いびき・無呼吸につながります。 喉頭軟化症 こうとうなんかしょう 乳幼児の呼吸障害の多くを占めます。 未成熟で柔らかい咽頭が吸気時に引き込まれる症状で、気道を狭めます。 肥満 肥満がみられる場合、喉周りの脂肪が睡眠時に喉を圧迫し、気道が狭くなることがあります。 いびきや睡眠時無呼吸症候群の症状が現れる原因は様々ですので、その原因に応じた治療を行います。 特に、免疫力が未熟な子供の場合、扁桃肥大やアデノイド肥大を起こしやすいので注意が必要です。 幼児の睡眠時無呼吸症候群の治療法 大人の場合、睡眠時無呼吸症候群の治療としては等の「保存的治療法」が主流です。 しかし、子供に多い扁桃腺肥大やアデノイド肥大によるいびきは、 「手術治療」が第一選択肢とされ、顕著な改善がみられることが多いようです。 手術は全身麻酔で行われ、1週間ほどの入院期間が必要です。 アデノイドや扁桃は3〜6歳の頃に異常発達することが多いので、この頃に発症するケースが多いといわれています。 手術を行うことが難しい子供の場合には、薬物療法やCPAP等の治療法がとられることもあります。 まとめ 今回は、子供のいびきの原因と、その原因となる睡眠時無呼吸症候群の治療についてご紹介しました。 いびきをかく子供の数は意外と多く、睡眠障害による成育への悪影響もあるため、特に注意が必要です。 睡眠時の病的ないびきや、無呼吸の症状が見られる場合には、早期に医師に相談するようにしましょう。

次の

家庭用「無呼吸アラーム」で乳幼児突然死症候群を予防できる?専門医に聞きました| たまひよ

子供 無 呼吸 症候群

小児睡眠時無呼吸症候群 いびき相談外来は予約制です。 担当はになります。 をご確認の上ご予約お願いします。 検査は4歳からとなります。 大切なお子さんが大きな『いびき』をかいていたら要注意 お母さん、お父さんへ。 お子さんが大きないびきをかいていたら、良く寝ていると思いがちですが、それは病気のサインかもしれません。 大きないびきを特徴とする睡眠時無呼吸症候群(SAS(サス):Sleep apnea syndrome)は、寝ている間に呼吸が何回も止まってしまう病気です。 睡眠時無呼吸症候群は、最近では成人の病気としてよく知られていますが、子どもは見過ごされることが多いようです。 良い睡眠は健康維持には欠かせませんが、特に子どもは成長や発達に大きな影響をもたらすため、見逃さないことが大切です。 小児の睡眠時無呼吸症候群の定義とは? 睡眠時無呼吸症候群は、成人と小児では以下のように基準が異なります。 成人の場合は、「10秒以上の呼吸停止が、1晩(7時間の睡眠中)に30回以上、または1時間に5回以上ある」とされています。 小児の場合は、「無呼吸時間が10秒に至らなくても、2回分の呼吸停止があれば無呼吸と診断できる」とされています。 小児の睡眠時無呼吸症候群の原因 小児の睡眠時無呼吸症候群の原因は喉にある扁桃組織の肥大 成人の場合は、「10秒以上の呼吸停止が、1晩(7時間の睡眠中)に30回以上、または1時間に5回以上ある」とされています。 小児の場合は、「無呼吸時間が10秒に至らなくても、2回分の呼吸停止があれば無呼吸と診断できる」とされています。 アレルギー性鼻炎・肥満も影響 近年、花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎が増加し、長びく鼻炎や鼻づまりにより、副鼻腔炎(蓄膿症)が原因にもなっています。 また、子どもの生活習慣病も増加し、肥満により気道が狭くなりやすいことも指摘されています。 花粉症などや肥満は、どちらも小児に増えているため、今後、小児の無呼吸症候群の患者も増えるのではなないかと考えられています。 小児睡眠時無呼吸症候群は成長期と重なる 小児のSASの発症は個人差はありますが、2~6歳に多く見られます。 成人の場合は、30代~60代の男性に多く、女性は比較的少ないのですが、更年期以降にかかりやすくなります。 2~6歳の時期は、ちょうど扁桃組織の肥大と、心身の発達の時期が重なります。 ただし、最近では前述したアレルギー性鼻炎や肥満なども原因となるため、子どもでも幅広い年齢に起こります。 現状、小児のSASは、新生児から小学生までの子どもの1%~3%に見られていますが、潜在患者も多いといわれているため、注意が必要です。 子どもの睡眠時無呼吸症候群の症状は? 本来、熟睡している時は、スヤスヤと寝ているものです。 睡眠時や日常で下記の症状が見られたら、睡眠時無呼吸症候群が疑われますので、ご相談ください。 睡眠時の症状• 大きないびきを繰り返す• 呼吸が数秒間止まる• 眠りが浅く、何度も起きる• 座ったまま寝るなど変な寝姿勢• 陥没呼吸(呼吸時にみぞおちがペコペコへこむ)• 咳き込む• 寝汗、夜尿 起床時の症状• 寝起きが悪い• 不機嫌• 口が渇いている• 頭痛 日常生活での症状• 鼻がいつも詰まっている• 口呼吸• アデノイド顔貌(口を開けて舌を突き出した顔つき)• 長時間の昼寝、幼稚園や学校での居眠り• 食欲の低下• イライラして怒りっぽい• 集中力の低下 このような様々な症状がありますが、睡眠時無呼吸との関係に気づかないことも多いため、これらの症状を知っておき、見落とさないようにしましょう。 睡眠時無呼吸症候群の診断 診断は専用の検査機器で睡眠中の呼吸やいびき、心拍などをモニターします。 また睡眠中の状況をご家族に携帯などで動画記録していただき、子どものいびき、顔、胸部を記録してもらいます。 呼吸障害がひどい時に、胸をはだけた状態で5分程度記録してもらうと、苦しい呼吸の時に胸がへこむ「陥没呼吸」などを確認するのも役立ちます。 睡眠時無呼吸症候群の治療法 SASの治療法には「保存的治療」と「外科的治療」があります。 治療は全て健康保険が適応になります。 保存的治療 軽症で鼻閉などが原因の場合は、点鼻薬や抗アレルギー薬などの内服薬による薬物治療で症状を軽減し、経過観察で十分な場合もあったり、横向き枕を使用した寝方の指導だけで十分な場合もあります。 肥満の場合は減量に取り組みます。 重症の際は、鼻に装着したマスクから空気を送りこむことによって呼吸を楽にする「CPAP:シーパップ(経鼻的持続陽圧呼吸療法)」を行います。 一部のメーカーのCPAPは小児に対応したマスクもあり、安全に使用することが可能です。 ただしこれらは、長期間の治療が必要な場合があるため、重症度により医師と相談の上、手術も含めた治療法を選択します。 外科的治療(手術) 保存療法では効果が無く、いびきや他の症状を繰り返す場合、「アデノイド切除術」「口蓋扁桃摘出術」を検討します。 手術は全身麻酔で行われ、術後約1週間の入院を要することになります。 乳幼児でも可能な手術で、ほとんどが大きく改善するため、アデノイドが小さくなるのを待たずに、手術を行う場合があります。 鼻閉が強い場合は耳鼻科で鼻のレーザー治療を行うことも検討が必要です。 いずれにしても、小児睡眠時無呼吸症候群は、放置すれば成長・発達に障害が出る可能性が高いため、早期の診断、治療が大切です。 最後に 睡眠時無呼吸症候群:SASは、年齢関わらず、非常に注意すべき疾患の1つとされていますが、生活習慣なども含め、今後小児SASは増えていくともいわれています。 子どもの発達や行動に問題があるなど、気になることがあるときは、睡眠の様子を注意して見てあげて、症状が見られたら早めに対策することが大切です。 小児睡眠時無呼吸症候群の診察は予約制です。 診察をご希望の際は必ずご予約の上、ご来院ください。 予約外の場合は診察をお受けできないこともありますのでご了承ください。 保険診療一覧•

次の

小児の睡眠時無呼吸症候群

子供 無 呼吸 症候群

よく気管支炎を起こす• よく中耳炎になる 上記が代表的な症状です。 どうですか? お子様に当てはまりましたかね? 私は子供のころいるも寝起きが悪かったそうです、、、 今でもそうなのでただ単に朝が苦手なんですね。 笑 上記の症状に当てはまるからと言って すぐに「 無呼吸症候群だ!」と思う必要はありませんが、 注意してあげることは必要ですね。 ちなみに風邪で鼻が詰まっている時のいびきは問題ありません。 体調も良いのに、 毎日毎日大きないびきをかくという場合は 少し気を付けて 観察してみましょう。 観察のポイントとしては いびきが止まった時に、 きちんと呼吸ができているかどうかです! つぎに 合併症についても調べてみました! [adsense] 気をつけないとこんな合併症に!? 睡眠時無呼吸がひきおこす合併症についてまとめました!• 高血圧• 多血症• 不整脈• 虚血性心疾患• 心不全• 脳血管障害• 糖尿病• 肺高血圧症 ちなみに、子供ではなく大人になってからの話ですが、 居眠り運転の原因にもなりますので、 子供のうちに治療できると良いのではないでしょうか? さらに調べてみると・・・ 小児の睡眠時無呼吸症候群は、 成長ホルモンの分泌低下により 発達の遅れや成長障害を引き起こすようです。 これは、早急に対策しておいた方が良さそうですね!! では 睡眠時無呼吸症候群の原因はなんなのでしょうか? 無呼吸の原因は?? 無呼吸の原因ですが、 アデノイド肥大や 口蓋扁桃肥大、 アレルギー性鼻炎に伴う鼻閉によることが多いようです。 アデノイド肥大は3〜6歳、口蓋扁桃肥大は5〜7歳で最大となり次第に退縮します。 個人差はありますが、好発年齢は2〜6歳で成長や発達の時期に関係しています。 なんて説明されてもよくわかりませんよね? そこで、 気になることがあれば以下の対策を考えてみて下さい!• 自宅で出来る簡易呼吸モニターなどもあるようなので、相談してみましょう。 睡眠時無呼吸症候群の定義は 1時間中に 換気停止状態が5回以上存在するものとされていますが、 小児の場合は明確な基準がないのが現状です。 減量 これは肥満が原因の場合のみ有効ですが、原因次第では有効です。 その他大人の場合は禁煙や禁酒も効果的なようですよ。 もっと症状がひどい場合には・・・ 経鼻的持続陽圧呼吸療法装置(nasal CPAP)という装置を 付けることで改善されることもあるようです。 検査を行い基準を満たしていれば 健康保険の適用になります。 ただし小児の場合は、 治療の意味や必要性を理解させるのが難しい場合もあります。 子供の場合一番多い治療法はなんと、 手術です! 手術なんて、かわいそう、怖いと思いますが、 ずっと睡眠時無呼吸と共に生きるよりは良いですよね。 子供の場合一番多いのが、 アデノイドや 扁桃の肥大が原因ですので、 その場合は 手術での治療が第一選択となるようです。 その他、鼻腔を広げるテープやマウステープ、鼻のスプレーなどで 様子をみられることもあるようです。 もしもお子さんが無呼吸かもと心配な場合は、 手術の可能性があるということを知っておきましょう。 いきなり、手術と聞くと動揺してしまいますし、 心の準備も必要です。

次の