ジャニーズ 集合 写真。 佐藤アツヒロのジャニ愛が泣ける!ジャニーズ集合写真に中居正広のスペースを空けていた!|Rioの日々、気になるコト。

家族葬 ジャニーズ 集合写真

ジャニーズ 集合 写真

子どもたちが勢揃い 去る7月12日に行われた、ジャニーズ事務所・ジャニー喜多川社長(享年87)の家族葬。 当日はV6・井ノ原快彦、TOKIO・国分太一が司会進行を務める中、約150人のタレントたちが恩人との最後のひとときを過ごしたという。 謎に包まれた家族葬の裏話や舞台裏を、参列した所属タレントが明かしている。 12日、ジャニーズはコーポレートサイトにて家族葬が滞りなく終わったことを報告。 「この度の家族葬は、これまで数多くのステージをプロデュースしてまいりましたジャニーにとって自身が上がる初めてのステージとなりました」などと、設営にまつわる経緯を記した。 また、式の中では少年隊・東山紀之、ジャニーズJr. 内ユニット・HiHi Jets・高橋優斗、KinKi Kids・堂本光一、近藤真彦がジャニー社長への感謝の気持ちを述べたといい、「ジャニーの最後は優しく、心が温かくなるステージとなりました」と、現場の様子をファンに伝えている。 13日付のスポーツ各紙には祭壇の前で撮られた集合写真が掲載されており、デビュー組から一部Jr. メンバーまで、ほとんどの参列者が笑顔で写真に収まっていた。 佐藤は祭壇に最も近い上段で、少年隊、TOKIO、V6ら年長タレントとともに横並びになっていますが、佐藤の隣には同じく元光GENJI・内海光司が立ち、逆隣に元SMAP・木村拓哉の姿がありました。 佐藤は、どちらかと言えば内海の方に寄っている感じで、木村との間に少しスペースが空いていたんです。 ファンの質問に答えるコーナー『OMAKE』(14日更新)の中で、佐藤は『あの隙間は、あいつが仕事で参加出来なかったから』と、説明。 木村の隣ということもあるのか、佐藤はふと、「ここ」だと思い、撮影時に中居の分の立ち位置を空けたようだ。 これを知ったファンは「アツヒロくん、ありがとう。 泣ける」「妄想で満足だったのに、本当だったなんて……あっくんありがとう」と、佐藤の優しさに胸を打たれていた。 また、12日以降は生放送のテレビ・ラジオ番組に登場したタレントたちが、家族葬に言及。 さらに、14日の『サンデーLIVE!! 』(テレビ朝日系)では、東山が「ステージに立ってるジャニーさんと、(参列したタレントは)それを見守っているファンの人たちみたいな感じで。 うちわも作ってきて。 井ノ原と太一が。 それを(KinKi Kidsの)堂本剛が持って振ってね。 コンサートみたいに楽しくワイワイやりました」と、コメント。 そして、13日夜の生放送ラジオ『らじらー! サタデー』 NHKラジオ第1 でも、パーソナリティのHey! Say! JUMP・八乙女光が感極まった様子で家族葬の話題に触れた。 八乙女は「お見送りしてる際に、初めてジャニーさんと出会った頃のこととか、なんかいろいろブワーッて思い出してて」と切り出し、 「全部、楽しいとかクスっとしちゃう思い出ばっかりなのがジャニーさんのスゴいところだなと思って。 そう思うと、常に面白い方だったし、常にお仕事のヒントをポロッと言ってくれる方だったし。 先輩たちの話とかも、思い出話とかも聞いてると、スゴいそういうのが多くて。 常に面白い方だったとか」 と、ジャニー社長の人柄や、過去の出来事に思いを馳せた。 「式もね、みんなで笑顔でっていうことで。 ジャニーさんのステージのように作られてるんだよね。 僕らが初めての観客で、ジャニーさんの初めてのステージで。 (中略)笑い声が出てくる式って初めてだなと思って。 それを作り出した、空気感を作り出したのはもちろんジャニーさんだから。 それがなんかスゴいなと思って。 やっぱ距離がスゴいんですよね。 タレントと社長の距離がスゴくて。 だってジャニーさんにお別れする時、ジャニーさん、帽子かぶってんだもん! カッケーなと思って。 最後の最後までカッコいいな、みたいな。 ジャニーさんが一番カッコいいじゃんって、昨日は思いましたね」 ジャニー社長の遺影は、ギネスブック2012年版用に撮影した、キャップにサングラス姿のもの。 八乙女が発言した「お別れする時」が遺影を指しているのか、それとも棺の中の状態を意味していたのかどうかは定かではないが、当日は集まった多くのタレントよりも、ジャニー社長が一番カッコよく見えたとか。 家族葬に向かう前は「泣き疲れるのでは」と思っていたそうだが、終わってみれば「笑う時間の方が長くて」とのこと。 「楽しかったっていう言い方は変かもしれないけど、でもそうなんですよ。 ジャニーさんのステージが素晴らしかったから」と、率直な気持ちを語っていたのだった。 事務所の発表によれば、今回は家族葬となったものの、別日にお別れの場を設ける予定だという。 ファンが見送る機会も作られることを期待したい。

次の

家族葬 ジャニーズ 集合写真

ジャニーズ 集合 写真

本当にみんな笑顔で、優しい雰囲気に包まれていますよね。 後列には大御所のジャニーズ先輩がた、そして前列にはジャニーズJr.のメンバーが揃っています。 の練習場でもあるジャニーズアイランドの稽古場で行われたようです。 という事も話題になっていましたが、どうやらデマだったようで良かったです。 代表取締役社長ジャニー喜多川 家族葬に関するご報告 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 本日、2019年7月12日、弊社代表取締役社長ジャニー喜多川の家族葬を、ジャニーが大好きだったジャニーズアイランドの稽古場におきまして、滞りなく執り行いましたことをご報告申し上げます。 これも偏に、ジャニーの訃報に際しましても、これまでと変わることなく、皆様が温かく見守ってくださったことによるものと、心より御礼申し上げます。 ジャニーは、自身の子供のような存在でございますタレント達と最後のお別れをいたしました。 この度の家族葬は、これまで数多くのステージをプロデュースしてまいりましたジャニーにとって、自身が上がる初めてのステージとなりました。 だれよりもエンターテイナーである者にとってふさわしいステージとなるよう、忙しい子供達が時間を縫って、会場の設営から運営に至るまで、できる限り自分達の手で作ることにこだわりました。 司会を務めました国分太一と井ノ原快彦は、式次第は守りながら、ジャニーを明るく笑顔で送り出すよう、努めました。 また、ジャニーへの感謝の気持ちを、東山紀之(少年隊)、髙橋優斗(HiHi Jets)、堂本光一(KinKi Kids)とつなぎ、最後に近藤真彦がその思いを綴りました。 これまでジャニーはタレント達の活躍をいつもステージの下から見守ってまいりましたが、最後に、その姿をステージの下から約150名のタレント達が見届けました。 ジャニーの最後は優しく、心が温かくなるステージとなりました。 家族葬が進むにしたがって、タレント一人一人の目に力強さが増していったように感じました。 ジャニーは、最後の最後まで人を育て続けたプロデューサーでございました。 そして、これからもジャニーの意思を受け継ぎながら、成長し続けることができるよう、皆で精進してまいります。 改めまして、家族葬を滞りなく、執り行うことができましたことに、心より感謝申し上げます。 これまでお世話になりました皆様にお別れいただく機会につきましては、決定次第、ご案内申し上げます。 また、たびたびのお願いとなり、誠に恐れ入りますが、個別のお問い合せ、取材につきましては差し控えてくださいますよう、何卒ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。 2019年7月12日 株式会社ジャニーズ事務所 引用元:ジャニーズ事務所HP 忙しい中、子供たち自ら会場のセッティングをしていたんですね。 ジャニーさんが子供たちからどれほど愛されていたか、慕われていたのかよく分かりました。 本当に尊敬できる偉大な方だったと思いました。 話題になった森田剛はどこに?? なぜかV6の森田剛さんが話題になっていましたが…。

次の

ジャニーズファンの方に質問です。

ジャニーズ 集合 写真

本当にみんな笑顔で、優しい雰囲気に包まれていますよね。 後列には大御所のジャニーズ先輩がた、そして前列にはジャニーズJr.のメンバーが揃っています。 の練習場でもあるジャニーズアイランドの稽古場で行われたようです。 という事も話題になっていましたが、どうやらデマだったようで良かったです。 代表取締役社長ジャニー喜多川 家族葬に関するご報告 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 本日、2019年7月12日、弊社代表取締役社長ジャニー喜多川の家族葬を、ジャニーが大好きだったジャニーズアイランドの稽古場におきまして、滞りなく執り行いましたことをご報告申し上げます。 これも偏に、ジャニーの訃報に際しましても、これまでと変わることなく、皆様が温かく見守ってくださったことによるものと、心より御礼申し上げます。 ジャニーは、自身の子供のような存在でございますタレント達と最後のお別れをいたしました。 この度の家族葬は、これまで数多くのステージをプロデュースしてまいりましたジャニーにとって、自身が上がる初めてのステージとなりました。 だれよりもエンターテイナーである者にとってふさわしいステージとなるよう、忙しい子供達が時間を縫って、会場の設営から運営に至るまで、できる限り自分達の手で作ることにこだわりました。 司会を務めました国分太一と井ノ原快彦は、式次第は守りながら、ジャニーを明るく笑顔で送り出すよう、努めました。 また、ジャニーへの感謝の気持ちを、東山紀之(少年隊)、髙橋優斗(HiHi Jets)、堂本光一(KinKi Kids)とつなぎ、最後に近藤真彦がその思いを綴りました。 これまでジャニーはタレント達の活躍をいつもステージの下から見守ってまいりましたが、最後に、その姿をステージの下から約150名のタレント達が見届けました。 ジャニーの最後は優しく、心が温かくなるステージとなりました。 家族葬が進むにしたがって、タレント一人一人の目に力強さが増していったように感じました。 ジャニーは、最後の最後まで人を育て続けたプロデューサーでございました。 そして、これからもジャニーの意思を受け継ぎながら、成長し続けることができるよう、皆で精進してまいります。 改めまして、家族葬を滞りなく、執り行うことができましたことに、心より感謝申し上げます。 これまでお世話になりました皆様にお別れいただく機会につきましては、決定次第、ご案内申し上げます。 また、たびたびのお願いとなり、誠に恐れ入りますが、個別のお問い合せ、取材につきましては差し控えてくださいますよう、何卒ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。 2019年7月12日 株式会社ジャニーズ事務所 引用元:ジャニーズ事務所HP 忙しい中、子供たち自ら会場のセッティングをしていたんですね。 ジャニーさんが子供たちからどれほど愛されていたか、慕われていたのかよく分かりました。 本当に尊敬できる偉大な方だったと思いました。 話題になった森田剛はどこに?? なぜかV6の森田剛さんが話題になっていましたが…。

次の