川村 虹 花 ジム。 仮面女子・川村虹花 「誰も挑戦したことのない“武闘派アイドル”へ。限界まで突き進みたい!」|eltha(エルザ)

川村虹花のカップや格闘技で鍛えた筋肉が凄い!プロレスの戦績や彼氏は?高校やRIZINの結果についても調査!

川村 虹 花 ジム

11月28日(火)リバーサルジム新宿 Me, Weにて、12・3新宿DEEP JEWELS18でのMMAデビュー戦を控えた、最強地下アイドル仮面女子メンバー・川村虹花(かわむらななか)の公開スパーが行われた。 インディーズながらオリコンシングルウィークリーランキング1位を獲得、さいたまスーパーアリーナでもライブを行い、まさに地下アイドル最強なのが、仮面女子。 もっとも、地下アイドルの語源は、地下室のライブハウスで少人数を相手にアイドル活動をするからで、パセラリゾート地上7階の400人収容の常設会場を構える仮面女子は、まさにバリバリのメジャーリーガー。 集まった報道陣の数も、試合会場と見まごうほどで、注目の高さを物語る。 コーチを務める山崎剛を相手に、パンチ、キック、最期は寝技とMMAの動きを一通り披露。 ほんの数ヶ月前までは未経験の素人だったとは思えない動きで、集まった報道陣を唸らせた。 特に、ジム生などからも認められ、自信を持っていると語る蹴りのスピードはかなりのもので、記者の間でも高評価だった。 スパー後は囲み取材となり 「練習通りに技を出せるように、試合が決まってからダメなところを潰してきて、良くなってきた」 と川村虹花が語ると、 コーチの山崎剛も 「やれる範囲では良い仕上がり。 怪我も無く、体重も順調、初めてのことが一杯有る中、ジムの女性選手からのアドバイスもあり、調整している。 最初はなんとなく練習していた面もあったが、試合と相手が決まってから、12月3日に向けて良い仕上がりにもってこれた」 と、手応えを感じている様子。 しかし、9・21ガンバレプロレスでプロレスラーデビューした川村虹花だが、格闘技の経験はなし。 MMAを1度生で観戦し、 「闘う女の人ってかっこいいと思った」 と、参戦の動機を語った。 殴った経験も殴られた経験もなかったとのことで、試合が決まってから練習でスパーリングをやって、シミュレーションで当ててもらっているのみ。 動画でMMAの試合を観るようになって、腫れたり血を流しているのをみるとさすがに不安とのことだが、 「そうなったら仮面を被ります」 と、オチを付けて笑いを誘う辺りは、最強地下アイドルの二つ名を持つにふさわしい剛胆。 入場時も仮面を予定し、 「ホントにやるの?」 と、心配しているメンバーと共に登場したいとのこと。 そして、ライブを休むことで 「ファンも待たせているので、試合で勝って、ファンにも恩返しをしたい」 とも語った。 今後の予定として、格闘技を続けたいとのことで、コーチの山崎剛も 「一般のジム生なら、勝っても負けてもいい経験をして、次に繋げて…となるが、注目度が高いので、良い結果を出して、次に繋げてもらいたい。 練習よりも試合で出せるタイプだと思う。 勝とうと思って練習してるんで、勝たせます」 と、力説した。 また、MMAの練習を始めてからの変化として、身体が締まった、腹筋割れたという川村虹花は、 「メンバーにも格闘技やらせたい。 水を飲んでいっぱい出すので、むくみが無くなった。 体重も最初は落とせなかったが、女性選手のアドバイスで落ちた。 甘い物が食べられないのが辛い。 試合が終わったら三角チョコパイを食べたい」 と、年頃の女の子の顔を覗かせる一方、 「仮面女子は地下最強アイドル、アイドルの中でも一番強い存在になりたい。 SSAにアイドルで立ったので、格闘技でも立ちたい」 「生半可な気持ちで始めた訳じゃ無い。 アイドルでもできるんだぞっていうのを魅せたい」 と、決意を並々ならぬ覗かせて取材は終了した。 対戦相手のREICAは15歳からボクシングを始め、介護士をしながらリングに上がる生粋のファイターで、 「(川村虹花は)格闘技を舐めてる」 にも一理ある。 だが、21歳の女性が 「闘ってる女性はかっこいい」 という動機でリングに上がることは裾野を広げる事にもなるのは間違いない。 さらには、「児童の性的搾取」と揶揄されるAKSグループ的可愛さ至上主義のアイドルへのカウンターとしての仮面女子が、実際に闘う存在へと変貌する事は、自己主張を疎まれ、いうことを一方的に聞かされるか弱さを強いられてきた若い女子の解放という社会的意義を持つともいえる。 かつて全日本女子プロレス全盛期には 「女なんて棄ててる」 といい放った女子プロレスラーがいたが、闘う事と女性が両立する時代がようやくやってきつつあるのではないか。 DEEP JEWELS18がそういった意味でも要注目の一戦であることは間違いがない。 メイウェザー、スパーでKOされた?.

次の

仮面女子・川村虹花 「誰も挑戦したことのない“武闘派アイドル”へ。限界まで突き進みたい!」|eltha(エルザ)

川村 虹 花 ジム

スポンサーリンク 川村虹花のRIZIN顔ボコボコ動画ヤバイ!対戦結果はKO負けでも筋肉画像がすごい! 川村虹花がRIZINで顔ボコボコ? 川村虹花さんは2018年12月31日に「RIZIN:平成最後のやれんのか! 」でRIZIN初出場しますが、あいさんにボコボコにされてTKO負けをします。 以下が川村虹花さんのボコボコ動画・画像となっています。 (画像引用元:) (画像引用元:) (画像引用元:) (画像引用元:) 画像と動画を見れば分かりますが、マウントポジションを取られてからのパウンドでボッコボコにされております… そして、TKO負けとなり、ボコボコにされたのと全部出し切れなかったせいか泣いてしまったのでした。 格闘技なので顔をボコボコにされるのも致し方ないですが、現役アイドルがボッコボコされるのは何とも言えませんね… 川村虹花の筋肉画像がヤバイ! ボコボコにされた川村虹花さんですが、格闘技を本気で取り込んでおり、鍛え上げられた筋肉がすごいと言われています。 以下が川村虹花さんの筋肉画像となっております。 (画像引用元:) (画像引用元:) (画像引用元:) (画像引用元:) 確かに見事に鍛えあげられた腹筋、広背筋、上腕二頭筋ですね。 そして、川村虹花さんは動画にて鍛えた筋肉を活かしたり。 トレーニング方法を紹介しています。 2017年からは総合格闘技ジムに通い肉体改造に目覚め、母が幼少時にプロレスラーを目指していたことを知りプロレスデビューを目指します。 2017年12月には女子総合格闘技「DEEP JEWELS 18」で総合格闘家としてデビューし、判定勝利をあげています。 2018年12月1日には「RIZIN」に出場したが、3分1秒TKO負けをします。 川村虹花のRIZIN顔ボコボコ動画がヤバイ!対戦結果はKO負けでも筋肉は裏切らない! 川村虹花さんのRIZINデビュー戦はボコボコに殴られてしまい負けました。 しかし、鍛え上げられた筋肉は裏切らず、鍛えて行けばどんどん強くなることでしょう。 そして、RIZINでもいつか勝ってくれることを期待しています! せばな~.

次の

川村虹花のジム&事務所はどこ?ツイッター凍結した理由は?【仮面女子】

川村 虹 花 ジム

格闘技を始めたきっかけは、母が幼少時にプロレスラーを目指していたことを知り、プロレスデビューを思い立ったそうです。 そして、2017年12月に女子総合格闘技団体・DEEP JEWELSでアマチュアとしてMMAデビューし、その結果や、試合後のマイクパフォーマンスが実り、2018年末のRIZINに参戦することになりました。 川村虹花さんは、仮面女子のメンバーとして活動しながら、総合格闘技ジム「リバーサルジム新宿 Me,We」に所属し、練習や試合を重ね、試合に臨みました。 試合開始後は、得意技のパンチで優勢に立ちながらも、山本キッドの愛弟子である相手選手にマウントを取られ、このような状況に。。 この動画だけを見ると、ボコボコにされていて、やはりアイドルだからかと思う方もいるかもしれませんが、川村虹花さんの試合を見れば、本気で格闘技と向き合っているということが分かります。 川村虹花の戦い振りに榊原委員長の評価は?唯一無二の二刀流ファイター? この試合は、RIZIN参戦のきっかけとなった一戦です。 川村虹花さんは、この試合で判定勝ちを収め、マイクパフォーマンスでこのように発言されました。 まだまだなところはたくさんありますが、強くなりたい気持ちは誰にも負けません。 だからお願いがあります。 開場時間でもオープニングアクトでも休憩時間でもいいので、年末のRIZINに私を出させてください。 この思いがRIZIN榊原委員長に伝わり、RIZINへの参戦が内定しました。 榊原委員長は川村虹花さんをこのように評価されていました。 「格闘技もエンターテインメント。 見ている人に感動とか興奮を与えられるかどうか。 それはアーティストの人たちも一緒だと思う。 歌が下手でも届くものはある。 格闘技も強いだけではダメ。 RIZINは勝つに越したことはないが、勝ち負けを超えたところで観客に思いとか感動を伝えられる選手かどうか。 そこを大切にしている。 川村選手とは1年半くらい前に初めて会った。 みんなが血も涙も汗も流しながらやっている。 そこに本当に行けるのかと思って見ていたが、DEEP JEWELSで思いを持って頑張ってきたのは評価している。 ただ強さという部分ではまだ出られる選手じゃないと思う」 強さで言えばまだまだですが、頑張りを評価されたということでした。 また、アイドルとして活動しながらも、決して中途半端に格闘技をやってきたわけではなく、二足の草鞋を履いてチャレンジする姿は、人を勇気づけたり元気づけたりするものとして、人の心に届くのではないかと感じたそうです。 川村虹花さんでしか伝えられないものがあると、評価をされているようです。 川村虹花の格闘家とアイドルの二刀流にネットの声は? RIZINでの戦いの前は、アイドルが格闘技?というネガティブな意見が多かったなか、試合後には川村虹花さんに対して、このような声が多数聞こえてきます。 川村虹花はプロ4戦して、いい試合見せて、ファンの支持をしっかり得てから、RIZINにオファーされて、それで出場するわけよ。 「アイドル」って肩書きだけで出るわけちゃうやん。 筋通ってるよね。 だから「アイドルなんか出すな」ってのは、それは筋通ってないよね。 — とっとこメチャクソ糞漏らし太郎 hasimotontonton 仮面女子の川村虹花、RIZINのリングで果敢に打撃で勝負した結果、逆にマウント奪われて顔面ボコボコ。 負けちゃったけど、オラは逆に好きになったよ。 アイドルなのに「命」である顔面を晒して戦うなんて、格好いいじゃん。 敗戦後の涙も美しかったと、オラは思った。 今日から応援します。 アイドルで顔面殴られながら格闘技するってとても素敵だと思う — 夢童 アンドロイドガール mudou03 川村虹花ちゃん 勝ち負けなんかきにしないよ。 逃げずに立ち向かう姿がほんとカッコいい また感動 ってRIZINをまた見て思った 立ち向かう姿がこの先アイドル活動にも出てくるんだろうなぁ。。 いやもう出てるかとっくに笑 — ぬのめんスノーボーダー nunomenakita.

次の