気兼ね 意味。 気兼ねなくの意味を正しく理解してビジネスシーンで使うコツ

「気兼ねする」に関連した英語例文の一覧と使い方

気兼ね 意味

Please feel free to reach me. (気兼ねなく私に連絡してください。 Please don't hesitate to ask me, if there is anything that you aren't satisfied with. (ご不満な点がございましたらお気兼ねなくご連絡ください。 Please feel free to contact us if you have any requests. (ご要望などがございましたらお気兼ねなくお申し付けください。 Please let me know if you need anything. (気兼ねなく言ってください)• Just tell me what you want. (遠慮なく言ってください)• You can be honest with me. (遠慮なく言ってください).

次の

気兼ねなくの意味を正しく理解してビジネスシーンで使うコツ

気兼ね 意味

1-2.「憚る」の語源に定説はない 「憚る」の語源に定説はありません。 ただ、「阻む(はばむ)」と同じ語源だと言われています。 「阻」は、「積み重なる丘」を意味する漢字です。 相手の大きさや力を恐れて、もしくは障害と意識して、相手との間に距離を置くことが「阻」の元々の意味だとされています。 ただ、「はばむ」がどのようにして「はばかる」になったのかの真相は定かではありません。 「幅+かる(動詞化する言葉)」や「はびこるが転じたもの」という説もありますが、これらも同様に定説ではありません。 1-3.「憚ることなく」とは:隠されずに表に出た状態 「憚ることなく」とは、隠されずに表に出た状態のことを指します。 少しなので、詳しくお伝えします。 「憚ることなく」の「憚る」は、「遠慮する・気兼ねする・ためらう・差し控える」という意味です。 その「憚る」に「(それを)することがない」という言葉を足したものが「憚ることなく」です。 なので、「遠慮することがない・気兼ねしない・ためらわない・差し控えない」という意味になります。 例えば、「憚ることなく発言した」は、「遠慮なく発言した」という意味で、「発言」が包み隠されていない状態です。 、「憚ることなく」を使った例文を紹介します。 <例文> You might not believe it, but Ill weeds grow apace true. (あなたは信じないかもしれないけど、 憎まれっ子世に憚るは本当だ) まとめ 「憚る」には、「遠慮する・気兼ねする・ためらう」や、「幅を利かす」「いっぱいに広がる」という意味があります。 周りの目を気にする場合に使う場合は、「人目を憚る」のように「~を憚る」という言葉を使います。 一方、幅を利かす相手に対して使う場合は、「憎まれっ子世に憚る」のように「~に憚る」という言葉を使います。 もし「憚る」を使う場合は、複数の意味が含まれているので間違えないように注意していきましょう。

次の

「気兼ねなく」の意味と使い方・上司への使い方・敬語

気兼ね 意味

気兼ねなくという言葉の意味は、少し違った解釈をしている人もいるようです。 ビジネスシーンでは、何かを伝える際の言葉遣いや文面は、社会人のマナーとして大切です。 そこで今回は「気兼ねなく」の意味や使い方について、詳しくご解説していきましょう。 気兼ねなくの意味と例文について プライベートでもよく使うことがある「気兼ねなく」という言葉。 意識しないで、さまざまなシーンで聞かれたり使われたりしています。 誤った使い方をしないために、正しい意味について見ていきましょう。 「気兼ね」とはどんな意味がある? 日本人はあらゆる場面で他人に気を遣い接することがあり、とくにビジネスシーンは失敗が許されないため、相手との関係によっては言葉遣いには慎重になりますよね。 欧米文化と比較すると、日本文化は相手に必要以上に謝ったり、気を遣ったりする場面が多いといわれています。 「すみません」と何気なく言ってしまうシーンがよくあるように、日本は他人に対して気を配ることが文化といえるでしょう。 そのような背景で生まれた「気兼ね」という言葉は、相手に気を遣い遠慮すること。 本当は自分はこうしたいけれど相手のためにやらない、そんな心遣いが「気兼ね」の根底にある意味なのです。 気兼ねなくの意味について 気兼ねなくの意味は、他人に気を遣う際の表現で「気軽に」「遠慮なく」という言葉と同じ意味があります。 気兼ねとは遠慮という意味がありますので、気兼ねしないとは「遠慮しない」ということ。 「なく」というのは否定を意味しますので、遠慮なく、という意味の言葉になります。 使い方について 気兼ねなくの意味を相手に伝える際には、動詞と組み合わせて文章にすることがあります。 相手に遠慮してほしくない、という配慮をする場合に使用されています。 たとえば「気兼ねなく言ってください」「気兼ねなくお申し付けください」「気兼ねなくご相談ください」など。 ビジネスシーンではお得意先や上司など、自分より立場が上の人に丁寧に話す際に使用することがよくありますよね。 気を許すという意味 気兼ねなくという意味ですが、言葉を少し変えると違う意味として使用できます。 気を許している関係がある場合に、気兼ねないと表現できます。 ビジネスでの使い方例 「気兼ねなく」をビジネスで使う場合の例文をご紹介しましょう。 大切なミーティングや接待などで使うことがよくあります。 類語はビジネスシーンや日常会話でもよく使われています。 「気軽に」という表現について 気兼ねなくと同じ意味を持つ「気軽に」という言葉、このほうが使いやすいと感じる人もいるでしょう。 「気軽に」は気兼ねなくの類義語で、気を楽にしてという意味があります。 「気兼ねなく」よりも少し柔らかい言い方になりますので、ビジネスシーンなら親しい関係の上司や付き合いの長いお得意先などにも使えます。 気軽にでは少し軽々しいと思う場合は「お気軽に」と接頭語をつけて敬語表現に変えるのも可能です。 たとえば「気軽な仲間」「気軽に行ける場所」、またはビジネスで使う場合には「お気軽にいつでもお申し付けください」と言うこともあります。 「遠慮なく」について 遠慮なくはとても幅広く使える言葉で、他人に対して行動や言動を控えめにせず、自由にしてくださいと気を遣う意味があります。 また相手だけでなく、自分自身に対して使うこともあるでしょう。 たとえばお客様にお茶とお菓子を出して「遠慮なくお召し上がりください」と促す場合。 逆に自分がお客の場合は「遠慮なくいただきます」と使います。 敬意を表したい場合には「ご遠慮なく」と、もっと丁寧に使うケースもあります。 「心置きなく」はどんな意味? 「心置きなく」は「心配せずに」「遠慮せずに」という意味がある表現です。 気兼ねなくの類語ですが、もっと相手を落ち着かせる時にも使える言葉です。 たとえば「心置きなく仰ってください」「心置きなく語り合う」「心置きなくお休みください」など。 なくとは「無く」という意味がありますので、他者に対して気兼ねしないよう伝える時に使用します。 気配りのマナーについて ビジネスではプライベート以上に、相手への気配りが必要です。 「どうぞ」というだけよりも「気兼ねなくどうぞ」と言われたほうが気持ちは楽になりますよね。 このような気配りは、いくつかのポイントをおさえてビジネスで活かしましょう。 仕事ができる人は気配り上手 「気配り」というのは相手がやりたい、やってほしいと思うことを先回りして行動することです。 気配りは自分中心に考えているとできないことで、相手の仕草や行動を観察していないとできません。 また気配りしていると相手に伝えるためには、言葉や態度に出してアピールする必要があります。 たとえば汗をかいて室内に入ってきた人にそっとタオルを手渡したり、冷たい飲み物を提供したりすること。 相手が「暑い」と一言伝えなくても、気持ちを察するのが気配りです。 気配りができる人は仕事ができるのは、この観察力が優れているため。 自分が置かれた環境、相手の考えていることを読む力があるため、気持ちよく仕事ができる相手になります。 また気配りは相手を思ってやることなので、時には自分に厳しく我慢しなければならない場面もあるでしょう。 言葉以上に難しい「気配り」は、上手にできる人ほど余裕があるといえます。 積極的になる ここで何かやってあげるべきと思っても、積極性がない人は気配りが不足する場合もあります。 やるべきことがわかっていても、頭の中をよぎるだけでは気配りにはなりません。 必要なのは行動力と積極性。 誰かやるだろう、やらなくてもいいだろうという迷いを捨てて、積極的に相手に近づくのがコツなのです。 たとえば紙を一枚手にしている人が、何か探している素振り。 ペンを探していると考えられます。 一歩先を読み、ここでスッとペンを差し出すには勇気が必要です。 気配りは何度も積み重ねると、上手になり自然と行動力へとつながるでしょう。 ビジネスシーンでできる気配り 気配りをしたほうもされたほうも、とても気分がよく嬉しくなります。 ビジネスシーンでは人柄をアピールするのも大切なので、気配りできる人になり仕事をスムーズに進めるのも必要です。 ビジネスマナーの基本でもある気配りは、あらゆるシーンでできるもの。 たとえば上司だけでなく同僚、会社に出入りする業者など、誰にでもきちんと挨拶するのは気配りです。 また物を手渡す際、たとえばハサミを渡す際に刃先を自分が握るのは、相手を傷つけないマナーと気配り。 同じく書類を相手が読みやすい方向で渡す、電話に出られないほど忙しい人の代わりに電話応対してあげるなど。 ビジネスマナーは相手のことをよく考えて、もし自分だったらと視点を変えてみると、気配り精神が生まれてきます。 まとめ 気兼ねなくの意味を理解して、相手と自分の関係をよりよく改善してください。 相手を思う気持ちは、ビジネスシーンでも大切なもの。 気持ちが伝わる言葉遣いを普段から意識してくださいね。

次の