月9ドラマ。 フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ

竹野内豊が10年ぶりに月9主演決意、漫画原作の法廷ドラマ|NEWSポストセブン

月9ドラマ

私事で恐縮だが、これまで月9ドラマを全作全話見てきたし、関連コラムを100本以上書いてきたし、クイズ番組『超逆境クイズバトル!! 99人の壁』に「月9ドラマ」というジャンルで出演し続けている。 そんな筋金入りの月9フリークが度肝を抜かれたのが、現在フジテレビ本社 東京・台場 で開催中の『開局60周年記念! フジテレビ平成月9ドラマ大ポスター展』。 これが忖度でも、ステマでもなく、圧巻の充実ぶりなのだ。 展示内容は、「平成月9ドラマ全122作品のポスター」から、『101回目のプロポーズ』ほか14作の「思い出の名作オープニングタイトル映像」、『ひとつ屋根の下』のセットなどの「フォトスポット」、『ロングバケーション』のスーパーボールなど名シーンで使用された「お宝オブジェの展示」、『シャーロック』のセットの「VRバーチャル体験」、ポスターなのに動く「ムービングポスター」、歴代月9ドラマの「台本展示」、オリジナルグッズがもらえる「クイズラリー」、限定グッズを購入できる「ギャラリーショップ」まで盛りだくさん。 これだけの展示が無料で楽しめるイベントはめったにないだけに、どのような狙いで開催され、どんな苦労や反響があるのか。 「ずいぶん前から『ドラマのポスター展をやりたい』という声がありましたが、社内外の調整が多くて二の足を踏んでいました。 今回はフジテレビが60周年を迎えたことで『やろう』と各部署が意を決しましたが、開催が決まったときは『本当にやるんですね』という声もあったくらいマンパワーの必要なイベントです」 実際、「平成31年間に渡る122枚のポスターを集める」「多くの芸能事務所に説明して許諾を得る」などの実現に向けたハードルは高く、かなりの労力を伴う。 「過去のポスターは広報にも全部は残っていなくて、データどころかポスターそのものを撮った写真しか残っていなかったり、もっと言えばそれすらなかったり…。 例えば、90年代前半のある有名な作品は、当時広報の宣伝担当だった人が辞めて、その人を知る局員に連絡してもらった上で、さらにデザイナーとつないでもらって何とか準備できました」 ポスター集めと同等以上に難しいと思われていたのが、芸能事務所への説明と許諾。 何しろポスターに登場している主要キャストの全芸能事務所に、主旨の説明をしなければいけないのだから、これまで構想がありながら、なかなか実現しなかった最たる理由はここではないか。 しかも、許諾をもらうのは何年も前に撮られた写真。 最長30年前の写真もあるだけに、「何で今さらそんな昔の顔を見せられなければいけないのか」という反発も考えられる。 だが、「すごくうれしいことに、みなさん想像以上に月9のことをよく思ってくださっていたんですよ。 まず、フジテレビが開局60周年を迎えたこと。 そして、『月9のファンに対する恩返し』『作品の継続的なプロモーション』『今後の月9を応援してもらうため』という3つの狙いを説明したら、基本的に全ての芸能事務所が快く受け入れてくれました」と好感触で許諾が得られたという。 その3つの狙いの中でも大きいのは、継続的なプロモーションという意味合いだろう。 かつてドラマは放送終了後にDVDがリリースされたら「そこでプロモーションは終了」だった。 しかし、現在はBS・CSに加えて動画配信サービスで過去の作品が見られるなど、放送後の環境が激変。 過去の作品は視聴者にとっては身近なものとなり、作り手や出演者にとっては収入源となっている。 種田義彦ゼネラルプロデューサー 1990年にフジテレビジョン入社後、人事部で採用担当を務めたのち、情報番組『THE WEEK』『とくダネ! 』やCSのバラエティ番組を制作。 編成部を経て、映画制作部で映画『バブルへGO!! 』『アンフェア』『ストロベリーナイト』『ワンピースFILM Z』などを手がける。 続くコンテンツ事業局では配信・VR・アニメに携わり、今年7月からライツ事業戦略部のゼネラルプロデューサー 現任。 一方、フジ社内で懸念されたのは、視聴率を提示することの是非。 「視聴率が落ちている」というシビアな事実を自ら表示することにためらいはなかったのか。 「事実は事実ですし、展示の最初にいいときの視聴率を大々的に出している以上、他は出さないのではカッコ悪いですよね。 『やまとなでしこ』 ポスター1枚1枚を見ていて面白いのは、「この作品にはどういう時代背景で作られて、どんな思いや狙いが込められていたのか? 」が、うっすら見えてくること。 たとえば『すてきな片想い』 90年 は淡い色合いのイラストでピュアな恋心を表現しているし、『HERO』 第1期、01年 は検事や事務官が1列に並ぶ中、久利生公平 木村拓哉 だけがしゃがんでピースポーズをしている。 そんなパッと見ただけで作品の世界観がよみがえるポスターもあれば、クールなトーンでまとめた『やまとなでしこ』 00年 のように「あれっ!? こういうドラマだった? 」と感じるものも少なくない。 「映画は撮り終えてからポスターを作りますが、ドラマは撮りながらポスターを作るので、当初のイメージから変わっていくこともあります。 プロデューサーや監督のイメージが最初から完全に固まっている作品と、撮りながら固めていく作品では、おのずとポスターの作り方も変わってきますから。 今、振り返ってみると、『最初はこういうイメージで作っていた作品だったのか』という発見もあると思いますよ」 制作事情を深読みして楽しむという意味では、俳優や芸能事務所への配慮も同様。 例えば、「主演俳優がこの大きさだから、二番手の俳優はこれくらいで、三番手以下はこれくらいがいいだろう」「この俳優を入れるなら、あの俳優も入れておいたほうがいい」などの交渉や気づかいがポスターに表れているものも少なくない。 さらに当イベントの醍醐味を掘り下げると、面白いのは平成元年から122枚ものポスターを順番に見ていけること。 「この時期はこういう作品が多くて、この俳優が大活躍していた」、あるいは「なぜか突然、違うジャンルの作品が入ってきて、異色の主演俳優が抜てきされた」などの再発見があるのだ。 「月9は時代の空気感や流行をビビットに表現してきた枠なので、『こういうものが人気だったんだな』と気づきやすいし、ちょっと違うものが出てきたときもすごく分かりやすいんですよ。 ポスターを順番に見ていくと、ときどき突然、毛色の違う作品が出てくるので、『このときは枠としての方向性に課題があったのかな』とか想像するのも楽しいかもしれませんね」 ポスターの展示で、もう1つ特筆すべきは、「各年の出来事」「流行した物」「新語・流行語大賞」が表示されていること。 「あの頃は良かった。 確かに来場者を見ると、同世代で「懐かしい」と盛り上がったり、親が子どもに名作を教えていたり、あるいは熱心にポスターを見つめる海外のファンもいた。 「人生のターニングポイントや一番いいときに必ず月9があったという人も多いではないか…と。 当時のことを思い出して、『あのときはよかったし、今もいいし、これからも頑張ろう』と思ってもらえたらうれしいですね。 予めご了承ください。

次の

SUITS/スーツ2ネタバレ!月9ドラマ最終回までのあらすじ紹介!

月9ドラマ

月9主演が決まったという竹野内豊 (49才)が10年ぶりに、月9ドラマの主演に決まったという——。 7月上旬の梅雨の晴れ間、都内の繁華街で、焼き鳥をテイクアウトする男性の姿があった。 黒いTシャツにパンツというシンプルな姿ながら、鍛え上げられた肉体、長身で小顔という抜群のスタイルでマスク越しでもオーラがあふれている。 竹野内だった。 最近、密かにある決意をしたようだ。 「来年の月9ドラマに主演することを決めたそうです。 竹野内さんが月9に出るというのは格別のこと。 いまから話題です」(テレビ局関係者) 『ロングバケーション』(1996年)、『ビーチボーイズ』(1997年)、『氷の世界』(1999年)、『できちゃった結婚』(2001年)——フジテレビの月9といえば竹野内という時代が続いた。 「ただ、2010年の『流れ星』以来、月9からは遠ざかっています。 40才を目前にしたときに、今後は自分が納得した作品を選んで出たいと考えたようで『オファーしても、なかなか引き受けてもらえない』という話もたびたび耳にしました」(テレビ局関係者) 月9だけでなく、連ドラへの出演も減っていた。 「以前は1年に2クールペースで出演していましたが、1〜2年に1本ほどになっていました。 2017年には月9が決まりかけ、フジは沸いたのですが、ギリギリのところで成立せず出演は流れてしまった。 その代わりにと、急きょ制作された月9は当時の史上最低視聴率を記録してしまいました。 そんな事件もあって、ますます竹野内さんの月9の壁は高くなってしまった」(前出・テレビ局関係者) 2018年に(35才)主演ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)への出演が話題となったが、それ以降、連ドラには出演していない。 そんな中、決定したという今回の月9。 フジテレビは、「制作の詳細に関してはお答えしておりません」とのこと。 「原作は『イチケイのカラス』という堅物の裁判官が主人公の法廷漫画です。 コミックスは『いままでになかった異色のヒューマンドラマ』、『ドラマ化したら絶対おもしろい』と各所で評判です。 裁判官を題材としたドラマはこれまでもありましたが、この作品はほかのどの作品とも違うリアルな人間模様が魅力。 竹野内さんも原作を読んで、出演を決め、早くも役作りを考えているそうですよ」(前出・テレビ局関係者) 気弱な男性、優しい夫、イケメン、役どころによってまったく違う顔を見せてきた竹野内。 50才の月9主演ではどんな顔を見せてくれるのか。

次の

月9ドラマ一覧表

月9ドラマ

先日、劇中で刑事・森本琢磨役の森本慎太郎が所属するSixTONESとともに、2020年にCDデビューをすることが発表されたSnow Manのメンバーである渡辺。 今作では突然、最愛の人を亡くし、悲しみの底にいる男性・山本達哉を熱演する。 第8話では主人公の法医学者・万木朝顔(上野樹里)のもとに、23歳の主婦・山本莉奈(小林由依)の遺体が運ばれてくる。 自宅で倒れて亡くなっているところを夫である達哉が発見。 通報を受け、野毛山署が自宅に駆けつけるも、莉奈がどうして亡くなっているのか何も分からず、朝顔たちに解剖の依頼を出す。 しかし、解剖の結果、外傷や病変は一切、発見できず、朝顔たちも明確な死因が特定できない。 一点、気になることと言えば、莉奈が亡くなる前に、貧血とめまいで倒れ、入院をしていたということくらい。 ひとまず、朝顔たちは莉奈の遺体から採取された検体を病理検査にかけることに。 そんな折、達哉が突然、朝顔たちのいる法医学教室を来訪。 達哉は失意に暮れながら、妻が死んだのは入院していた病院のせいだと思う、という衝撃の疑念を朝顔たちに明かし…。 「出演すると聞いた時は率直に驚きました。 えっ!あの月9? 普段、家でドラマを見ている側でしたので、ふわふわしながらも、うれしさと驚き色んな感情が混ざりました」と率直な感想を明かす渡辺。 「同時に先輩の風間(俊介)くんや、同世代の森本慎太郎も出演している作品でしたので、少し安心したのを覚えています」と信頼を寄せた。 主演の上野とは初共演となったが「撮影当日、現場が早く進んでいて僕が現場に着いた時には、すでに僕の撮影のシーンになっていたので焦っていたのですが、上野さんから僕の出るカットまでゆっくり休んでいてください!と声をかけてくださるなど、とても優しく接していただきましたので、撮影も落ち着いて臨めました」と気遣いに感謝。 「緊迫感のあるシーンであったり、見ていて心がきゅっとなったり、いつもと違う僕が見られると思います。 僕のことを知っていただいている方にはもちろん、まだ知らない方にも、ぜひ渡辺の月9デビューを見届けていただけたらと思います」と呼びかけている。

次の