コミュニケーション 能力 鍛える。 職場で評価が上がるコミュニケーション能力の鍛え方

【あなたも出来る!】コミュニケーション能力を鍛える3つの方法

コミュニケーション 能力 鍛える

協調性が大事だと社会ではよく言われるかもしれませんが、そもそも協調性とは何なのでしょうか。 協調性の概念について考えてみましょう。 協調性とは協力し合う素質 協調性とは、違う環境・立場にある人たちが、お互いに助け合ったり譲り合ったりしながら同じ目的に向かって任務を全うする素質です。 例えば、職場で他者と接するとき、「自分は自分」と隔離して自分の業務に没頭し人とのコミュニケーションを避ける人は「協調性がない」と判断されます。 一方、自分の業務や興味、関心に関わらず積極的に話しかけて誰とでも打ち解け、業務を成功させようとつとめられる人は、「協調性がある」と判断されます。 「協調性がある=自分を殺す」ではない 一般的に協調性とは、人とコミュニケーションをとるときに欠かせないもの。 もともと農村社会の延長線上にある日本社会では、協調性を高めることが最重要視されてきました。 そんな日本社会においては、高いパフォーマンス力があるけれどスタンドプレーが多い人よりも、飛び抜けた能力はないが協調性が高い人の方が評価される傾向にあります。 しかし、協調性とは「自分を殺すこと」ではないということも忘れてはいけません。 他愛もない話でも良いので、コミュニケーションするように心がけましょう。 コミュニケーション能力を高める第一歩は天気の話 コミュニケーション能力を高めるための第一歩は、なんでもない会話ができるようになることです。 相手を笑わそうとか、相手の為になる話をしようとかではなく、まずは他愛もない話を次々とつなげていける力を持ちましょう。 他愛もない話の代表といえば「天気の話」。 季節ごとに特徴があり、毎日変わる天気を話題にするのは、コミュニケーション能力を高めるための第一歩に最適です。 お礼を切り口に話しかけてみよう 仕事上だれかに助けてもらったり、一緒に食事に行ったりする機会があると思います。 そんな時、お礼を切り口にして話しかけると、自然に会話を始められます。 そのときのことを思い出して話しやすくなり、相手もお礼も言われているので悪い気がしません。 前回築いた関係性のまま、前回の話の延長から入れるのでとてもスムーズに会話を展開していけるでしょう。 会話はキャッチボール 「会話はキャッチボール」とはよく言ったもので、キャッチボールの要領、コツ、ポイントは、会話のそれと同じです。 ボールのスピードが速すぎると相手は受け取れず、遅すぎても相手に届きません。 このように会話力を高めるためには、キャッチボールの要領を会話にあてはめて活かしましょう。 声調や姿勢などを真似しよう コミュニケーション能力を高めるための会話で持つべき意識として重要なものが2つあります。 「相手の声のトーン、口調、姿勢などをさりげなく真似する」 「相手と自分の呼吸をあわせる」 上記の2点を意識することで共感意識が芽生え、相手と心を通い合わせやすくなるのです。 相手の潜在意識に働きかけることが、コミュニケーション能力を高めるうえで重要となります。 会話によるコミュニケーションは協調性を高めることにつながる 協調性を保つためのコミュニケーション能力を高める方法について見てきました。 コミュニケーション能力を高める方法として、会話の切り口や、会話のキャッチボールを意識して相手の潜在能力に働きかけることが重要です。 これらのコミュニケーション能力を高める方法を参考に、協調性を保つように心がけましょう。

次の

コミュニケーション能力を鍛える厳選バイト5選!

コミュニケーション 能力 鍛える

こんにちは!コミュトレの唐木です。 普段は「ビジネスコミュニケーション能力を上げたい!」という社会人の方に向けて、集合研修(ビジネスシーンに即したコミュニケーション能力の実践訓練)のインストラクターや学習のサポート、そして個別体験会のコンサルタントをしています。 土日祝は新宿本社だけで100名近くの受講生や体験会参加者様がいらっしゃるので、日によっては朝から晩までしゃべりっぱなしの時もあります。 なので、以前うっかり声を枯らしてしまったことがあり、丸1週間声が出ずに受講生たちから心配されたことも。。。 笑 さて、私個人はもう10年近く、人数で言えば延べ3000人ほどの社会人と向き合って、ビジネスコミュニケーションに関するご相談をお受けしてきました。 そこでよく耳にする声が「うまく話せないんです…」という以下のようなお悩み。 <よくあるコミュニケーションのお悩み> ・上司や目上の方に対して話すとき、うまく説明できない。 ちょっと焦りながら話しているうちに、自分でも何を言いたいのか分からなくなってしまう… ・1対1は問題ないのに、聴き手が複数人になった瞬間に萎縮してしまう… ・質問したいことがあるのにどう質問していいか分からない。 色々考えているうちに質問のタイミングを逃してしまう… このようなお声はとても多いです。 うまく伝えられなかった時は、後から「 ああいえばよかった」と悔しい思いをしたり、仕事が後手に回って悪循環になってしまうことってありますよね。 (私も以前はコミュニケーション不足・ミスでよく叱られていたので、その頃を思い出すともう胸が痛いです。 ) 逆に、 適切なコミュニケーションを、ストレスなく取ることが出来れば、仕事の生産性は爆発的に向上します。 たとえば資料作成でわからないことがあった時に、その分野に詳しい先輩や上司に躊躇することなく質問できます(ちょっと図々しく汗)。 その結果、自分1人で3時間うなっても出ないアイディアが、極端な話、たった5分の会話で出てくることもありえます。 仕事が超絶楽しくなります。 ということで、今回はコミュニケーション能力を身につける方法を3つのテーマに絞ってお伝えしていきます。 「もっと仕事を楽しみたい!」という方、必見ですよ~^^ 目次• コミュニケーション能力を鍛える方法1:知識を知る 知識とは、「話し方のコツ」「言い回し」といった、「話すテクニック」だと思っている方が多いのですが、実は少し違います。 知識とは、平たくいうと「 相手の立場に立つためのコツ、方法」です。 コミュトレでは細かく分けて数百種類の知識をお伝えしていますが(別の記事でご紹介します!)、その中の1つが「 人間の習性」です。 人間の習性を熟知すれば、コミュニケーション能力は飛躍的に上達します。 魚釣りが上手な人は、魚の習性を熟知しているのと同じように、コミュニケーション能力が高いといわれる方は、人間の習性を熟知しています。 その人が営業マンであれば 「 どうやったら、相手はこちらに対する警戒心を解いてくれるのか」「 何をすれば、こちらの話に興味を示してくれるのか?」を知っています。 出来る若手社会人であれば、 「 上司とはどういう環境に置かれている存在か」「 上司は部下に何を求めているのか」「 部下がどういう振舞いをすれば上司は安心するのか」を知っています。 ちなみに、子供時代から現在にいたるまで多様な価値観と触れ合ったり、自己肯定感が高まるような家庭環境で育ったりした方がたまにいますよね。 このような方は、周囲とコミュニケーションをごく自然に上手くとっています。 「え、コミュニケーション?そんなの、普通にやればとれるよ」と思っているはずです。 なんともうらやましいです。 ただ、大丈夫。 彼らが十数年かけて経験則で身につけてきた「コミュニケーションをとるコツ」を、知識として体系的に保有してしまえばよいのです。 たとえばオセロゲームでは「四隅をとれば有利になる」というのは周知の事実だと思います。 コミュニケーションの知識を理解するということは、オセロゲームでいうところの「四隅を取る」のと同じ意味をもつ行為なのです。 しかし、多くの方は、そもそもコミュニケーションにおける「四隅」、つまり知識を得ることが重要であると認識している人すら、ほとんどいないのが現状です。 もし皆さんが、オセロゲームにおいて、四隅を取ることを知らない人と対戦したら、正直、勝負にならないですよね。 同じように実社会においても、 コミュニケーションのコツを知っている人と知らない人とが競争したら、10回やったら10回とも、知っている人が間違いなく勝ちます。 これが、ビジネス社会における事実なのです。 …と、ちょっと厳し目に書いてしまいましたが(汗)、コミュニケーション能力を鍛える上で「相手の立場に立つためのコツ、方法」を知ることは大事なんだー!ということが伝われば嬉しいです。 スポーツで言ったら「シュートやドリブル、バッティングの仕方」などに相当します。 コミュニケーションでいえば「話すときの表情」「聞いているときのリアクションの仕方」などにあたります。 技能は、会話の雰囲気を左右する非常に重要な要素です。 たとえば、私たちが会話するとき、相手が無表情で聴いていたらどうでしょうか。 「話しやすい」と思う人はまずいないでしょう。 逆に、笑顔で聴いてくれていたり、もっというと話に合わせて表情が変化していたらどうでしょうか。 「大変話しやすい」と感じますよね。 今挙げた「表情」は、話し方の技能の1つです。 話しやすい雰囲気をつくったり、相手を安心させたりできる人は間違いなく表情が魅力的ですよね。 コミュトレでは真っ先にトレーニングする技能ですが、早い人だと3日目から、遅くとも1カ月ほどすると、ほぼ例外なく雰囲気に余裕が出てきたり、人から話しかけられる量が倍増したというお声をいただいております。 ではどうやって技能を身につけるか? 最低限押さえてほしいポイントは、以下の3つです。 <技能を磨く3つのポイント> 1.練習相手を用意する 2.ポジティブなフィードバックを得る 3.客観的に成長を測定する 1つ目の「練習相手」というのは、対面形式で会話のロールプレイングをするときの相手役、という意味です。 コミュニケーション能力を鍛えるには、自分ひとりで練習するのではなく、必ず人を目の前に置いて練習することがとても重要です。 というのも、 コミュニケーションが上手いかどうかは、自分ではなく相手が決めることだからです。 自分ひとりで話す練習をしても、話すこと自体に慣れるという意味では効果的ですが、その先の「相手の立場に立った会話」を目指すのであれば、練習相手は必要不可欠です。 2つ目の「ポジティブなフィードバック」ですが、先に述べた「練習相手」は、実は誰でもよいわけではありません。 練習するというと「出来ていないところ、足りていないこと」を言う方が良いように思えますが、実は、むしろ「 良かった点、出来ていた点」を積極的に発見できるほうが圧倒的に効果的です。 というのも、私たち人間は 行動をとったあとにポジティブな結果を得ると、またその行動を繰り返したくなるという習性をもっているからです。 たとえば、相手と会話していて居心地が良いと思うと、また一緒に話したいと思えますよね。 同じように、会話の練習をしたあとに「笑顔で聴いてくれて、とても話しやすかった」と言われたらまた笑顔を保とうと思えてきます。 笑顔って大事なんだという実感ももてますよね。 褒められると気恥ずかしいと思いがちですが、技能を身につけるためには、ポジティブなフィードバックを積極的にもらいましょう。 3つ目の「客観的に成長を測定する」ですが、具体的には、 出来具合を数字で評価するという意味です。 こうすると、学習が効率的に進みます。 たとえば受検勉強するときも、模試を受けずにやみくもに勉強するのと、模試を受けて苦手な教科や得意な教科を把握したうえで勉強をするのとでは、同じ労力をかけても効率が圧倒的に違ってきますよね。 コミュニケーション能力を向上させるときも同じです。 せっかく会話の練習を繰り返しても、その結果どんな能力がどの程度上がったかどうかが曖昧だと、次に何を頑張ればいいか迷ってしまったり、ちゃんと成長しているかどうか不安になりますよね。 このように、技能を練習するときは「なんとなく上手くなったかも」という感覚的な基準だけではなく、なるべく数字を使って客観的に実力を測定しましょう。 コミュニケーション能力を鍛える方法3:考え方を磨く 最後は、「考え方」について説明します。 「成果の方程式」をきいたことはあるでしょうか?コミュニケーション能力に限らず、あらゆる物事の上達を目指すうえで欠かせない要素は「スキル(技能)」「知識」、そして最後に「考え方」です。 これら3つの要素は以下のような関係性です。 つまり、どれほど スキルと知識を身につけても、そもそも考え方がマイナスであれば、成果は絶対プラスにならない、ということを意味しています。 それくらい、成果に大きな影響を及ぼすのが「考え方」です。 ここでいう考え方とは、「 物事のとらえ方」を意味します。 たとえば、ベタな例ですが、コップの中に水が半分入っているという事実を想像してみてください。 半分入っているということは動かぬ事実ですが、ここから真反対の解釈が生じます。 例えば「もう半分しかない」という危機感をもつことができる一方、「まだ半分もある」という安心感をもつこともできます。 言い換えれば、「マイナスの感情」と「プラスの感情」の分岐点は事実ではなく「とらえ方」なのです。 コミュニケーションにおいても同じです。 自分と価値観が異なる人と仕事をすることは誰にでもあります。 そのやり取りを「めんどくさい」と思う人は「衝突が生まれそう」というマイナスのとらえ方をしている一方で、「面白い」と思える人は「自分の器が広がるチャンスだ」というプラスのとらえ方をします。 5年10年経ったときに、どちらの方がより充実した人生を送っているかは、火を見るより明らかですよね。 では、考え方はどうやって身につけるのでしょうか。 自己啓発本を読むのもアリですが、「どのような人たちと一緒に過ごすか」がカギです。 よく「朱に交われば赤くなる」といいますが、 プラスのとらえ方をしたいのであれば、プラスのとらえ方をしている人と過ごすのがベストです。 というのも、私たちは常に周囲の人から影響を受けながら成長する動物だからです。 「あなたはいつもドジね」と言われ続けてきた人は、「自分はドジなんだ」と思ったり、言ったりする可能性が高いと思いませんか。 逆に、いつも前向きでポジティブな言葉をかける人たちの集団に所属していたら、自然と考えや発言も前向きになってくるはずです。 なので、コミュニケーションをとるための正しい考え方を身につけたければ、既に身につけている人と一緒にいる時間を増やすのが理想的です。 【まとめ】コミュニケーション能力は、後天的に鍛えることが出来る。 あの、すみませんがこの場でハッキリ言わせてください。 この記事を読んで、コミュニケーション能力を鍛えよう!と思いたったら、ぜひお伝えした「知識・技能・考え方」を身につける努力をしてみてください。 その努力を重ねることで、必ずあなたの人生が好転し、仕事や人付き合いがより一層楽しくなります。 とはいえ、今の自分に必要な知識が載っている本や動画を探したり、継続的に練習に付き合ってくれる相手を探したり・・・というのは簡単ではないと思います。 そこで!そんなあなたに朗報です!^^ 私がインストラクターを務める「コミュトレ」では、上記の知識・技能・態度全てを身につけ、 あなたのコミュニケーション能力を最短ルートで向上させる環境を用意しています。 ・時間のムダなく能力を向上させたい ・失敗しても良い環境で思い切り練習したい ・尊敬しあえる仲間と一緒にスキルアップしたい という方は、ぜひ一度無料個別体験会にお越しください。 あなたの可能性を拓くキッカケになれば幸いです。

次の

コミュ力が確実に上がる!コミュニケーション能力を向上させる10の方法

コミュニケーション 能力 鍛える

こんにちは! DJのMKです。 今回は就活の場面で「コミュニケーション能力があること」をうまく伝える方法のお話です。 就活中の皆さんは、エントリーシートや面接でコミュニケーション能力をアピールする場面が1度や2度は必ずあると思います。 コミュニケーション能力は企業が重要視している、学生に求める能力の中でも1位に来る能力なんだそうです。 確かにそうですね。 この社会は人と人との関係性でお金は動くし、モノは作られるし、仕事も発生します。 また「人間の悩みのすべては人間関係だ」と言われるほど、コミュニケーション能力は社会生活において大切な要素です。 ですから、 コミュニケーション能力の高さをうまく伝えられたら確実に就職活動を有利に運べますよね。 中には人付き合いがうまく、コミュニケーション能力の高さに自信がある人もいるでしょう。 この記事に書かれていること• 「コミュニケーション能力が高いです」では伝わらない でもコミュニケーション能力が高いことをアピールするにはどうしたらいいのでしょう? 就活でのミスで有名なのが「私はコミュニケーション能力が高いです」とアピールしてしまうことです。 なぜなら「コミュニケーション能力」という言葉はものすごく曖昧だからです。 人によってもコミュニケーションで重要視するポイントは違いますし、コミュニケーション自体が言葉によるものだとか、ノンバーバルコミュニケーションだとか、いろいろな形があります。 コミュニケーションという言葉は、とてつもなく広い意味を持つ言葉なのです。 だから「コミュニケーション能力が高い」と言われても、受け取る方は「具体的には?」と思ってしまいますし、 そもそもコミュニケーション能力自体が明確な数値で表せるものではないので、「あなたの言ってことはほんとなの?」と思ってしまいます。 つまり説得力がないのです。 だからコミュニケーション能力に自信があって、それを伝えるには、 より具体的にどんなコミュニケーション能力に長けているのか、そして具体的なエピソードを織り交ぜて伝えなければいけません。 「どんなコミュニケーション能力に長けているのか」というのは、 1、話すのがうまいのか 2、聞くのが上手なのか 3、人をまとめるのが得意なのか など、 どのポイントかに絞って話すべきです。 どれも上手です、ではどれも伝わりません。 自己分析をして、(僕は自己分析という言葉はあまり好きではないので、自分がやってて一番気持ちいいと思うことと考えてください。 便宜上使いました)、一番得意だと思うことに絞って伝えましょう。 できるならば、具体的なエピソードが織り交ぜられるポイントにしてください。 単に「コミュニケーション能力が高い」と言うのではなく、このように具体性を持つ言葉に言い換えるようにクセづけをしておきましょう。 場面ごとのコミュニケーション能力の言い換え方 では、ここからは就活での場面ごとに、コミュニケーション能力のアピールの仕方を見ていきましょう。 コミュニケーション能力というのは実際に会ってみないと伝わらないことがほとんどだからです。 ですが、エントリーシートでは 「具体的なエピソードを書く」ことによって、コミュニケーション能力の高さは伝えられます。 例えば、 ・「1週間に1回、異業種交流会に参加して、さまざまな職業の方のお話しを聞いてきました。 もっと話を聞きたいと思った方には、後日またお話しを聞かせてもらいに行っていました。 」 ・「飲食店のバイトでは、必ずレジでお客さんに話しかけるようにしていました。 会話をするのが楽しくて、どれが美味しかったのか、どこが気に入ったのかなども知られて、社員さんに報告していました。 」 というように、エピソードからはコミュニケーションを取ることがうまい他にも、その人らしさや、どこに興味関心があるのかが伝わってきますよね。 こうした具体的なエピソードは印象に残りやすく、書類審査も通りやすくなります。 あなたのことをイメージできて、「会いたい」と思わせるようにしましょう。 コミュニケーション能力の高さが伝わりやすいエピソードは、面接官に「あなたに会いたい」と思わせる力があります。 【ちょっと・・・お知らせ】 「コミュニケーションが苦手」「コミュ障で悩んでいる」「もっとうまく人と関われるようになりたい」 といった相談をたくさんいただき、 「コミュ力アップの方法をもっとわかりやすく伝える方法はないか?」と考えた結果、 効果的なコミュニケーション能力アップのノウハウを動画に凝縮しました! このブログでも効果的なメソッドをお伝えしていますが、動画では、文字だけでは伝えきれない実践的なノウハウをわかりやすくお伝えしています。 企業の面接官も人間です。 素敵な笑顔ができる人には、誰もが魅了されます。 いつでも自然な、心からの笑顔が出せるように、内面から綺麗にしておくと強いです。 そして、 もう1つ面接において高評価を得られる重要なお話をします。 先ほどコミュニケーション能力の言葉にはいろいろな意味があるという話をしました。 一口にコミュニケーション能力と言っても 1、話すのがうまい 2、相手の話を聞くのがうまい 3、人をまとめるのがうまい などいろいろあります。 しかし、この中で就活で最も評価が高いのは 2の「相手の話を聞くのがうまい」です。 1も3も一見、コミュニケーション能力が高く、アピールすべき内容に思えるのですが、 1も3も面接官にとっては少しマイナスのイメージが伴ってしまいます。 というのも、1は「自分ばかり話して相手の話を聞かない子なんじゃないか」という心配。 3は、「私、私と自己主張が強く、誰かとぶつかる可能性があるのではないか」という不安です。 3はリーダーシップがある、という意味ではとても高評価ですが、伝え方によっては「自己主張が強すぎる」と思われてしまうこともあるので、諸刃の剣な部分があります。 しかし、その中でも2の「相手の話を聞くのがうまい」というのは、どの面接官にとっても高評価です。 社会人にとって、対外的(お客さん、協力企業)にも社内的にも 「相手の話を聞いて、理解する」ということは最も大切な能力です。 相手の話をしっかり理解しなければ仕事もオーダー通りにできませんし、 社内では上司、同僚の話をちゃんと理解できなければ、指示通りにやるべきことをこなして円滑に仕事が進められません。 また仕事だけではなく人間関係の面でも、 話をしっかりと聞くことは相手にとって好印象を抱かれやすいので、とても素晴らしいスキルとなります。 「話上手は聞き上手」と言いますよね。 聞き上手の人は異性・同性どちらからでもモテます。 一見、攻めのコミュニケーションである1と3の能力が評価されると思ってしまうのですが、実は面接官の皆さんは2の能力を見つつ、その点を高く評価する傾向にあります。 グループワークなどでは、話を聞く能力が顕著に現れますので、 しっかりと周りの話を聞いて理解することに力を注ぎましょう。 まとめ いかがでしたか? 「コミュニケーション能力」という使い勝手のいい言葉に響きにつられて、ついつい多用してしまいがちですが、本質的には実は使い勝手はあまりよくありません。 何度もお話ししましたが、コミュニケーションという言葉はとても漠然としているからです。 だから、もしそれをアピールするのであれば、より「具体的に」ということを心がけてください。 逆にあまりそれを皆がしない分、あなたはライバルよりも企業に重要視されるコミュニケーション能力の高さをしっかりとアピールできるかもしれません。 コミュニケーション能力の言い換えは=「具体性」です。 いろいろと大変な就職活動ですが、 具体的なエピソードであなたらしさをしっかりとアピールしていってください。 そうすれば、きっといい結果が自然とついてくると思います! 【ちょっと・・・お知らせ】 「コミュニケーションが苦手」「コミュ障で悩んでいる」「もっとうまく人と関われるようになりたい」 といった相談をたくさんいただき、 「コミュ力アップの方法をもっとわかりやすく伝える方法はないか?」と考えた結果、 効果的なコミュニケーション能力アップのノウハウを動画に凝縮しました! このブログでも効果的なメソッドをお伝えしていますが、動画では、文字だけでは伝えきれない実践的なノウハウをわかりやすくお伝えしています。 それでは!.

次の