ワイン セラー 電気 代。 ワインセラーのおすすめは?電気代が良く小型でも使えるのはこれ!

ワインセラーは冷却方法により電気代が違う?!

ワイン セラー 電気 代

ワインセラーの種類おさらい コンプレッサー式 加温、加湿機能が装備されており効率よく冷やすことができるタイプです。 主に冷蔵庫、ガラス式ショーケースなどを冷やすときに利用されています。 冷媒をモーターで作動させるので、モーター音がします。 最近のタイプは、低振動になってきているのでそれほど気になりません。 アンモニア熱吸収式 媒体にアンモニアを用いて電気ヒーターを使い冷風を循環させます。 静音ですが、冷えるのに時間がかかるため電気代がかさみます。 ペルチェ式 冷却効率が悪いため小型サイズしかありません。 ペルチェ式のワインセラーはリーズナブルですが、排熱するためのファンが必要になってくる為、小型サイズでも電気代がかかってきます。 コンプレッサー式とペルチェ式の電気代はどちらが安いのか? 同じように使用するワインセラーで比べてみると下記のようになります。 方式 タイプ 定格消費電力 コンプレッサー式 フォルスタージャパン26本タイプ 85W ペルチェ式 デバイススタイル18本タイプ 90W 定格消費電力がそのまま消費電力になるので、コンプレッサー式のほうが僅かですが電気代が少ないのが分かります。 ペルチェ式は、24時間中冷媒が稼働しているのに対してコンプレッサー式は1日4~6時間冷媒するだけで十分に庫内が冷却されます。 その為、 ペルチェ式はコンプレッサー式よりも3~5倍の消費電力がかかってきます。 コンプレッサー式は冷却性能が優れている ペルチェ式に比べてコンプレッサー式は冷却機能が5~10倍優れています。 どちらも機能は同じですが、ペルチェ式は冷やすのにコンプレッサー式よりも数倍の時間を必要とする為、電気の稼働時間が長くかかり電気代がかかってきます。 しかし、ワインセラー自体の値段はペルチェ式は、加温や加湿機能がない為、部品点数が少なくて済み、その分安くなります。 同じ環境下での1日あたりの電気料金の比較 設置環境 外気温度25度 ワインセラーの庫内の温度14度 平均湿度70%の環境下で15日間ワインなしで測定。 全て12本収納タイプで統一。 電気料金は、東京電力の電気料金目安基準単価27円で算出しています。 ワインセラーの電気代測定条件の重要性 ワインセラーの電気料金は、同じ製品でも試験条件により消費電力量が変わってきます。 ワインセラーを検討する場合は、電気代測定条件を確認することが大切になってくると言えるでしょう。 ワインセラーの電気代を節約方法は温度にあり ワインセラーはワインを適温で保存する事が目的です。 ワインを良い状態で保存するためにもドアを頻繁に開けていると中の温度が上がり余分な電気代がかかってきます。 ワインに理想の温度と湿度をキープするためには、ドアの開閉は少なくすることが電気代を節約することにもつながります。 ワインを詰めすぎるのも冷やすのに時間を要するためNG!です。 又、外気温が高いとそれだけ庫内温度を維持するのに消費電力を使用することになるので室温25度以下の場所に設置すると良いと言われています。 消費電力からワインセラーの電気代の算出方法 ワインセラーにかかる電気代を計算するには、 年間消費電力量を用いて計算します。 70W=0. 07kW 0. 36円 1日にかかる電気代は約45円になります。 12本収納のワインセラーの電気代 ワットチェッカー 電力測定器 で電気代を測定するとワインセラーの平均消費電力は10W。 ワインセラーの設定温度は18度として、東京電力の電気料金目安基準単価27円で算出すると 0. 48円 1日にかかる電気代は約6円。 1ケ月にかかる電気代は約180円になります。 もしも、ワインセラーを1日1回開けた場合、月に30時間として最大消費電力70Wだった場合は月に約57円です。 この計算でいくと1ケ月の電気代の使用料金は237円です。 赤ワインを保存するのに理想の温度は16度とされています。 ワインセラーを18度から16度に下げた場合、ワットチェッカーの数値は10Wから12~14Wに上昇しますが月額にして40~70円程度のプラスですので差はそれほどありません。 ちなみに、16本収納タイプは1ケ月の電気代は400~600円、50本収納タイプは1250円程度です。 庫内の温度設定を別にできるワインセラー サイズ 消費電力 計算式 電気代 1日 電気代 1ヶ月 《小》 約50W 0. 4円 約970円 《中》 約100W 0. 8円 約1,940円 《大》 約120W 0. 18本程度の収納タイプ コンプレッサー式:消費電力80W 1ケ月1300円 ペルチェ式:消費電力140W 1ケ月2300円 コンプレッサー式はそれほど差がありませんが、ペルチェ式は収納本数が増加することで消費電力が一気に上昇しています。 まとめ いかがでしたでしょうか? ワインセラーのタイプや設定温度によって消費電力や電気代が大きく変わってくる事がわかりましたね。 ワインセラー購入の際には是非電気代も気をつけてチェックしてみてください。

次の

ワインセラーのおすすめ2選&選び方【2020年版】

ワイン セラー 電気 代

長くなりましたので、おすすめワインセラーを先に知りたいと言う方はこちらへどうぞ。 ページ下部へ飛びます。 以前、知り合いにそこそこ良いワインを贈ったことがあるのですが、数年たってからお家にお招きいただいた際に、 キャビネットに飾られているのを見て変な声が出たことがあります。 もちろん悪気などなく、むしろ私からの贈り物を大切に飾っていただいているのですが、そのお気持ちは逆効果でして……。 結局そのことは言えずじまいだったのですが、いつか彼らがあのワインを空けたときに、「もらったワインあまりおいしくないね」などと言われるのだろうなあと思うと、かるく悶絶してしまいます。 上記は伝えなかった私が悪いのですが、ワインの保存にはやはりワインセラーが必要です。 昔はそれこそ数十万から何百万円という価格でしたが、今は家庭用ワインセラーが普及してきて、かなり気軽に買えます。 1万円前後のワインセラーまであり、デイリーワイン保存用として買っても問題ない価格です。 ワインセラーがあれば、ワインがネットで安いときに大量買いして保管できるので、 むしろコストが下がります。 本格的に暑くなる前に、ワインセラーの選び方のポイントをおさえてワインセラーを買ってしまいましょう。 ワインセラーの選び方をご紹介します。 [本格シャンパンやAOCマルゴーも大還元特価!] 目次• ワインセラーとワインクーラーの違い まず押さえておきたいのが、ワインセラーとワインクーラーという呼び名の違いです。 簡単にいうと 加温機能があるかどうかです。 加温機能があるのがワインセラー、温める機能がなく冷やすだけなのがワインクーラーです。 ショップではワインクーラーであってもワインセラーと表記してあることがほとんどです。 ワインセラー:温める機能がある• ワインクーラー:温める機能がない ちなみに卓上で氷を入れてワインを冷やしておく入れ物のことも、ワインクーラーと呼びます。 そういえばワインクーラーというカクテルもありますね。 実にややこしい。 バケツのような卓上ワインクーラーはこんなやつです。 ワインセラーは温度と湿度を一定に保つことを目的に使われます。 気温が30度を超えたり、氷点下になったりするのは、ワインの劣化原因になります。 暑さ対策は絶対に必要ですが、寒さ対策は判断がわかれるところです。 冬場は冷蔵庫でものを温めるという試される大地北海道のような気候でなければ、私は寒さ対策は必要ないと考えています。 経験上、冷蔵庫での長期保存でもほとんど劣化はみられないためです。 ただ、完全に凍ってしまった場合は味の劣化があるという見方が多いので、冬場に氷点下が続く地域にお住まいの方は加温機能付きのワインセラーの方がよいと思います。 ワインセラーの保管本数を考える まずワインを何本くらい保管したいかを考えます。 ワインセラーのランキングをみると、12本用のワインセラーが売れ筋のようです。 ですが、これで問題はありません。 私はワインを買うとき、楽天などのネットショップでポイント還元が高いときや、ワインのセールをやっているときにまとめ買いするので、12本では足りませんでした。 現在は12本入りのワインセラーにプラスして30本用ワインセラーを購入して運用しています。 最初から50本以上のものを買っておけばよかったとも思っていますが、その時は12本でいけると思っていたので仕方がありませんね……。 現在の私としては、 最初から24本以上のワインセラーを購入することをおすすめします。 ワインを買う際、まとめ買いで12本まで送料同じというショップは多く、まず12本以上は必須。 それから忘れがちなのですが、ワインを買うときって 全部飲みきる前に発注しませんか?つまり12本入るワインセラーに3本残っている状態で次のを買おうとすると、12本まとめ買いはできないわけです。 さらに、あまりパンパンに詰めると庫内の冷却環境に影響がでるので、適度にスキマをあけるようにすることを考えると、やはり想定より大きめのサイズが必要になります。 ちなみに私は吟醸酒やチョコレートもワインセラーで保存したりします。 シガーをたしなむ方は、それもいいそうですよ。 ぜひ少し大きめのワインセラーを選んでください。 数年にわたるワインの長期保存をするのかどうか 買いだめの デイリーワインだけなら、温める機能がないワインセラー、つまり ワインクーラーで十分です。 冬場に温度が低すぎて困るのは、熟成が進まないという点ですので、基本的には熟成させずに楽しむデイリーワインでは考える必要はありません。 主に高級ワインになりますが、 長期熟成が前提の場合は、 加温機能付きのワインセラーを選んでください。 通年温度を一定に保つ必要があります。 高級ワインであっても、熟成はあまり考えず、劣化しないように一時保管しておきたいということでしたら、加温機能なしのワインセラーで大丈夫です。 私は、熟成したワインを飲みたい時は、優良ヴィンテージのものをネットで探します。 当然価格は高くなりますが、自宅で保管した場合の劣化リスクや電気代などを考えると、早めに安く買って自分で熟成させるメリットよりも、この方が良いと判断しています。 金持ちになって、手に入りにくい高級ワインを青田買いしたくなったら、また考えを改めます。 そのため私にとっては加温機能のないワインクーラーで十分で、さらに冬場は電源を切っています。 正しい使い方ではありませんが。 ワインセラー動力別のメリット・デメリット ワインセラーには動力別に3つの方式があります。 上から順に安価です。 特徴と、どれを選べばいいのかを順に説明します。 ペルチェ式 2種類の半導体に電流を流すと一方は吸熱、もう一方は発熱が生じる現象を活かした方式です。 簡単に言うと 電気だけの制御で温度を管理するタイプです。 この方式のメリットは振動がないこと。 デメリットはパワーが少し弱いというところでしょうか。 熱吸収式(アンモニア方式) アンモニアを冷媒として、 気化熱で温度を調節するタイプです。 音が静かですが、冷却能力はコンプレッサー方式の方が上です。 コンプレッサー式 コンプレッサー方式は、 冷媒を使いモーターで動かす方式です。 冷蔵庫と同じと考えていいと思います。 冷却パワーは強いし、消費電力も少ないので、一番優れているように思うのですが、生活空間に置くと音が気になるかもしれません。 ワインセラーをインテリアとして考える際には注意が必要です。 とはいえ、最近のワインセラーは低振動ですので、寝室でなければそれほど気にしなくてもいいと思います。 ちなみに冷蔵庫は、頻繁に開け閉めがあるので振動があることと、冷却ムラがあるのでワインの保存にはリスクがあります。 ですが、経験上1ヶ月くらいの短期間ならほとんど問題ありません。 コルクの乾燥やにおい移りが問題視される場合もありますが、ひと夏を越すような使い方でなければ、特に感じないです。 冷蔵庫は、緊急避難的に使うのであればOKです。 野菜室がいいと思います。 どの方式のワインセラーがいいのか 高級ワインを寝かせておきたいというのではなく、デイリーワインの一時保管用であれば ペルチェ式で十分です。 3万円くらいまでのお手頃なワインセラー(ほぼワインクーラーですが)であれば、ほとんどペルチェ方式ですので、選択の余地はありませんし。 10本程度の小型なら、Amazonや楽天の売れ筋ランキング上位から1〜2万円程度のものを買っておけば十分です。 高級ワインの熟成用を考えるのであれば、 コンプレッサー方式がいいでしょう。 業務用でも使われますし、大型のものやハイクラスワインセラーはこの方式です。 デイリーワイン用ワインセラー:ペルチェ式• 高級ワイン熟成用ワインセラー:コンプレッサー式 ワインの湿度 しつど 対策は必要か 乾燥はワインの敵ですが、日本は 基本的に多湿であり、熱や光ほど気にしなくても大丈夫です。 セラーによっては、乾燥がひどいものもあるかもしれませんが、水を張ったトレイやコップをセラーにいれておけばOKです。 お手頃価格のワインセラーでは、加湿機能はほぼないので、最初は少し気にかけておいた方が無難かもしれませんね。 私は乾燥対策を何もやっていませんが、特に問題は起きていません。 ワインセラーは光を通さないものを選ぶ ワインは光にも弱いので、本来は冷蔵庫のような扉が不透明のものが適しています。 しかし、なるべく開閉の回数を少なく、かつ扉を開ける時間を短くしたいので、ワインセラーの中身が見られないと不便です。 各メーカーもそれはすでに折り込んでいますので、ガラス扉であっても紫外線対策をほどこしてあります。 直射日光は避けた方がいいですが、部屋の灯りやほんのりとした自然光なら気にしなくても大丈夫です。 ワインの保存適温は赤も白も同じ ワインセラーは赤ワイン用と白ワイン用に2室にわかれていて、温度を分けられるものがあります。 赤ワインと白ワインでは、飲む時の温度が違うことはよく知られています。 ですがこれは サーブ適温が違うということで、 保存適温とは違います。 サーブ適温は、赤ワインは15度〜18度、白ワインは5度〜10度ですので、分けた方がよさそうに思えるのですが、保存適温は赤ワイン白ワインとも同じ16度前後です。 ですので、ワインセラーの温度設定は赤ワイン白ワイン同じで大丈夫です。 サーブ適温:赤ワイン、白ワインで違う 15度〜18度、5度〜10度• 保存適温:赤ワインも白ワインも同じ 16度前後 私は赤白一緒に入れて温度設定を赤ワインのサーブ適温に合わせています。 白ワインやスパークリングワインを飲むときには、事前に冷やしておいたほうがいいので、ワインセラーの白ワインのうち、次に飲む1本を常に冷蔵庫に移しています。 どうしても急ぎの場合は氷を張った卓上ワインクーラーを用意すればいいので、今のところ私はこの運用で問題ありません。 よって、 赤ワイン用と白ワイン用に庫内が分かれているものにこだわる必要はないと考えています。 ビールや日本酒を別の温度で保存したいなどの要望があるならいいと思います。 ワインセラーの選び方 こだわりだすときりがないのがワインセラーですので、ここではバッサリと大きく2つに分けて考えます。 私が考えるワインセラー選びの大前提は、 熟成させるつもりなのかどうかです。 ペルチェやコンプレッサーの違い、温度管理だけでなく湿度管理などを細かく見比べても、各メーカーが優位性を競ってアピールしているため、指針がない状態で探し始めたらあれこれ迷って買えなくなってしまいます。 まずは長期保存で熟成させるかどうかだけを基準に選びましょう。 熟成させるつもりがない場合 長期熟成は考えずに、一時保管や熱劣化を防ぐために購入するのであれば、1万〜3万円程度のカジュアルワインセラーで十分です。 ペルチェ方式がほとんどですが、コンプレッサーでもなんでもOKです。 要は冷えればいいのです。 加湿 かしつ 機能もいりません。 多少乾燥したところで、そんな短期間で簡単にコルクが緩んで漏れたりはしませんので。 最近のデイリーワインは人工コルクやスクリューキャップも多く、コルクが腐ったりしませんのでなおさら心配無用です。 デイリーワイン用の場合、 収納したい本数と収納スペースに合う 大きさ、インテリアに合う デザインなどで、好きなワインセラーを選んで大丈夫です。 使い勝手のいい収納本数は12本以上。 ワインのまとめ買いができますので。 12本くらい保管しそうだなと思った方は24本以上を買ってください。 絶対使いますし、いっぱい詰め込むより、隙間をあけたほうが効率よく冷えます。 気になる人はさらにワインセラーの消費電力を見ておくくらいでしょうか。 あまり差はないですが。 参考 カジュアル価格帯のお手頃ワインセラー カジュアルな価格帯ではが商品ラインナップを広く展開しています。 ざっと眺めれば気に入るものは見つかるのではないでしょうか。 1万円からありますが、ルフィエールは32本タイプが使い勝手がよく3万円(追記:2万5千円に値下がり。 安い…)と手頃ですね。 22本容量のヒーター付きで加温も可能。 0度設定から可能で、さらに38本クラスにすれば、庫内が上下に分かれます。 ビールや日本酒を0度近くで保存、ワインは15度程度に。 という使い方ができて便利。 機能から考えるとハイコスパのワインセラーです。 長期熟成させる場合 ワインセラーに長期にわたって保存し、熟成を考えるのであれば、 加温や加湿機能がついているもので、保証が充実しているワインセラーを選びます。 十年以上にわたって高級ワインを熟成させますので、なによりメーカーの信頼性が重要です。 中に入れるワインは数万円以上のものですから、夏場に故障すると目も当てられません。 ワインセラーの老舗で有名なのは、フランスのと。 そして ロングフレッシュブランドが超有名な安心の日本製です。 この3社ならどれを選んでも問題ないと思います。 お値段は結構しますけれど。 長期熟成におすすめのワインセラー ワインを長期熟成させるなら、フランスワインが好きで本格的な大型のワインセラーを設置するのなら アルテビノ。 機能と価格とデザインのバランスを考えた上で、数万円〜30万円程度くらいで選ぶのであれば ユーロカーブか フォルスターというイメージでしょうか。 もちろんユーロカーブとフォレスターの2社も最上級の大型ワインセラーを販売しており、高機能、高信頼のワインセラーです。 アルテビノが飛び抜けているという意味ではありません。 ユーロカーブとフォルスターからの選択であれば、会社の歴史や本場フランスであることを重視するならユーロカーブ。 コスパや故障しにくさを考えると安心の国産フォルスターですね。 日本のレストランでの業務用ワインセラー取り扱い数もフォルスターが一番多いそうです。 私の感覚でも、ワインバーのオーナーさんはフォルスターをよく使っておられますね。 この両社なら安心感があります。 その他のワインセラー選びのポイント ワインセラーによっては、庫外に温度や湿度を表示できるものがあります。 庫外の温度表示は非常に便利です。 なくても温度・湿度計をワインセラー内に入れておけばいいのですが、いちいち開けないといけませんから。 ワインセラーがあると、ワインを選ぶ楽しみが倍増します。 これは買えば本当に実感します。 その日その日になんとなくスーパーやコンビニで安ワインを買ってくるのではなく、ネットなどでじっくり吟味してワインを選び、ワインセラーにストックしておきましょう。 デイリーワインであっても、整然と並ぶワインが我が家にあるというのは、とてもいい気分になれますよ。 ワインセラーの消費電力については、実験してこちらに書きました。 こんにちは。 初めまして。 コメントありがとうございます。 ペルチェ式だと日本の猛暑日に耐えられるのか、という疑問ですね。 気になりますよね。 私はペルチェ式でも大丈夫だと判断して運用しています。 実際に熱劣化はおきていません。 ただ、室内気温がかなり上昇する場所などに置かれるのであれば、コンプレッサー式にした方がいいかもしれません。 もっともそんなに暑い部屋は、ペルチェかコンプレッサーかに関わらず、ワインセラーを置くべきではないと思いますが。 ペルチェ式だと外気温から-15度程度が限界と言われていますので、35度以上の猛暑日になると、ワインセラー内も20度以上になると考えられます。 経験上ですが20度程度なら、ほぼ問題はありません。 記事でご紹介したさくら製作所のコンプレッサー式などは、かなり価格も手ごろですので、どうしても不安だということでしたら、コンプレッサー式を選ばれるとよいと思います。 蛇足ですが、過去に経験した熱劣化は、30度以上の部屋に数日間放置でした。 セラーの故障に気付かなかった時ですね……。 もうだいぶ昔の話ですが。 他の記事もご覧いただいているとのこと、ありがとうございます。

次の

ワインセラーは不要!?冷蔵庫ではダメ?ワインセラーの必要性とは?|ワインセラー特集【家庭用でおすすめのワインセラーって一体どれ?】

ワイン セラー 電気 代

ワインセラーが自宅にあるという方は、比較的少ないかもしれません。 お金持ちのアイテムだと思っている方もいるかもしれません。 ただ、昨今ワインブームもあり、年々需要は増えていると言われています。 ワインセラーを持っておられる方の中には、実際にどれくらいの電気代がかかっているのだろうと疑問に思う方もいるでしょうし、ワインセラーの購入を検討されている方のなかには電気代が判断材料になることもあるでしょう。 ワインセラーは、年中電源を付けっぱなしという方も多いはずなので、電気代って結構高いのかなと思っている方もいるかもしれませんね。 では、実際に、どれくらい電気代がかかるのか見ていきましょう。 ワインセラーには3種類ある まず、ワインセラーには3つの冷却方式があるのはご存じでしょうか。 コンプレッサー式 コンプレッサー式は、文字通り、コンプレッサーで冷媒を循環し、冷媒の気化熱を利用して冷却を行う方式となります。 冷却性に優れているので省エネになっており、多くの家庭用冷蔵庫やお店などで使う業務用ショーケースなどはこの冷却方式を採用していることが多いです。 コンプレッサー式のワインセラーは冷蔵庫と同じような音がします。 3種類の中では消費電力量が小さいタイプとなります。 アンモニア熱吸収式 アンモニア熱吸収式は、冷媒にアンモニアを使用して、冷媒の循環にはヒーターを使い、コンプレッサー式と同様に気化熱を利用する冷却方式となります。 コンプレッサー式と比べて、音が静かなのが特徴ですが、冷却性がコンプレッサー式に比べて低くいので、消費電力量が比較的大きいタイプとなります。 ペルチェ式 ペルチェ式は、半導体素子のペルチェ効果を利用する冷却方式となります。 比較的安価で小型のものが多いのが特徴です。 冷却の効率が低く大型のワインセラーには適してないので、小型のワインセラーでの使用がメインとなります。 また、排熱用のファンが必要になるのでファンの音がしてしまいます。 冷却効率の低さとファンのため、電力消費量が比較的大きいです。 電気代を計算してみよう では、電気料金の計算をしていきます。 東京電力管内の平均の1kwhあたり27円で計算を行います。 メーカーや機種により、電気代は異なりますのであくまでも参考程度にお考え下さい。 ワイン12本収納のコンプレッサー式の場合 年間電力消費量は、180kwhと言われているので、これに27円を掛けます。 そうすると4860円となります。 年間4860円なので、これを12か月で割ると、1か月あたり405円となります。 24本収納の場合は、年間4995円 65本収納の場合は、年間5535円 89本収納の場合は、年間6750円 となります。 この金額を聞いていかがでしょうか。 ずっと電源をつけっぱなしにしては、意外と安いと感じる方も多いのではないでしょうか。 ワインセラーの電気代削減のために ワインセラーの電気代を削減するには、下記のようなことが重要です。 ・外気温 ・扉の開閉数、時間 ・ワインの詰め込みすぎ注意 外気温に関しては、どうしようもないので、他の2つを気をつけましょう。 特に、扉の開閉数を減らす、長時間開けっ放しにしないことが一番重要です。 温度が上がってしまうと、それを冷やすために、一気に電力を消費してしまいます。 一定の温度を保つのに労力は少ないのですが、温度を元に戻すのには相当な労力が必要です。 また、ワインの詰め込みすぎは、ワインセラーが庫内を冷やすのに効率が悪くなってしまうので決められた通りの本数を収めるようにしましょう。 少しの意識改革で実践できることなのでぜひお試しください。 日々の積み重ねで節約は可能なのです。

次の