みず こし えみ か。 水越けいこ

最速!豆腐料理の基本となる水切りのコツと時短テク

みず こし えみ か

小式部内侍 小式部内侍(こしきぶ の ないし、元年()頃 - 2年()11月)はの女流。。 の一人。 父は、母は。 母の和泉式部と共にの中宮・に出仕した。 そのため、母式部と区別するために「小式部」というで呼ばれるようになった。 経歴 [ ] 母の和泉式部は小式部内侍を妊娠した時に郷里の湖山へと戻っていた。 和泉式部は安産祈願の為、現在の鹿野にある住吉神社へ17日間に亘って参詣し、内侍は鹿野町水谷で誕生したとされる。 住吉神社の西にはその際の産湯に使われたとされる井戸が残っている。 母同様恋多き女流歌人として、・・・など多くの高貴な男性との交際で知られる。 教通との間には、範永との間には娘をもうけている。 万寿2年、の子(頼忍阿闍梨)を出産した際に20代で死去し、周囲を嘆かせた。 この際母の和泉式部が詠んだ歌 「教導立志基」より『小式部内侍』 筆 当時、小式部内侍の歌は母が代作しているという噂があったため、四条中納言()は歌合に歌を詠進することになった小式部内侍に「代作を頼む使者は出しましたか。 使者は帰って来ましたか」などとからかったのだが、小式部内侍は即興でこの歌を詠んだ。 意味としては「大江山()を越えて、近くの生野へと向かう道のりですら行ったことがないので(または、に向かって行く野の道・大江山の前の生野への道が遠くて、大江山の向こうの)、まだ母のいる遠いの地を踏んだこともありませんし、母からの手紙もまだ見ていません」であり、「行く野・生野」「文・踏み」の巧みなを使用しつつ、当意即妙の受け答えが高く評価された。 四条中納言もまた小倉百人一首に選ばれているほどの歌人であったが、当時歌を詠まれれば返歌を行うのが礼儀であり習慣であったにもかかわらず、狼狽のあまり返歌も出来ずに立ち去ってしまい恥を掻き、この一件以後小式部内侍の歌人としての名声は高まったという。 脚注 [ ] [].

次の

山菜の女王「こしあぶら」|見分け方と採取時の注意点まとめ

みず こし えみ か

砂漠のイメージが強くて、サボテンは水の多い場所では育たないと思っているなら、いますぐおすすめしたいのが水耕栽培。 実は、水の中でもちゃんと育つのです。 かわいらしい容器に入れることで、インテリアとしてもおしゃれなサボテンの水耕栽培について紹介します。 サボテンに 「水を与え過ぎてはいけない」 は間違い これまで、サボテンにはあまり水を与えないで育てるのが一般的だったかと思います。 しかし、もはやその考えは正論とは言えません。 サボテンは、育て方さえ間違えなければ、水の中でもしっかりと生きることができます。 これまで、サボテンが水を与え過ぎると枯れると言われていたのは水が腐るため。 サボテンはもともとあまり水を吸収しない植物です。 そのため、土の中であると余った水分が腐食して細菌が繁殖することで枯れてしまいます。 しかし、あくまで水が腐ると言うのは土の中で育てる場合の話。 水耕栽培の場合は、酸素を含んだ新鮮な水を利用するので、水が腐ってサボテンを枯らすことはありません。 サボテンは あくまでも水耕栽培 水耕栽培とは、水栽培とはことなり、水に肥料を溶かして行う栽培方法のことです。 野菜などを育てる際にもよく用いられます。 水だけでは育てることが難しいので、サボテンや容器の他に、水耕栽培用の肥料も用意しておきましょう。 また、水耕栽培にするサボテンを選ぶときに注意したいのが、サボテンの大きさ。 成長しきってしまった大きめのサボテンは、長年土の中で育てられてきたために水耕栽培には適しません。 100円ショップなどでも手に入る、小さめのまだ比較的新しいサボテンを使用することがポイントです。 準備ができたら 水耕栽培の開始!• サボテンを用意したら、しっかりと土を洗い流してきれいにしましょう。 今生えている根も切ってしまいます。 根を切るのは、新たに水耕栽培に適した根を生やすためです。 根を切ったら、3日間日陰でしっかりと乾かします。 しっかりと乾燥させるのは、あえて飢餓状態にさせ、発育を促すためです。 切った部分がしっかり乾いた状態で容器に移します。 容器に移す前に、水耕栽培用の肥料の説明書に基づいて水に肥料を配合していきましょう。 サボテンを容器に入れる際は、水がぎりぎり根っこに触れるぐらいにして調整していきます。 水分が多いとうまく成長しないからです。 サボテンの水耕栽培で 注意したいこと• 水耕栽培ではだいたい1週間に1回の頻度で水替えを行います。 水が腐っていくように、水耕栽培に使う水も傷んでいくからです。 注意したいのが根の位置。 根が水に全て浸かってしまうとサボテンがしっかりと呼吸することができません。 サボテンを長く楽しむためにも根の上の方は出しておくようにしましょう。 容器を選ぶ際にも、全て浸かってしまうようなものを選ばないことが大切です。 サボテンの水耕栽培は水温も大切。 土の中は温度変化が少ないため、水温が熱くなりすぎると根が傷むこともあります。 特に夏は、直射日光が当たる場所に置くのは避けましょう。 サボテンの水耕栽培で 部屋の雰囲気づくりを これまで植物を置きたいけれどもプラントだと管理が大変だとか、植物を置くスペースがないという方にサボテンの水耕栽培はおすすめです。 使用するサボテンは比較的小さい段階で水耕栽培を行うため、ちょっとしたスペースにも使用できますし、水も週1回変えるだけと管理も楽。 また、透明のガラス容器やフラスコなどに飾ることによって、部屋の雰囲気もおしゃれになります。 あまり華々しいのは嫌だけれど、シンプルな部屋にインパクトが欲しいという場合にすっと馴染むのではないでしょうか。 サボテンの水耕栽培での育て方などについて紹介しました。 サボテンは色鮮やかな花はつけないものの、存在感がありシンプルな部屋やスタイリッシュなお部屋作りにピッタリです。 水耕栽培だけでなく、普通プラント式のサボテンを一緒に置くのもインテリアとして良いでしょう。

次の

水越けいこ

みず こし えみ か

そんなひと手間の1つとして「豆腐の水切り」がありますよね。 そこで、どの方法が一番効率的で水切りができるのか、実際に試してみました! いざ、検証スタート! 今回検証する豆腐は、水分量の多い絹ごし豆腐を使用。 検証前と検証後で重さを計測し、重量を比較します。 パックから取り出した豆腐を計ったところ、212gでした。 この重さを基準とし、比較していきます。 検証1:沸騰したお湯で茹でる まずはこちら、ミミックさんから寄せられたコメントからスタート! 『お鍋で煮て 2〜3分 ザルに開けて放置しておくとしっかり水切り出来て、固い豆腐になりますよ。 放置の時に、重しを何かでしておくと時短になります byミミック』 早速、鍋で2〜3分茹で、ザルにあげて重し代わりのお皿を乗せ、10分ほど置いてみたところ・・・お!水分がかなり抜けています。 重さを計ってみると、174g!マイナス38gという結果になりました。 検証2:レンジで加熱する 続いては、おーさかやさんから寄せられたコメントから。 『キッチンペーパーにくるんでレンジでチン。 しっかり水切りできますよ byおーさかや』 キッチンペーパーにくるみ、500Wのレンジで2分加熱してみました。 2分加熱した豆腐は、やわやわのぷるんぷるん。 崩れないよう、そっと計ってみると189g。 マイナス23gという結果に。 まだまだ水切りできるかも…と思い、キッチンペーパーに再び包み、さらに500Wで1分加熱してみました。 レンジから取り出し計ろうとしたところ、あ!崩れてしまいました・・・。 加熱後の扱いには注意が必要です。 結果は178g、マイナス34g。 検証3:重しをのせる 一番オーソドックスな方法といえばこちらですよね。 ホライゾンさんや莉彩パパさんは、キッチンペーパーで包んで、お皿などの重しをのせる方法をご紹介。 『キッチンペーパーに包んで中くらいのお皿を上に乗っけるとよくきれますよ byホライゾン』『豆腐はペーパータオルで巻き、少し重めの皿などで重石をかけて、20~30分水分を抜く。 by莉彩パパ』 そこで、キッチンペーパーで包み、重しをのせて30分ほど放置してみました。 30分後、計ってみたところ・・・ お!170g!マイナス42gで暫定1位です。 キッチンペーパーなどは使うものの、重しは使わない方法もありました。 それがこちら、山本ゆうきさんの、あらかじめ切り分けた豆腐を、布巾やキッチンペーパーでサンドする方法。 『1丁ごと水切りするのではなく、あらかじめ使う大きさに切り分けるとよいと思います。 (例)揚げ出し豆腐の場合、豆腐を適当な大きさに切り分けバットなどにさらし又は布巾を敷きその上にキッチンペーパーを2枚ほど重ねます。 その上に豆腐を置き同じようにさらし又は布巾、キッチンペーパーでサンドします。 あとは約30分から40分放置します。 by山本ゆうき』 この方法だと、豆腐が型崩れせず、また、硬くなることなく水切りができるんだそう。 検証4:パッケージの端に切り込みを入れて立てかける 続いて検証4つ目は、ちょっとユニークな方法です。 by肌美食コーチ鈴木麻里』 この方法なら、キッチンペーパーがなくても水切りができるため、とってもエコ! 早速試してみましょう。 豆腐の容器の端に切り込みを入れ、水分を抜き、シンクの端に立てかけます。 (本当にこれで水分が抜けるの?と半信半疑…) 30分後。 容器から取り出し、軽くキッチンペーパーで水分を取ります。 計ってみたところ・・・お!?意外にも水切りできてる! 結果は189gと、他の水切り結果には及ばないものの、マイナス23gでした。 できれば一晩なのですが…時間ない時は30分位でも水切りできます。 使う用途にもよりますが、お塩の効果でお豆腐がしまる感じです。 どちらもほんのり塩味程度で、驚く程の塩気ではありません。 完璧な水切りを目指すならさらに重石して置けば、完璧です bynon・noノンチ』 塩をまぶした豆腐をキッチンペーパーで包み、30分ほど放置します。 気になる結果は・・・181g!マイナス31gという結果に。 これはおもしろい〜!おすすめは、「一晩置く」がいいらしいので、時間がある時に試してみたいですね。 結果発表!• 1位 重しをのせる マイナス42g• 2位 沸騰したお湯で茹でる マイナス38g• 3位 塩をかける マイナス31g• 4位 レンジで加熱する マイナス23g(レンジで2分の場合)• ご紹介した豆腐の水切りを参考に、みなさんのお料理スタイルにあった方法を、ぜひお試しくださいね。

次の