退職届 例文。 退職願・退職届の書き方、渡し方、封筒への入れ方(すぐ使えるダウンロードテンプレート)|マイナビ転職

【テンプレートあり】退職届・退職願・辞表の書き方!フォーマットDL

退職届 例文

会社都合に退職届は必要? 退職を考えている人の中には退職届を出すと会社都合で辞める場合でも、自己都合退職となってしまうと思っていませんか? これは間違いです。 「退職届を提出」=「自己都合退職」 ではありません。 会社都合による退職の場合でも会社から「 退職届を提出してくれ」と言われた場合はそれに従って提出しても問題ありません。 ただし、 「 会社都合による退職届け」は 「自己都合による退職届け」と 書き方が違うので注意が必要です。 会社都合の退職届の書き方、例文 会社都合による退職届けは下記を参考にしてください。 退職届 海山川商事株式会社 代表取締役 山田太郎殿 この度 、貴社、退職勧奨に伴い来る 平成〇〇年〇〇月〇〇日をもって 退職いたしたく、ここにお願い申し上げます。 会社都合の退職届提出の際の注意点 例文を見ればわかりますが、会社都合の場合の退職届の文章では 「退職勧奨に伴い」という箇所が 「会社都合で退職しますよ」という意味なるので必ず記入してください。 そしてこの書き方は会社都合でも 退職勧奨や勧告を受けた場合のみに使用します。 これ以外の会社都合、例えば 希望退職に応じた場合や リストラなどの場合は「 退職勧奨に伴い」の部分を• 「雇用契約の終了に伴い」• 「希望退職により」• 「貴社、人員調整に応じて」 などと書くようにしましょう。 間違っても 「一身上の都合により」 とか 「自己都合により」などと 書いてはいけません。 一度「 一身上の都合」や「自己都合」とされた離職票の離職理由を覆すことはかなり難しいです。 最悪の場合、会社が離職理由を改めないと離職理由は「一身上の都合」のままになる可能性が高くなります。 また問題なのは会社が 「退職届のひな形」を用意していて、部署と名前と日付を書くだけの場合に理由の箇所が 「一身上の都合」になっている場合があります。 「会社が用意してくれるから、簡単に書けて手間が省ける」と思って、気づかずに提出していしまうと、自己都合による退社になる可能性があります。 もちろん多くの会社は指摘すれば修正してくれるはずなので問題ないのですが、会社の中には 助成金の支給要件などの理由で自己都合を偽装しようとする場合もあるようです。 退職者が「 退職勧奨に伴い」と修正したにもかかわらず、「 一身上の都合」でなければ受け取らない、または辞めさせないという場合は、 配達証明郵便で会社都合と書いた退職届を送るようにしましょう。 まとめ 会社都合の場合の退職届は退職をする提出する側だけではなく、会社側も「 退職届を出せば自己都合になる」と 勘違いしている場合も多いようです。 今回紹介したように「 退職勧奨に伴い」と書いて退職届を提出すれば会社都合になって失業保険もすぐ受け取れますが、もし会社が「 一身上の都合」など会社に有利なように色々と要求して困った場合はお近くの社労士や労働問題相談所に連絡をして相談をしましょう。 よくわからないと思って会社のいいなりにならないように気をつけましょう。 関連記事:.

次の

退職願・辞表の正しい書き方~文例とサンプル~|書式のダウンロードと書き方は書式の王様

退職届 例文

退職願と退職届・辞表の違い 退職願・退職届とは雇用主に退職の希望を伝えるための書類。 辞表という書式もありますが、一般的に退職願の方が使われます。 辞表は役員や公務員が辞職の意を伝える書類になり、一般社員の方は使うことはありません。 マナーを気にするべき書類なので、正しい書き方を学びましょう。 退職願と退職届 退職願とは、会社と労働契約を結んでいる一般社員が、会社との契約を解除してもらうための申し出をする書類のことをいいます。 退職願を提出しただけでは退職することはできません。 会社側の合意を得てはじめて、退職となります。 そのため、会社側が合意する前であれば撤回することも可能です。 それに比べ 退職届は、「私はこの会社を退職します」と言う意思表示をするための書類ですので、提出をした後に撤回をする事はできません。 退職の意志がより強い場合に提出しましょう。 企業の経営者や役員は、 労働契約ではなく委任契約を結んでいます。 そのため、役職者は会社の労働組合にも入っていません。 一般社員は労働者ですが、役職者は使用者の立場になります。 労働者が会社を辞めるときには、雇用主使用者にあてて退職願 退職届 を出します。 そしてその使用者つまり役職者が会社を辞めるときには退職願ではなく、 辞表を提出するのです。 それにより、委任契約を解約する形となります。 以上の理由から、一般社員が辞表を提出することはありません。 自分の会社での立場から、どちらの書式を提出すればよいかを選びましょう。 退職願には決まった書式はなく、退職の意志さえ伝わればどんな書式でもよいとされています。 ですが、円満に退職するためにもマナーは守りたいですよね。 退職願に書き入れるべき5つの項目について、ポイントを交えながら説明します。 敬称には『様』『殿』を用います。 通常、退職願の文面には退職理由についての詳細は記載しません。 ですが、形式上、理由の記載が必要となります。 退職後も書類のやりとりが発生することもありますので、特に転居を伴う場合などは必要に応じて退職後の住所や連絡先を書き入れましょう。 退職願と退職届の内容の違いは2点あり、• タイトルが「退職願」から「退職届」になる事• 退職理由の部分が「退職をさせて頂きたい」という内容から「退職をします」という内容になる事 となります。 退職届については、でも詳しく説明をしていますので是非ご覧ください。 謙譲の意を表す決まり文句です。 中央の提出書類名が『辞表』になるくらいの違いでしょう。 取締役の辞表の場合には、役員の変更登記の添付書類となることがありますので 『辞任届』と書く場合もあります。 その場合でも、印鑑は認印でよいとされています。 以下でそれぞれについて詳しく説明をします。 自己都合の場合 自己都合で退職する場合、サンプルにも記載がある通り、「一身上の都合で」と記載をすれば問題はありません。 退職をするタイミングとしては、民法では 退職の14日前までに退職の意思表示をすればよいことになっています。 そのため、会社に引き止められた場合でも、法律上は14日前に合意が得られれば退職することができます。 ただし、特にすぐに退職しなければならない理由がない限りは上司と相談して退職日を決め、円満退社をすることをオススメします。 退職後、会社は新たな人員を確保しなければならず、新任者に引継ぎもしなければなりません。 飛ぶ鳥跡を濁さずという諺があるように、早い段階で余裕をもって退職スケジュールを立てることが大切です。 会社都合の場合 会社都合で退職する場合は注意が必要です。 失業手当の給付時期が、自己都合と会社都合では異なるためです。 会社都合の場合は、『一身上の都合』ではなく、会社都合で退職する 具体的な理由をそのまま書きます。 そうでなければ雇用保険では自己都合と判断され、すぐに失業手当がもらえないことがあります。 一度自己都合退職として処理されてしまうと撤回することはできませんので気をつけましょう。 もし、どうしてもそのままの理由が書けない場合は『会社都合により』とだけでも良いので、 必ず自己都合ではない旨を記載するようにしましょう。 ここからは、大切な書類の折り方、封筒の選び方などを解説します。 それを左に90度回転させ、文書の右上の部分が上にくるようにセットし、封筒の裏面を自分の正面にくる状態にして中に入れましょう。 このとき、折り目がずれないように合わせて折るように気をつけてください。 郵便番号枠がないもので、縦長、二重になっているものが適しています。 堂々と渡すものではありませんので、内ポケットにしまうことのできるサイズが良しとされています。 茶封筒は主に事務用となりますからマナー違反と判断されますので避けてください。 書き損じや汚れのないように気をつけましょう。 封をする場合は糊付けしたあと〆と書きます。 封をしない場合はフラップのみ折り曲げ、何も書きません。 提出するまではクリアファイルに入れるなどして、折れないように保管しておきましょう。 裏面は、自分の所属部署とフルネームを左下に書き入れます。 宛名を書く必要はありません。 辞表の場合は「辞表」あるいは「辞任届」と書きます。 いきなり退職願や辞表を提出するのは心象がよくありません。 その場合は、上記のようにして退職願を書いたうえで、さらに大き目の封筒を用意します。 その中に退職願と添え状を同封して送付します。 退職願を提出しても、会社がそれを受理しなければ退職はできません。 円満退社をするためには、退職を決めた時点で早めに上司に申し出て、スケジュールを組むことが大切です。 行動を始める際には、自分の置かれている状況をよく理解したうえで退職願や退職届・辞表の準備を進めるようにしましょう。

次の

退職願、退職届、辞表。それぞれの書き方を見本付きで解説

退職届 例文

退職願、退職届、辞表の違い 混同されがちな「退職願」と「退職届」ですが、退職理由によって使用するケースが異なります。 一般的に、自己都合で退職する場合は、退職願。 「会社に退職のお伺いをする」という意味合いですので、提出した時点では退職となりません。 相手が承諾するまでは、撤回可能です。 一方、会社都合で退職する場合は、退職届。 退職届は会社への強い意思表明と解釈されるので、受理された時点で退職が決まります。 提出後の撤回が認められない場合もあるので、注意しましょう。 最後に、辞表は一般社員が使うことはまずありません。 辞表を提出する必要があるのは、会社の運営に関わるような役員や、公務員です。 退職願の渡し方 退職願の提出先 退職願を提出するのは、「自分が所属する部署の直属の責任者(課長や部長など)」です。 たとえ信頼できる相手だとしても、先に同僚やお世話になった他部署の責任者などに伝えるのはNG。 万が一にでも他の人から上司に退職することが伝わってしまえば、上司の立つ瀬がなくなってしまいます。 退職の意志を最初に伝えるのは、必ず直属の上司にしましょう。 退職願の渡し方とタイミング 直属の上司に事前にメールにて、お話したいことがあるので時間が欲しいと伝え、人目を避けた個室でお話をするのが良いです。 テレビドラマだと上司に報告する時に退職願を突きつけるイメージがあるかもしれませんが、 退出願を提出するのは、「退職日が正式に決まってから」にしましょう。 最初の交渉の席で、何月何日に退職するのか、退職願をいつまでに誰に提出すれば良いのか、退職するまでに誰と話す必要があるのかなど、今後のスケジュールと流れを確認すると、退職交渉がスムーズに進みやすくなります。 退職を切り出すときは、「相談」ではなく「報告」のスタンスで 直属の上司に退職の話をする際は、「相談がある」と切り出すのではなく、「報告したいことがある」というスタンスでお話をし、退職の意思が固いことを強く伝えましょう。 退職交渉が長引くと疲弊します。 初回の面談では、「辞めさせてください」「辞めようと思うのですが…」と話すのではなく、「退職させていただきます」「退職を決意しました」などと退職の決意が固いことをアピールする姿勢が大切です。 引きとめには、揺るがない覚悟を持って 退職の話を切り出すと、引きとめにあうものだと予め想定しておきましょう。 上司はもちろん、入社時のリクルーターやお世話になった先輩から、突然電話が入り引きとめられる場合もあります。 基本的に円満退社を心がけて「次の会社に入社する強い意思」があれば、まわりの方も止めても無駄だと諦めてくれるものです。 揺るがない覚悟を持って、臨むように意識しましょう。 あえて喧嘩をする必要はないので、上司も立てながら退職の意思を告げるのがポイントです。 退職までの一般的な流れ 民法の規定(第627条第1項)では、少なくとも2週間前に退職願を提出するように義務づけられています。 ですが、退職の手続きや仕事の引き継ぎに要する時間を考慮すると、できるだけ早く行動し始めるのがオススメです。 ここでは、退職までの一般的な流れをご紹介させていただきます。 退職規定の確認/2~1ヶ月前 退職を決意したら、まずは就業規則に記されている「退職規定」を確認しましょう。 例えば「申し出は退職の一ヶ月前までに」と記載されているのであれば、その通りに退職の申し出を行ないましょう。 退職日の相談/1ヶ月前~ 直属の上司へ退職したい意向を伝え、いつまで働くのか退職日を決定します。 仕事の引き継ぎに要する時間や、転職先の入社日も考慮して、無理のない日程にしましょう。 転職先企業の受け入れ準備にも影響するため、入社日は一度決めたら基本的に変更しません。 退職願の提出/企業と要相談 会社によっては就業規則で所定の書類提出を求めることもありますので、その場合は規則に従って書面を提出しましょう。 退職願の提出日を、「退職日の1ヶ月前」と記載している企業も多いので、期限までには予め準備しておくと良いです。 退職願を手渡す際は、上司の机に置いておくのではなく、直接手渡すようにしましょう。 仕事の引き継ぎ/1ヶ月前~ 退職願が受理されたら、なるべく早く仕事に取り掛かります。 後任の担当者がすぐには決まらないことも考えられますので、誰が担当することになっても滞りなく自分の業務を引き継げるように、資料を作成しておくのがオススメです。 自分の担当する仕事の段取りや仕事の進捗状況などを詳細に書いておきましょう。 営業職の場合は、担当顧客リストに「自分がどんな話をしてきたか」「担当者はどんな性格か」などといった情報を記載しておくと良いでしょう。 書面に丁寧にまとめておくことで、お世話になった会社へ誠意を伝えることができます。 取引先への挨拶まわり/2週間前~ 担当していた取引先へのあいさつは、会社の意向に沿って対応します。 また、後任者が決まっている際は同行を依頼。 取引先に紹介する際は、後任を「頼りになる人です」などとたてると、取引先も安心でき、後任者も仕事が進めやすくなるはずです。 退職願を提出する前に準備するもの 円満退社をするためにも、退職願はスムーズに受け取ってもらいたいところです。 しかし、封筒や便箋が汚れていたり、非常識なものだったりすると、受け取る側は何かしら引っかかりを覚えてしまうもの。 だからこそ、 退職願を書く時は「できる限りリスクの少ない封筒・便箋」を目指すのが重要です。 ここでは角の立たない退職願を目指す上で、書き始める前に準備していくものをご紹介させていただきます。 封筒 封筒の種類:郵便番号枠のない、白い無地の二重封筒 退職願を入れるのにふさわしい封筒は、「白色の無地」。 いわゆる「白封筒」「二重封筒」と呼ばれる、中身が透けない紫色の紙などで二重構造になっているものが、ふさわしいとされています。 クラフト紙でできた薄茶色の「茶封筒」は、事務的な用途で使われることが多く、白封筒よりも安価なので、退職願を入れるのはマナー違反と言われています。 使用する用紙のサイズにちょうど合う大きさの封筒を用意すると良いでしょう。 退職願は封筒に「三つ折り」で封入するのが一般的。 B5サイズなど、懐に忍ばせられる小さめの封筒を選ぶと、スーツの胸ポケットなどに入れて持ち運びやすくなります。 ~パソコンから出力する場合~• A4用紙…長形3号(120x235mm。 長3封筒とも)• 長4封筒とも) ~便箋に手書きする場合~• 長3封筒とも)• 長4封筒とも) 便箋 コピー用紙か便箋を使用しましょう。 紙の材質にこだわる必要はありませんが、紙の色は読みやすい白色が良いでしょう。 手書きで便箋を使用する場合は、罫線入りか無しかの選択肢が出てきますが、罫線は入っていても、入っていなくても問題ありません。 無地の紙にまっすぐ文字を書くのが苦手という方には、罫線入りをオススメします。 筆記用具 退職願で使用する筆記用具は、「黒色を使用する」ということ以外、特に決まりはありません。 ただし、筆ペンやマジック、サインペンは文字が太く、目立ちやすくなってしまいます。 角の立たない退職願にするなら、「ボールペン」や「万年筆」を使うのが良いでしょう。 クリアファイル 白い封筒は汚れや折れ目が目立ちやすいです。 提出する直前までは、クリアファイルに入れて持ち運ぶと良いでしょう。 「退職願」「退職届」を書き始める前の注意 「退職願」「退職届」を書く前に、まず注意すべきことは、在籍している会社の「就業規則」です。 「退職願」「退職届」の提出する〆切が記載されている場合が多く、中には退職希望日の「二ヶ月前」までに提出する決まりのある会社もあります。 法的には、退職2週間前の申請で問題はないのですが、会社の決まりにより退職交渉が発生することもあります。 手間を増やさないよう、就業規則は必ず確認してください。 封筒への入れ方 便箋の折り方(ポイント)• 文字を書いている部分を表面にし、右上が上部にくるように下から折ります。 基本的には三つ折りで封筒に入るように、幅を調整しましょう。 封筒の幅が細い場合は、四つ折りにして封入しても大丈夫です。 便箋の箸がキチンと重なるよう、丁寧に折るようにしましょう。 封筒に入れる時の向き(手順)• 便箋に向かって右上が、便箋の宛名を書いた面の上部に来るように封入します。 封筒にノリをつけ、しわが寄らないように貼り付けます。 ノリを貼った箇所に「〆」を記載します。 退職願・封筒の書き方 会社によっては決まった書式がある場合もありますので、まずは就業規則に記されている「退職規定」を確認しましょう。 多くの場合はフォーマットがありません。 退職願は白地の用紙に、黒のボールペンや万年筆で縦書きに手書きするのが一般的です。 ここでは退職願の書き方を項目別にご紹介します。 退職願の書き方 退職願の書き方(手順)• 冒頭に「退職願」と書きます。 他の文字より少し大きめを意識して、行の真ん中、もしくはそれより少し上側に書くようにします。 「退職願」と書いた題から1行あけ、一番下に「私事」もしくは「私儀」と記載しましょう。 「わたくしごとではありますが……」という意味があります。 退職理由は詳細を書く必要はありません。 どんな理由であれ「一身上の都合により」と書くのが良いでしょう。 退職願は「退職を願い出る」書類なので、「退職する」と言い切らないほうが良いでしょう。 伺いを立てる形式で「お願い申し上げます」とします。 退職願を提出する日付を和暦で記載します。 退職日時点での所属部署・所属課を書きます。 自分の氏名が、末尾の社長の氏名より下にくるように書き出しを少し下げるようにしましょう。 自分の氏名の後に、押印をします。 三文判でも問題ないですが、シャチハタは避けるようにしましょう。 会社の正式名称を書きます。 宛名は社長とし、フルネームで記載します。 敬称は「殿」、もしくは「様」を用います。 書き終わったら誤字脱字がないかを確認。 万が一間違えてしまった場合は、修正ペンなどは使わず、新しい用紙にもう一度書き直しましょう。 退職願のサンプル 封筒の書き方 封筒の書き方(手順)• 封筒の表面に「退職願」とだけ書きましょう。 位置は、中央より少し上くらいを意識すると良いです。 裏面の左下に、所属部署・所属課とフルネームを書きます。 宛名は必要ありません。 手渡しであれば、封筒の封はしても、しなくても構いません。 ただし、「のりシール」がついている封筒を使用する場合は、見栄えの問題上、封をしたほうが無難です。 封筒の封をする場合は、フラップと封筒裏の中央にかかるように「〆」を書きます。 「退職届」「退職願」に関するよくある質問 提出した「退職願」を撤回することは可能でしょうか? 会社側が一度受理した「退職願」は、申請者から撤回を要求されても、会社は「退職願」の取り消しに応じる義務ありません。 ただし、会社によって「受理」の考え方や判断も異なりますので、人事担当者や上司に一度相談してみても良いかと思います。 退職日が決定した後の、退職日の変更はできますか? 退職時期について企業側と契約を取り交わしたことになるため、自己都合で変更するということは難しいです。 ただ、企業によっては応じているケースもありますので、一度相談してみるのはどうでしょうか。 退職願を受理してもらえないと退職できないですか? 民法で「退職日の2週間前に退職の意思表示をすること」とされています。 そのため、2週間以上前に退職の意思表示をしていれば、退職届の受理とは関係なく退職が可能です。 もうすぐ内定。 退職意向を伝えたほうが良い? 仮に内定が出なかった場合、仕事に就いていない期間が発生する可能性があります。 そのため、退職意向は内定が出てから伝えたほうが無難です。 就業規則通りに退職しないとダメ? 民法では、退職希望日の14日以前までに辞意を表明するように定められているため、それ守っていれば企業側は拘束できません。 ただ、双方合意の上での円満退社のためには、できる限り就業規則に沿った手続きをおすすめします。

次の