尽力いたします。。 【注力】と【尽力】の意味の違いと使い方の例文

「尽力」の意味、敬語「ご尽力」の使い方、例文、類語「貢献」との違いも紹介

尽力いたします。

「尽力」の読み方・意味・語源 「尽力」は「じんりょく」と読む 「尽力」は <じんりょく>と読みます。 「盡力」と書くこともできますが、一般的に「尽力」を使うことが多いです。 「尽力」の意味は「あることのために力を尽くすこと」 「尽力」は 「あることのために力を尽くすこと」「骨を折ること」を意味します。 「努力」と似ていますが、ニュアンスが異なります。 例えば、「成績を上げるために努力する」とは言いますが、「成績を上げるために尽力する」とは言いません。 「尽力」の漢字の語源 「尽」は音読みだと「ジン」、訓読みだと「つくす」「つきる」と読みます。 「尽」は「全部出しつくす」「全て費やす」を意味します。 「力」は音読みだと「リョク」「リキ」、訓読みだと「ちから」と読みます。 「力」は「肉体的・精神的なちから」「つとめる」を意味します。 それらが組み合わさり「力を全て出して尽くすこと」といった意味になりました。 「尽力」の使い方と例文 「尽力」は自分自身が全力を尽くすときに使う 自分自身が力を尽くすことに対して 「尽力」と使います。 「目標達成のために尽力する」「問題解決のために尽力する」「町の復興のため尽力する」などと言います。 このように、相手に対して「頑張ります」「努めていきます」という意欲を伝える場合に「尽力」を使います。 「努力します」と言うこともできますが、 「尽力します」と言った方が、「ただの努力ではなく、全身全霊で頑張っていく」という強い気持ちを伝えられます。 「尽力」の主な言い回し 「尽力」を使う場合の主な言い回しは ・精一杯尽力いたします ・尽力してまいります ・誠心誠意尽力してまいりたいと存じます ・尽力させていただく所存です ・尽力を惜しまない などとなります。 また「尽力」を使うときは、 「微力ながら」「及ばずながら」とクッション言葉を前におくことで、謙虚な気持ちを表します。 「力不足ではありますが」「十分ではありませんが」という意味なので、自分の力を謙遜した表現できます。 クッション言葉がないと、やや謙虚さに欠けるように印象になってしまいます。 「尽力を尽くす」「尽力を注ぐ」は重語にあたり誤用 「尽力を尽くす」や「尽力を注ぐ」という使い方は誤用になります。 「尽力」という言葉自体が「力を尽くす」を意味しているので、「尽力を尽くす」では「力を尽くすことを尽くす」となってしまいます。 また「尽力を注ぐ」とすると「力を尽くすことを注ぐ」と意味が重複しますので、重語にあたります。 重語自体は一概に間違いであるとは言い切れませんが、少なくともビジネスメールなどでは推奨されません。 「尽くす」や「注ぐ」を用いる場合は「誠意を尽くす」「力を注ぐ」「全力を注ぐ」などです。 「ご尽力」にすると敬語表現 「ご尽力」は目上の人に対して感謝の気持ちを表すときに使う 「尽力」を目上の人に対して使うには、 「ご尽力」という形にします。 基本的に、「ご尽力」という言葉は、目上の人に感謝の気持ちを表すときに使います。 相手に、「(何かを成し遂げるために)かなりの労力をかけ、助けてくれてありがとうございます」と深く感謝を示したい場合は、「ご尽力」を使うのが良いでしょう。 主に、相手が自分を助けてくれた、協力してくれた際に用います。 感謝の言い回しとしては、 ・ご尽力のおかげ ・ご尽力の賜物 ・ご尽力されている ・発展に尽力する ・ご尽力いただきありがとうございます ・ご尽力いただき、心から感謝申し上げます ・ご尽力賜り、感謝申し上げます ・ご尽力の賜物と深く感謝いたします などとなります。 例えば、「ご尽力の賜物」は「相手が力を尽くしてくれたおかげで成果を得た」という意味です。 「ご尽力」はお詫びや謝罪をする時にも使う また、 「ご尽力」は感謝を述べるときだけでなく、お詫び・謝罪をするときにも使います。 相手が労力をかけて、助けてくれたにも関わらず、成果がや結果が出なかった時に用います。 この場合は、「ご尽力いただいたにも関わらず、申し訳ありません」などと謝ります。 「ご尽力」はお願いをするときには使わない 「ご尽力」は相手に何かをお願いするときは使いません。 「ご尽力いただけませんか」などと依頼すると、「(私のために)力を尽くして助けてくれませんか」というニュアンスで、非常に厚かましい印象となってしまいます。 注意しましょう。 「ご尽力」を用いた例文 ・これもひとえに、皆様のご尽力のおかげです。 誠に感謝申し上げます。 ・この度は、プロジェクト実施において、皆様より多大なるご尽力を賜りましたことに厚くお礼申し上げます。 ・貴社におかれましては、日頃より町の発展のためご尽力され、誠にありがとうございます。 ・イベントの開催に当たりまして、会場設備をはじめ多方面にわたりご尽力いただきまして、深く感謝いたします。 ・この度、御社の長年にわたるご尽力が実を結ばれましたことは、感激の至りでございます。 ・この度はご尽力いただいたのにもかかわらず、残念な結果となりましたことを深くお詫び申し上げます。 「添」は「加える」「足す」という意味なので、「力添え」は助けるといったイメージになります。 「お力添え」の使い方としては、 ・お力添えいただく〜 ・お力添えのほど〜 ・お力添え賜る〜 などとなります。 感謝・お詫び・お願いをするときに使います。 「お力添え」はどんなに些細なことであっても、相手から援助や手助けを得た場合には使うことができます。 また、「ご尽力」はお願いする時に使いませんが、「お力添え」は「お力添えいただけますか」などと使えます。 「お力添え」と「ご尽力」の違いはどうなるのでしょうか? ・この度は、弊社にご尽力いただきありがとうございます。 ・この度は、弊社にお力添えいただきありがとうございます。 このように、比べてみてもそんなに違いはないように思いますが、ニュアンスが少し異なります。 また、「尽力」と違い、 「お力添え」は「他人からの援助」を意味しているので、自分の行いに対しては使用できません。 「力添えできずに申し訳ありません」「力添えさせていただきます」などは誤用です。 使い方を間違ってしまうと相手に誤解を招いてしまうこともあるので、違いについてしっかり理解しておきましょう。 ・どうかますますのご指導とお力添えを賜りますよう、お願いいたします。 ・お力添えを頂いたにも関わらずこのような結果となってしまい、誠に申し訳ありません。 「尽力」と「貢献」の違い 「尽力」・・・あることのために力を尽くすこと 「貢献」・・・会社やある物事のために力を尽くすこと、役に立ったり良い結果をもたらすこと 「尽力」も「貢献」も会社や物事に対して力を尽くすことを意味します。 ただ「貢献」は元々「貢ぎ物を奉ること」といった意味ですので、相手にものを捧げることを意味します。 そのため今でも「貢献」は会社や物事にとって良い結果や利益をもたらすなど、役に立った場合に使われることが多くなっています。 それに対して「尽力」は結果など関係なく、力を尽くすこと全般に使われています。 また、ビジネスシーンだけでなく日常会話でもよく使われていて、 「ご尽力」に比べて堅苦しさもなく気軽に使いやすい言葉です。 「ご尽力」はこれよりもより丁寧な言い方になるため、相手によってはかえって嫌味っぽいと思われてしまう場合があります。 立場や使う相手によってうまく使い分けられると良いでしょう。

次の

「ご期待に添えるよう」を使った例文・意味と使い方|ビジネス

尽力いたします。

「ご期待に添えるよう」は、相手側から何かしらの言葉を掛けられて返答するときに使うと前述しましたが、「ご期待に添えるよう」の後に続く文章にいくつかパターンがあります。 実際に「ご期待に添えるよう」をビジネスシーンで使うとき、どのように表現するのか例文を用いて説明します。 ご期待に添えるよう尽力いたします 「尽力 じんりょく 」は漢字が表す通り「力を尽くす」という意味があり、ある目的のために精一杯努力することを表します。 主に相手のために力を尽くすときに「尽力」が用いられ、相手に力を借りたいときには使いません。 例えばビジネスで新しいプロジェクトを任された時の決意表明として「ご期待に添えるよう尽力いたします」と使います。 「ご期待に添えるよう頑張ります」よりもビジネスシーンでは年上や目上の人にふさわしい敬語になります。 ご期待に添えるような 「ご期待に添えるような」と使うときは、相手の望む内容や要望に対して自分がどう動くのかを、より具体的に伝える場合に用いることができるでしょう。 例文としては「お客様のご期待に添えるような解決案を提示します」「部長のご期待に添えるような企画案を提出いたします」など、相手が満足や納得するように自分がどう行動するのかを伝えるときに使います。 ご期待に添えるよう努力 「努力」は「尽力」と同じ意味合いで使われることが多いのですが、違いをあげると「努力」は自分のために力を尽くすときに使われることが多いです。 人事異動で部署が変わり自己紹介の挨拶として「ご期待に添えるよう努力いたします」のなどと使用します。 ビジネスシーンでは目上や年上の方には「努力」よりも「尽力」に言い換える方が敬意を表した表現になり、適切な場面もあるので上手に使い分けましょう。 ご期待に添えるよう精進 「努力」よりも「精進」の方が、ややかしこまった言い回しになりますがビジネスシーンでは「精進」もよく使われます。 「ご期待に添えるよう精進いたします」のように、もともと「精進」とは仏教用語なので「努力」と表すよりも「精進」と表す方が、より謙虚さやひたむきさが伝わりやすいでしょう。 敬語で「ご期待に添えるよう」を使ってみよう 「ご期待に添えるよう」に対して「ご期待に添えない」という場面も、ビジネスシーンでは度々登場します。 ビジネスで相手の期待に添えないということは、相手にとっては望ましくない状況なので、それを極力失礼に当たらないように伝えることが大切です。 「ご期待に添えるよう」と同じように口語でもメールでも使用することができるのですが、主にどういうシーンで使うのかまとめてみました。 相手に断る場合 相手の要望に対してその要望が受け入れられないときや断るときに「ご期待に添えず」と表す場合があります。 「お客様のお申し出について、ご期待に添うことができかねます」「選考の結果、誠に恐縮ではございますが、今回はご期待に添うことができず見送らせていただきます」などと表すことで、断る表現を柔らかくし相手に対して心配りのある言い回しになります。 謝罪をする場合 謝罪する場面でも「ご期待に添えず」を用いることができます。 お客様や取引先や上司に対して謝罪の言葉だけを伝えるのではなく「ご期待に添えず」と付け加えることで丁寧な表現になります。 「この度はお客様のご期待に添えず大変申し訳ございませんでした」と伝えることで、相手の要望に応えられなかったことに対して、謝罪を述べているのが伝わります。 ビジネスでの「ご期待に添えるよう」の使い方 上司に対して使う場合は、上司から働きぶりを期待されている場合や、新しいプロジェクトを任されたときに「ご期待に添えるよう」と付け加えることで相手を立てた表現になります。 単純に「頑張ります」と伝えるよりも「部長のご期待に添えるよう尽力いたします」と伝える方が、より相手に敬意を表した丁寧な言い方になり、自分もそう伝えることで相手の期待に応えるべく力を尽くそうと、自分自身にも改めて気合いが入るでしょう。 取引先 取引先から何かしらの要望があった場合、「ご期待にそえるよう」は主に2通りの意味合いで使うことができます。 「ご期待に添えるよう精一杯努力します」と表現した場合、取引先の要望に応えられるよう精一杯力を尽くすという意味での使い方と、「なるべくご期待に添えるよう精一杯善処いたします」など、要望に応えられるかはわからないが、応えられるように力を尽くすという使い方です。 後者の場合は「ご期待に添えるよう」と付けることで、もし要望に応えることができなかった場合も、要望に限りなく近いものになるように、精一杯力は尽くすことを相手に伝える効果があります。 年賀状で「ご期待に添えるよう」を使うには?.

次の

尽力いたしますの意味は?ビジネスでの使い方の例文や類語も

尽力いたします。

「尽力」という言葉は、できる範囲で精いっぱい力を尽くす、頑張ることを意味します。 身近な言葉だと「努力」と同じような意味を持ちます。 日常会話などではよく「頑張る」や「努力する」という言葉が使われますが、ビジネスシーンでは「ご尽力」または「尽力」を使うのが一般的。 この「尽力」という言葉のはじめに「ご」をつけることで、尊敬の意味を加えられます。 「ご尽力」は、目上の人が努力してくれたことに対して感謝の気持ちを述べたいときなどに使用される敬語表現です。 また、自分がこれから努力したい、頑張りたいという気持ちを相手に伝えたいときもこの言葉を使用できます。 【ご尽力の使い方】どんなタイミングで使うのか?• Thank you for your assistance. (ご尽力いただきありがとうございます。 I appreciate your support and help so much. (あなたのサポートとご尽力に、大変、感謝いたします。 I am grateful for your kindness and efforts. (私はあなたのご厚意とご尽力に感謝しております。 Your exertions have not been in vain. (ご尽力の甲斐がありました。 Thank you for your help. (ご尽力いただきありがとうございました。 I appreciate your efforts. (尽力に感謝します).

次の