猫 爪とぎ 目的。 ネコ4匹に聞いた! 一番使ってもらえる “爪とぎ”はどれ? 選手権!

猫のケージに必要なグッズ・おすすめのレイアウト術とは?

猫 爪とぎ 目的

今までの爪とぎスペースを見直したり、新しく爪とぎを用意してあげた後は、現在失敗してしまう場所に爪とぎをしないように保護しましょう。 失敗してしまう壁に、市販の平面状の爪とぎを付けてしまうという方法が効果的です。 今までと同じ場所で"正しい爪研ぎ"の経験を積むことで、爪研ぎ台で爪を研ぐことが習慣付きやすいです。 壁につけられない場合には、ホームセンターなどで売っている板やパネルで、物理的に壁に触れないようにしてしまうという方法があります。 また、猫が嫌がる香りで近寄りたくなくなる「ひっかき防止スプレー」や、引っかきに強い素材の「引っかき防止シート」などの保護アイテムも販売されています。 ただし、猫が嫌がる匂いを部屋付けることは猫ちゃんのストレスになる恐れがあるため、引っかき防止スプレーは最終手段にすることをおすすめします。 ちなみに我が家では、新入り猫を迎え入れた時に、必ず私が爪とぎのデモンストレーションを見せてきました。 実際に新入り猫の前で「こうするんだよ~」などと猫にしゃべりながら私がガリガリと爪を研ぐのです。 だいぶシュールな光景ですね。 しかし、そうすると「なんだか楽しそうだね」と真似っこして爪とぎを使ってくれ、それ以降すっかり爪とぎで正しく爪を研いでくれています。 ただ、私の場合は新入り猫がみんな子猫だったため、成猫の場合にこのデモンストレーションが有効かは断言できませんが、好奇心が強い猫に「楽しそうだ」と思ってもらえたことが良かったのかもしれません。 ただ、我が家では壁や柱は守れていますが、ソファーやイスなどファブリック製品は守り切れずに壊滅しています…。 愛猫の爪とぎで壁がボロボロになってしまうと、修繕するのに手間も費用もかかってしまうので大変ですよね。 猫ちゃんに正しい場所で思う存分に爪とぎしてもらうには• 現在の爪とぎの環境を見直す• ストレスを抱いていないか見直す• 好みの爪とぎを用意してあげる• 失敗箇所の壁を保護する の4つの対策を行ってみましょう。 いつも失敗してしまう場所の環境、体勢、素材感が好みであるというヒントにもなりますので、失敗してしまう壁と似たような爪とぎを選んであげることも効果的であると考えられます。 猫ちゃんがグーンと立ち上がって爪とぎができるくらい、余裕のある高さのものを選んであげるのも良いかもしれません。 みなさんもぜひ猫ちゃんの快適な爪とぎライフをサポートしてあげてください。

次の

どうやってしつける!?飼い主さんの頭を悩ます猫の爪とぎ

猫 爪とぎ 目的

爪を尖らせるためと縄張りのニオイ付けの目的があるんです。 子猫が仲間入りしたらその日から爪とぎの場所を教えてあげましょう。 爪とぎのルールを子猫にしっかりと教えないと、家中猫の爪とぎに使われてしまいますよ。 今回は、子猫の困った爪とぎをしつける方法をご紹介します。 スポンサーリンク 子猫の爪とぎはしつけ?1週間でなんとかなるの? しつけの中でも子猫に覚えてもらいたいことの一つに爪とぎがあります。 決まった場所で爪とぎをしてもらわないと、むやみやたらに家の家具で爪とぎをしてもらったら困りますからね。 そこで必要になるのが、子猫の爪とぎのしつけです。 子猫を家に迎え入れるときが爪とぎのしつけのスタートと考えてもいいですよ。 それと、つめとぎだけではなく、子猫の爪は定期的に切るようにしましょう。 猫の爪とぎの必要性 猫は何のために爪をとぐのでしょうか。 どうして爪とぎって必要?そういった疑問もわいてくるのではないでしょうか。 本来が狩りをする動物の猫にとって、爪は攻撃するための武器となるのです。 また、木に登ったり地面をしっかりと蹴って走るためにも、爪は重要な働きをしてくれるのです。 子猫の爪は何層にもなっています。 それで爪とぎをすることで一番上の角質化した爪を剥がすのです。 そうすることによって、内側のピンピンに尖った爪を出すことができるというわけですね。 自分の縄張りを示すために必要 また、爪とぎをすることで、肉球の間などの臭腺から出る自分のニオイをつけることができます。 そうすることで、ここが自分の縄張りであるということを示唆するわけなのです。 初めての場所でしたら、子猫も自分のニオイを付けなければ安心できません。 それで、あちこちで爪とぎをするのですが、慣れた場所になると、爪とぎ専用のお気に入りの場所を作るのです。 こういった習性を利用して、家の中でも爪とぎ用のスペースを用意するということですね。 猫が好きな爪とぎの場所は? 子猫が好んで爪をとぐ場所ですが、木などの爪が刺さりやすい素材のものですね。 爪が刺さらない硬い素材のものや表面がツルツルしているもので、子猫は爪をとぎません。 このことから、ここで絶対に子猫が爪とぎをしてもらいたくないという場所には、子猫が爪をとぐ気を起こさせないような素材で覆っておくといいでしょう。 定期的に爪を切るようにする 子猫の爪とぎのしつけがうまくいっても、定期的に爪を切るようにしましょう。 しつけがうまくいったと思っても、子猫の場合は安心できません。 移り気な性格の子猫でしたら、他の場所でも爪とぎをすることもあります。 してほしくないところで爪とぎをすることもありますから、被害を最小限に抑えるためにも、定期的に子猫の爪を切るようにしておいたほうがいいのです。 子猫の爪とぎのしつけについて 子猫の場合は、時期を決めないとなかなかしつけはできません。 生後数週間というのは無理があるので、目安としては離乳食が終わったくらいからでしょう。 トイレトレーニングもしなくてはいけませんから、合わせて行うとより効果的です。 子猫の爪とぎのしつけのポイント 子猫の爪とぎのしつけですが、まず最初に爪とぎをして良い場所を教えることから始めます。 そして、爪とぎに適した素材ですが、木や絨毯、麻縄などの適度に爪が引っかかる素材がいいでしょう。 ペットショップなどで、猫の爪とぎ用として販売されているものでもかまいません。 それでも、爪とぎの素材にさえ注意すれば、100円均一やDIYなどのお店に行けば、絨毯の切れ端などが安価で手に入るのでそのようなものでも十分です。 爪とぎの素材は消耗品ですから安く済むに越したことはありません。 そして、子猫が好んでくれる素材であれば十分なのです。 子猫用爪とぎグッズ 単純に消耗品として爪とぎ用の素材を百均などに求めてもいいのですが、ペットショップなどでは、少々値段のはった爪とぎグッズを販売しています。 キャットタワー等のアスレチックを兼ねた爪とぎグッズは、見た目も楽しくて、子猫用爪とぎグッズの選択肢のひとつにしてもいいと思います。 スポンサーリンク 子猫の習性を利用する 子猫は体を伸ばして、高い場所で爪をとぐのが好きといった習性があります。 飼い主さんのほうで、柱やケージの側面など爪とぎをしても問題ない場所を決め、そこに絨毯の端切れを張って、子猫を立ち上がらせて爪をとぐまねをさせるのです。 子猫の両手を持って、絨毯に当ててみましょう。 そして、片方の手の爪を出して子猫に爪をとぐまねをさせるのです。 子猫がほかの場所で爪をとごうとしたら、すぐに爪とぎ場所に連れて行って爪とぎのまねをさせましょう。 爪とぎの素材にマタタビの粉を少量振りかけるのも効果的です。 子猫にそのニオイを嗅がせて爪とぎをさせるとより効果的ですよ。 1週間でなんとかなる 爪とぎのしつけは1週間もあれば大丈夫です。 教え方にもよるのですが、子猫は思った以上にかしこく、言ったことをすぐに覚えてくれます。 覚えたことを習慣化させなくてはいけないのですが、問題なく爪とぎを決まった場所でしてくれると思います。 しつけの基本は反復練習です。 1週間同じことを繰り返していると、子猫はその場所を覚えてくれます。 もちろん、すぐに覚えるのではなく、ほかのところでも爪とぎをしようとすることでしょう。 そのときは「そこはダメ!」といったように少し大きな声で注意します。 そして、爪とぎ場所に連れて行くのです。 基本は反復して覚え込ませることです。 縄張り意識を持たせることも 子猫は小さな部屋の中でも縄張り意識といったものを持つようです。 ですから、ここが自分の場所だということをしっかりと覚えさせなくてはいけません。 そのためにも自分の寝床の傍にある爪とぎ場所は当然縄張り内にあるので安心できる場所です。 子猫がもし、他の場所に固執するようでしたら、そこを縄張りと思っている可能性があります。 すでにそこで爪とぎをするように自分で決めている場合があるので、差し支えない場所でしたら、子猫に合わせてそこを子猫の爪とぎ場所にしてもいいと思います。 子猫の爪とぎ 爪とぎを意識しないで、爪を切る習慣だけにしている飼い主さんもいます。 それはそれでかまわないのですが、爪とぎは子猫の習性でもあるので、爪とぎを頻繁にする子猫についてはやはり、爪とぎのしつけをしたほうがいいでしょう。 そのあたりは臨機応変に対応してください。 スポンサーリンク - , , ,.

次の

猫の「スリスリ」には3種類ある!目的と理由を解説|ねこのきもちWEB MAGAZINE

猫 爪とぎ 目的

画像と本文は関係ありません 家の中で最も落ち着くことができるソファスペース。 猫もソファが好きですが、少し目的が違うようです。 猫にとってソファは格好の爪とぎ場所になります。 良いソファの条件は、ことごとく猫の爪とぎ素材としての条件と一致しているので仕方がないのかもしれません。 今回は、すぐにできる爪とぎ対策と、爪とぎをされにくいソファについて解説します。 なぜ良いソファなほど爪とぎの対象とされるのか 猫に爪をとがれるのは、良いソファの証とも言えます。 まず重みがあり、ガリガリ爪をといでも安定感があるもの。 そして良いソファには柔軟性の高い木材が使われてることが多いです。 これも爪がかけやすいので、猫に好まれてしまいます。 まずは今の爪とぎ場所の見直しを ソファで爪とぎをするということは、今の爪とぎ場所に比べ、ソファの方がとぎ心地が良いということです。 まずは今の爪とぎ場所が以下の条件を満たしているかどうかをチェックしましょう。 1 安定感があり、激しくといでも動かない 2 高さが十分にあり、猫が伸びた状態でとげる 特に大きな猫 3 立てかけるものだけでなく、床に置くタイプも設置している どれかの条件を満たしていない場合は、猫が爪とぎに満足していない可能性があるので、対応してあげると良いでしょう。 ソファのとぎ心地を下げる 爪とぎのとぎ心地を上げてあげたらば、今度はソファのとぎ心地を下げる必要があります。 オススメはソファカバーです。 ソファカバーをかけると簡単に守ることができるのと、とごうとしてもカバーが動くのでうまくできません。 ソファの脚でといでしまう場合は、ソファの近くに観葉植物などのオブジェを置いてスペースを埋めるととぎづらくなります。 また、自宅にいるときはソファでといだときに霧吹きで水をかける、すぐに降ろすなど、猫にとって好ましくない対応をすると学習してとがなくなることがあります。 猫に爪とぎされにくいソファ選び 私も、病院の待合室用のソファを選ぶときに、どのようなソファであれば猫がいても長く使えるか考えました。 飼い主さんの好みと兼ね合いがあると思いますので、全ての条件を採用するのは難しいと思いますが、各ポイントについて解説します。 1、メタルフレーム まず脚に木材が使われていないメタルフレームのものが良いでしょう。 脚の部分でとがれる心配がなくなります。 フレーム部分は簡単に交換できませんので、愛猫家が長く使うにはメタルの方が向いているでしょう。 2、縦の面が少ないソファ 縦の面が少ないソファもオススメです。 サイドの部分、肘掛けの部分にクッションが貼ってあると、格好の爪とぎ場になります。 また、脚がないタイプのソファの場合、座面から床までのクッション部分が爪とぎ場になりやすいので注意が必要です。 そして、設置の際はソファの背面は壁につけてしまった方が良いです。 猫は縦の面を狙いますので、できるだけ垂直方向の面の部分を減らしましょう。 3、生地は人工の方が強い 人工の生地が使用されたソファを選ぶと良いでしょう。 人工生地は人工生地でも、できればひっかりの少ない生地がオススメです。 人工スエードは耐久性にも優れ、ひっかかりにくいので爪を切っておけば簡単には傷つきません。 メーカーによっては猫の爪とぎに強い素材を売り出しているものもあります。 4、とがれた場合を想定して とがれた場合を想定してクッション交換可能なソファを選ぶと良いでしょう。 1枚のカバーで覆われているものではなく、クッションが取り外し可能なものの方が一部を駄目にされたときに交換が楽です。 座席数ごとにクッションが交換できるものが良いですね。 まとめ 良質なソファであるほど猫は好んで爪をとぎます。 私は迷った末、あまり爪とぎ対策は重視せず木製の脚の人工スエードのソファを選びました。 早くもほつれている部分がありますが、私自身が「相手は猫だし、とがれても仕方がない」というスタンスなのであまり気にしていません。

次の