香川 見どころ。 【2020年最新版】面積は日本最小でも魅力たっぷり!香川県の人気観光スポット21選

知られざるスポット満載!四国のオススメ観光名所30選

香川 見どころ

粟島海洋記念館 粟島海洋記念館は、明治中頃に海員要請学校として作られました。 とても歴史あるこの場所は、廃校になった後も大切に保管され、今では記念館として地元や観光客を魅了しています。 昔の船舶機器などを始め、模型や多くの資料を展示しています。 また、この場所は映画「機関車先生」のロケ地となった場所で、ファンにはたまらないスポットにもなっています。 ノスタルジックな雰囲気が醸し出す、そんな歴史を感じる場所に訪れてみてはいかがでしょうか。 蔦島 蔦島は沖にある• 「大蔦島」• 「小蔦島」 からなる 無人島です。 無人島ながら気軽に行き来することが可能で、自然豊かな場所を楽しむことができます。 また、島には海水浴場やキャンプ場があり、地元の人や観光客にも有名な場所です。 4月から10月の間渡ることができるので、予定を立てて行ってみてはいかがでしょうか。 美しい海が待ってますよ。 志々島 映画「機関車先生」のロケ地となった島、志々島です。 志々島には、県の天然記念物に指定されている「大楠」の木があります。 樹齢は約1200年と言われ、• 幹の太い部分は約14m• 高さは約40m もあり、とても壮大です。 オススメの楽しみ方は、楠木の根元に行くこと。 そうすると大きな楠木に包まれたようで、とても感動します。 たどり着くまでキツクはないですが、歩きやすい格好で行ってください。 父母ヶ浜 父母ヶ浜は約1㎞もある、ロングビーチとして有名な海水浴場です。 地元の人はもちろんのこと、観光客も多く訪れます。 また、この浜は海水浴を楽しむだけではなく、 夕陽がきれいなことでも有名です。 その様は 「日本の夕陽百選」にも選ばれるほどです。 波一つない海面を照らす夕陽をぜひカメラに収めてみましょう! 弥谷寺 四国霊場第71番札所となっている弥谷寺は、仁王門から本堂までの長い石段が有名でもあります。 その石段は540段もあり、慣れない人にはちょっとした難所になっています。 また、 大師堂は岩盤をくりぬいた形の場所に建てられ、その様は「獅子が口を開いたようだ」と言われています。 また、多くの仏像が祀られ、境内では「磨崖仏」がいろんな場所に安置してあります。 見つけたらしっかり拝みましょう。 香川用水記念公園 とても大きな敷地からなる「香川用水記念公園」は、自然豊かな公園になっています。 施設内では大きな水車が回っていたり、大きな池があったり、自然観察散策路なるものがあったりなど、自然とのふれあいが出来る場所です。 また、 香川の水の歴史についても知ることができるので、楽しみ方はとてもたくさんあります。 1日じゅういても飽きない場所なので、ぜひ行ってみてください。 子連れさんにも、とても人気がありますよ。 不動の滝カントリーパーク 弘法大師にゆかりのある、広大な敷地の公園になっています。 その昔、弘法大師が7つの宝を埋めたとされる「七宝山」があり、その近くにこの公園はあります。 また、有名な不動の滝を臨めたり、大きな広場があったりととても楽しめる場所になっています。 弘法大師に関わりがある場所でもあるので、遊ぶだけでなく歴史が好きな人は是非訪れてほしいと思います。 スポンサーリンク カフェ 花ばたけ 小さな岬に構える「カフェ 花ばたけ」は、• 美しい風景• 落ち着いた雰囲気 があり、心休まるいい場所です。 瀬戸の海を眺めながら飲むお茶は、とても美味しいですよ。 是非近くまで行った際は寄ってみてください。 おしゃべり暖炉 カフェ プレット 道の駅「たからだの里」の中にある喫茶店「おしゃべり暖炉 カフェ プレット」は、山間のオアシスとも言われています。 山々に囲まれたその場所は、まさに山間のオアシス、観光中に一休みするにはもってこいの場所です。 地元の人にも人気があり、いつも賑わっています。 出される料理は、地元のものを使い作られています。 ランチが人気でオススメです。 是非訪ねてみてください。 若だんな 食事処「若だんな」は、本マグロを使った料理が有名で人気があります。 本マグロのトロを漬け込んで使った「トロづけ丼」は、大変美味しいです。 また、 一緒についている出汁が入った生卵をかけることで、とてもマイルドな味になります。 他にも洋食も美味しいので、ぜひ食べてほしいと思います。 仲多度郡まんのう町• 徳島県三好郡東みよし町• 徳島県三好市• の7つの自治体と接しています。 瀬戸内海から四国山地への高低差を楽しみながら、これらのまちにも足を延ばしてみましょう! 香川県三豊市の見どころ10選!1日中遊びつくそう!!【香川県三豊市】のまとめ 香川県三豊市はじめ、周辺の観光スポットを紹介してきました。 この町は自然溢れる場所で、ただ楽しめるだけではなく、とてもリフレッシュした気分にさせてくれます。 美味しいものもたくさんあるので、とても満足度が高い観光ができると思います。 ぜひ参考にしていただき、楽しい観光をしてほしいと思います。

次の

知られざるスポット満載!四国のオススメ観光名所30選

香川 見どころ

高松城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。 じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。 海沿いで海水を利用した水堀に石垣、櫓に御廊下も揃って見所多し。 市民ホールまで石垣が保護されているのも好感が持てる。 栗林公園の近くに泊まったので、夕方に攻城。 夕日を浴びて、潮風に吹かれてると、幸せを感じます。 和船に乗って、水堀の中から天守石垣へのタッチと鯛の餌やりはとても良かったです。 水 海 城で,今は無き天守がVRで見られます。 なんとか復元できないかなぁ。 月見櫓の公開は、日曜日のみ(9:00~12:00および13:00~15:00)です。 披雲閣の庭園も素晴らしいので、見学されることをおすすめします。 今日は月見櫓の内部を見学しました。 ここから瀬戸内海を見ていると江戸時代にタイムスリップしたみたいです。 高松城址公園です。 月見櫓が残ってますが、入れないのでご注意。 外から見ると道路挟んで海ですので、海城なのが実感できます。 今日の目的は琴電方面から高松城を見ることでした。 琴電側の石垣にはネットが張られているんですね。 天気がよかったので艮櫓や天守台が映えました。 あと宇高航路が廃止になって海側が寂しくなりました。 お庭が美しい。 ただ今は至る所が改修中です。 鯛に餌をあげることが出来ます。 4 m( -- ) 城郭規模 内郭:-- 外郭:66 ha 天守縄張、天守形式 天守の階数 4重4階、地下1階 天守の種類 天守の高さ 天守台石垣の高さ 天守の広さ(延床面積) 天守メモ 最初の生駒親正が築いたのは独立式層塔型3重3階の天守で、それを松平頼重が1670年(寛文10年)に大改修して4重5階の南蛮造りの層塔型天守をあげた。 この天守は1884年(明治17年)年に老朽化で取り壊された。 築城主 生駒親正 築城開始・完了年 着工 1590年(天正18年) 廃城年 1869年(明治2年) 主な改修者 松平頼重、松平頼常 主な城主 生駒氏、松平氏 遺構 櫓、門、渡櫓、石垣、堀 指定文化財 国の重要文化財(北の丸月見櫓、水手御門、渡櫓、旧東の丸艮櫓)、国史跡 復元状況 御殿 高松城の見学情報・施設案内 項目 データ 営業時間• 8:30〜17:00(4月〜9月は7:00〜18:00) 料金(入城料・見学料)• 大人:200円• 高校生:200円• 小中学生:100円• 団体割引あり(20人以上)• 1月1日〜3日は無料開放 休み(休城日・休館日)• 年末(12月29日〜31日) トイレ コインロッカー 写真撮影 バリアフリー 高松城の見所は をご覧ください 現地周辺の天気 今日(17日)の天気• 03時 23. 06時 23. 09時 25. 12時 26. 15時 26. 18時 26. 21時 24. 00時 24. 18日 27. 19日 29. 20日 29. 21日 29. 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)•

次の

【香川】「こんぴらさん」に一生に一度は行ってみよう!金刀比羅宮の見どころ解説します

香川 見どころ

高松城を攻城した団員が残してくださったクチコミ(レビュー)です。 じっさいに訪問した方の生の声なのでぜひ参考に。 海沿いで海水を利用した水堀に石垣、櫓に御廊下も揃って見所多し。 市民ホールまで石垣が保護されているのも好感が持てる。 栗林公園の近くに泊まったので、夕方に攻城。 夕日を浴びて、潮風に吹かれてると、幸せを感じます。 和船に乗って、水堀の中から天守石垣へのタッチと鯛の餌やりはとても良かったです。 水 海 城で,今は無き天守がVRで見られます。 なんとか復元できないかなぁ。 月見櫓の公開は、日曜日のみ(9:00~12:00および13:00~15:00)です。 披雲閣の庭園も素晴らしいので、見学されることをおすすめします。 今日は月見櫓の内部を見学しました。 ここから瀬戸内海を見ていると江戸時代にタイムスリップしたみたいです。 高松城址公園です。 月見櫓が残ってますが、入れないのでご注意。 外から見ると道路挟んで海ですので、海城なのが実感できます。 今日の目的は琴電方面から高松城を見ることでした。 琴電側の石垣にはネットが張られているんですね。 天気がよかったので艮櫓や天守台が映えました。 あと宇高航路が廃止になって海側が寂しくなりました。 お庭が美しい。 ただ今は至る所が改修中です。 鯛に餌をあげることが出来ます。 4 m( -- ) 城郭規模 内郭:-- 外郭:66 ha 天守縄張、天守形式 天守の階数 4重4階、地下1階 天守の種類 天守の高さ 天守台石垣の高さ 天守の広さ(延床面積) 天守メモ 最初の生駒親正が築いたのは独立式層塔型3重3階の天守で、それを松平頼重が1670年(寛文10年)に大改修して4重5階の南蛮造りの層塔型天守をあげた。 この天守は1884年(明治17年)年に老朽化で取り壊された。 築城主 生駒親正 築城開始・完了年 着工 1590年(天正18年) 廃城年 1869年(明治2年) 主な改修者 松平頼重、松平頼常 主な城主 生駒氏、松平氏 遺構 櫓、門、渡櫓、石垣、堀 指定文化財 国の重要文化財(北の丸月見櫓、水手御門、渡櫓、旧東の丸艮櫓)、国史跡 復元状況 御殿 高松城の見学情報・施設案内 項目 データ 営業時間• 8:30〜17:00(4月〜9月は7:00〜18:00) 料金(入城料・見学料)• 大人:200円• 高校生:200円• 小中学生:100円• 団体割引あり(20人以上)• 1月1日〜3日は無料開放 休み(休城日・休館日)• 年末(12月29日〜31日) トイレ コインロッカー 写真撮影 バリアフリー 高松城の見所は をご覧ください 現地周辺の天気 今日(17日)の天気• 03時 23. 06時 23. 09時 25. 12時 26. 15時 26. 18時 26. 21時 24. 00時 24. 18日 27. 19日 29. 20日 29. 21日 29. 横幅(width)は自由に調整できます(600pxくらいがオススメ)•

次の