三重 県 コロナ 情報。 過去最多1日24人 伊賀・名張各1人、三重大7人 新型コロナ

三重県|新型コロナウイルス感染症患者の発生について(県内延べ56例目) 【令和2年7月18日発表】

三重 県 コロナ 情報

8日発表の213~229例目についてです。 県では事例ごとのケース管理を徹底し、接触者調査と検査を積極的に進めており、今回発表の17件のうち13件が濃厚接触者や接触者の方です。 そのうち、大半となる9件が家族内感染です。 この形態が増えていますので、ご自身の健康チェック、手洗いや換気やタオルを別にするなど家の中での感染防止対策などを改めてお願いしました。 お盆で家族で長い時間過ごすことになる方もたくさんおみえだと思いますので、何卒よろしくお願い致します。 213例目の方は145例目(40代、女性、四日市市、パート従業員)の濃厚接触者です。 214例目の方は県外にお勤めの方です。 215例目の方は188例目(60代、男性、東員町、会社員(県外))の、216例目の方は187例目(50代、女性、桑名市、会社員)のそれぞれ濃厚接触者です。 217例目については県外の方との接触の有無など、幅広く調査を進めていきます。 218~220例目の方は201例目(40代、男性、鈴鹿市、会社員)の、221例目の方は199例目(40代、男性、亀山市、会社員)の、222~224例目の方は184例目(30代、女性、津市、会社員)のそれぞれ濃厚接触者及び接触者です。 225例目の方は県外在住の親族が帰省しており、その時に感染した可能性を含め、幅広く調査しています。 226例目の方は159例目(50代、男性、松阪市、会社員)の、227例目の方は160例目(60代、男性、松阪市、無職)の、228例目の方は185例目(30代、女性、名張市、会社員)及び186例目(10歳未満、男性、名張市、未就学児)のそれぞれ濃厚接触者です。 229例目の方は3日の実家訪問の際に、愛知県の方と接触しており、感染経路である可能性があると見て調査を進めています。 個別事例の詳細は下記からもご確認いただけます。 pref. mie. 咽頭痛・倦怠感・下痢出現 7月26日 市内医療機関Aを受診。 7月28日 味覚、嗅覚障害出現。 7月29日 市内医療機関Aを再受診。 8月 4日 市内医療機関Bを受診し、検体採取。 8月 5日 PCR検査結果、陰性と判明。 8月 6日 市内医療機関Bを再度受診し、検体採取。 8月 7日 PCR検査結果、陽性と判明。 三重県内医療機関に入院。 7月12日 知人職場を訪問、食事。 (市外) 7月13日~17日 出勤。 7月18日 自宅で過ごす。 7月19日 買い物(市内)、その後知人職場訪問(市外)。 7月20日 出勤。 ショッピングセンターを利用。 (市内) 7月21日~22日 出勤。 7月23日 知人職場を訪問、食事。 (市外) 7月24日 出勤。 7月25日 知人職場を訪問。 なお、すでにPCR検査は実施しており、2名の陽性、1名の陰性が確認されております。 味覚障害・嗅覚障害出現。 8月7日 発熱(38. 市内医療機関Aを受診、検体採取。 抗原検査の結果、陽性と判明。 市内医療機関Bに入院。 7月31日 市内で買い物。 8月 1日~3日 出勤。 8月 4日 自宅で過ごす。 自宅を訪れた家族の友人と接触。 8月 5日 自宅で過ごす。 8月 6日 出勤。 なお、職場関係者については、管轄保健所にて現在調査を進めています。 引き続き調査を進めていきます。 引き続き、調査を行っていきます。

次の

三重県の新型コロナウイルス感染症指定医療機関と病院病床数は?

三重 県 コロナ 情報

三重県(補助金・助成金・融資情報) 新型コロナウィルス関連情報 三重県(補助金・助成金・融資情報)• 三重県の補助金・助成金・融資の情報をまとめています。 三重県• 四日市市• 伊勢市• 松阪市• 鈴鹿市• 亀山市• 鳥羽市• 志摩市• 伊賀市•

次の

【重要】新型コロナウイルス感染症関連情報

三重 県 コロナ 情報

三重県は8月5日、10代から60代の男女計24人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 伊賀市では自営業の60代男性、名張市でも会社員の50代男性の感染が判明し、1日の感染者数は同3日の20人を上回り過去最多となった。 クラスターが発生した三重大学(津市)では医学部の男子学生7人の感染が新たに確認され、県内の感染者は延べ179人となった。 県薬務感染症対策課によると、伊賀市の60代男性は7月24日に県外での会議に出席し、同26日に県外から帰省した家族ら約10人で食事をしていた。 県外に勤務する名張市の50代男性は同30日に県内の遊戯施設、飲食店を利用していた。 現在は発熱などの症状が残り、ともに県内の医療機関に入院している。 現在わかっている2人の濃厚接触者は計22人。 三重大学で新たに判明した10、20代の7人は、7月23日から25日に関西方面を訪れた1人と、同23、24日に和歌山県へ行った11人の濃厚接触者調査で感染が判明。 授業やボウリングなどで行動を共にしていたとみられ、引き続き検査が進められている。 この他、県内で新たに感染がわかったのは鈴鹿市6人、四日市市3人、松阪市と桑名市各2人、亀山市、朝日町各1人だった。

次の