ゲームボーイ 本当に あっ た こと は。 【懐かしい!】ゲームボーイアドバンス(GBA)の神ゲー・名作ソフトおすすめランキング48!

ゲームボーイ

ゲームボーイ 本当に あっ た こと は

0 第31位は『テレファング2』です! ゲームボーイカラーで発売された『テレファング』の続編ソフトですね。 テレファング2は、ポケモンのようなゲームなのですが、モンスターをゲットする方法が一味違います。 どのようにゲットするかというと、 モンスターと携帯の番号を交換すると、モンスターゲットとなります。 なつき度(フレンド値)を上げるためには、モンスターに電話をしなきゃいけないなど、かなり現代風のポケモンですね(笑) 戦闘は、もうほぼポケモンです。 出典: ほぼポケモンのテレファング2がなぜランクインしたかというと、その鬼畜な難易度からです。 ダンジョンが複雑かつ広すぎて、自力でクリアするのは、ほぼ不可能です(笑) 攻略本を片手に持って、 「こんなのクリアできるか!」なんて文句を言いながらも楽しくプレイしていた思い出があるので、今回ランクインさせました! 5. 両方おもしろいのですが、 僕はゼルダの伝説シリーズで1番の名作と言われている『神々のトライフォース』を特にオススメしたいです。 出典: カカリコ村、デスマウンテンなど最近のゼルダシリーズではおなじみのマップは本作から登場しています。 これは、つまり…! "今のゼルダの基礎を作ったソフト"と言っても過言じゃないんです! ストーリーやアクションの完成度が、飛び抜けて高かったのをよく覚えています。 完成度があまりにも高いので、 ファミ通のレビューでは当時最高点である39点を叩き出しました! 5. 0 第14位は『トマトアドベンチャー』です! ざっくりストーリーをいうと、トマト嫌いの主人公が、トマト好きの国王にさらわれたガールフレンドを助けるために冒険に出る話です。 いわゆるマリオとクッパ、ピーチ姫の関係ですね(笑) ここまで聞くと、「ありがちなストーリーだなぁ」なんて思うかもしれませんが… 実は、ポップな絵柄からは想像できないほど、 ダークな世界観があります! 出典: その世界観の一部を紹介すると… 世界には、子どもしかおらず、大人は全員モンスターにされています。 …どうですか? ちょっとおもしろそうな設定だと思いましたよね! また バトルシステムの評価も非常に高いです。 攻撃の度にミニゲームを行い、ミニゲームに成功すると攻撃力が高くなります。 指示通りにボタンを入力するミニゲームなど、数多くの種類がありますよ! 出典: ミニゲームの難易度は自分で変えられるので、アクションが苦手な人でも大丈夫です。 ただし難易度を下げたら、その分の攻撃力は低くなります。 この絶妙なゲームバランスと、ストーリーの世界観から数多くのファンがいるんですよ! 5. 出典: 工夫された謎解きが多く、解けた時には思わず「あぁ〜なるほど!」と言ってしまいますよ! また、ルイージの扱いがかなり雑なゲームとしても有名です(笑) そもそも冒険に行きたくないルイージですが、無理やり連れて行かれるところから始まり… 冒険中は、誰からも名前で呼ばれることなく、しまいには「緑のヒゲ」呼ばわりされます(笑) ヒドイ扱いに、すねるルイージはかわいいので、ルイージファンは必ずやるべきゲームソフトですね! 10位:メイドインワリオ 5. 0 第9位は『ロックマンエグゼ2』です! 前作から、わずか9ヶ月で発売された続編ソフトですね! ロックマンエグゼが、かなりの傑作だったので 「え!? もう2が出るの!? 」 と、めちゃくちゃ嬉しかったことを、よく覚えています。 今作1番の特徴は、やはり"スタイルチェンジ"でしょう! 出典: どのようにロックマンを操作してきたかによって、ロックマンのスタイルが変わるんです! 戦闘で、バスターをよく使うとガッツスタイルになり、ナビチップをよく使うとブラザースタイルになる… そんな感じで、 戦闘のスタイルによってロックマンが変化しますよ! ガッツスタイルになるために、バスターをめちゃくちゃ使ってました(笑) いやぁ…めちゃくちゃおもしろかったなぁ…! 5. 0 第6位は『ファイナルファンタジータクティクス アドバンス』です! 戦闘は、FFシリーズの一部のコアファンから絶大な人気をほこるシミュレーション型ですね。 自分と相手のキャラが交互に動く訳ではなく、各キャラの素早さに応じて操作順が決まっていくのは当時斬新でした! 出典: 戦闘には、ロウシステムという制限があります。 このロウシステムは、本当にうざ…面白かったです(笑) 制限は "移動ごとにダメージを受ける"など色々あって、制限を破ると、牢獄に転送されてしまいます。 0 第2位はGBA史上最高のゲームシリーズである "ロックマンエグゼ"の最終作… 『ロックマンエグゼ6』です! エグゼ6が発売された時、僕はあんまり期待していませんでした… なぜなら前作の5がかなり微妙な出来上がりだったからです… 「今作も微妙なのでは…?」 なんて思いながら、購入したのをよく覚えています… しかし! 良い意味で期待を裏切ってくれました! 3と並ぶほどの傑作です…! バトルシステムは、 間違いなく歴代エグゼシリーズの中で最高峰でしょう。 出典: 過去シリーズから良い要素だけを抽出し、6の独自要素をプラスしたシリーズの集大成となっております。 ストーリーも素晴らしいです! 主人公である熱斗が、引越しをする話なのですが、 "エグゼシリーズはここで終わり"というのを、しっかり知らせてくれました。 GBAと共に生きたロックマンエグゼシリーズの最後にふさわしい傑作ですよ! 5. 0 おまたせしました… ここまで賛否両論あるランキングだったと思いますが、1位はみなさんと同じ意見です。 栄えあるランキング第1位は、GBAのソフトで最高傑作である… 『ロックマンエグゼ3』です! もう間違いなくゲームボーイアドバンスで…いや全ゲームソフトの中で1番好きなソフトですね! 全クリしたデータが消えてしまった時、また最初からやり直すほど、ハマっていました! ストーリー、バトルシステム、すべてにおいて最高です。 敵ながら、めちゃくちゃカッコよかった『フォルテ』は今でも大好きなキャラですね! 出典: ストーリーは、エグゼ1、2で散りばめられていた伏線を見事に回収しています。 別れの後に描かれる希望のラストシーンは、必見です!! 僕は号泣しました(笑).

次の

ゲームボーイの歴史を振り返ってみた!~ゲームボーイは僕の人生~

ゲームボーイ 本当に あっ た こと は

4月21日で、初代『』が発売30周年を迎えたそうです。 『』が大ヒットされる前までは、家庭用ゲーム機は据え置き型が主流で、は、『』によって、『』で止まっていた時計の針を動かした、とも言えそうです。 発売当時、高校の寮にこっそりを持ち込んだ僕は、毎晩、学習時間に部屋でこっそり『』をたしなんでいました。 推薦で受かってしまったんで、学習時間を持て余していたんですよ、なんていうのは言い訳です。 『』は、いろんなことを考えなくてすむゲームであるのと同時に、僕にとっては、「本当に頭のいいやつ」が、信じられないようなスピードでクリアしていくのをみて驚かされることも多かったのです。 このゲームがものすごく上手いやつは、みんな、理数系の成績が飛び抜けてよかったという記憶があるのだよなあ。 あとは『』『』、晩年の『』。 大学に入ってからは一人暮らしをしていたこともあって、携帯ゲーム機にはそれほどありがたさを感じなくなり、『』は、子供向け」のイメージで、当時はほとんど触らなかった記憶があります。 さんは、「」という会社を「」で大きく躍進させ、後には、「」というが登場するまでは、「世界でいちばん売れたゲーム機」を開発します。 その「」について、横井さんは、こんな話をされていたそうです。 横井:当時、カラーなんかもありましたけど、電池寿命が1時間半だとかだったんですね。 しかも、バックライト液晶というのは屋外の明るいところでは見えないんです。 ですから、モノクロという選択しかなかった。 私はいつも「試しにモノクロで雪だるまを描いてごらん」と言うんです。 黒で描いても、雪だるまは白く見えるんですね。 リンゴはちゃんとモノクロでも赤く見える。 横井さんは、ずっと、「人間の、とくに子どもの『想像力』」というのを信じていた人だったと僕は思うのです。 そして、横井さん自身は、ずっと、というゲームメーカーの中にいながら、「いかにして、テレビの画面から子どもたちをはみ出させるか」を追い求めていた人のように見えます。 コスト的にかなり厳しかったで、最後まで「通信ポート」を残したのも、そんな横井さんの判断だったのです。 横井にとって「遊び」とは、何人かの友人が集まって遊ぶことで、一人で遊ぶのは友だちがいなくてしかたのないときにすることだった。 「コンピューターは難しいから、嫌いや」という横井の言葉は、ただ技術的なことだけを言っていたのではないように思う。 コンピューターと対戦すると、どうしても一人遊びになってしまう。 そこに横井の生理は拒否反応を示していた。 この本には、『』開発時のこんなエピソードも紹介されています。 1989年に発売されたの名前に、のように<コンピュータ>という文字が含まれなかったのは象徴的だ。 この新型ゲーム機は、<おもちゃ>であることに徹していた。 おもちゃとは、子どもや大人を問わず、誰もが一目見ればすぐに遊べて、乱暴に扱っても壊れないものだ。 「分かりやすさ」と「堅牢性」では、並の家庭用ゲーム機は足下にも及ばない。 そしてには、長年の経験に裏打ちされた「おもちゃを見るプロ」かつ「ゲームの素人」で、しかもの企画をできる人物が一人いた。 当時の社長・その人である。 山内にまつわる二つの逸話は、どちらもすさまじい。 一つは、の試作機をプレイしてみたときのエピソードだ。 当初の試作品は、と同じ、斜めから見やすい「TN液晶」を採用していた。 これは「電卓をのぞき込む」姿勢に適しており、サイズの小さいでは特に問題とされなかった。 ところが、山内はをつかむなり、おもむろに正面にかまえた。 「何だこれ。 見えへんやないか」 は本体サイズがかなり大きくなっているため、自然とバランスのいい真正面か上部からつかんで見ることになる。 予備知識のない山内は、初めてのおもちゃを手にする子どものように、ゲーム機に面と向かったのだ。 「どうするんや、これ。 こんな見えへんの売れへんぞ。 もう、売るのやめや」 自力で液晶を製造できないは、シャープと協力して開発にあたっていた。 すでに「TN液晶でいける」という前提のもとに、40億円をかけて製造工場が建設されていたのだ。 そこで、急遽「STN」というタイプの液晶に変更されたが、結果としてこれが吉と出た。 たしかに表示スピードが遅く、動きの激しいゲームでは残像が発生したりと欠点はあったが、ソフトの作り方によって対応できなくはない。 STN液晶は明るい部分と暗い部分のストが利いていて、正面からも見やすく、日光のある屋外でもゲーム画面が確認できる。 「遊ぶ場所を選ばない」携帯ゲーム機としては、いい落としどころだ。 もう一つの逸話でも、山内はまるで子どものようにふるまった。 開発陣から渡された最終デモ版の試作機を、いきなりカーペットの敷かれた床に投げ出したのだ。 ゲーム機は子どもが買うものだかあ、乱暴に扱っても壊れては ならない、と社長じきじきに「強度テスト」をしてくれたのだ。 そのかいあって、は「史上もっとも頑丈な」と海外でも定評がある。 の社長と、二つの試練に鍛え抜かれたタフガイなのである。 ちなみに、で『』が発売されたのが1996年の2月。 また、1997年は、インターネットが爆発的に普及しはじめた年だったそうです。 僕にとっての「平成」は、「インターネットと(というか、家族主義の崩壊)の時代」だったのです。 「家族のひとりひとりが『自分のゲーム機』を持つ時代」を切り開き、その一方で、通信ケーブルで「他者とつながる」ことの可能性を子どもたちにもわかりやすく示した『』というのは、まさに「『平成』という時代を象徴するアイテムだったのではないか、と思うのです。 その一方で、平成の終わりとともに、の市場が急速に衰退し、もも次世代携帯機に関しては消極的になっているのです。 SWITCHは、「携帯もできるゲーム機」だけれど、あの大きさは「ちょっと公園に持っていく」のは難しいのではなかろうか。 僕としては、まだまだ携帯ゲーム機市場も捨てたものではない、と思うのだけれども、なんだかメーカーのほうが切り捨てようとしているように感じています。 でゲームをやっていると、やっぱり「操作性」って大事だよなあ、って思い知らされますし。

次の

【ゲームボーイ オススメソフト♪】レトロフリークでも起動可!レトロゲーム

ゲームボーイ 本当に あっ た こと は

あっちでは「」 こっちでは「カード」 少し上の世代は、「マジックザギャザリング」など どこに行ってもカードゲームが売っている時代でした。 そんなカードゲームブームは 学校も巻き込んで社会現象にもなっていましたね。 部と将棋部が合体して 「カードゲーム部」になったという話も聞いた事があったくらいです。 そんな時代でしたから で発売される作品の大半が カードゲーム要素がなにかしら含まれていました。 機種はですが 「」や「」ですら カードゲームの要素を大幅に取り入れた位ですからね。 凄い時代でした。 そんな、カードゲームブームだった時代に 颯爽と現れた筈なのに ひっそりと影に隠れていたゲームがありました。 そんな今回の、こんなに隠れたのは勿体ない 超名作カードゲーム の感想です。 とはどんな? このですが 2000年にから発売された 専用のカードゲーム作品でした。 ゲームの目的は ごく普通の少年が、新発売のカードゲーム 『』を通して 熱血なライバルや 気持ちの悪いライバル達と出会い 最強のマスターを目指して行くのが目的でした。 ゲームのシステムは 基本的にはカードゲームなのですが RPGの様にスリーも楽しめる、珍しいシステムでもありました。 ゲームの流れで言いますと お母さんにおこずかいを貰って、カードを買って ライバルを倒すことでイベントシーンが進み ライバル達とカードを交換して また新たな事件が巻き起こって 物語が進む事に、ゲーム内の時代がどんどん進んで行き 新たな、新作のカードパックが発売されていく…。 こんな感じで進んで行きます。 子供時代に戻った様な感覚で、進行していくのが最高でしたね。 このゲームでは 実際の日時を設定することで 一日一回おこずかいを貰えました。 この50円のおこずかいを貯めて 400円の強いカードを購入したり 運だめし感覚で、150円のカードパックを開けてガックリ なんてリアルな設定も良かったです。 「誕生日には、普通の日よりも多めの500円が貰える」などの 子供時代あるあるが再現されているのも面白かったです。 新しくプレイする場合は 次の日に、自分の誕生日を設定して 直ぐにお金を貰うのがちょっとしたテクニックでした。 昔は、50円のおこずかいが少ないと感じていたのですが 今考えてみると、月で1500円ですからね。 小学生にしたら、意外と多いんじゃないかとおもいますね。 ちなみに、ゲームが発売された後に 本物のカードゲームとして発売されたのですが。 私の地域では、どこにも売っている場所が無く 残念だったのを憶えています。 「ケンタッキー・フライドチキン」の景品で のレアカードが付いてくるという 大興奮のキャンペーンがあったのですが。 田舎過ぎて、なぜか開催されなかったのが、本気で悔しかったです。 ゲームを遊べなくても おこずかいを貰う為に毎日起動していたあの日 ログインスタンプを貰う為に 毎日ゲームを起動する現在 そんな、次の日に早くなって欲しい この偉大な作品なのでした。 の感想でもあり レビューでもあり [ お金の概念があるカードゲームは 相当珍しい] この当時のカードゲームの主流でいうと カードだったと思います。 カードの場合は 敵を倒すとカードが貰えるというシステムでした。 の場合は 敵を倒すとカードパックが貰えるシステムだったと思います。 なので、カードゲーム本来の楽しさである なけなしのお金でカードパックを買って なにが出てくるのか分からないという 最高のドキドキ感が味わえないんですよね。 そんな時に颯爽と現れたのが 今回のでした。 確かに の場合も 敵を倒したからといって、お金を貰える訳ではありません。 ですが、お金の代わりのメダルが貰えて そのメダルを貯めて、三枚入りのカードパックを購入出来るシステムでした。 このシステムのおかげで 敵を倒すのが苦痛にならずに いつまでも新鮮に遊ぶ事が出来ました。 「もう一回戦えば、カードパックが買える!!」みたいな レベル上げの様な感覚も最高でした。 これだけで終わらないのが が名作カードゲームたる理由です。 このゲーム最大の特徴が 「カード買い取りシステム」でした。 このゲームでは、 強いカードと弱いカードの差が、かなり激しく いらないカードがドンドン増えていきます。 こんなカードたちを 合成して違うカードに変化させる 相手とトレードして新たなカードにする お店で買い取ってもらい、お金に変える そんな3種類から選ぶことが出来ます。 そうするとどうなるのか? いらないカードを全部売って 「カードパックを買いまくる」という 幸せな時間が訪れる訳です。 あの、「お金持ちになったら、カードをするぞ」という 誰もが夢見る体験を 思う存分味わえるのは素晴らしかったですね。 レアなカードが当たれば、高く売れるので そのお金で、更にカードパックを引きまくれるという 時代を先取りし過ぎたゲームシステムが最高なのでした。 [ 面白くなるのがゲームのかなり後半] このゲームは本当にが低く 「ってなに?」なんて人も多いかと思います。 その理由なのですが このゲームが面白くなるのが、かなり後半なんですよね。 好き勝手にカードパックを購入出来るのも後半ですし 強力なカードが出てくるのも後半なので そこにたどり着くまでに、脱落してしまう人が多かったと思います。 スリーの大半が のルール説明も兼ねながら進んで行きますので。 どうしても、複雑なカードを登場させることは出来なかったのでしょう。 ですので、基本的にライバル達とのバトルは 接戦になっていくんですよね。 普通ならば、カードを集めるための 野良試合的な要素があると思うのですが。 ゲームの序盤では イベントを進める事でしか、お金を貯める事が出来ませんでしたので 毎日のおこずかい頼みになってしまったのが残念でした。 そんな、ゆったりした展開の結果が 後半まで遊ばないで ゲームショップに売られていった理由だったのかも知れませんね。 めちゃくちゃ楽しいんだけどね。 [ 最強カードを知れば ゲームの面白さが覚醒する] このゲームですが かなり難しいゲームとして有名でした。 だからこそあまり流行らなかったのですが。 そんなゲームをヌルゲーにしてしまう禁断のカードがありました。 このカードは 相手の石を減らして こちらの石を増やすというカードで このカードこそがチート級の性能を発揮していたんです。 このゲームでは スンを呼ばれる石を使用してカードを使用して行きます。 つまり 石があればガンガン攻めれる 石が無ければ行動が制限されるという訳です。 このゲームに置いて、最も重要なスンが こちらはがんがん増えて 相手はがんがん減る こんな夢の様な時間が訪れます。 「あと1個石があれば勝てたのに…」こんな経験は を遊んでいると頻繁に起こります。 人生ゲームで例えるならばサイコロを振らせない マージャンで例えるならば牌を引かせない こんなぶっ壊れカードを知ることで 激ムズゲームが完全ヌルゲーに変わるのでした。 のまとめ なぜ遊んでほしいのか? こんなにもカードゲームの奥深さを味わえるのは 当時はだけでしたからね さすがという凄さなのでした。 なにがそんなに面白いのか? ゲーム内でお金を稼いで ゲーム内でカードパックを買いまくって ギャンブル的な要素をあじわいまくる 本当に幸せでした…。 今急いで買う理由ってあるの? このは ゲームの前半さえ乗り越えられれば 相当な名作ゲームだと思います。 続編がDSで発売されているのですが 硬派な難易度が好きなら、文句なしで初代をお勧めします。 DS版で雰囲気を感じて 初代の版に戻る そんなプレイヤーも多い程の名作ゲームでした。 今では、3DSのでも配信されていますので 興味のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 こんなにも素晴らしいゲームを遊んだ事が無いのは 最高に残念でもあり 今から新鮮な気持ちで楽しめるので 最高に素晴らしいことでもある 今日も モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとうございました ゲームで課金をしまくっている気分が 簡単に味わえる それこそが、今急いで400円で買う理由です こちらから購入できます.

次の