サンタナ スムース。 「スムース(Smooth)/サンタナ(Santana)」

サンタナを救った一曲、低迷期に大ヒットが誕生した感動秘話

サンタナ スムース

ココまで暑い夏にはサンタナです。 冷涼感な音楽なんて効きません。 汗ダラダラ流して気化熱で涼しみましょうか。 サンタナのこのジットリした湿気がたまらんです。 そうフォルクスワーゲンサンタナ。 1984年位でしたか。 人気無かったです。 当時バンドのベーシストが中古で買いました。 エア困だったから大変でしたね。 a hot one 君はとっても熱いね Like seven inches from the midday sun まるで真昼の太陽から7インチのところにいるみたいだ Well I hear you whisper and the words melt everyone 君のささやく言葉にみんなメロメロなのに But you stay so cool 君はとっても冷静だね My munequita, my Spanish Harlem Mona Lisa 僕のモナキータ、スパニッシュハーレムのモナリザ Your my reason for reason 君は僕が生きる理由 The step in my groove 僕のグルーヴでステップを踏みなよ And if you say this life ain't good enough 生きてることがつまらない、って君が言うなら I would give my world to lift you up 僕の一生を君のためにささげるよ I could change my life to better suit your mood 君の気持ちに合わせるように僕の生き方を変えることだってできるんだ 'Cause you're so smooth 君が最高の女だから And just like the ocean under the moon まるで月夜の海みたいだ Well that's the same emotion that I get from you 君から僕が受けるこの感情は You got the kind of lovin' that can be so smooth 君はある意味最高の愛を手に入れるのさ Gimme your heart, make it real 君も僕を愛してくれよ、本気で Or else forget about it そうしないなら、何もかもすべて忘れておくれ But I'll tell you one thing でも、君に一つだけ言わなきゃ If you would leave it would be a crying shame 君がいなくなるのは、さみしいよ In every breath and every word 息をするたび、言葉を発するたび I hear your name calling me out 僕のことを呼ぶ君の声が聞こえるんだ Out from the barrio, you hear my rhythm on your radio バリオから出れば、君のラジオでは僕のリズムが流れる You feel the turning of the world, so soft and slow 世界が回るのを感じるだろ、それもとっても滑らかにゆっくりと Turning you round and round 君のことをぐるぐる回すんだ And if you say this life ain't good enough 生きてることがつまらない、って君が言うなら I would give my world to lift you up 僕の一生を君のためにささげるよ I could change my life to better suit your mood 君の気持ちに合わせるように僕の生き方を変えることだってできるんだ 'Cause you're so smooth 君が最高の女だから And just like the ocean under the moon まるで月夜の海みたいだ Well that's the same emotion that I get from you 君から僕が受けるこの感情は You got the kind of lovin' that can be so smooth 君はある意味最高の愛を手に入れるのさ Gimme your heart, make it real 君も僕を愛してくれよ、本気で Or else forget about it そうしないなら、何もかもすべて忘れておくれ And just like the ocean under the moon まるで月夜の海みたいだ Well that's the same emotion that I get from you 君から僕が受けるこの感情は You got the kind of lovin' that can be so smooth 君はある意味最高の愛を手に入れるのさ Gimme your heart, make it real 君も僕を愛してくれよ、本気で Or else forget about it そうしないなら、何もかもすべて忘れておくれ Or else forget about it そうしないなら、何もかもすべて忘れておくれ Or else forget about it そうしないなら、何もかもすべて忘れておくれ Let's don't forget about it 忘れないでくれよ! Gimme your heart, make it real 君も僕を愛してくれよ、本気で.

次の

《哀愁のギタリスト》カルロス・サンタナ(Carlos Santana)【エレキギター博士】

サンタナ スムース

1971年9月、サード・アルバム『』をリリース。 「新しい世界()」(全米12位)、「孤独のリズム()」(全米36位)を収録。 1972年10月、4thアルバム『キャラバンサライ()』をリリース。 「ストーン・フラワー()」、「風は歌う()」を収録。 1973年11月、5thアルバム『ウェルカム()』をリリース。 1974年10月、6thアルバム『不死蝶()』をリリース。 1976年3月、7thアルバム『アミーゴ()』をリリース。 「哀愁のヨーロッパ()」、「レット・イット・シャイン()」(全米77位)を収録。 1977年1月、8thアルバム『フェスティバル()』をリリース。 1977年10月、ライヴ&スタジオ・アルバム『ムーン・フラワー()』をリリース。 「ムーン・フラワー()」、「シーズ・ノット・ゼア()」(全米27位)を収録。 1978年10月、9thアルバム『太陽の秘宝()』をリリース。 「ウェル・オール・ライト()」(全米69位)、「ストーミー()」(全米32位)、「ワン・チェイン()」(全米59位)を収録。 1979年9月、10thアルバム『マラソン()』をリリース。 「ユー・ノウ・ザット・アイ・ラヴ・ユー()」(全米35位)を収録。 1981年4月、11thアルバム『ジーバップ!()』をリリース。 「ウィニング()」(全米17位)、「センシティブ・ウーマン()」(全米56位)を収録。 1982年8月、12thアルバム『シャンゴ()』をリリース。 「ホールド・オン()」(全米15位)、「ノーホエア・トゥ・ラン()」(全米66位)を収録。 1985年2月、13thアルバム『ビヨンド・アピアランス()』をリリース。 「セイ・イット・アゲイン()」(全米46位)を収録。 1987年2月、14thアルバム『フリーダム()』をリリース。 「ヴェラクルース()」を収録。 1990年6月、15thアルバム『スピリッツ・ダンシング()』をリリース。 1992年5月、16thアルバム『ミラグロ()』をリリース。 1999年6月、17thアルバム『スーパーナチュラル()』をリリース。 「スムース()」(フィーチャリング・ロブ・トーマス、全米1位)、「マリア・マリア()」(全米1位)、「プット・ユア・ライツ・オン()」(フィーチャリング・エヴァーラスト、全米118位)を収録。 2002年10月、18thアルバム『シャーマン()』をリリース。 「ザ・ゲーム・オブ・ラヴ()」(フィーチャリング・ミシェル・ブランチ、全米5位)、「ホワイ・ドント・ユー・アンド・アイ()」(フィーチャリング・チャド・クルーガー、全米8位)を収録。 2005年10月、19thアルバム『オール・ザット・アイ・アム()』をリリース。 「アイム・フィーリング・ユー()」(フィーチャリング・ミシェル・ブランチ&ザ・レッカーズ、全米55位)、「ジャスト・フィール・ベター()」(フィーチャリング・スティーヴン・タイラー)を収録。 2007年10月、ベスト盤『ヴェリー・ベスト・オブ・サンタナ()』をリリース。 「イントゥ・ザ・ナイト()」(フィーチャリング・チャド・クルーガー、全米26位)を収録。 2010年9月、20thアルバム『ギター・へヴン()』をリリース。 2012年5月、21stアルバム『シェイプ・シフター()』をリリース。 2014年5月、22ndアルバム『コラソン()』をリリース。 2016年4月、23rdアルバム『サンタナIV()』をリリース。 2017年8月、との共演盤『パワー・オブ・ピース()』をリリース。

次の

スムースかスムーズはどちらが正しいのか・違い|表記/発音

サンタナ スムース

1971年9月、サード・アルバム『』をリリース。 「新しい世界()」(全米12位)、「孤独のリズム()」(全米36位)を収録。 1972年10月、4thアルバム『キャラバンサライ()』をリリース。 「ストーン・フラワー()」、「風は歌う()」を収録。 1973年11月、5thアルバム『ウェルカム()』をリリース。 1974年10月、6thアルバム『不死蝶()』をリリース。 1976年3月、7thアルバム『アミーゴ()』をリリース。 「哀愁のヨーロッパ()」、「レット・イット・シャイン()」(全米77位)を収録。 1977年1月、8thアルバム『フェスティバル()』をリリース。 1977年10月、ライヴ&スタジオ・アルバム『ムーン・フラワー()』をリリース。 「ムーン・フラワー()」、「シーズ・ノット・ゼア()」(全米27位)を収録。 1978年10月、9thアルバム『太陽の秘宝()』をリリース。 「ウェル・オール・ライト()」(全米69位)、「ストーミー()」(全米32位)、「ワン・チェイン()」(全米59位)を収録。 1979年9月、10thアルバム『マラソン()』をリリース。 「ユー・ノウ・ザット・アイ・ラヴ・ユー()」(全米35位)を収録。 1981年4月、11thアルバム『ジーバップ!()』をリリース。 「ウィニング()」(全米17位)、「センシティブ・ウーマン()」(全米56位)を収録。 1982年8月、12thアルバム『シャンゴ()』をリリース。 「ホールド・オン()」(全米15位)、「ノーホエア・トゥ・ラン()」(全米66位)を収録。 1985年2月、13thアルバム『ビヨンド・アピアランス()』をリリース。 「セイ・イット・アゲイン()」(全米46位)を収録。 1987年2月、14thアルバム『フリーダム()』をリリース。 「ヴェラクルース()」を収録。 1990年6月、15thアルバム『スピリッツ・ダンシング()』をリリース。 1992年5月、16thアルバム『ミラグロ()』をリリース。 1999年6月、17thアルバム『スーパーナチュラル()』をリリース。 「スムース()」(フィーチャリング・ロブ・トーマス、全米1位)、「マリア・マリア()」(全米1位)、「プット・ユア・ライツ・オン()」(フィーチャリング・エヴァーラスト、全米118位)を収録。 2002年10月、18thアルバム『シャーマン()』をリリース。 「ザ・ゲーム・オブ・ラヴ()」(フィーチャリング・ミシェル・ブランチ、全米5位)、「ホワイ・ドント・ユー・アンド・アイ()」(フィーチャリング・チャド・クルーガー、全米8位)を収録。 2005年10月、19thアルバム『オール・ザット・アイ・アム()』をリリース。 「アイム・フィーリング・ユー()」(フィーチャリング・ミシェル・ブランチ&ザ・レッカーズ、全米55位)、「ジャスト・フィール・ベター()」(フィーチャリング・スティーヴン・タイラー)を収録。 2007年10月、ベスト盤『ヴェリー・ベスト・オブ・サンタナ()』をリリース。 「イントゥ・ザ・ナイト()」(フィーチャリング・チャド・クルーガー、全米26位)を収録。 2010年9月、20thアルバム『ギター・へヴン()』をリリース。 2012年5月、21stアルバム『シェイプ・シフター()』をリリース。 2014年5月、22ndアルバム『コラソン()』をリリース。 2016年4月、23rdアルバム『サンタナIV()』をリリース。 2017年8月、との共演盤『パワー・オブ・ピース()』をリリース。

次の