次期レクサス nx。 【最新情報】レクサス新型NXのフルモデルチェンジは2021年か?

レクサスNXのフルモデルチェンジは2022年 PHVを追加して14インチモニターを装備か

次期レクサス nx

レクサスNXのフルモデルチェンジはいつ?前回のマイナーチェンジから5年後の2022年か? レクサスのクロスオーバーSUVであるNXは、2014年に初代が発売されて以来、マイナーチェンジは行っていますがフルモデルチェンジは行われていません。 レクサスNXは、いつ頃モデルチェンジが行われるのでしょうか? クラスが上のRXは2015年にフルモデルチェンジを行って4代目へと移行し、2018年11月にはクラスが下のレクサスUXが発売される噂があります。 レクサスRXでは発売から6年ごとにモデルチェンジを行っており、NXでもその動きに追従すると予想します。 新型レクサスNXのエクステリアやパワートレイン、発売日・価格帯はどうなるのかを大胆予想します。 NXはどのように進化するのかチェックしてみましょう。 レクサスNXのフルモデルチェンジは2022年か 最大の注目はプラグインハイブリッドの設定 レクサスNXが2022年にフルモデルチェンジする情報があります。 これは海外の自動車サイトがリークしたトヨタのモデルチェンジ計画が基になっています。 内容は、2022年のモデルチェンジで新型NXのグレードラインナップにPHV(プラグインハイブリッド)を追加すること、14インチのビッグモニターを搭載することです。 レクサスは2021年初頭に初となるEVモデルのUX300eを発売する予定です。 そのためレクサスで売れ筋のミドルサイズSUVのNXにはPHVを搭載してすみ分けする、と考えることができます。 既にトヨタではプリウスPHVを販売、2020年にはRAV4 PHVを販売することが決定しているため、十分なノウハウを持っています。 レクサスで初めてのプラグインハイブリッドをNXに設定する可能性があるとのことで、とても楽しみなモデルチェンジになるでしょう。 レクサス新型「NX」に特別仕様車「Carfted Edition」を豪州で発売 レクサス新型「NX」に特別仕様車「Carfted Edition」が豪州で登場 レクサスは豪州において、レクサスのサブコンパクトSUVモデルの新型「NX」をベースに、ブラックのアクセントを随所に施した特別仕様車「NX Crafted Edition」を発売しました。 ガソリンモデルの「NX300」と、HVモデルの「NX300h」の2WDとAWDの両方に設定可能となっていて、ブラックのアクセントをフロントグリルやサイドミラーキャップに施し、18インチのアルミホイールはダブル5スポークタイプでメカニカル加工が施され、鮮やかで目を引くデザインになっています。 インテリアはブラックで落ち着いた印象で、以下が標準装備されています。 また、販売価格は約4,650,000円からとなっています。 レクサス「NX Crafted Edition」に標準装備されるLexus Safety System+• アクティブクルーズコントロール• 車線逸脱警報システム• 自動緊急ブレーキ• ブラインドスポットモニター• リヤクロストラフィックアラート• アダプティブLEDヘッドライト レクサス新型「NX」フルモデルチェンジの新情報入手!刷新されたシャシーとエンジンで生まれ変わる! 2019年5月に一部改良されたレクサスNXがどうフルモデルチェンジで生まれ変わるか!? 2019年5月6日に後期型に一部改良が行われたレクサス「NX」は、2022年にフルモデルチェンジを控えています。 デトロイトモーターショー2018で発表されたコンセプトカー「Lexus LF-1 Limitless」が新型「NX」のヒントになっている どのようなエクステリアになるのか気になるところですが、デトロイトモーターショー2018で発表されたコンセプトカー「Lexus LF-1 Limitless」がヒントになると予想できます。 フラッグシップ・クロスオーバーでありながら、先進技術の自動運転と電気自動車、贅沢さやラグジュアリーを提案するコンセプトカーです。 デトロイトモーターショー2018で発表されたコンセプトカー「Lexus LF-1 Limitless」がどのように新型「NX」に反映されるのか 直接的に「NX」をほのめかすコンセプトではありませんが、薄型でシャープなヘッドライトや、目をひくスピンドルグリル、低重心の増したスタイリングなどは、新しい「NX」が影響を受けるであろうポイントが多々見受けられます。 これまで採用されていたシャシーよりも軽く、さらに曲げやねじりに強くなる上、ドライビングや安全性のアップ、室内空間もより広くなるなど、価値のある変更点ばかりです。 エンジンはレクサスESやRAV4にすでに採用されている、新世代2. 5L直噴ガソリンエンジン「ダイナミックフォースエンジン」を搭載、さらに、新開発されたHVシステムの「THS 2」を合わせたハイブリッドモデルも設定されるでしょう。 トランスミッションは8速AT、4WDでは性能がアップしたダイナミックコントロールAWDとE-Fourが搭載されます。 レクサスのコンパクトクロスオーバーSUV「NX」が2022年から北米向けにカナダで生産開始 海外仕様のレクサス「NX」が2022年からカナダで生産開始 カナダにあるトヨタ自動車の生産事業を行っているTMMC Toyota MotorManufacturingCanada,Inc)が、オンタリオ州ケンブジッジにあるTMMCケンブリッジ工場において、レクサス「NX」の生産を2022年初頭から開始するとアナウンスしました。 カナダのトヨタ自動車生産工場 TMMC Toyota MotorManufacturingCanada,Inc) TMMCケンブリッジ工場ではレクサス車の生産は2モデル目となり、ガソリンとハイブリッドの両タイプを生産します。 TMMCは北米向けの生産を行っており、これまでもカローラやRAV4、レクサス「RX」の生産を行っています。 カナダのトヨタ自動車生産工場 TMMC Toyota MotorManufacturingCanada,Inc)での「RX」の生産風景 来賓として、カナダのトルドー首相や政府関係者を迎えた「NX」新規生産発表式典で、TMMC プレジデントのフレッド・ヴォルフ氏は「昨年公表した新型RAV4生産や工場刷新への投資に続き、TMMCがレクサス NXの生産工場に選ばれたことを嬉しく思います。 RXとNXというレクサスモデル2車種を生産することは、TMMC従業員への信頼の高さを示しています」と、語っています。 レクサスNXのフルモデルチェンジは2022年?同じSUVであるRXの周期を見ると6年ごとに進化している 上位車種になるRXのモデル周期を参考するとレクサスNXのフルモデルチェンジは2022年に行うと考える レクサスNXのモデルチェンジは1度も行われていないため周期が不明ですが、同じクロスオーバーSUVであるRXを参考にすると、レクサスNXは2022年にフルモデルチェンジが行われると予想します。 レクサスRXから見るNXのモデルチェンジ時期予想 NX RX 2009年1月 — 3代目RX発売 2012年4月 — マイナーチェンジ(3年3ヶ月) 2014年7月 NX発売 — 2015年10月 — 4代目RX発売(3年6ヶ月) 2017年9月 マイナーチェンジ(3年2ヶ月) — レクサスRXは初代が1998年~2003年、2代目が2003年~2009年と約6年ごとにフルモデルチェンジしていて、3代目も6年9ヶ月で代替わりしています。 レクサスRXとNXを比べると同じような期間でマイナーチェンジを行っていますが、レクサスNXは発売から8年後の2022年にフルモデルチェンジを行うと予想します。 レクサスNXのフルモデルチェンジ後のエクステリアはどうなる?大型スピンドルグリルは継続採用の可能性が高い 2022年のフルモデルチェンジでもレクサスのデザインアイコン「スピンドルグリル」を受け継ぐだろう レクサスNXはスピンドルグリルを採用した迫力のあるフロントマスクで、ボディサイズを超えたオーラをまとっています。 いまやレクサスの顔となったスピンドルグリルは、NXだけではなく全てのラインナップに採用されているため継続して採用される可能性が高いです。 そのためフルモデルチェンジではフェイスリフトを行い雰囲気を変えるなどの措置をとると考えます。 次期レクサスNXのパワートレインは?TNGAを採用してダイレクトシフトCVTを搭載か? 新しいレクサスNXにはTNGAと呼ばれる新しいプラットフォームを搭載し、トランスミッションも新型のダイレクトCVTやTHS2を採用すると考えます。 そのため、従来よりも燃費性能が9%~18%向上します。 TNGAはカムリや新型ESに採用される「GA-Kプラットフォーム」か、レクサスUXに採用される「GA-Cプラットフォーム」のどちらかになると考えますが、GA-Kプラットフォームのほうが候補にあがると予想します。 またレクサスNXのエントリーグレードがラインナップし、M20A-FKSと呼ばれる2. 0L直4エンジンとダイレクトシフトCVTを搭載した「NX200」が仲間入りすると予想します。 新型レクサスNXの価格帯は?UXとRXの間になるため急激な値上がりはしないだろう 新しいレクサスNXの価格帯は初代の440万円~597万円から急激な値上がりはせずに、据え置き価格になると考えます。 価格帯としてはレクサスRXとUXの間になり、エントリーモデルのNX200があるとするならば乗り出し価格は420万円ほどになるのではないかと予想します。 レクサスNXのモデルチェンジは2022年で価格帯はエントリーグレードのラインナップにより少し値下がりか? レクサスNXのモデルチェンジは、2014年の発売から6年後の2022年になると予想します。 プラットフォームを更新し、レクサスUXと同じGA-CになるかESと同様のGA-Kになるかのどちらかになると考えます。 レクサスUXに搭載される直列4気筒2. 0LエンジンとダイレクトシフトCVTを組み合わせた新型パワートレインで、燃費向上とエントリーグレードによる値下がりの可能性もあります。

次の

レクサスNX新型モデルチェンジ情報2022年発売|予想価格450万~650万円ハイブリッド&2.4Lターボ&PHV搭載?

次期レクサス nx

この記事の目次• 次期レクサスNX フルモデルチェンジは2020年発表、発売は2021年? レクサスNX 次期型へのフルモデルチェンジは2020年発表、発売は2021年と予想。 現行の初代NXがデビューしたのは2014年7月。 2017年9月に大幅改良、2018年と2019年には一部改良をおこなっていますが、フルモデルチェンジは初めてとなります。 そのため、2020年にはフルモデルチェンジかと予想していましたが、2019年の東京モーターショーで発表もされなかったため、発表は2020年の3月のジュネーブモーターショーか4月、ニューヨーク国際オートショーになると予想します。 また、日本での発売は2021年初旬と考えます。 レクサスNXも新型発売から3年で後期型にマイチェン、6年で次期型発表という、売れ筋車種の一般的なモデルサイクルで歩むことになるでしょう。 新しい情報が入り次第、追記していきます! ライバルと言われるのはマツダCX-5。 どちらもかっこいい2台です! 販売台数比較 台 2019年10月 2019年11月 レクサスNX 537 779 マツダCX-5 1126 1321 新型購入を考えている方は、当サイトの読者様にお伝えしている「新車購入時の値引きの方法」を見てみることをお勧めします。 知らずに新車を購入をすると、もしかしたら損してしまうかもしれません! ぜひ一度読んでみてくださいね。 次期レクサスNX フルモデルチェンジでの変更点は?エクステリア予想! 次期型レクサスNXはどう生まれ変わるのでしょうか。 ヒントになるのは、2018年のデトロイトモーターショーで発表された、「Lexus LF-1 Limitless(以下、LF-1リミットレス)」というコンセプトカー。 新しいラグジュアリーの方向性を提案するフラッグシップ・クロスオーバーで、LEXUSの次世代デザインや自動運転&電気自動車といった先進技術の可能性を提案するコンセプトです。 RXの更に上位に位置する新型車『LQ』として市販化すると予想されています。 2019-02-04 13:58 直接的にNXを示唆するコンセプトではありませんが、レクサスデザインのこれからの流れを知る手掛かりにはなります。 例えば、よりシャープなヘッドライトや際立つスピンドルグリルなどは次期NXに反映されそうです。 LF-1リミットレスや2019年4月に公開されたレクサス初の超豪華ミニバンLM300hのように、見る角度によって表情が変わるようなグリルの意匠も組み込まれる可能性がありますね。 重心が低くなり、スポーティーさと安定感も増すかもしれません。 また、リヤのライトも細身になったり、左右を繋げるラインはLM300hや、海外の車でも最近取り入れられている形なので、その要素を採用することも考えられます。 特にダクト調のエアインテーク周りの造形が大きく変わっています。 三眼式LEDヘッドランプにはスポーティさを強調する超小型LEDランプユニットを採用。 LEDシーケンシャルターンシグナルランプの導入も注目を集めました。 ヘッドランプのLEDはそのまま継続されそうですが、より複雑な分割方式になり、ラグジュアリー感を増す可能性もありそうです! ライバルのCX-5の外観も見てみましょう。 押し出し感、アグレッシブさは、若干レクサスNXの方があるかもしれません。 対してCX-5は曲線美が上手く使われている感じがします。 甲乙つけがたい、というか、これはもう好みになりそうですね。 デザインだけですべてが決まるわけではないですが、自分の気持ちにとってとても影響を与え、重要なのがエクステリアだと思います。 毎日乗るのが楽しみになるようなデザインの車と出会えたら嬉しいですね! 新型車が出て、これが気に入った! と思っても急にはなかなか買えないですよね。 その理由の一つに金銭面があると思います。 そういう時のために、今から節約するのが良いですよね。 簡単にできる方法として、「車の保険の見直し」をおススメします。 知らず知らずのうちに余計な金額を払ってしまっていたら、損ですよ! 一度見直して、適正なものにすることで、楽に節約できるかもしれません。 是非一度チェックしてみてくださいね。 次期レクサスNX フルモデルチェンジで新型RAV4と同じプラットフォームを採用|僅かに車幅拡大か 次期レクサスNXには、TNGA設計思想によるGA-Kプラットフォームを採用します。 レクサスESやカムリ、今春発売されたばかりでこく今大人気の新型RAV4も同じものを用いています。 幅は、あまり大きいと使いづらくなる可能性もあり、さほど変わらないとみられます。 レクサスUXはトヨタ C-HRのレクサス版と言われ、都会派SUVというキャラ付けです。 一方、次期NXはRAV4と性格を統一し、プレミアムクロスオーバーとしての前提を守りつつも、少し角ばったワイルドなボディで差別化を図るでしょう。 高さは現行と同じくRAV4やCX-5よりも45㎜低く抑え、スポーティーさを強調すると予想します。 室内サイズ予想・比較 ㎜ 室内長 室内幅 室内高 次期レクサスNX 2090 1525 1180 現行レクサスNX 2080 1520 1180 現行マツダCX-5 1890 1540 1265 次期レクサスNX フルモデルチェンジで2. 5Lダイナミックフォースエンジンを主軸に! 現行レクサスNXのパワートレインは、 ——— NX300(旧称:NX200t) 2. 0L直4ターボエンジンを搭載 スポーティな走りが特徴 NX300h 2. 5L直4ハイブリッドシステムを搭載 環境性能を重視したモデル ——— の2種類を設定しています。 新型NXには、「ダイナミックフォースエンジン」と呼ばれる、新世代2. 5L直噴ガソリンエンジン(A25A-FXS型)を搭載する見込みです。 高圧縮比やロングストローク化などで、高い出力と最大熱効率も41%という低燃費性能を持っているエンジンです。 このダイナミックフォースエンジンA25A-FXS型はレクサスESやRAV4などに採用済です。 トランスミッションは「Direct Shift-8AT」を採用(現在は6速AT「6 Super ECT」)。 4WD車には、改良が加えられて性能が向上する、ダイナミックトルクコントロールAWDと電気式AWDシステムE-Fourを搭載します。 一方、マツダCX-5のエンジンの魅力は、力強いトルクと高回転まで軽快に伸びる加速感を楽しむことができるクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D スカイアクティブ・ディー 」です。 現行レクサスNXハイブリッド車、現行CX-5ディーゼル車は、両者とも実燃費は約13. 5-15. レクサスNXは次期型へのフルモデルチェンジで燃費を向上させ、CX-5を上回ることを目指すでしょう。 引用: ディーゼル高速での燃費良すぎてハイブリッドのSUV並みの数字になったんだが cx-5 いい車です — ミヤジマ takumi3840 現行レクサスNX エンジンスペック エンジン 2L直4ターボ 2. 5] リヤモーター最高出力(kW[PS]) — 50[68] リヤモーター最大トルク(N・m[kgf・m]) — 139[14. 4-13. 6-21. 5L直4 2. 5L直4ターボ 2. 5-25. 0-13. 2-12. 6-19. 2019年4月の一部改良では、プリクラッシュセーフティの検知対象に<夜間の歩行者>と<昼間の自転車運転者>を追加したほか、• レーントレーシングアシスト(LTA)• ロードサインアシスト(RSA)• 先行車発進告知機能(TMN) を装備して運転支援システムを充実させました。 ちなみに、レクサスLSには「Lexus Safety System +A」という、さらなる高性能バージョンを搭載しています。 「アクティブ操舵回避支援」付きプリクラッシュセーフティ• 交差点に進入する際などに、前方左右から接近する車両を検知すると注意喚起をおこなってくれる「フロントクロストラフィックアラート(FCTA)」• 「ドライバー異常時停車支援システム LTA連動型 」 これら機能が新型NXにも盛り込まれることを期待。 アクティブ操舵回避支援は、プリクラッシュだけでは衝突の可能性が高い、また、操舵支援で衝突を回避できると判断された場合に、自動操舵でぶつかるのを防いでくれる機能です。 これらによってさらに事故の確率が減り、安全性が高まるでしょう。 また、レクサスESで初採用した「デジタルアウターミラー」も装着するはず。 トヨタやレクサスは耐久品質の面でも高評価ですし、塗装やサービスも優れていると言われています。 一方で、マツダは「コスパがいい! 」という意見もあります。 この価格差が出ても、それ相応と思えるか、また、自分の価値観がどちらと合っているか。 その辺りも決めるときのポイントになってきそうですね。 スペックを参考に、試乗してフィーリングを確かめることをおすすめします! 私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では88万円になりました。 約60万GET しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 詳しくはこちらで解説しています。 ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。 実際に私がセレナを最大値引き額 50万円 を勝ち取った方法を無料公開中。 なぜなら、市場の競争の原理として 買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。 一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので 必ず最安値の買取額を提示されます。 必ずです。 そうならないために一括査定を使います。 大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。 無料でその場で スマホで 90 秒で愛車の最高額がわかる! [新登場]スマホで写真を撮るだけ?? 一瞬で高額査定!! 電話営業一切なしで一括査定より速い!! あのDMMから新サービス!! 一括査定よりも早く相場が知れる!• 面倒な電話も無し!• ササッとお車査定!• スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!.

次の

新型レクサスNXは次期ハリアーを超えるカッコよさ 超絶美しいSUVが2022年降臨!!

次期レクサス nx

レクサスNXは2014年に登場しており、「次世代型へ移行する時期が来ている」と考えられます。 2020年1月一部改良実施 次世代LEXUS NXのデザインはコンセプトLF-1 Limitlessが参考になり、サイズ大型化の可能性が指摘されています。 TNGA・GA-Kプラットフォームを採用し、内装は乗り心地を重視。 現行より利便性を追求していくと見られます。 パワートレインに2. 燃費は25. 機能面では新型E-FourやLexus Safety System+が採用され進化を果たします。 これらを踏まえたLEXUS NX次世代の予想価格は ハイブリッドモデル520万円~、 ガソリンモデル450万円~の価格帯となります。 また、 最上級グレードで650万円程度になることが予想されます。 スポーティなレクサスのエントリーSUVの進化に、今後も目が離せません。 見た角度により印象の異なる最近の高級車グリルデザイン採用 スピンドルグリルのデザイン継続は確実です。 しかし、次世代LEXUS NXを示唆するコンセプトカーは現在登場していません。 明確なヒントになるデザインとしては、2018年に発表された上級SUVのコンセプト LF-1 Limitlessです。 【フロントデザイン】 次世代LEXUS NXがLF-1 Limitlessを踏襲するなら、ヘッドライトの分割方式が今までより複雑になり、より細身のライトデザインを採用します。 大まかに言ってしまうと、 ハリアーにLF-1 Limitlessの装飾を埋め込んだイメージとなります。 【ボディカラー】は現行イメージ引き継ぎ 現行のほとんどの色が継続されるでしょう。 次世代LEXUS NXの新規カラーとして、ゴールドや紫系の採用は多少予想されます。 2トーンカラーは、RAV4のようにブラックルーフが採用される可能性も考えられます。 ボディサイズ• 4630mm• 1870mm• 1630mm• 2690mm 内装は基本的にESを踏襲したインテリアデザインに 次世代LEXUS NXはプラットフォームにプリウス・カムリ採用のGA-Kプラットフォームを採用し、 現行より乗り心地は向上するでしょう。 このプラットフォームはレクサスESにも採用しているため、 ESを踏襲した上記インテリアデザインになると予想されます。 また、現行NXのインテリアには他の上級車と比較しても足りない部分が見かけられません。 内装変更点のメインは シートデザインのバージョンアップに収まるでしょう。 インテリアの変更基準はUXとの差別化 次世代LEXUS NXはUXより豪華であり室内空間(特に後席の足元)はゆとりあるスペースが確保されるものとなります。 また、マルチインフォメーションディスプレイが大型化するなどの可能性もあります。 また、電動シートリクライニング機構は継続され、パノラマルーフの設定も引き続き行われるでしょう。 次世代LEXUS NXに最適化して、システム最高出力は現行の197psから215ps超まで上昇するでしょう。 これにCVTを組み合わせたものとなります。 スペック• 300ps• 0kgm ほかパワートレインのラインナップは2020年6月登場のハリアーが参考になるでしょう。 電気式4WDシステムHV4WD(新型E-Four)採用 E-Four|ハイブリッド 前後へ最適なトルク分配制御を行うことで低燃費に貢献します。 さらに、コンパクト化したシステムを最適な位置に配置して、広い室内空間も確保します。 4WD|ガソリン ダイナミックトルクベクタリングAWDを採用します。 リヤトルクを走行状況に合わせて左右独立で制御するとともに、自動で2WDに切り替わる機構の優れたシステムです。 四駆機構については、エクステリアとともにRAV4の記事にまとめています。 【可能性】次世代LEXUS NXにPHV(プラグインハイブリッド)追加? レクサス初のプラグインハイブリッドを次世代LEXUS NXに追加する可能性があるという海外サイト情報がありました。 その場合、RAV4 PHVのスペックが参考になるでしょう。 先進安全装備に第2世代Lexus Safety System+導入 次世代LEXUS NXの先進安全装備は従来システムに加え検知機能を拡充。 高速運転支援機能を追加した、より安全性の高いシステムへと改良されます。 全グレード標準装備? 現時点ではわかりません。 しかし、事故予防の観点から標準装備に期待したいところです。 また、ESから採用が始まったミラーレスデジタルアウターミラーの採用はどうなるのか?に注目です。

次の