大阪闇市。 西成のドヤ街に今、若い女性たちが群がる理由 摘発多数の闇市で何を買うのか?

闇市(ヤミイチ)とは

大阪闇市

大阪市商店会総連盟は、昭和21年2月、終戦で混乱する中、氾濫する不法占拠や闇市等で物心とも荒廃しきった大阪にあって商道の秩序を取り戻すことにより、市民の消費生活と人心の安定、併せて新しい大阪の街づくりを目指して往時の桜橋商店会等を先頭に市内の有志商店街が中心となって結成されました。 その間、幾多の試練と困難を乗り越えながら歴代役員・会員一丸となって商店街の近代化や環境整備、併せて商業者の地位向上に努めてきた結果、市内約370商店会、14000の商店会員を擁する全国でも1~2を争う市域商店会組織へと発展を遂げてきました。 平成19年に60周年を迎え、平成21年度には、スクラッチカードによる「大阪市消費拡大キャンペーンを開催」、優良店舗コンクールをリニューアルし、ミステリーショッパーズ(覆面審査)を取り入れた第1回「大阪市あきないグランプリ」を開催。 さらに、22年度より「商店街の日」事業をスケールアップ「大阪あきない祭り」を3ヶ年にわたり開催しました。 難波の宮で行われたオープニングイベント来場者は延べ20万人を超えました。 2013年より大阪マラソン公式エイド事業も行っております。 長く低迷する厳しい経済情勢の中でも、斬新な事業の企画、改革と挑戦する事を忘れず「大阪の元気を商店街から」を合言葉に、商都大阪の伝統を守り商店街のさらなる発展を図るため、消費者と一体となった街づくり、地域づくりを進めています。 総務事項全般• 商店会組織の強化 ・振興組合設立指導、未加入商店会への加入促進• 金融に関する事業等• 情報化対策事業• ホームページの運営 事業委員会• 大阪市あきないグランプリ(旧:大阪市優良店舗コンクール) ・商店街の活性化は個店のもつ「商店力」の回復と強化であり、個性的で魅力的な店舗を発掘、表彰、紹介することで、個店の経営力のアップと商店街づくりを支援する。 女性部・青年部の組織強化 ・組織強化をはじめ、教養講座の開催及び日帰り・一泊研修等の実施• 福利・厚生事業 ・旅行事業・ボーリング大会・研修会等の開催 活性化委員会 平成9年に10月の第2日曜を「商店街の日」と定め、以来、消費者の日頃のご愛顧にこたえるため、「夢くじ」を中心に様々な事業開催のため、調査、研究、企画提案を行う。 「大阪商店街にぎわいキャンペーン」事業 ・街中イベント ・オープニングイベント• 商店街活性化事業 ・人材育成事業、空店舗対策等の事業等• 大阪マラソン協同事業(公式まいどエイド運営)他 女性部 昭和34年10月19日に婦人部結成式が行われて以来、商店街の婦人の資質の向上と連帯感の強化を図るためさまざまな事業の取組みを行っています。 平成18年女性部に名称変更 【教 養 講 座】 各界著名人、経営者、文化人など様々な講師を招き、女性としての知識教養の向上にとどまらず、女性の感性を生かした経営力の向上などをテーマにセミナー講演会を開催。 年1回7月頃開催。 【他都市視察研修】 話題の商業施設、街づくりや地域商業活性化の成功事例、最新事例などの現場を訪れ、視察研修を行う。 年2回、9月(日帰り)・2月(一泊)頃開催。 【市商連事業への参加協力】 「商店街の日」「大阪あきない祭り」他、女性部独自の企画により、積極的な市商連事業への参加協力を行う。 青年部 昭和42年2月13日の市青年会設立以来、青年部では市商連青年部の強化と親善を図るためさまざまな活動を行っています。 【研修及び施設見学】 話題の商業施設、地域商業活性化の成功事例、最新事例などを通じ、新たな活性化事業企画、組織づくりや運営などをテーマに、時代に対応したリーダー育成のため視察研修、セミナー等を行う。 年1回3月頃開催。 【親 睦 会】 ボーリング大会 年1回2月頃開催。 【市商連事業への参加協力】 「商店街の日」「大阪あきない祭り」「大阪マラソン公式エイド」他、各種事業における実施運営の中核として積極的なイベント取材・参加協力を行う。 住之江競艇場東側にて、大阪のうまいもんをマラソンのランナーに食べてもらう取り組みに参加。 平成28(2016)年 70周年記念式典開催.

次の

【べっぴんさん】潔とゆりが暮らす闇市は大阪・梅田(大阪駅付近)

大阪闇市

上の写真奥の低層になっている部分が思い出横丁。 かつてはその隣のビル、さらには小田急のある辺りまでが闇市だった。 現在の思い出横丁。 もつ焼き店が多いのは統制されていない品だったためらしい 二度目の東京五輪に向け、首都圏ではあちこちで建設工事が行われ、風景が大きく変わりつつあるが、そんな中、近年作られた街のしゃれた風情とは異なる佇まい、猥雑な賑わいで多くの人を惹きつけ続けている場所がある。 終戦直後の闇市(*)に由来を持つ、路地や横丁、商店街などである。 闇市とは戦時中、戦後のモノ不足に対処するために行われた統制経済下で公的には禁止されていた流通経路を経た品が並んでいた市場のこと。 戦時中にも闇市場、闇取引などという言葉はあり、流通そのものはあったが、リアルにモノの売買が行われる場として闇市が登場したのは戦後になってからだという。 その嚆矢となったのは終戦からわずか5日後に開かれた新宿マーケット。 ついで池袋、渋谷、新橋、神田、上野など、都心近くの主要駅周辺に続々と開かれ、やがて郊外の駅前、道路沿いにも出現する。 当時の街中、特に駅周辺などには建物疎開(空襲で火災が発生した際に周辺への延焼を防ぐために建物を取り壊して防火帯を設ける措置)や空襲で焼失した跡地など、露店を出すための空地は豊富にあり、そうした場所が不法に占拠され、闇市となった。 2009年以降闇市研究に関する学際的な研究を行ない、「盛り場はヤミ市から生まれた」(青弓社)などの著作もあるグループの調査結果によると、1940年時点で人口が約5万人以上だった100都市のうち、実に99都市にはヤミ市が存在したとも。 同グループの日本設計・中島和也氏の研究によると中には寺社境内に開かれたものもあり、現在も岩手県盛岡市の桜山神社、福岡県八女市の土橋八幡宮境内などに商店街として残されているそうだ。 わずか数年で誕生、消失したものの、面影は各地に 高架下に店舗が連なるアメ横プラザ商店街。 この地が商店街になったのは終戦直後の露店発生からしばらく経ってのこととか。 闇市由来の商店街としては日用品を販売する店が多いのが特徴 終戦直後から全国で同時多発的に発生した闇市が拡大のピークを迎えたのは翌年、1946年始め。 だが、その隆盛は長くは続かなかった。 ストップをかけたのはGHQ(連合国軍総司令部)である。 闇市の多くはテキヤと呼ばれる露天商の団体が仕切っていたが、こうした組織の封建性が民主化を目指す日本にふさわしくないこと、物資の横流しによって正規の流通が阻害されること、安全面や衛生面からの問題などの理由から規制は強化され、同年8月には八・一粛清などとも呼ばれる大掛かりな全国一斉摘発も行われている。 さらにその後の紆余曲折を経て、都内では1951年12月末までに新聞、宝くじ、靴磨きを除くすべての露店が撤去された。 闇市は誕生からわずか数年で消えていたのである。 しかし、露店が無くなったからと言って闇市的なモノがすべて消失したわけではない。 青空の下からは消えたものの、恒常的な商店街、飲食店街などとなって都会のあちこちに残されており、そのうちの少なからぬものは今ある商店街の基礎ともなっている。 闇市は現在の商店街の揺籃的な意味を持っていたとも言えるわけだ。 たとえば、昭和期には年末の買い出しの定番スポットとして栄え、現在では観光名所のひとつともなっている上野のアメ横。 ここでは最初、上野駅の南側から御徒町駅の間にあった建物疎開地に露店が出現、高架のガード下などにも拡大した。 その後、1946年に誕生した、現在のアメ横センタービルの前前身となる近藤産業マーケット、1952年に露店撤去令で建設された上野百貨店(中央通りを挟んで上野公園際の建物。 2012年にUENO3153に建替えられた)などのビルに移転、現在の姿となった。 ちなみに最近のアメ横センタービルの地下はエスニック食材の宝庫となっており、アジアの露天市場の雑踏を思わせる。 かつて日本にも同じような風景があったと思うと、歴史の不思議さを感じさせてくれる。 闇市の移転先がビル? 外観からは想像もつかないほど路地感満載の、新橋駅前ビルの地下飲食店街 アメ横センタービルに限らず、闇市がビルに移転した例は意外に多い。 たとえば新橋駅西側の、街頭インタビューでおなじみのSL広場の脇にあるニュー新橋ビルや東側にある新橋駅前ビル1号館、2号館はかつて闇市があった後に作られた建物である。 もちろん、闇市からそのままこれらのビルへという移転ではなく、その間にテキヤ主導によるマーケット建設、移転があり、その後、1960年代に行政による駅前再開発でビル建設、移転という経緯である。 面白いのはこれらのビルの地下街は闇市、その後のマーケット時代同様の区画、混沌さをそのまま残していること。 ビル内に路地があり、数人入れば満員御礼という店が並んでいるのである。 ただし、これらのビルは建設からすでに50年近く経っており、すでに西側のニュー新橋ビルを含む一帯では再開発準備組合も発足している。 当時の雰囲気を楽しめる日々はいつまでだろうか。 自分たちでビルを建ててしまった例もある。 荻窪駅北口、青梅街道沿いにあるショッピングビルタウンセブンである。 ここにはかつて闇市由来の新興マーケットがあり、そこからビル建設への経緯は同ホームページにも記載されている。 感動するのは、1987年にあった店舗のうちの何軒かは今も盛業で、かつ他のショッピングビルなどにも数多く出店している有名店も含まれていること。 戦後を生き抜いてきた人達の強さが伺える。 ちなみに荻窪駅北口側には今も往時の雰囲気を伝える商店街が残されており、その一画が荻窪ラーメン発祥の地でもある。 ブームの横丁の8割は闇市由来? 吉祥寺の名所のひとつ、ハモニカ横丁。 寂れていた時代もあったが、最近は若い人で賑わっている だが、闇市と言われて多くの人が想起するのはビルではなく、横丁だろう。 前述のグループの研究者の一人、井上商会の井上健一郎氏によると「横丁の8割は闇市起源」とか。 2011年頃から、トイレの整備など衛生面の対策に加え、治安の改善が行われたことから、横丁ブームが起こり、それは今も続いているという。 ただし、首都圏のうちでも、特に都心の横丁では飲食店以外は家賃が高く、なかなか成り立ちにくいとも。 確かに現在都心部の横丁に集まっている店の多くは飲食店。 例外はアメ横新宿駅西口にある思い出横丁や多少都心からは離れる、吉祥寺駅北口前にあるハモニカ横丁くらい。 ハモニカ横丁には衣料品や生鮮食料品などの物販店があり、これらの店舗が現状やっていけているのは店舗が自己所有であるため。 家賃が不要であることから、やっていけているのだろう。 また、ハモニカ横丁の場合には駅前の3000m2に及ぶ土地を地元の寺社が所有しており、そのためか、今のところ、開発計画は聞こえてこない。 防災的な観点からすると、細い路地に小規模で古い建物が集中する横丁はある意味、邪魔な存在。 行政サイドとしては開発したいと思っているケースが多いようだが、なかなか進まないのが現状で、その辺りも闇市由来ならでは。 土地所有、賃貸の権利関係が複雑で、整理が面倒なのである。 分かりやすいのが過去にボヤ騒ぎなどもあり、何度も開発計画が浮上しては消えを繰り返している、前述の思い出横丁。 ここは終戦直後に生まれたラッキー・マーケットの一部で、当初は小田急百貨店まで続いていた。 その当時からすると現在の面積は3分の1程度だろうか。 店舗は時代に応じて変化してきているが、路地や店舗の位置、店舗の小ささ、密集度などは戦後から代わることなく、約80店が営業。 最近は外国人観光客の姿も多い。 同様に三軒茶屋の国道246号と世田谷通りに挟まれた通称三角地帯でも、開発の噂はあるらしいが、とりあえず、今も路地裏の風情は顕在である。 これからの日本は闇市を生み出せるか? 最後に、ここまでに何回か紹介している闇市研究グループが開いた調査報告会で出た質問をご紹介したい。 その質問は「日本に今後終戦に匹敵するような厄難が起きたとして、私たちはもう一度闇市を作ることができるだろうか?」というもの。 厄難が起きることは想像したくないし、闇市を手放しで礼賛するつもりはないが、戦後の、生きていこう、とにかく食わねばという逞しさ、勢いを今の私たちは持っているかという質問と考えると、答えは微妙だ。 もし、終戦直後のようにあちこちに空き地があり、そこで煮炊きをして食事を提供、生活費を稼ごうと考えたとしても、同時に保健所の許可を取らねば、空き地で火を使う許可はどこにもらうのだろうと考え、実行には至らない。 今はそういう人が少なくないのではなかろうか。 終戦時に生まれたような秩序、法律、空間の空白がもう一度、生まれるとしたら、その時、私達の時代は何を生み出せるか。 答えは人それぞれに違うかもしれないが、一考してみても良い質問だろうと思う。 また、それは同時になぜ、闇市が人を惹きつけるのかという質問であるのかもしれない。 (*)参考にした「盛り場はヤミ市から生まれた・増補版」(青弓社)によると、当初は犯罪でもある闇行為という意で闇市という表記が一般的だったが、1946年以降生活に欠かせないものとしてヤミ市という用法が定着したとされている。

次の

闇市 (ヤミイチ)

大阪闇市

大阪市都島区京橋。 大阪環状線、京阪電車などの線路が集まり、大阪の東の玄関と呼ばれることもあるこの地域は、終戦直後には闇市で賑わったといい、今も下町の風情を残しています。 そんな町の駅の近くに、連日長い行列ができる屋台「とよ」があります。 人気の秘密は、海の幸を思う存分楽しめること。 てんこ盛りのマグロ、ウニ、イクラは、見た目にも豪快。 飛行機、新幹線に乗ってでも、食べに出かける価値ありの逸品ばかりです。 新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う、県境をまたいだ移動の自粛が2020年6月19日より解除されます。 また県境をまたぐ観光については「徐々に行い、人との間隔を確保すること」というガイドラインが政府より示されています。 各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。 (LINEトラベルjp)•

次の